わざマシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

わざマシンは、ポケットモンスターシリーズに存在するアイテムの1ジャンル。

ポケモンに、戦闘などで用いるための「わざ(以下「技」)」を覚えさせるために用いる。

アニメには登場しない。

本編でのわざマシン[編集]

ゲーム本編では、GBA版(『ルビー・サファイア・エメラルド』および『ファイアレッド・リーフグリーン』)までの作品においては、作品ごとに50種類が存在する。『ダイヤモンド・パール・プラチナ』からは51番以降が追加されて計92種類に、『ブラック・ホワイト』ではさらに2種類が追加され計94種類に、『ブラック2・ホワイト2』ではさらに1種類追加されて計95種類に、『X・Y』、『オメガルビー・アルファサファイア』ではさらに5種類が追加され計100種類になった。『Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』では60種類に減少したものの、『ソード・シールド』ではわざレコードも含めて200種類となった。

入手方法[編集]

プレイヤーが入手するには道端やダンジョンに落ちているものを拾ったり、ジムリーダーをはじめとする特定の人物からもらったり、デパートで売っているものを購入したりゲームコーナーで所定のコイン枚数を集めたりする必要がある。

『ハートゴールド・ソウルシルバー』までは1つのプレイデータで入手できるのは1つずつである場合が多いが、デパートの売り物やゲームコーナーなどのミニゲーム・バトルフロンティアの景品になっているものなどは複数個入手できる。後のシリーズほど複数入手できるものが増える傾向にあった。『ブラック・ホワイト』以降は使用回数に制限がないため基本的に1つずつしか入手できない。

使用方法[編集]

通常、ポケモンは特定のレベルに上がった時に技を覚えるが、それとは別にわざマシンを使用することでレベルアップでは覚えられない技を覚えさせることができる。『ハートゴールド・ソウルシルバー』までは使い捨てであり、1度使うと消滅する。また、売ったり捨てたり持たせたポケモンを交換することで手放すことも出来る。1度使ったり、手放したりすると、ほかのデータから貰うしか入手方法は無くなる。

『ブラック・ホワイト』以降では使い捨てではなくなり、手放すことも出来なくなった。また、売られているものは価格が高価になっている。

形状[編集]

初期の作品においてはベルト状であったが(ゲーム内で姿形は見られないが関連書籍などで確認できる)、初めてゲーム中に外見が現れた『ファイアレッド・リーフグリーン』では光ディスクのような形で登場し、以降のシリーズにおいてもこの形状は共通している。ポケモンの額に載せることで技を覚えさせるようである。

ひでんマシン[編集]

わざマシンより上位の「ひでんマシン」という物も存在する。これはプレイを進めていくうえで必要あるいは使用が推奨される技(例としては水上を進むための「なみのり」、大きな岩を動かす「かいりき」など)を覚えさせる物である。

ひでんマシンは売ることができずいくら使用してもなくならないが、いわゆる「ハマリ」を防止するために覚えさせた技(秘伝技)は普通の方法では忘れさせることができない(ポケモンは4つまでしか技を覚えられない)。また、この秘伝技を覚えているポケモンは異なるバージョンへの通信ができないことも多い。

ひでんマシンで覚えさせた技を忘れさせるには「わすれオヤジ(じいさん)」という人物のところへ行く必要がある(『金・銀』以降)。当然ではあるが、ひでんマシン自体を手放すこともできない。

サン・ムーン』ではひでんマシン自体が廃止され、その場でライドポケモンを呼び出す「ポケモンライド」というシステムに取って代えられた[注釈 1]。また、『Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』では相棒のピカチュウ・イーブイだけが使うことができる「ヒジュツ」がひでんマシンの役割を果たすため、やはりひでんマシンは登場しない。『ソード・シールド』でもひでんマシンが引き続き登場せず、『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』ではポケッチのアプリ「ひでんわざ」で野生ポケモンを呼び出して使役する方式となっている。

わざレコード[編集]

ソード・シールド』ではわざマシンとは別に、「わざレコード」というアイテムも登場する。こちらは第4世代までのわざマシンの扱いに近く、1回限りの使い捨て・複数所有できるといった特徴がある。

技の伝授[編集]

Pokémon LEGENDS アルセウス』では、わざマシンの代わりに「技の伝授」を使用することで技を覚えさせることになる。

一覧[編集]

わざマシン[編集]

