名たんていカゲマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名たんていカゲマン
ジャンル ギャグ漫画推理漫画
漫画
作者 山根青鬼
出版社 小学館
掲載誌 小学館の学年別学習雑誌 / コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表期間 1975年 - 1984年
巻数 単行本:全11巻 / 復刻版:全3巻
アニメ:探偵少年カゲマン
監督 山口頼房
シリーズ構成 土屋理敬
キャラクターデザイン 近藤高光
音楽 大谷幸
アニメーション制作 スタジオ雲雀
製作 小学館、小学館プロダクション
放送局 NHK教育テレビ
放送期間 2001年4月10日 - 2002年1月16日
話数 全39話
漫画
作者 曽山一寿
出版社 小学館
掲載誌 別冊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表期間 2001年6月 - 2002年4月
巻数 短編集『そやまつり』に収録
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

名たんていカゲマン』(めいたんていカゲマン)は、山根青鬼(山根あおおに)による日本ギャグ漫画作品。1970年代から1980年代にかけて小学館学年誌およびコロコロコミックに連載されていた。

2001年になって、この漫画を原作としたテレビアニメ探偵少年カゲマン』が放送された。ただし、主人公カゲマンが探偵でその影が助手になるという点以外は全くの別物となっている。

概要[編集]

少年探偵カゲマンが、自身の影である相棒のシャドーマンと共に怪人19面相・他の起こす事件を解決して行く。連載当時のテレビタレントコマーシャルをネタにしたギャグが多用されているのが特徴。

「学習まんが」[編集]

1980年刊行「学習まんが ふしぎシリーズ8 手品と魔術のふしぎ」の中で、「魔術のふしぎ」のコーナーにカゲマンが登場している。登場人物は万太郎とシャドーマンとモモちゃん、オリジナルキャラの魔術師だけなので実質「名たんていカゲマン」をそのまま学習まんがにしたような内容である。執筆も山根あおおにで、本編の絵や設定とまったく変わらない。

「新名たんていカゲマン」[編集]

派生作品。小学二年生の1984年4月号から1985年3月号と、小学三年生の1984年4月号から1985年1月号に連載された。カゲマンの弟、影万次郎(通称は兄と同じくカゲマン)が主人公。帽子にジャンパーの姿で、ペン型ライトのシャドーペンでシャドーマンを呼び出す。ちなみにシャドーマンは髪4本。

「平成 名たんていカゲマン」[編集]

雑誌「COMIC GON! 第1号(1997年11月、ミリオン出版)」の企画で1話のみ書き下ろされた復刻作品。カゲマン電池がマグライトからの改造となり携帯電話を内蔵、シューズがナイキのカゲMAXモデルになるなど装備を強化した設定であるが、ストーリー展開はまったく変わらない。平成時代のコマーシャルネタや『アムロなみえ』が登場する。[1]

単行本[編集]

登場人物[編集]

