トーマス (きかんしゃトーマス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トーマス
汽車のえほん』および
きかんしゃトーマス』のキャラクター
Thomas the tank engine.jpg
登場(最初) 原作:
汽車のえほん
機関車トーマス
『なまいきなトーマス』
人形劇:
きかんしゃトーマス
第1期 1話
『トーマスとゴードン』
作者 ウィルバート・オードリー
声優 戸田恵子(第1期 - 第8期)
比嘉久美子(長編第2作以降)
プロフィール
性別 男性
車軸 0-6-0
車体番号 1 (来島時は70)
車体色 青 (来島時は緑)
形態 タンク蒸気機関車
テンプレートを表示

トーマス英語: Thomas the Tank Engine)は、イギリスの幼児向け絵本『汽車のえほん』、またその映像化作品『きかんしゃトーマス』に登場する機関車および映像化作品の主人公であるタンク蒸気機関車

概要[編集]

ウィルバート・オードリー原作の絵本『汽車のえほん』とその映像化作品『きかんしゃトーマス』に登場する蒸気機関車であり、映像化作品においては主役の立ち位置にある。 原作の絵本は群像劇に近く、全体を通した主人公と呼べるキャラはおらず、トーマス自身も第2巻から登場する上、ウィルバート・オードリーの執筆分だけでも1/3近くの巻では出番がない[1]。 テレビシリーズ『きかんしゃトーマス』の企画を立ち上げたブリット・オールクロフトは、トーマスを主役にした理由として原作絵本においてもトーマスの車体番号が1であった事を挙げている[2]

誕生の経緯[編集]

1942年クリスマス、ウィルバート・オードリーは自作のエドワードと貨車と客車の木製玩具を息子のクリストファーにプレゼントする。それを手にとったクリストファーは大変喜び、ゴードンの玩具も欲しいとウィルバートにせがんだ。ところが木材加工を得意とするウィルバートであってもゴードンの製作は難しかった為、その代わりとして[3]車軸配置0-6-0の蒸気機関車の玩具を制作し、クリストファーにプレゼントした。クリストファーは、その木製の機関車に『トーマス』と命名した。これがトーマスの誕生であった。その木製『トーマス』のボディ側面には「NW」という文字と車体番号として数字の“1”が描かれた。「NW」は「NO Where」の略、つまり鉄道無所属の意であった。側面の数字を1にした理由として、ウィルバートは自身が絵を描いた経験があまり無く容易に書くことができるのが『1』だった為だと語っている[4]

モデル[編集]

トーマスはもともと先述の通り、モデルのない木製の蒸気機関車の玩具にすぎなかった。クリストファーの頼みで『汽車のえほん』にトーマスを登場させることになったものの、そのまま登場させるのはいかがなものかと思ったオードリー牧師は所持していた蒸気機関車の写真から1枚選び、それをモデルにすることにした。そのモデルとなった蒸気機関車は、1923年の4大鉄道化の際にサザン鉄道(SR)を形成した鉄道のひとつであるロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道英語版(LB&SCR)で使用されたサイドタンク式[5]の蒸気機関車LB&SCR クラスE2型である。

E2型は、1913年から1914年の1年間の間に5両が製造された。その後、水の積載量を多くするためにタンクが改良され、1915年から1916年の間にさらに5両が製造された。実際にトーマスのモデルとなったのは、このタンク改良後のE2型である。タンク機関車であるため長距離走行は行わず、駅構内、操車場や港、造船所などの入れ替え作業用機関車として活躍していた。1950年代にイギリス国鉄クラス07ディーゼル機関車英語版が登場し、仕事をすべてクラス07に奪われてしまったE2型は1963年までには全て廃車されてしまった。廃車後の保存はなされず、全車解体処分とされており、つまり現在では1台も現存していない。

また一時期、トーマスのモデルはLB&SCR クラスA1型蒸気機関車といわれていた時期があった。E2型と比べると、主なパーツの設置箇所はほぼ同一ではあるが、パーツ個々の形はだいぶ異なる。但しA1型をモデルとした機関車『ステップニー』が『汽車のえほん』及び『きかんしゃトーマス』に登場する[6]

トーマスウォータークレス線英語版ロプリー駅英語版で停車中

性格[編集]

『きかんしゃトーマス』の最初の4シリーズは一部を除き『汽車のえほん』の物語を原作としている為、原作、テレビシリーズ版では共通の性格を持っていたが、テレビシリーズオリジナルのストーリーで展開されるようになってから原作とは少し異なる性格になっていった。 基本的には役に立つ機関車になる為に仕事熱心だが気が強く、イタズラ好きで生意気なお調子者。少しあわてんぼうな面があり、それが災いしソドー島に来た頃はトラブルを起こしてしまうことも度々あった。一人称は主に「僕」、二人称は「君」。

第1~第2シリーズでは特に生意気な面が強かったが、第3シリーズ以降は徐々にそれらの面は鳴りを潜め、シリーズを重ねるにつれて成長していく設定になったことで、過去の失敗から「人の頼りになる、役に立つ機関車」を目指して更に仕事熱心で賢くなっていくなど真面目な性格に変わっていく。仲間を助けたりパーシーなどに言葉を教えるなど根は親切なところも見せ、近年のシリーズでは以前と比べると落ち着きが出ている。

第1シリーズ「トーマスとさかなつり」では給水塔の故障により川から水を汲んだ際、偶然タンク内にが入り込んでしまい不具合が出たことから、魚が嫌いとされる。また、除雪機を装着するのも大嫌いで、窮屈で古臭いとの理由で一度壊したこともある。その後も除雪機をつけて仕事に出る度に事故などが起きてしまうこともしばしばあった。

