フライング・キッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フライング・キッパー(The Flying Kipper)は、絵本シリーズ『汽車のえほん』およびその映像化作品テレビシリーズ『きかんしゃトーマス』において登場する架空の列車名。

概要[編集]

主にティドマス港からメインランド(イギリス本島)へ向けて海産物を運搬する夜行の鮮魚貨物列車である。ヘンリーが主に牽引し、2軸鮮魚車で編成される。

原作では3回(6巻と日本未発売の27巻・37巻)登場するが、うち2回は途中で事故に見舞われ、残りの1回もトラブルが発生している。一方、テレビシリーズでは人形劇時代に3回登場し、いずれも事故を起こしているが、CGアニメーション化後の第16シーズン以降も何度か登場して大きな事故なく運行する回も見られるようになった。

「フライング・キッパー(空飛ぶニシン)」の名称は、フライング・スコッツマンのパロディである。

第1シリーズ19話「フライング・キッパー」[編集]

原作では第6巻第2話「ヘンリーとフライング・キッパー号」。

ヘンリーが牽引する5両+ブレーキ車の6両編成で、フライング・キッパーで唯一有蓋車以外の貨車が使用された。

この列車が通過予定だったとある駅では、雪と氷によって引込み線への分岐が凍りついたため、黄色信号が点灯していなかった。引込み線では、ヘンリーの牽引するフライング・キッパーを待避するために貨物列車が停車しており、その列車の車掌と機関士と機関助手はココアを飲むなどして休憩していた。そこへ、引込み線を走っているとは夢にも思わなかったヘンリーが減速せずに進入し、貨物列車に追突してしまった。貨物列車の後部貨車とブレーキ車が大破し、ヘンリーが横倒しとなる大規模なものだったが、双方貨物列車で乗客はおらず、乗員も待避線にいた貨物列車側は事故直前にブレーキ車を離れ、ヘンリー側も衝突前に雪の中に飛び降りたことで無事であり、幸いにも負傷者は出なかった。

事故原因は雪と氷によるポイント不転換だったため、トップハム・ハット卿は事故を起こしたヘンリーを責める事はなかった。この事故によってボイラーを損傷しているヘンリーはクルー工場に送られ、ベルペヤ式火室改造される。

この事故の復旧作業にはエドワードとジェームスが使われている。

2度目の事故[編集]

原作では第27巻(日本語版未訳)第3話「Fish」、人形劇では第4シリーズの第84話「さかなにはきをつけろ」。

ヘンリーが本務機、ダックが後部補機として充当されたが、「ゴードンの丘」の頂上に着いたときにヘンリーが一気に駆け下りることができるように、列車とダックは連結されていなかった。列車は10両編成で、何年も使われていない旧式の貨車が最後尾を含む後ろ4両に使用された。最後尾には、ブレーキ車の代わりにテールランプが使用されている。

濃霧の中、前照灯がない(イギリスの蒸気機関車はこれが基本である)ダックは最後尾の貨車についていたテールランプを頼りに運転していたが、一度勾配が緩やかな区間に入った際にヘンリーの負荷が減ったことで列車の速度が上がり、ダックは列車と離れてしまった。さらにこの直後ダックに見えないところで貨車のテールランプが外れてしまい、結果、フライング・キッパーの存在がダックから分からない状態になったことで、追いかけていったダックは列車後部の大型有蓋車に突っ込んでしまい、貨車が大破した[1]

事故原因は、テールランプの点検を怠ったトップハム・ハット卿の過失だったため、この事故でもトップハム・ハット卿は機関車達を責める事はなく、事故を起こしたダックに事故原因を優しく話した。

この事故の復旧作業にはエドワードが使われている。

3度目の事故[編集]

人形劇では、第5シーズンの第119話「みどりのくじら」。ヘンリーが牽引した。編成がはっきりしておらず、港を出発して信号所を通過するまでは11両+ブレーキ車の編成だが、海辺の路線を走っているときは9両+ブレーキ車の編成になっている。

通過した海辺の路線では、高波で地盤が崩れかけていることに地元の住民が気付き、危険を知らせる赤旗を設置していた。また、その住民はトーマスに事情を説明し、トーマスの機関士も赤ランプを設置した。