カゲマン
本名は影万太郎(かげ まんたろう)。少年探偵。度のきついメガネをかけており、その素顔は誰にも明かされたことが無い。メガネが外れた時でも、両手で目を隠したりスペアのメガネをかけたりして決して素顔を見せない。スペアのメガネがない場合「イッチョメ!ワーオ!」などと泣き叫んで行動不能となる。ピンチに陥ると、「シャドー」の一声でシャドーマンを呼び出せる。暗闇では「そのときカゲマン少しもあわてず、とりだしましたるカゲマン電池」のセリフと共に愛用の懐中電灯「カゲマン電池」で光を照らしシャドーマンを呼び出すが、妨害や電池切れなどでピンチに陥ることも多い。なお、「電池」とは北海道地方における懐中電灯の方言である。ほかに「カゲマンウォッチ」を所持していることもあり、光線を発射して敵を倒したり、騒音を消したりするなど様々な性能を持つ。愛車はカゲマンサルーン。
シャドーマン
カゲマンの「影」。カゲマンが幼少のとき、ハイキングで山からおにぎりを落とした時に、おにぎりを拾うために突然起き上がり、それ以降カゲマンの親友となる。普段はカゲマンの助手をしている。超人的パワーを持っているが、影なので暗闇の中では出現できない。シャドーマン曰く、自分の姿はカゲマンが赤ん坊だった頃の姿だという。カゲマン電池の照らし具合でビルのように巨大化もできる。
怪人19面相
大泥棒でカゲマンのライバル。得意の変装を用いて盗みを働く。カゲマンには殺意さえ持っており、あの手この手でカゲマンを殺害しようとする。「19」という数字に異様なこだわりを持って行動している。笑うときは「ガハハハ」と笑う。口癖は「くそったれ」「しまった」「おろかなカゲマンめ」など。「怪人二十面相に一つおよばない」という意味で命名。「怪盗119面相」と名乗っていた時期もあった。右眼に片眼鏡を付け、シルクハットタキシードマント姿で登場する。片眼鏡の鎖を引くと、電灯を消すように太陽で隠し、シャドーマンを消す事が出来るなど、周辺の環境を自分好みに操作できる。変装を剥がす際には、なぜか着ている服が一緒に消える。カゲマンに逮捕され素顔を暴かれるが、同時に、19面相の「兄」を名乗る片眼鏡を左眼に付けている以外は19面相と瓜二つの怪人21面相が新たなライバルとして登場する。しかし、逮捕された19面相は影武者であり、この21面相こそが本当の19面相であることがカゲマンによって後に明らかにされる。基本的にカゲマンの敵役であるが、ミスターXを倒すためにカゲマンと共闘をしたこともある。
ミスターX
マフィアのボス。怪人19面相同様変装して悪事を働く。「X」という文字に異様なこだわりを持って行動している。素顔はカゲマンにそっくり。
ジキール / ハイドマン
普段は善良な探偵ジキールだが、水を浴びると悪党ハイドマンになり、火やカメラのフラッシュのような強い光に近付くとジキールに戻る。「ジキル博士とハイド氏」が元ネタ。十字架に弱い。悪魔を従えてカゲマンを襲わせる話もある。
オオカミ男
怪人19面相の息子で、妖怪「狼男」が元ネタとなっている。を見るか、「つき」という音を含む言葉(うそつき、突き指、目つきなど、月と無関係のものも含む)を聞いたりその文字や実物を見たりするとオオカミに変身する。
ゴキブリ小僧
怪人19面相の子分で、ゴキブリのような触角が生えた小柄な男。全身黒ずくめで、忍者のようでもある。また、「それいけ!アンパンマン」の登場人物「ばいきんまん」にも似ている。
クモーラマン
怪人19面相の子分で、蜘蛛の性質を持ったミイラ男。元ネタは「スパイダーマン」である。
テストマン
怪人19面相の子分で、容貌がウルトラマンに似ている。カゲマンたちに体力テストなどを課する。
ポリスマン
その名の通り警察官。帽子を深く被り、いつも銜えタバコの男。
モモちゃん
「モモタン」とも。カゲマンのガールフレンド。ダブダブの吊りズボンキュロットスカート?)を履いている。
ツキユビ男
突き指ではなく、両手の人差し指を突き合わせるのが癖の男。作品によって様々な役となる(カゲマンの友人だったり、銀行の支店長だったりする)。当時の担当編集者がモデルとされる。
ビューティー19
怪人19面相の娘で双子。ビューティ・ペアがモデルとされる。
ギャングのボス
怪人19面相が登場する以前のカゲマンの敵役。ブルドッグ似の手下とネコを連れている。
19マン
シルクハットをかぶったような姿をした、怪人19面相版のシャドーマン。誕生した経緯については一切語られていない。ダムの出水口に仕掛けた対シャドーマン用のトラップに引っ掛かって、微塵切りにされてしまう。

テレビアニメ[編集]

『探偵少年カゲマン』の題名で2001年4月10日から2002年1月16日までNHK教育テレビ天才てれびくんワイド』内のコーナーとして放送された。全39話。オープニングやアイキャッチのナレーションは小林清志が担当。

原作との関連性はほとんどないに等しいが、漫画版のカゲマンがアニメの主人公の祖父である「伝説の名探偵」としてゲスト出演したことがある。 コミカライズは、別冊コロコロコミックの2001年6月号から2002年4月号に連載の曽山一寿版と、小学二年生の2001年4月号から2002年3月号に連載の玉井たけし版があり、曽山一寿版は短編集「そやまつり」に掲載されているがカゲマン、シャドーマン、怪盗デ・アール以外の主要キャラクターはまったく登場しない。

