シング・ストリート 未来へのうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シング・ストリート
未来へのうた
Sing Street
監督 ジョン・カーニー
原案 ジョン・カーニー
サイモン・カーモディ[注 1]
製作
出演者
撮影 ヤーロン・オーバック[注 3]
編集
  • アンドルー・マーカス
  • ジュリアン・ウルリッチ[注 4]
製作会社
配給
公開
上映時間 105分36秒[3]
製作国 アイルランドの旗 アイルランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 960万ドル[4]
日本の旗 1億6000万円[5]
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:Sing Street poster.jpeg
? 本国での劇場公開時のポスター

シング・ストリート 未来へのうた』(シング・ストリート みらいへのうた、: Sing Street)は、2016年に公開されたアイルランドの音楽映画・コメディドラマ。脚本・制作・監督はジョン・カーニーが務めた。出演は、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ英語版ルーシー・ボイントンジャック・レイナーほか。1985年ダブリンを舞台に、不景気や転校でどん底にいた男子高校生の人生が、一目惚れした女の子の気を引くためバンドを結成することで変化していく様子を描く。

映画は、2016年1月24日に、サンダンス映画祭 (2016 Sundance Film Festivalでワールド・プレミアを迎えた[6]。その後アイルランド3月17日アメリカ合衆国4月15日イギリス5月20日に封切られた[7][8][9]。日本では同年7月9日にヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントなどで公開され、その後全国展開された[10][11]

あらすじ[編集]

舞台は1985年の、ダブリン南部にあるインナーシティ地区。この場所に住むロウラー家は、不況から建築家の父ロバート(演:エイダン・ギレン)が失業し、苦境に立たされていた。喧嘩が絶えないロバートと妻ペニー(演:マリア・ドイル・ケネディ英語版)は別居も考えており[注 5]、ロバートは酒浸りで喫煙量も増えている。ある日の家族会議で、ロバートは末の息子コナー(主人公、演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ英語版)へ、学費を節約するため、私立学校から無料の公立高校へ転校するよう話す。ロバートは転校先のシング・ストリート高校英語版について、評判は良い学校だと話すが、コナーの兄・ブレンダン(演:ジャック・レイナー)は、ばらばらになった家族の現状とコナーの転校を思い切りからかう。そんな現状から逃れるように、ブレンダンとコナーはロンドンのポップ音楽へのめり込む。

シング・ストリート高校は「クリスチャン・ブラザーズ英語版」というカトリックの修道会が運営する学校で、コナーが元いたイエズス会運営の学校とは校風が違っていた。登校初日、校則違反の茶色い靴を校長のバクスター修道士(演:ドン・ウィチャリー英語版)に見咎められ[注 6]、いじめっ子のバリー(演:イアン・ケニー)に目を付けられてしまう。散々なスタートを切ったコナーに、ただひとり自称「校内コンサルタント」のダーレン(演:ベン・キャロラン)が声を掛け、2人は友人になる。2人が下校しようとした時、コナーは、高校の真向かいにあるフラットの入り口に立つ若い女性モデル・ラフィーナ(演:ルーシー・ボイントン)に気付き、その姿に一目惚れする。彼女の気を引くため、コナーは組んでもいないバンドのミュージック・ビデオ (MV) へ出演しないかと持ちかけ、ラフィーナの電話番号を手に入れる。成り行きでダーレンはマネジメント担当を引き受け、楽器に万能な友人・エイモン(演:マーク・マッケンナ)をコナーに引き合わせる。

その後「街で唯一の黒人」として誘われたンギグ(演:パーシー・チャンブルカ)、メンバー募集の張り紙を見てやってきたギャリー(演:カール・ライス)とラリー(演:コナー・ハミルトン)を加え、バンドは5人体制になる。またバンド名は、高校名とかけて「シング・ストリート」(: Sing Street)に決まる[注 7]。彼らはエイモンの家で1980年代のバンドをコピーし始めるが[注 8]デュラン・デュランのヒット曲をコピーしたテープを聴いたブレンダンは、ロックの師匠として「他人の曲で女の子を口説くな、自分の曲を作れ」と弟を叱咤する。コナーはエイモンと作曲を始め、自作曲『モデルの謎』(: "The Riddle of the Model")を完成させる。メンバーはてんでんばらばらの衣装を着てミュージック・ビデオ撮影に臨み、ラフィーナは謎のあるモデル役とメイクアップを担当する。撮影後、コナーはラフィーナを家まで送り届け、キスをしようとする。ところがそこにラフィーナの年上の彼氏・エヴァン(演:ピーター・カンピオン)がオープンカーを乗り付け、彼女を連れて走り去ってしまう。別れ際にラフィーナは、エヴァンとロンドンに出て、モデルとして成功すると夢を語る。2人が立ち去った後、コナーはラフィーナの住むフラットが、実は身よりの無い子供たちのために作られた施設だと気付く。帰宅して落ち込むコナーを、ブレンダンは彼なりに勇気づけて弟の恋を応援する。

