ポケットモンスター チャモチャモ☆ぷりてぃ♪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポケットモンスター チャモチャモ☆ぷりてぃ♪』(ポケットモンスター チャモチャモぷりてぃ)は、『ポケットモンスター(ポケモン)』からのスピンオフ作品(漫画)。小学館漫画雑誌ちゃお』に連載された。月梨野ゆみ作画。略称はチャモ☆ぷり♪

概要[編集]

『ちゃお』にて『ポケットモンスター PiPiPi★アドベンチャー』の連載終了翌月にあたる2003年3月号から連載が開始された。ページ数は『PiPiPi★アドベンチャー』の半分の8ページに削減されている。また、『PiPiPi★アドベンチャー』のキャラクターの一部がレギュラーやゲストとして本作品にも登場している。

2006年9月号をもって連載終了。これにより『ちゃお』から「ポケモン」の漫画が姿を消し、その次の号からポケモンの情報ページが掲載されている。

ストーリー[編集]

田舎町に住むアチャモとハルカは、都会から引っ越してきたばかり。引っ越してきた日に、アチャモは田舎町を探検し、ピカチュウやピッピ、ポチエナと出会う。しかし、「王子様」を求めるアチャモにはとあることが原因でポチエナは「大嫌いな奴」となった。森で迷子になった時に助けてもらったグラエナにひとめぼれし、アチャモのグラエナへのアタックの日々が続く……。

主な登場キャラクター[編集]

ポケモン[編集]

アチャモ
ポケモン主人公。ハルカ一家と共に田舎町に引っ越してきた。はじめはグラエナが好きだったが、後にポチエナを好きになった。いじっぱりな性格。ちなみにこのキャラが主人公になったのは、作者がこのキャラの大ファンだからという、ものすごく単純な理由からだった。
ポチエナ
カナタのポケモン。アチャモに「イナカポチ」「ポチ」と呼ばれ「エナ」を省略されることを嫌がっていたが、カナタもポチと呼んでいる為愛称らしい。うっかりやな性格。サンドパンと共にポケモンの足型を集めている。だが同じような趣味を持つキモリと同類とは認めていない。
グラエナ
カナタのポケモン。ポチエナの兄。アチャモに「グラエナ様」と呼ばれている。優しい。
ピカチュウ
昔からこの田舎町にいる野生ポケモン。いつもピッピと行動を共にし、アチャモたちの巻き起こす事件に巻き込まれる。のんきな性格。
ピッピ
ピカチュウの幼馴染。おくびょうな性格。いつも脇役であったが、16話「ピッピの強い花ちゃも!」では主役を果たした。
キモリ
森の木の中に住む野生のポケモン。鳥ポケモンの羽を集めており、アチャモの羽を狙っている。アチャモに「バカキモリ」と呼ばれる。集めた羽は「羽コレクション」として、額縁にきれいに保管してある。ジュプトルジュカインの姉がいる。
ちるちる(チルット)♀
野生のポケモン。キモリに恋しており、一度暴走すると止まらない。キモリと両想いになるために、キモリの羽コレクションを燃やしたり、急にシリアスになったりする。彼女の家のしきたりでは、プロポーズから一年以内に結婚しなければ破局する。
エネコロロ
ポチエナに恋をしているポケモン。はじめは内気であったが、だんだん積極的になる。
サンドパン
野生のポケモン。ポチエナと共にポケモンの足型を集めている。ポポッコの彼女がいる。
ラルトスキルリアサーナイト 3匹共に♂
バレンタインデーのチョコレートが貰えず、アチャモやポチエナに八つ当たりした。

その他のゲストキャラとして、『PiPiPi★アドベンチャー』に登場した「タッツーくん」「ダネリーナ」「マリ丸」が登場している。

人間[編集]

ハルカ
アチャモのパートナー。いろいろな味のポロックを作ったり(しかし下手)、ヒンバスを釣ってミロカロスに進化させたりすることから、『PiPiPi★アドベンチャー』の人間主人公のマロンよりはトレーナーらしいといえる。
カナタ
ポチエナ、グラエナのパートナーの男の子。フラワースクールを退学になり、田舎町にもどってきている。外で木の実を集めたり、育てたりするのが好き。