番組終了後、2009年10月から2010年2月7日にかけて『おはスタ』で再放送が行われた。なお、本作は当時おはスタで再放送されたアニメでは唯一、テレビ東京で放送されたアニメではない。

ストーリー[編集]

ディテクティブ・シティで世界一の探偵を夢見る少年、カゲマンこと影万太郎。探偵小学校ではドジばかりのカゲマンは、怪盗デ・アールを追いかけていた最中、デ・アールの用意していたシャドー光線を浴び通りすがりの宇宙人シャドーマンと合体してしまった。ここに最強の凸凹探偵コンビが誕生する。

登場人物[編集]

主人公[編集]

カゲマン /影 万太郎(かげ まんたろう)
声- TARAKO
主人公。探偵小学校に通う少年。自称「探偵少年カゲマン」。漫画版とは違い、ゴーグルを付けている。
勉強も苦手で運動神経ゼロでおっちょこちょいだが、いざという時には頼りになり事件を解決に導く。
シャドーマン
声 - パンチユーホー
もう一人の主人公。元は気ままで通りすがりの宇宙人。デアールのアジトにあったシャドー光線を浴び、万太郎の影と融合する。性格は原作と大違いでわがままな上に食いしん坊で、乱暴者。始めは万太郎と喧嘩ばかりで言うことを全く聞かなかったが、事件を解決していくうちに良き相棒になっていく。
原作と違い、常に強い光が無くても姿を見せているが、影の特性により密室の暗闇では姿を現せない。後に万太郎の発明品「シャドーライト」により暗闇からも姿を現せるようになり、更にその後はライトの色を変えることによりあらゆる能力を持つシャドーマンに変身できるようになった(後述)。また、乗用車や飛行機等の影とシャドーマンが重なり、融合することで変身(通称「マッチ・チェンジ」)することも可能。好物はトンカツ
なお、曽山一寿によるコミカライズ版ではただの黒い人物として描かれている[2]
シャドーライトによる変身
シャドーライトに透明のカラーシートを掛けるだけでシャドーマンが変身する。一見すると便利な能力だが、いずれの技も使用者の万太郎が巻き添えになるので使用頻度は低い。
レッドシャドーマン【赤】
熱血漢な性格で、炎を自在に操る。
ブルーシャドーマン【青】
クールな性格で、水を自在に操る。
グリーンシャドーマン【緑】
平和をこよなく愛する爽やかな性格。植物を自在に操る。
ピンクシャドーマン【ピンク】
セクシーな女性に変身し、異性を誘惑する。変身解除後はシャドーマン自身も気持ち悪がる。
イエローシャドーマン【黄色】
大地を自在に操る。外見だけでなく、性格もどことなく厳つくなる。岩壁もすり抜けるが、それに引っ張られる万太郎がすり抜けられないので一番散々な被害に遭う。

探偵小学校の生徒・関係者[編集]