番号 赤・緑・青
ピカチュウ
金・銀
クリスタル
ルビー
サファイア
エメラルド
ファイアレッド
リーフグリーン
ダイヤモンド
パール
プラチナ
ハートゴールド
ソウルシルバー
ブラック
ホワイト
ブラック2
ホワイト2
X・Y オメガルビー
アルファサファイア
サン
ムーン
ウルトラサン
ウルトラムーン
Let's Go! ピカチュウ
Let's Go! イーブイ
[1]
ソード
シールド
[2]
ブリリアントダイヤモンド
シャイニングパール
00 ------------ メガトンパンチ ------------
01 メガトンパンチ ばくれつパンチ きあいパンチ つめとぎ ふるいたてる ずつき メガトンキック きあいパンチ
02 かまいたち ずつき ドラゴンクロー ちょうはつ ネコにこばん ドラゴンクロー
03 つるぎのまい のろい みずのはどう サイコショック てだすけ ほのおのパンチ みずのはどう
04 ふきとばし ころがる めいそう テレポート れいとうパンチ めいそう
05 メガトンキック ほえる ねむる かみなりパンチ ほえる
06 どくどく ひかりのかべ そらをとぶ どくどく
07 つのドリル でんじほう あられ まもる ミサイルばり あられ
08 のしかかり いわくだき ビルドアップ みがわり はかいこうせん ビルドアップ
09 とっしん じこあんじ タネマシンガン ベノムショック リフレクター ギガインパクト タネマシンガン
10 すてみタックル めざめるパワー あなをほる マジカルリーフ ふるいたてる
11 バブルこうせん にほんばれ おにび ソーラービーム にほんばれ
12 みずでっぽう あまいかおり ちょうはつ からげんき ソーラーブレード ちょうはつ
13 れいとうビーム いびき れいとうビーム からわわり ほのおのうず れいとうビーム
14 ふぶき そらをとぶ でんじは ふぶき
15 はかいこうせん ちきゅうなげ あなをほる はかいこうせん
16 ねこにこばん こごえるかぜ ひかりのかべ でんじは いやなおと ひかりのかべ
17 じごくぐるま まもる ドラゴンテール ひかりのかべ まもる
18 カウンター あまごい とんぼがえり リフレクター あまごい
19 ちきゅうなげ ギガドレイン テレキネシス はねやすめ アイアンテール しんぴのまもり ギガドレイン
20 いかり こらえる しんぴのまもり あくのはどう じばく しんぴのまもり
21 メガドレイン やつあたり イカサマ ねむる マジカルシャイン
22 ソーラービーム いわなだれ ソーラービーム
23 りゅうのいかり アイアンテール うちおとす かみなりパンチ どろぼう アイアンテール
24 10まんボルト りゅうのいぶき 10まんボルト シザークロス いびき 10まんボルト
25 かみなり たきのぼり まもる かみなり
26 じしん どくづき こわいかお じしん
27 じわれ おんがえし どくどく こごえるかぜ ローキック
28 あなをほる きゅうけつ トライアタック ギガドレイン あなをほる
29 サイコキネシス ねっとう あまえる サイコキネシス
30 テレポート シャドーボール ビルドアップ はがねのつばさ シャドーボール
31 ものまね どろかけ かわらわり ほのおのパンチ メロメロ かわらわり
32 かげぶんしん マジカルシャイン すなあらし かげぶんしん
33 リフレクター れいとうパンチ リフレクター めいそう あまごい リフレクター
34 がまん いばる でんげきは ヘドロウェーブ りゅうのはどう にほんばれ でんげきは
35 ゆびをふる ねごと かえんほうしゃ れいとうパンチ あられ かえんほうしゃ
36 じばく ヘドロばくだん 10まんボルト うずしお ヘドロばくだん
37 タマゴばくだん すなあらし かえんほうしゃ ふくろだたき すなあらし
38 だいもんじ かみなり おにび だいもんじ
39 スピードスター がんせきふうじ げきりん からげんき がんせきふうじ
40 ロケットずつき まるくなる つばめがえし サイコキネシス スピードスター つばめがえし
41 タマゴうみ かみなりパンチ いちゃもん じしん てだすけ いちゃもん
42 ゆめくい からげんき じばく リベンジ からげんき
43 ゴッドバード みきり ひみつのちから ニトロチャージ シャドーボール かわらわり ボルトチェンジ
44 ねむる じゃれつく ふういん ねむる
45 でんじは メロメロ ソーラービーム ダイビング メロメロ
46 サイコウェーブ どろぼう だいもんじ ウェザーボール どろぼう
47 だいばくはつ はがねのつばさ ローキック なみのり うそなき はがねのつばさ
48 いわなだれ ほのおのパンチ スキルスワップ りんしょう はかいこうせん がんせきふうじ スキルスワップ
49 トライアタック れんぞくぎり よこどり エコーボイス ばかぢから すなじごく ねっとう
50 みがわり あくむ オーバーヒート はねやすみ タネマシンガン オーバーヒート
51 ------------ はねやすめ サイドチェンジ はがねのつばさ ふぶき つららばり はねやすみ
52 ------------ きあいだま ヘドロばくだん とびはねる きあいだま
53 ------------ エナジーボール メガドレイン マッドショット エナジーボール
54 ------------ みねうち ラスターカノン ロックブラスト みねうち
55 ------------ しおみず ねっとう れいとうビーム しおみず
56 ------------ なげつける ステルスロック とんぼがえり なげつける
57 ------------ チャージビーム ネコにこばん しっぺがえし チャージビーム
58 ------------ こらえる フリーフォール ドリルライナー ダメおし こらえる