数日後、コナーと再び会ったラフィーナは、自分の生い立ち[注 9]をコナーに話し、新曲を書いて、自分がロンドンに発つ前にMVを撮影してほしいと頼む。海辺のダン・レアリー[注 10]で2本目のMVを撮影している最中、ラフィーナは「何事も半端はだめ」と、泳げないにもかかわらず作品のため海へ飛び込む。コナーは海へ飛び込みラフィーナを助けてキスを交わし、2人の間に信頼感が生まれる。

ダルキー島を写した写真

ロバートとペニーの婚姻はいよいよ破綻を来すが[注 11]、一方でコナーとラフィーナは交際を進展させ、2人はコナーの祖父が所有していたモーターボートでダン・レアリーから程近いダルキー島英語版へ向かう。島から、アイルランドを離れブリテン島へ向かうフェリーを見た2人は[注 12]、ラフィーナの「アイルランドを離れロンドンに行く」夢について語り合う。

学校主催のプロムを初ライブに決めたメンバーは、新曲・MV作りに没頭する。コナーは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ばりのMVを撮ろうと妄想するが[注 13]、ラフィーナは撮影現場に現れない。彼女のフラットに向かったコナーは、住人からラフィーナがエヴァンと共にロンドンへ旅立ったことを伝えられる。ところが、エヴァンにはつてなど無くロンドンで雲隠れし、彼に騙されたラフィーナは程なくしてダブリンに戻ってくる。バンドはプロムに向けて準備を進め、家庭環境からぐれていたいじめっ子のバリーをローディーとして引き込む。プロムでのライブでは、バクスターを揶揄する歌まで歌って大成功する。

プロムの後、コナーとラフィーナは、モーターボートが停泊しているダン・レアリーまで送ってほしいとブレンダンに頼み込む。2人はモーターボートでウェールズホリーヘッド[12]へ向かう計画を明かす。コナーとラフィーナはブレンダンに見送られ、ロンドンでの新しい生活を求めて、ブリテン島へ向かうフェリーを追うように、モーターボートでアイリッシュ海を渡るのだった。

映画の最後には、"For Brothers Everywhere" との献辞が表示される[15]

キャスト[編集]

以下は公式パンフレット、プロダクション・ノートに拠った[16][17]

役名 キャスト 日本語吹替 備考
コナー・"コズモ"・ロウラー[注 14]
Conor "Cosmo" Lalor[18]
フェルディア・ウォルシュ=ピーロ英語版
Ferdia Walsh-Peelo
小川ゲン 主人公、バンド『シング・ストリート』のボーカル
ラフィーナ
Raphina
ルーシー・ボイントン
Lucy Boynton
近藤唯 ロンドンで大成することを目指すモデル、本作のヒロイン
ブレンダン
Brendan
ジャック・レイナー
Jack Reynor
金谷ヒデユキ コナーの兄で「ロックの師匠」
ロバート
Robert
エイダン・ギレン
Aidan Gillen
宮崎敦吉 ブレンダン、アン、コナーの父で、失業した建築家
ペニー
Penny
マリア・ドイル・ケネディ英語版
Maria Doyle Kennedy
仲村かおり ブレンダン、アン、コナーの母
アン
Ann
ケリー・ソーントン
Kelly Thornton
ブレンダンの妹、コナーの姉。大学で建築を学ぶ
ダーレン
Darren
ベン・キャロラン
Ben Carolan
バンド『シング・ストリート』のマネージャー・カメラマン
エイモン
Eamon
マーク・マッケンナ
Mark McKenna
楽器に万能。バンド『シング・ストリート』のギター
ンギグ
Ngig
パーシー・チャンブルカ
Percy Chamburuka
黒人という理由で誘われた、バンド『シング・ストリート』のキーボード
ラリー
Larry
コナー・ハミルトン
Conor Hamilton
バンド『シング・ストリート』のドラム
ギャリー
Garry
カール・ライス
Karl Rice
バンド『シング・ストリート』のベース
バリー
Barry
イアン・ケニー
Ian Kenny
いじめっ子でコナーに目を付けるが、後にバンドのローディーとなる
バクスター校長
Brother Baxter
ドン・ウィチャリー英語版
Don Wycherley
千葉繁 シング・ストリート高校の校長を務める修道士
ミス・ダン
Miss Dunne
リディア・マクギネス
Lydia McGuinness
シング・ストリート高校の美術教師