御等幅 テンコ(みらの テンコ)
声- 笹本優子
万太郎の同級生で、三つ編みが特徴の女の子。しっかり者で万太郎をいつもフォローする。
マジシャンの娘であり、マジックが得意で、戦闘においては「マジカルスティック」というスティックとトランプを投げる「トランプシュート」という技を持つ。
チュンチュン
声- 城雅子
シャドーマンの仲間の宇宙人。地球ではオウムに変身して行動する。テンコやブイブイと行動することが多い。
ブイブイ
声 - 土屋利秀
シャドーマンの仲間の宇宙人。地球ではブタに変身して行動する。テンコやチュンチュンと行動することが多い。
光 光太郎(ひかり こうたろう)
声- 伊藤健太郎
探偵小学校に転校してきたお金持ちの少年。キザでナルシストな性格。女子のスカートを覗く等、スケベな一面がある。
テンコに惚れており、いつもアプローチを仕掛けるも全く相手にされず、万太郎をライバル視する。探偵の証となるバッジがカゲマンをはじめとする探偵初心者・駆け出しの「ブロンズバッジ」に対して、彼のみ格上の「シルバーバッジ」である。だが間抜けな一面を見せるなど、あまり事件解決の役に立っていないゆえ、コネで手に入れた可能性が高い。
光太郎の執事
声 - 園部啓一
本名不明。光太郎から「じい」と呼ばれている。
小珠(こだま)
声 - 菊地祥子
光太郎のメイド。普段は大人しい性格で、前髪で目は隠れているが、メイドとしての実力は本物。
何より主の光太郎を大事に思い、彼を傷つける者は誰であろうと容赦せず、怒ると普段とは考えられない程の怒りを露にし、強烈な鉄拳を下す(その際、一瞬素顔が見える)。
綾小路 ひなた(あやのこうじ ひなた)
声- 豊口めぐみ
大きな屋敷を持つ程の大金持ちの少女。世間知らずのお嬢様ゆえ、善悪の見分けがつかない程のド天然な性格で、和服を纏っている。
以前、万太郎(実際助けたのはシャドーマンであり、偶然の出来事だった為、万太郎本人も気付いていなかった)に命を救われた事から万太郎に恋心を持ち、探偵小学校に転校してきた。万太郎を「カゲ様」と呼び、いつもテンコにやきもちを焼かせる。
ばあや
声- 東さおり
ひなたの侍女。太めのオバさんだが、高速で走る車に乗りながら料理を作るほどの実力を持つ。
影 万之助(かげ まんのすけ)
声 - 土屋利秀
万太郎の祖父であり、探偵小学校の校長。かつては「伝説の名探偵」とも呼ばれていた。小学生時代にシャドーマンの宇宙船の故障でタイムスリップしてきた万太郎達に出会っている。
静 くるみ(しずか くるみ)
声 - 菊地祥子
探偵小学校の女教師であり、万太郎達の担任。生徒たちには時には厳しく、時には優しく接している。
クイズじじい
声 - 土屋利秀
推理中に突然「いや〜ほ〜!クイズじじいだヨーン!」と登場するクイズ好きな派手めの老人。彼の出すクイズの答えが万太郎達の推理のヒントになる。その正体は万之助であることがある回で示唆されている。

怪盗たち[編集]

怪盗デ・アール
声- 三宅健太
万太郎と対立する怪盗。シルクハットとマントが特徴で変装が得意。万太郎に敗れてシャドーマンに殴り飛ばされたりするなど、常に万太郎を倒すことに執念を燃やすも、いつも失敗している。
妹のノ・ヨ〜ンとは「兄弟怪盗ノ・アール」と名乗り出ることもある。
オッチョ・コチョイ
声 - 坂口候一
デ・アールの子分。バンダナが特徴。メカの発明が得意だが、ドジな一面が多く肝心なとこでいつも作戦の失敗を招き、デ・アールにいつも怒られてしまう。
怪盗ノ・ヨ〜ン
声- 三宅健太
デ・アールの妹。デ・アールと瓜二つであり、よく万太郎に弟と間違えられる。
アッチョ
声 - 坂口候一
ノ・ヨ〜ンの子分。バンダナが特徴の小柄な女性。外見はオッチョと同じだが、関係は不明。
ビューティーフェイス
声 - 勝生真沙子
金髪が特徴の女怪盗。自称「悪人派遣のエキスパート」。表向きはデ・アールの協力者であるが、裏では自身の目的のために利用する冷酷な女。実力も高く、テンコとの戦いではトランプシュートを見切り、マジカルスティックをベーゴマで弾き飛ばすなど、全く寄せ付けず一瞬で倒してしまう。
ミスターX
声 - 納谷六朗
悪人連合の総帥。漫画版と同じく、本作の黒幕。万之助とは深い因縁があり打倒の機会を狙っている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマはなし。