59 ------------ りゅうのはどう やきつくす ぶんまわす ゆめくい なげつける りゅうのはどう
60 ------------ ドレインパンチ さきおくり メガホーン パワーステワップ ドレインパンチ
61 ------------ おにび ------------ ガードスワップ おにび
62 ------------ ぎんいろのかぜ アクロバット ------------ スピードスワップ むしのさざめき
63 ------------ さしおさえ ------------ ドレインパンチ わるだくみ
64 ------------ だいばくはつ ------------ ゆきなだれ だいばくはつ
65 ------------ シャドークロー ------------ シャドークロ―
66 ------------ しっぺがえし ------------ かみなりのキバ しっぺがえじ
67 ------------ リサイクル かたきうち スマートホーン ------------ こおりのキバ リサイクル
68 ------------ ギガインパクト ------------ ほのおのキバ ギガインパクト
69 ------------ ロックカット ------------ サイコカッター ロックカット
70 ------------ フラッシュ オーロラベール ------------ トリックルーム フラッシュ
71 ------------ ストーンエッジ ------------ ワンダ―ルーム ストーンエッジ
72 ------------ ゆきなだれ ボルトチェンジ ------------ マジックルーム ゆきなだれ
73 ------------ でんじは ------------ クロスポイズン でんじは
74 ------------ ジャイロボール ------------ ベノムショック ジャイロボール
75 ------------ つるぎのまい ------------ ローキック つるぎのまい
76 ------------ ステルスロック むしのていこう そらをとぶ ------------ りんしょう ステルスロック
77 ------------ じこあんじ ------------ たたりめ じこあんじ
78 ------------ ゆうわく じならし ------------ アクロバット バークアウト
79 ------------ あくのはどう こおりのいぶき ------------ かたきうち あくのはどう
80 ------------ いわなだれ ------------ ボルトチェンジ いわなだれ
81 ------------ シザークロス ------------ じならし シザークロス
82 ------------ ねごと ドラゴンテール ------------ エレキネット ねごと
83 ------------ しぜんのめぐみ ふるいたてる まとわりつく ------------ シェルブレード じならし
84 ------------ どくづき ------------ スイープビンタ どくづき
85 ------------ ゆめくい ------------ バークアウト ゆめくい
86 ------------ くさむすび ------------ ゴーストダイブ くさむすび
87 ------------ いばる ------------ ドレインキッス いばる
88 ------------ ついばむ ねごと ------------ グラスフィールド ついばむ
89 ------------ とんぼがえり ------------ ミストフィールド とんぼがえり
90 ------------ みがわり ------------ エレキフィールド みがわり
91 ------------ ラスターカノン ------------ サイコフィールド ラスターカノン
92 ------------ トリックルーム ------------ マジカルフレイム トリックルーム
93 ---------- ワイルドボルト ------------ かいでんぱ いあいぎり
94 ---------- いわくだき ひみつのちから なみのり ------------ みねうち そらをとぶ
95 ---------- バークアウト ------------ エアスラッシュ なみのり
96 ---------- しぜんのちから ------------ スマートホーン かいりき
97 ---------- あくのはどう ------------ ぶんまわす きりばらい
98 ---------- グロウパンチ たきのぼり ------------ じだんだ いわくだき
99 ---------- マジカルシャイン ------------ ワイルドブレイカー たきのぼり
100 ---------- ないしょばなし ------------ ロッククライム
  • ポケモンスタジアム金銀』では忘れた技を思い出せる「スーパーわざマシン」が使用できる。ゲーム中ではこの名称で呼ばれることはなく、攻略本でのみ確認できる。
  • ポケモン不思議のダンジョン』では同作品のみに登場する技「しんくうぎり」「すいへいぎり」のわざマシンが存在する。これらの技はコイキングケムッソといったわざマシンを使えないポケモンを含むほぼすべてのポケモンが習得できる。
  • 『ルビー・サファイア・エメラルド・ファイアレッド・リーフグリーン』からポケモンや道具を『ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー』に転送することができる仕様上、第3世代と第4世代のわざマシンの内容は全て同一となっている(転送できないひでんマシンの内容は一部異なる)。ポケモンこそ送れるが、道具を送れない『ブラック・ホワイト』では再び改訂されている。

