於地紘仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

於地 紘仁(おち こうじん、本名:越智 浩仁(おち ひろひと))は、日本アニメーション監督演出家脚本家

来歴・人物[編集]

岐阜県出身、昭和57年宇都宮大学教育学部入学、アニメーション研究会にて、伝説巨神イデオンの上映会を行い、大学時代から既にアニメーション活動を行っていた。昭和61年中退。

以前は、本名の越智浩仁の名義で活動していたが、2006年頃より於地紘仁に変更し、現在に至る。サンライズトムス・エンタテインメントの作品に関わる事が多い。

獣戦士ガルキーバ』や『名探偵コナン』、『戦国無双』では一部回の脚本も担当。『金色のコルダ〜primo passo〜』は、自身の初監督作品。2008年6月からは、佐藤真人に代わり『名探偵コナン』のテレビシリーズの監督を務めていたが2012年9月に降板。2代目の監督であった山本泰一郎が再び監督を務めることになった。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

OVA[編集]

その他[編集]

  • 名探偵コナン 星影の魔術師 (2012年)監督

関連項目[編集]