制作[編集]

上から順に、エイダン・ギレン(ロバート役)、マリア・ドイル・ケネディ(ペニー役)、ジャック・レイナー(ブレンダン役)

計画の始動[編集]

2014年2月、ジョン・カーニーが、「男子学生が女子の気を引くためバンドを始める」という筋のシナリオを元に映画を監督すると発表された[19]。カーニーは自身の率いるディストレスド・フィルムズ(: Distressed Films)を通じてこの映画の制作面にも関わったが、制作には、他にもライクリー・ストーリー英語版のアンソニー・ブレグマン、パルムスター・メディア英語版のケヴィン・フレイクス、マースド・メディア・パートナーズ(英: Merced Media Partners)のラージ・ブリンダー・シン、フィルムウェーヴ(英: FilmWave)のポール・トライビッツ英語版、クリスティアン・グラスが名を連ねている[注 2][19]。作品は、カーニーがダブリンで過ごした子供時代を、半自伝的に描いたものとされている[20]

配役[編集]

2014年7月に行われたインタビューで、カーニーは無名の俳優を映画に使うつもりだと明かした[21][22]。主演のフェルディア・ウォルシュ=ピーロ英語版も無名俳優だったほか、バンドのメンバーを演じたベン・キャロラン、マーク・マッケンナ、パーシー・チャンブルカ、コナー・ハミルトン、カール・ライス、イアン・ケニーは、いずれも本作が長編映画デビューとなった[17][23]。2014年9月には、エイダン・ギレンマリア・ドイル・ケネディ英語版ジャック・レイナーの出演が発表され、それぞれ父、母、息子の役を演じるとされた[24][25]

撮影[編集]

映画の主撮影は2014年9月にアイルランドダブリンで始まり、同年10月25日にクランクアップした[26]。ロケ地の中には、実際のシング・ストリート・クリスチャン・ブラザーズ・スクール英語版が含まれていたが[27]、この学校はカーニー監督の母校である[28]

音楽[編集]

劇中でバンド『シング・ストリート』が演奏するオリジナル曲の多くは、80年代に活躍した作曲家のゲイリー・クラーク英語版が制作したものである[29][30][31]。またカーニー監督自身も、クラークと並んでオリジナル・ソング制作者としてクレジットされている[32]。また、北アイルランドのバンド・レリッシュ英語版のケン・パペンフュス、カール・パペンフュス兄弟[33]、グレアム・ヘンダーソンやザモ・リフマンも作曲者として名を連ねている[注 15][34]。またマルーン5アダム・レヴィーンは、カーニーやグレン・ハンサード英語版と共作し、映画の主題歌にもなった "Go Now" を書き下ろしている[35]

また、映画には当時の音楽として、ザ・キュアーa-haデュラン・デュランザ・クラッシュホール&オーツスパンダー・バレエザ・ジャムなどの曲がふんだんに使用されている[36]

サウンドトラック[編集]

映画のサウンドトラックは、デッカ・レコードから2016年3月18日にリリースされた[29]。また日本では、オリジナル・サウンドトラックが2016年7月6日に発売された[11][37][38]

以下のトラックリストで、作曲者や演奏者については公式モーション・ピクチャを参照した[36]