わざレコード[編集]

番号 ソード
シールド
[3]
00 つるぎのまい
01 のしかかり
02 かえんほうしゃ
03 ハイドロポンプ
04 なみのり
05 れいとうビーム
06 ふぶき
07 けたぐり
08 10まんボルト
09 かみなり
10 じしん
11 サイコキネシス
12 こうそくいどう
13 きあいだめ
14 ゆびをふる
15 だいもんじ
16 たきのぼり
17 ドわすれ
18 きゅうけつ
19 トライアタック
20 みがわり
21 きしかいせい
22 ヘドロばくだん
23 まきびし
24 げきりん
25 サイコショック
26 こらえる
27 ねごと
28 メガホーン
29 バトンタッチ
30 アンコール
31 アイアンテール
32 かみくだく
33 シャドーボール
34 みらいよち
35 さわぐ
36 ねっぷう
37 ちょうはつ
38 トリック
39 ばかぢから
40 スキルスワップ
41 ブレイスキック
42 ハイパーボイス
43 オーバーヒート
44 コスモパワー
45 だくりゅう
46 てっぺき
47 ドラゴンクロ―
48 ビルドアップ
49 めいそう
50 リーフブレード
51 りゅうのまい
52 ジャイロボール
53 インファイト
54 どくびし
55 フレアドライブ
56 はどうだん
57 どくづき
58 あくのはどう
59 タネばくだん
60 シザークロス
61 むしのさざめき
62 りゅうのはどう
63 パワージェム
64 きあいだま
65 エナジーボール
66 ブレイブバード
67 だいちのちから
68 わるだくみ
69 しねんのずつき
70 ラスターカノン
71 リーフストーム
72 パワーウィップ
73 ダストシュート
74 アイアンヘッド
75 ストーンエッジ
76 ステルスロック
77 くさむすび
78 ヘドロウェーブ
79 ヘビーボンバー
80 エレキボール
81 イカサマ
82 アシストパワー
83 サイドチェンジ
84 ねっとう
85 ふるいたてる
86 ワイルドボルト
87 ドリルライナー
88 ヒートスタンプ
89 ぼうふう
90 じゃれつく
91 ベノムショック
92 マジカルシャイン
93 DDラリアット
94 10まんばりき
95 じごくづき
96 かふんだんご
97 サイコファング
98 アクアブレイク
99 ボディプレス

ひでんマシン[編集]

番号 赤・緑・青
ピカチュウ
金・銀
クリスタル
ルビー
サファイア
エメラルド
ファイアレッド
リーフグリーン
ダイヤモンド
パール
プラチナ
ハートゴールド
ソウルシルバー
ブラック
ホワイト
ブラック2
ホワイト2
X・Y オメガルビー
アルファサファイア
01 いあいぎり
02 そらをとぶ
03 なみのり
04 かいりき
05 フラッシュ きりばらい うずしお たきのぼり
06 ------ うずしお いわくだき ダイビング ------ いわくだき
07 ------ たきのぼり --------- ダイビング
08 --------- ダイビング ロッククライム ----------


不思議のダンジョンでのわざマシン[編集]

ポケモン不思議のダンジョン』シリーズにおいてはナンバーは付けられておらず、「◎(技名)」のように表記されている。本編と異なり、使用後も消滅せず「しようごマシン」という名称のアイテムとなり、技の一つ「リサイクル」を使用することで再び使用可能となる。

形状は本編同様のディスク状でこれの味や香りを好むポケモンも存在するが、ゲーム中では食べることが出来ない。

カードゲームでのワザマシン[編集]

ポケモンカードゲームでは「わざマシン」ではなくカタカナの「ワザマシン」という表記である。効果も「一度だけその技を使用できる」というものであり、基本的にゲームのものとは別物と言える。形状は立方体のようなものが多い。ゲームのように共通のナンバリングはなされておらず、「○○のワザマシン」というような名前が付けられている。また、石板や玉といった、おおよそマシンとは呼べないものも「ワザマシン」に分類されている。

Pokémon GOでのわざマシン[編集]

スマートフォン用アプリ『Pokémon GO』では、ジムで行われるレイドバトルにおいてボスを倒すと賞品として参加者にランダムに配布される。このわざマシンには「ノーマル」と「スペシャル」があり、「ノーマル」は通常技、「スペシャル」はゲージが溜まると撃てる技をそれぞれ変更することができる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 設定上は「アローラ地方では秘伝技の使用が禁止されている」という理由付けがなされている。

出典[編集]

  1. ^ 『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ "完全版"公式ガイドブック』(2018年12月1日、オーバーラップ発行)555ページ『わざマシンの入手方法』より。
  2. ^ 『ポケットモンスター ソード・シールド 最速ダイ攻略ガイド』(2019年11月20日、小学館発行)254 - 255ページ『わざマシン入手方法』より。
  3. ^ 『ポケットモンスター ソード・シールド 最速ダイ攻略ガイド』(2019年11月20日、小学館発行)256 - 257ページ『わざレコード』より。

関連項目[編集]