ポケモンバンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポケットモンスター > ポケモンバンク
ポケモンバンク
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 ゲームフリーク
クリーチャーズ
発売元 株式会社ポケモン
販売元 任天堂
ディレクター 増田順一
音楽 増田順一
シリーズ ポケットモンスター
人数 1人
メディア ニンテンドー3DSダウンロード
発売日 2013年12月25日配信開始
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI7
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号アキュート・アクセント」がついた(é)もの)が含まれています詳細

ポケモンバンク』は、ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター X・Y』および『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』および『ポケットモンスター サン・ムーン』のゲーム中で捕獲したポケモンをインターネットを通じて専用サーバーへ預けるためのユーティリティソフトである。

概要[編集]

インターネット上にあるボックスに、最大で3000匹(30体×100ボックス)のポケモンを預けたり、まとめて管理する事が出来るサービスとして2013年12月25日に配信が開始された。

配信開始当初は『ポケットモンスター X・Y』のみの対応だったが、2014年11月19日から『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』に[1]2017年1月25日から『ポケットモンスター サン・ムーン』に、それぞれ対応可能となった[2]

開発の背景[編集]

開発の公表は「Pokémon Direct 2013.9.4」で行なわれた。石原恒和は「ポケモンをプレイする上で、ハードやソフトが変わっても大切なポケモンと変わらずに一緒にいて頂くために、『ポケモンバンク』を作りました。」と説明[3]しているとともに、任天堂社長の岩田聡は同社の公式Twitter上で「長年の構想がついに実現したという手応えがある」というコメントを出しており[4]、Pokémon Directでも同様の発言をしている。

また、公式サイトのよくある質問のページにおいて「ニンテンドーDSシリーズ本体とニンテンドー3DSシリーズ本体との間で直接通信ができない仕様」による課題と「ソフト内のボックス機能の制限を超えたボックスソフトの要望」というニーズを同時に解決する方法として開発・発売された旨が記載されている[1]

利用方法[編集]

ソフトのダウンロード自体は無料であるが、ニンテンドーeショップの残高を利用した課金制度が取られており、1年ごとに利用料金を支払う必要がある。利用料金を設けた理由は、サーバーメンテナンスや今後発売するソフトへの対応で長期のサービスになるためとしている。トップ画面の案内役およびゲーム内世界におけるシステムの開発者はゲームキューブ用ユーティリティソフト『ポケモンボックス ルビー&サファイア』に登場したアズサだが、髪型や服装などがかなり変更されている。

ポケモンを預けるごとにポケマイルポイントが貯まっていき、貯まったポケマイルポイントやバトルポイントは本作や『オメガルビー・アルファサファイア』の「ポケモンリンク」で受け取れる。持ち物を持たせたまま預ける事は出来ない為、ポケモンをポケモンバンクに預ける際は持ち物はバッグに戻され、バッグが一杯になった場合は削除される。

その他[編集]

配信開始当日に予想以上のアクセスが集中したために翌日26日の21:30頃に配信を一時停止した[5][6]が、2014年1月22日に配信が再開され、30日間の無料券ダウンロード期限も2月21日に延長された。

『X・Y』『オメガルビー・アルファサファイア』から『ポケモンバンク』に送る事が出来る。また、『ポケモンバンク』から『X・Y』『オメガルビー・アルファサファイア』に送る事が出来る。2017年1月25日に更新データが配信されてからは『サン・ムーン』から『ポケモンバンク』に送ったポケモンは『ポケモンバンク』から『X・Y』『オメガルビー・アルファサファイア』に送る事が出来なくなる。

ポケムーバー[編集]

ポケムーバー』は、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』のポケモンをポケモンバンクに転送できる無料連動ソフト。『ポケモンバンク』の利用期間中に同ソフト内から追加でダウンロードを行なう。

『ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』のDSカードを3DS本体のカードスロットに挿入し、本ソフトを起動する事でポケモンバンクに転送可能となる。なお、このソフトを利用すれば『ルビー・サファイア』以降に発売されたソフトで捕獲したポケモンを転送する事が出来るが、事前に旧作ソフトの転送システム[7]を用いて『ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』に転送する必要がある。

2017年1月25日に更新データが配信されてからは3DSバーチャルコンソール版『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』からも転送できるようになった[8]

なお、ポケムーバーで連れてきたポケモンは、『X・Y』発売以降に開催された公式大会では使用する事が出来ない[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b よくある質問 | 『ポケモンバンク』公式サイト”. 株式会社ポケモン. 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ 『ポケモンバンク』Ver.1.3 配信開始のお知らせ”. 2017年1月26日閲覧。
  3. ^ 『ポケモンバンク』 大切なポケモンたちをインターネット上に預けられるニンテンドー3DS用ダウンロードソフトが12月25日より配信開始”. ファミ通.com(KADOKAWA) (2013年9月4日). 2015年5月5日閲覧。
  4. ^ 任天堂公式Twitter 岩田名義による2013年9月4日 21:48(JST)の投稿
  5. ^ 『ポケモンバンク』ニンテンドーeショップの接続障害にともない一時配信停止に”. ファミ通.com(KADOKAWA) (2013年12月26日). 2013年12月28日閲覧。
  6. ^ 「ポケモンバンク」配信停止中 内外からアクセス殺到”. 朝日新聞デジタル (2013年12月26日). 2013年12月28日閲覧。
  7. ^ 『ダイヤモンド・パール・プラチナ』『ハートゴールド・ソウルシルバー』のパルパーク、『ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』のポケシフター。詳細はポケットモンスター (ゲーム)#通信交換の項目を参照。
  8. ^ 『ポケムーバー』Ver.1.2 配信開始のお知らせ”. 2017年1月26日閲覧。
  9. ^ ゲームで参加 |「ポケモンワールドチャンピオンシップス2015」公式サイト”. 株式会社ポケモン. 2015年6月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

『ポケモンバンク』公式サイト ポケットモンスターオフィシャルサイト