#タイトル作詞・作曲アーティスト時間
1.「Rock N Roll Is a Risk」(Dialogue) Jack Reynor
2.「Stay Clean」Edward Clarke, Ian Kilmister, Philip TaylorMotörhead
3.「The Riddle of the Model」(邦題:『モデルの謎』[39])John Carney, Gary Clark英語版, Graham Henderson, Carl Papenfus, Ken Papenfus, Eamonn GriffanSing Street
4.Rio英語版Simo le Bon, Nick Rhodes, Andy Taylor, John Taylor, Roger TaylorDuran Duran
5.「Up」(邦題:『アップ』[39])John Carney, Gary Clark, Graham Henderson, Carl Papenfus, Ken Papenfus, Eamonn GriffanSing Street
6.「To Find You」(邦題:『君をさがして』[39])Gary ClarkSing Street
7.「Town Called Malice」(邦題:『悪意という名の街英語版[36])Paul WellerThe Jam
8.「In Between Days」(en)Robert SmithThe Cure
9.「A Beautiful Sea」(邦題:『ア・ビューティフル・シー』[39])John Carney, Gary Clark, Graham Henderson, Carl Papenfus, Ken Papenfus, Eamonn GriffanSing Street
10.「Maneater」(邦題:『マンイーター英語版』)Sara Allen, Daryl Hall, John OatesHall & Oates
11.「Steppin' Out」(邦題:『夜の街へ英語版』)Joe JacksonJoe Jackson
12.「Drive It Like You Stole It」(邦題:『思い切りアクセルを踏め』[39])Gary ClarkSing Street
13.「Up」(Bedroom Mix)John Carney, Gary Clark, Graham Henderson, Carl Papenfus, Ken Papenfus, Eamonn GriffanSing Street
14.「Pop Muzik」(邦題:『ポップ・ミューヂック英語版』)Robin ScottM
15.「Girls」(邦題:『ガールズ』[39])John Carney, Gary Clark, Graham Henderson, Carl Papenfus, Ken Papenfus, Eamonn GriffanSing Street
16.「Brown Shoes」(邦題:『茶色い靴』[39])John Carney, Gary Clark, Graham Henderson, Carl Papenfus, Ken Papenfus, Eamonn GriffanSing Street
17.「Go Now」(邦題:『ゴー・ナウ』[39])Glen Hansard, John Carney, Graham Henderson, Carl Papenfus, Ken Papenfus, Eamonn GriffanAdam Levine
合計時間:

また、他にも次のような曲が劇中で使われている[36]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

映画批評サイトRotten Tomatoesでは、2016年9月13日現在151件のレビューが寄せられ、肯定的批評97%の「新鮮な映画」に分類されている[40]。また平均点数は8.1/10である[40]Metacriticでは37件のレビューに基づき、100点満点中79点のスコアが付けられた[41]

受賞[編集]

受賞とノミネーションの一覧
映画賞 授賞式開催日 部門 対象 結果 脚注
第13回 (enアイルランド映画&テレビ賞 (en 2016年4月9日 最優秀映画賞 映画本編 ノミネート [42]
最優秀監督賞 ジョン・カーニー ノミネート
最優秀脚本賞 ジョン・カーニー ノミネート
最優秀助演男優賞 ジャック・レイナー 受賞
最優秀オリジナル・スコア賞 ゲイリー・クラーク
ジョン・カーニー
ノミネート
最優秀音響賞 ロバート・フラナガン[注 16] ノミネート
最優秀コスチューム・デザイン賞 ティツィアーナ・コルヴィシエリ[注 17] ノミネート
最優秀メイクアップ・ヘアメイク賞[注 18] 映画本編 ノミネート
第22回放送映画批評家協会賞 2016年12月11日 歌曲賞英語版 "Drive It Like You Stole It"
ゲイリー・クラーク英語版
ノミネート [43]
第21回英語版サンディエゴ映画批評家協会賞 2016年12月12日 最優秀オリジナル・スコア賞 映画本編 受賞 [44][45]
第13回英語版セントルイス映画批評家協会賞 2016年12月18日 最優秀サウンドトラック賞 映画本編 受賞 [46]
最優秀歌曲賞 "Drive It Like You Stole It"
— ゲイリー・クラーク
ノミネート
フェニックス映画批評家協会賞 2016年12月20日 最優秀映画賞 映画本編 ノミネート [47]
最優秀オリジナル歌曲賞 "Drive It Like You Stole It" ノミネート
Overlooked Film of the Year[注 19] 映画本編 受賞
第12回英語版オースティン映画批評家協会 2016年12月28日 最優秀作品賞 映画本編 10位 [48]
第88回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2017年1月4日 インディペンデント映画トップ10 映画本編 受賞 [49]
第10回英語版ヒューストン映画批評家協会賞 2017年1月6日 最優秀主題歌賞 "Drive It Like You Stole It"
— ゲイリー・クラーク
ノミネート [50][51]
第74回ゴールデングローブ賞 2017年1月8日 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 映画本編 ノミネート [52][53]
ゴールデン・トマト賞 2017年1月12日 Best Limited Release 2016 映画本編 4位 [54]
最優秀ミュージカル/音楽映画賞 2位
デンバー映画批評家協会英語版 2017年1月16日 最優秀オリジナル歌曲賞 "Drive It Like You Stole It" 受賞 [55][56]
第36回英語版ロンドン映画批評家協会賞 2017年1月22日 今年のイギリス/アイルランド映画 (en 映画本編 ノミネート [57]
今年の若手イギリス/アイルランド俳優 フェルディア・ウォルシュ=ピーロ英語版 ノミネート
技術賞 ジョン・カーニー、ゲイリー・クラーク ノミネート