ところが、主任がトーマスの機関士からついさっき海辺の線路が危険だと説明されたにもかかわらず、その事を忘れ、ヘンリーを海辺の線路に走るようにしてしまい、主任が慌てて信号所の信号士に電話を掛けた。その時のヘンリーは汽笛を鳴らして信号所を通過した合図を送ったが、信号士は主任との電話に夢中で受話器を当てていなかった右耳も騒音を防ぐ為に右手で抑え気付かず、異変に気づいた際はヘンリーはすでに霧の彼方に遠のいていた。濃霧のために前方が見えなかったヘンリーは、赤ランプに気付かないまま海辺の路線を通過、地盤が完全に崩れたことで貨車もろとも脱線し、真夜中の海へ転落してしまった。なお、この時だけの表現でヘンリーが口から水を吐いている。

事故原因は主任の過失だったが、出発前にトーマスの忠告を聞かなかったヘンリーも不注意だったために今回ばかりはヘンリーもトップハム・ハット卿に叱られる羽目になった。この事故の復旧作業はトーマスとクランキーが使われた。朝になってようやく海から引き上げられたヘンリーは、魚が沢山積まれた船に乗せられた事で子供達から「緑色の鯨だ」「怪物だ」とからかわれた。

原作第37巻(日本語版未訳)第3話「Sliding Scales」では、ヘンリーが工場に行ってしまったため、ジェームスが代わりに牽引することになった。ところが、作業員が魚の入った箱を線路に落とした際に魚の油が線路上に残ってしまい、車輪がスリップして出発できなくなってしまった。その後、線路を洗いジェームスは出発できたが、大幅な遅れが生じてしまった。なお、この列車が目的地に到着したかまでは描かれていない。

CGアニメーション化後[編集]

第6シーズン以降のテレビシリーズではしばらく登場することがなかったが、CGアニメーション化後の第16シーズン第381話「ウィフのねがい」で再登場。この時は、冒頭でヘンリーが牽引しているシーンが数秒間流れたのみで、話との関連は薄かった。

本格的な再登場は第17シーズン第395話「おさわがせなケイトリン」。ソドー島に来ていたメインランドの機関車ケイトリンに、ヘンリーがフライング・キッパーの牽引を提案し、ケイトリン牽引で運行された。この時のフライング・キッパーは事故を起こさず運行できたものの、夜中にケイトリンが警笛を鳴らすなどして騒いだため、沿線の住人達に迷惑をかけてしまった。なお、この回以降は出発地がティドマス港からブレンダムの港に変更されている。

第17シーズン第400話「サカナなんてこわくない」では、自分が勇敢だと言い張るジェームスにヘンリーがフライング・キッパーの牽引を提案。一度ジェームスは港に向かうものの、魚の臭さに耐えられず引き返してしまい、結局ヘンリーが牽引したものの大幅な遅れが出てしまった。翌朝、トップハム・ハット卿がそのことを知り、ジェームスに次のフライング・キッパーの牽引を命令する。そしてその夜、港でジェームスが貨車を準備している最中、誤ってクランキーが下ろしていた魚の積み荷にぶつかり、たくさんの魚をかぶってしまった。このためにジェームスは全身が魚臭くなってしまったものの、魚は時間通りに配達することができた。

長編9作目及び第18シーズン第434話「ゲイターとトード」では、ジェームスがフライング・キッパーを牽引していたが、ライトが故障した状態で夜の線路を走っていたゲイターを怪物と間違え、驚いて暴走してしまい、その後赤信号を通過した挙げ句脱線し沼地にはまってしまう。翌朝救助されるも他の機関車にからかわれてしまった。なお、第18シーズンでは暴走後どうなったか描かれてない。

脚注[編集]

  1. ^ なお、実際のイギリスでもこうした夜間の追突事故防止のため勾配補機専用の機関車は特例で前照灯をつけていたものがあった。
    (例:ミッドランド鉄道No.2290 リッキー・バンカー/MR 0-10-0 Lickey Banker〈英語版〉
    高畠潔 著、『イギリスの鉄道の話』株式会社成山堂書店、2004年、P153-154、ISBN4-425-96061-0