片眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
眼窩にはめ込むタイプを右目に着用(サー・オースティン・チェンバレン
眼窩にはめ込むタイプを左目に着用(サー・ルイ・ナポレオン・カソール)
吊すタイプ
アルセーヌ・ルパンの挿絵

片眼鏡(かためがね)とは、眼鏡の一種で、文字通り片目での使用を前提とした単一レンズの視力矯正器具である。別名ではモノクル: monocle)と呼ばれる。

概要[編集]

片眼鏡はそれまでにも幾度か流行と衰退を繰り返したが、19世紀末の流行期には眼窩にはめ込んで装着する方式(右側の画像)が一般的になり手で支えたりせずに掛けられるようになり、形は殆ど丸型ばかりになった。落下に備えた安全策として、に結び付けて首に吊す(右下側の画像)ようになった[1]。鎖などを付けても眼窩から片眼鏡が外れること自体は防げないが、外れたあとの破損や紛失を防ぐことができる。現在販売されている片眼鏡にはブリッジでに掛ける方式もあるが、演劇関係者向けに眼鏡の時代考証の資料として各時代ごとの眼鏡の図版を載せた『メガネの文化史』にはこの方式の片眼鏡は見られない[2]

一般的な眼窩にはめるタイプの片眼鏡には縁なしタイプのもの、つまり眼窩にはめやすい大きさの単なるレンズもあるが、金属フレームに金属製の脚を張り出させて、かけやすくなっているものが多い。また、多くはフレームに紐・鎖を通すリングがついており、その場合環状の紐や鎖を通し、首から下げて用いる。19世紀末から20世紀前半の男性肖像写真には、片眼鏡や鼻眼鏡を首から下げているものが多く見られる。腹部、懐中時計の鎖の上辺りに眼鏡が写っているのがそうである。この眼窩にはめ込む方式は、コーカソイドのような彫りの深い顔を想定したものであるため、モンゴロイドに比較的多い平面的な顔面では装着が難しい。

裸眼で遠くを鮮明に見られる正視の者が老眼になった場合、適切な度数の片眼鏡をかければ、裸眼の側の眼で遠くを、片眼鏡をかけた側の眼で近くを見ることにより遠近両用レンズを使わずに遠くから近くまで見ることができる利点もあった。片目で遠くを、片目で近くを見ることで遠近両用レンズを不要とするのは、今日でもコンタクトレンズレーシック手術などでモノビジョンと称して行われることのある方法である。遠近両用レンズと違って、上目使いで遠くを、下目使いで近くを見る視線の使い分けをしなくてよく、見え方のゆがみも少ない一方で、両目で同時に鮮明に見ることができないため遠近感や清明感に劣り、人によっては慣れられないという欠点もある。

片眼鏡は、視力矯正器具としてより、貴族階級の真似をして優美を装うための流行品として使用者から好まれた[3]。一方、眼鏡商人からは、流行するたびに必ずといってよいほど嫌われた。1824年にライプチヒの匿名の眼鏡商が著した眼鏡に関する本もその例外ではなく、片眼鏡を両目の視力のバランスを狂わすものとして批判した。同年ロンドンのキッチナー博士は片眼鏡を有害な玩具と呼び、それを使っていると2~3年も経たぬうちに片眼または両眼の視力を不完全にしてしまうとした[4]

軽量だが掛け心地の調整の余地が少なく、たとえ片目だけの視力矯正が目的であっても、コンタクトレンズの使用や、片方のレンズに度が入っていない眼鏡を掛ける方が現実的である。現代の感覚では機能性のある道具とは言い難く、ファッション・文化的にも時代錯誤と見なされることが多いため実際に使用されることはもはや稀であり、近代ヨーロッパを象徴するレトロ文化の一種と見なされることが多い。とはいえヨーロッパでは一般的な眼鏡店でも鼻眼鏡とともに売られているのを見ることができる。

歴史[編集]

19世紀ヨーロッパ上流階級で流行し、日本でも明治の頃やや流行した。基本的に片眼鏡を使用するのは男性で、女性が装着することは稀であった。

基本的には貴族階級が付けるものであったが、イギリス等では主人の富を象徴させるため、執事に片眼鏡を付けさせることも流行した。

フィクションにおける片眼鏡[編集]

元が上流階級における流行なので、ある程度地位のある男性に使われることが多い。特に、紳士のシンボルとしてシルクハットコート、片眼鏡は定番ともいえる。

ピエールラフィット社刊『怪盗紳士ルパン』表紙(1907年)にて、アルセーヌ・ルパンに片眼鏡がかけられたことにより(原作には片眼鏡を愛用している描写がない)、怪盗のイメージとしても定着している(『名たんていカゲマン』の怪人19面相、『まじっく快斗』の怪盗キッドなど)(右下側の画像)。

片眼鏡の著名人[編集]

片眼鏡の人物が珍しくなかった時代もあるため、片眼鏡が当時これらの人物の個性と捉えられていたとは限らない。片眼鏡の流行期の著名人であれば、片眼鏡をかけていることはその人物の個性としてよりもその人物の生きていた時代の風俗として捉えるべきである。

歴史上の人物

脚注[編集]

  1. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. pp. 143. 
  2. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. 
  3. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. pp. 136. 
  4. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. pp. 141-142. 

関連項目[編集]