リリース[編集]

2014年2月、フィルムネイション・エンターテインメント英語版が、映画の配給権を国際的に販売すると発表された[58]。同年5月には、ワインスタイン・カンパニーアメリカ合衆国での配給権を300万ドルで獲得したと報じられた[59]

映画はサンダンス映画祭で、2016年1月24日にワールド・プレミアを迎えた[6]。また、同年2月18日にはダブリン国際映画祭英語版[60]3月11日にはサウス・バイ・サウスウェストで上映されている[61]

その後、3月17日にはアイルランド[62]4月15日にはアメリカ合衆国[7]5月20日には英国で劇場公開された[9]

日本では2016年7月9日に公開され[11]、レートはPG-12に指定された[63]。「君の夢は、僕の夢になった。」とのキャッチコピーが付けられたほか、字幕翻訳は石田泰子が担当した[37]

ディスク販売[編集]

本国では、2016年7月26日DVDBlu-ray Disc・オンデマンドで発売された[64]。またiTunesでは7月12日、Digital HDでは7月19日に先行配信されている[65]

日本版のディスクは2017年2月2日に発売され、同年1月18日TSUTAYAで先行レンタルが行われることが発表された[66]。ディスクはTシャツ・特典DVDの付いたBlu-ray Discプレミアム・エディション、1枚組のBlu-ray Discスタンダード・エディション、スタンダード・エディションと同一内容のDVDの3パターン展開である[66]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ : Simon Carmody
  2. ^ a b Anthony Bregman of Likely Story, John Carney, Kevin Scott Frakes, Christian Grass, Martina Niland, Raj Brinder Singh, Paul Trijbits
  3. ^ 英: Yaron Orbach
  4. ^ Andrew Marcus, Julian Ulrichs
  5. ^ アイルランドでは、1995年の国民投票 (enを受けて改正されるまで、離婚が憲法で禁止されていた[12]。1986年にも離婚容認を目指した同様の国民投票が行われているが、これは反対多数で否決されている (en。またアイルランドには、離婚を教義で禁止するローマ・カトリックの信者も多い。
  6. ^ コナーは校則を知らなかったためで悪気はなく、買い直す余裕もないと訴えるが、校長は学校にいる間は靴を校長室に置いていくよう言いつける。このせいでコナーはしばらく靴下のみで学校生活を送ることになる。後に彼は、美術の時間に靴を黒く塗って校長に対抗するが、その後も化粧を見咎められるなど、コナーは反抗的な生徒として敵視される。
  7. ^ 高校名は、同じ読みでスペルが違う "Synge Street CBS" である。
  8. ^ エイモンの父が結婚式の余興でコピーバンド演奏を行うことから、エイモンの家には楽器が豊富にあった。
  9. ^ 酒浸りだったラフィーナの父は数年前に自動車事故で亡くなり、母は躁鬱病から入退院を繰り返していた。
  10. ^ ダブリンの南側にある海沿いの町。
  11. ^ ペニーはパートで働く職場の上司と不倫関係にあった。夫妻は別居を選び、ペニーは不倫相手のトニーと住むため家を出て行く。ロバートと子供たちは家に残るが、数日後に家は売りに出される。
  12. ^ 映画冒頭で、1980年代に不況に陥ったアイルランドでは、仕事を求めてイギリスに渡る若者が多かったことが語られる。
  13. ^ 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』では、主人公マーティ(マイケル・J・フォックス)が、30年前の1955年にタイムトラベルし、プロムでギターを弾くシーンがある。また映画自体は、作品の舞台となっている1985年に公開された。日本版公式パンフレットでは、Base Ball Bear小出祐介がこのオマージュについて指摘している[13]。このシーンで使われる曲 "Drive It Like You Stole It"のMVはYouTubeの公式アカウントで視聴できる[14]
  14. ^ 「コズモ」(: "Cosmo")の名前は、「バンドにはインパクトが必要」としてラフィーナが付けた愛称。
  15. ^ 英: Graham Henderson and Zamo Riffman
  16. ^ 英: Robert Flanagan
  17. ^ 英: Tiziana Corvisieri
  18. ^ 英: Best Makeup & Hair
  19. ^ 「今年の見逃された作品」の意味。