オープニングテーマ「光と影の小夜曲〜カゲマンのテーマ」
作詞 - 伊藤洋介 / 作曲 - 牧野隆志 / 編曲 - 3CV / 歌 - 東京プリン

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
1 シャドーマン誕生事件!! 土屋理敬 山口頼房 田中穣
2 シャドーマン誕生事件!!・続き 中西伸彰 三浦貴弘
3 今日から仲間だ! チュンチュン・ブイブイ事件 高柳哲司 田中穣
4 デ・アールからの挑戦状事件 早坂律子 平山周吉 鈴木大司
三浦貴弘
5 水晶玉盗難事件!! 古川順康 安藤義信
6 ライバル探偵光光太郎登場事件 土屋理敬 古川順康 中西伸彰 近藤高光
田中穣
安藤義信
7 おはよう娘。盗難事件!! 吉田玲子 浅川智裕 田中穣
8 謎のお宝盗難事件!! 早坂律子 岡佳広 三浦貴弘
9 幻の切手盗難事件!! 土屋理敬 奈須川充
10 野外訓練サバイバル事件!! 吉田玲子 久米一成 重国勇二
11 デ・アールの遊園地大作戦事件!! 土屋理敬 中西伸彰 田中穣
12 電動カラクリ屋敷の甘い罠!! 早坂律子 浅川智裕 朝倉隆
13 お嬢様探偵参上事件!! 土屋理敬 菱田正和 田中穣
14 のろいのミイラ事件!! 吉田玲子 桃瀬まりも 北川正人 三浦貴弘
15 さよならシャドーマンなのであ〜る事件!! 早坂律子 北川正人 安藤義信
16 カラーで変身! 西部の大追跡事件!! 土屋理敬 藤森カズマ 菱田正和 朝倉隆
17 怪盗デ・アール七変化事件!! 釘宮洋 山口頼房 尾神一斗
18 海賊船の秘宝を守れ!!事件!! 早坂律子 浅川智裕 鈴木大司
近藤高光
19 探偵小学校競技会事件!! 岡佳広 朝倉隆
20 ミラノ家の秘密!? テン子の里帰り事件!! 土屋理敬 山口頼房 清水博明
21 シャドーマシーン猛レース事件!! 吉田玲子 大畑清隆 朝倉隆
22 チュンチュン誘拐事件!! 早坂律子 北川正人 三浦貴弘
23 悪の帝王登場事件!! 土屋理敬 菱田正和
24
25 新型ゲーム機盗難事件!! 植田浩二 藤森カズマ 戸越公太郎 清水博明
26 恐怖の窃盗団事件!! 早坂律子 桃瀬まりも 北川正人 田中穣
27 兄弟怪盗ノ・アール参上事件!! 戸越公太郎 山口頼房 波風立流
28 二人のカゲマン事件!! 植田浩二 大畑清隆 田中穣
29 ファッションショー潜入捜査事件!! 吉田玲子 古川政美 三浦貴弘
30 スーパースター危機一髪事件!! 土屋理敬 菱田正和 朝倉隆
31 過去へ行ったカゲマン達事件!! 中西伸彰 清水博明
32
33 メカ探偵との対決事件!! 植田浩二 北川正人 朝倉隆
34 カゲマンの帽子の謎事件!! 早坂律子 鈴木輪流郎 北川正人 三浦貴弘
35 カゲマンの誕生日事件!! 吉田玲子 古川政美 安藤義信
36 いらっしゃーい!! ジパングシティで大冒険事件!! 植田浩二 かみやじゅん 古川政美 清水博明
37 デ・アールの依頼事件!! 早坂律子 桜井国彦 熊谷雅晃 三浦貴弘
38 ディテクティブ・シティ大襲撃事件!! [前編] 土屋理敬 古川政美 佐土原武之 田中穣
39 ディテクティブ・シティ大襲撃事件!! [後編] 藤森カズマ 山口頼房 近藤高光

ソフト化[編集]

  • ビデオは第1話から第18話までが「登場編」(全6巻)、第19話から最終話までが「活躍編」(全7巻)として発売。
  • DVDは「登場編」のみ発売。
NHK教育 天才てれびくんワイド内アニメ枠
前番組 番組名 次番組
探偵少年カゲマン

脚注[編集]

  1. ^ ミリオンムック25「COMIC GON! - コミック・ゴン - 第1号」ミリオン出版, 1997年11月5日発行
  2. ^ 『曽山一寿短編集 そやまつり』75頁「探偵少年カゲマンのこと つづきのつづき」より。