タンク機関車であるトーマスは体が小さいことを大変気にしており、初期の頃からテンダー機関車のヘンリー、ゴードンにチビ呼ばわりされ、またクランキーやハンクにも「小さい」と言われ憤慨する場面もある[7]

島の西部に水色で表されているファークアー線がいわゆるトーマスの支線

ビジュアル[編集]

先述の通りロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道クラスE2型がモデルとされるが、『汽車のえほん』及び『きかんしゃトーマス』に登場するビジュアルはモデル機を大きくデフォルメしたものとなっている。『汽車のえほん』においては挿絵画家によってボディや顔のデザインが若干異なる。テレビシリーズ版では人形劇版とCGシリーズ版で顔のデザインは少し異なるがボディのデザインは概ね同様である。また、テレビシリーズにおいては眉毛が三角形となっており、人形劇製作の頃はシリーズを重ねるごとに眉毛が太くなっていた。

2015年公開の長編「きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語」においてはソドー島にやってきた際は緑色のボディであったことが確認できる。

運用[編集]

1915年トップハム・ハット卿に購入されソドー島にやってきた。当初はナップフォード駅の客車・貨車の構内入れ換えや、重量列車の発車補助をしていたが、ジェームスの脱線事故(原作第2巻、人形劇第1シリーズ第7話)の際に救援活動に尽力した事からファークアーまでの支線の運行を任され、専用客車のアニーとクララベルも与えられた。しかしファーカーまでのこの支線には路面区間があったためトビーのような牛除け板をつけないトーマスの走行に文句をつける警官が登場することもあった。程なくして支線専用での運行は行わなくなるが、その後もファーカー線での運用は継続(その後路面区間は解放。最後の地点の石切り場はファーカー採石会社となり、そこの所属にメイビスが入る)。第2期のナレーションでは長年支線を走っていると言及されている。間合い運用で夜行郵便列車などの[8]、本線の小編成の運行に就くこともある。第9シーズンではトップハム・ハット卿から自分専用の貨車をもらう。

映像作品での主な主役回[編集]

シーズン 話数 サブタイトル 備考
第1期 第1話 トーマスとゴードン 第一声は「起きろよ怠け者!」。この言動がゴードンの怒りを買い、仕返しされる。
第5話 トーマスのしっぱい ヘンリーに変わって初めて大型客車を牽引する。しかし、連結器が外れており、途中まで客車を引かずに走ってしまった。
話の最後には休んでいたはずのヘンリー、さらにジェームスにからかわれることになってしまった。
第6話 トーマスのさいなん 貨車に初めてイタズラされ、駅をオーバーランしてしまうが車止めによってなんとか停止、その後トップハム・ハット卿に貨車の勉強をするように勧められる。
第7話 ジェームスのだっせん 事故にあったジェームスの救助に向かい、ハット卿に専用の客車2両を与えられ、支線を任される。
これ以降は客車のアニーとクララベルと一緒に働く場面が多い。
第11話 とりのこされたしゃしょう 不調で遅れたヘンリーに怒鳴りつけるなど非常に時間にシビアな面が垣間見える。
第12話 トーマスとさかなつり 魚がボイラーに生きたまま入って暴れたため、多方面の意味で魚が嫌いとなる。
第13話 トラクターのテレンス この時点で雪かきを好んでないことが分かる(窮屈で重たいため)。
第14話 トーマスとバーティーのきょうそう 原作者がソドー島の路線図を考えるきっかけとなった。
第22話 トーマスとけいさつかん この回よりファークアー線の専属運用を行わなくなる。
第24話 トーマスのクリスマス・パーティー キンドリー婦人へクリスマスのプレゼントを提案する。
第26話 あなにおちたトーマス 実際に起きた事故に基づいており、本物は200mの穴に落ちている(この前の話ではゴードンが沼にはまっており、ゴードンをからかっていたトーマスも同じような目に遭うこととなる)。
第2期 第36話 こわれたブレーキ 具合が悪いため修理工場で修理される。
第41話 おくれるのもわるくない
第44話 トーマスあさごはんにおじゃま 駅長の家に激突し、修理工場息行きを余儀なくされる。
第52話 きかんしゃたちのクリスマス・キャロル

日本のイベントにおける運用[編集]

日本では大井川鐵道が保有する日本国鉄「C11形」が定期的にトーマスのデザインとなる。クラスE2の特徴である第1動輪のタイヤハウスをイミテーション[9]として付けている。国鉄内での位置づけも「クラスE2」に近い規模の機関車だった[10]

声優[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例として第1・9・10・13・14・17・19~25巻ではトーマスのセリフが一切ない。
  2. ^ 「The Thomas The Tank Engine Man」by Brian Sibley, ISBN 0-434-96909-5 P189。
  3. ^ きかんしゃトーマス・グッズ大全
  4. ^ 「The Thomas The Tank Engine Man」by Brian Sibley, ISBN 0-434-96909-5 P189。
  5. ^ 絵本の原題は「Thomas The Tank Engine」(タンク機関車トーマス)
  6. ^ メディカル・アート トーマス
  7. ^ 但し、長編第4作では、ゴードンから「そんなに小さくない」と言われていたことがある。
  8. ^ 最近はパーシーの運行が中心である。
  9. ^ 日本の国産蒸機ではランボードの位置を高くして動輪を避ける手法が一般的になったため、ランボード上にタイヤハウスのある国産機関車はほぼ皆無に等しい。
  10. ^ オードリーやアニメスタッフが意識していたかどうかは不明だが、トーマスが作中で引き受ける「夜行列車などの本線の小編成での運行」は「C11形」が持っているエピソードである(「クラスE2」にあったかは不明)。特に有名なものが電化前の佐世保線における特急「さくら」分割編成本務機である。