出典[編集]

  1. ^ Film Distributor's Association - Past, present and future releases”. 2016年2月19日閲覧。
  2. ^ シング・ストリート 未来へのうた”. ギャガ. 2016年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  3. ^ SING STREET (12A)”. British Board of Film Classification (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  4. ^ Sing Street (2016)”. The-Numbers. 2016年9月3日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.78
  6. ^ a b Join Us: Win Tickets and Attend Exclusive Screenings at the 2016 Festival”. Sundance Institute. 2016年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  7. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2016年2月23日). “Weinstein Co. Dates ‘Sing Street’ & Roberto Duran Boxing Title 'Hands of Stone'”. Deadline.com. 2016年2月23日閲覧。
  8. ^ Sing Street”. ライオンズゲート・フィルムズ英語版. 2016年9月12日閲覧。
  9. ^ a b Sing Street”. FilmDates.co.uk. 2016年9月11日閲覧。
  10. ^ 映画『シング・ストリート 未来へのうた』公式サイト”. 2016年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  11. ^ a b c シング・ストリート 未来へのうた 【CD】”. ユニバーサル・ミュージック・ジャパン. 2016年9月11日閲覧。
  12. ^ a b 森岡裕子(編) (2016, p. 11)
  13. ^ 森岡裕子(編) (2016, p. 5)
  14. ^ Sing Street - Drive It Like You Stole It (Official Video) - YouTube
  15. ^ Malahovska, Julia (2016年2月27日). “#GFF16 Glasgow Film Festival 2016: SING STREET Review”. Screen Relish. http://www.screenrelish.com/2016/02/27/gff16-glasgow-film-festival-2016-sing-street-review/ 2016年3月31日閲覧。 
  16. ^ 森岡裕子(編) (2016, p. 3)
  17. ^ a b The Weinstein Company (2016, pp. 20-24)
  18. ^ Sing Street”. RTÉ.ie (2016年2月18日). 2016年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月20日閲覧。
  19. ^ a b McNary, Dave (2014年2月6日). “Berlin: Bono, The Edge on Board for John Carney’s ‘Sing Street’”. Variety.com. 2016年9月12日閲覧。
  20. ^ Dave Lewis (2014年2月6日). “'Once' director reteaming with U2 on new movie”. HitFix. http://www.hitfix.com/news/once-director-reteaming-with-u2-on-new-movie/ 2016年9月12日閲覧。 
  21. ^ Molumby, Deirdre (2014年7月1日). “John Carney Will Cast Unknown Actors in ‘Sing Street’”. Iftn.ie. 2016年9月12日閲覧。
  22. ^ Douglas, Edward (2014年7月1日). “Interview: Once Director John Carney Begins Again”. Comingsoon.net. 2016年9月12日閲覧。
  23. ^ 森岡裕子(編) (2016, p. 16)
  24. ^ Butler, Laura (2014年9月17日). “Love/Hate's Aiden Gillen will join Jack Reynor for John Carney's new film Sing Street”. Independent.ie. 2016年1月19日閲覧。
  25. ^ Brosnan, Sean (2014年9月17日). “Aiden Gillen Joins Maria Doyle Kennedy and Jack Reynor in John Carney's Sing Street'.”. Iftn.ie. 2016年1月19日閲覧。
  26. ^ SSNInsider Staff (2014年10月27日). “On the Set for 10/27/14: Russell Crowe & Ryan Gosling Start Shooting ‘The Nice Guys’, Kate Beckinsale Wraps ‘The Disappointments Room’”. SsnInsider.com. 2016年1月19日閲覧。
  27. ^ “Look! Photos from Sing Street set in Dublin”. RTÉ TEN. (2014年10月23日). https://www.rte.ie/entertainment/2014/1023/654426-sing-street/ 2016年1月19日閲覧。 
  28. ^ 森岡裕子(編) (2016, p. 11)
  29. ^ a b “‘Sing Street’ Soundtrack Details”. filmmusicreporter.com. (2016年3月17日). http://filmmusicreporter.com/2016/03/17/sing-street-soundtrack-details/ 2016年9月12日閲覧。 
  30. ^ David Rooney (2016年1月25日). “'Sing Street': Sundance Review”. Hollywood Reporter. 2016年9月12日閲覧。
  31. ^ Cosmo Films Limited (2016, pp. 10-12)
  32. ^ The Weinstein Company (2016, p. 35), Cosmo Films Limited (2016, p. 2)
  33. ^ Ryan Grace (2016年4月13日). “How the 80s Pop Sound of Sing Street Continues John Carney’s Musical Voyage”. HeadStuff.. 2016年9月12日閲覧。
  34. ^ Sing Street”. AllMusic.com. 2016年5月31日閲覧。
  35. ^ Nolfi, Joey (2016年4月8日). “Hear new Adam Levine song 'Go Now' from Sing Street”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/article/2016/04/08/adam-levine-go-now-sing-street 2016年5月12日閲覧。 
  36. ^ a b c d 森岡裕子(編) (2016, pp. 7, 19-20)
  37. ^ a b 日本語版公式サイト
  38. ^ アダム・レヴィーン - ゴー・ナウ - SingStreetVEVO - YouTube
  39. ^ a b c d e f g h 森岡裕子(編) (2016, p. 17)
  40. ^ a b Sing Street - Rotten Tomatoes(英語)2016年9月13日閲覧。
  41. ^ Sing Street - Metacritic(英語)2016年9月13日閲覧。
  42. ^ IFTA 2016 Winners”. アイルランド映画&テレビアカデミー英語版. 2016年7月1日閲覧。
  43. ^ La La Land Leads with 12 Nominations for the 22nd Annual Critics' Choice Awards”. Critics' Choice (2016年12月1日). 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  44. ^ 2016 San Diego Film Critics Society’s Award Nominations”. サンディエゴ映画批評家協会 (2016年12月9日). 2016年12月9日閲覧。
  45. ^ San Diego Film Critics Society’s 2016 Award Winners”. サンディエゴ映画批評家協会 (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  46. ^ 2016 StLFCA Annual Award Nominations”. セントルイス映画批評家協会 (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  47. ^ 2016 Phoenix Film Critics Society Awards Nominations and Winners”. Phoenix Film Critics Society (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。
  48. ^ Lauren Huff (2017年1月2日). “Austin Film Critics Association Winners – ‘Sing Street’ Pops Up in Top Films, ‘Moonlight’ Dominates”. 2017年1月14日閲覧。
  49. ^ National Board of Review Announces 2016 Award Winners”. National Board of Review (2016年11月29日). 2016年11月29日閲覧。
  50. ^ Houston Film Critics Nominations for 2016 Films”. MovieAwardsPlus.com (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。
  51. ^ Houston Film Critics Society Nominations – ‘The Nice Guys’ and Rebecca Hall Get a Deserved Boost”. AwardsCircuit.com (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。
  52. ^ Golden Globes 2017: The Complete List of Nominations”. The Hollywood Reporter (2016年12月12日). 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  53. ^ “ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!『ラ・ラ・ランド』が最多7部門(1/3)”. シネマトゥデイ. (2016年12月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088254?p=1 2016年12月13日閲覧。 
  54. ^ Golden Tomato Awards - Best of 2016”. Rotten Tomatoes (2017年1月12日). 2017年1月14日閲覧。
  55. ^ Tangcay, Jazz (2017年1月9日). “Denver Film Critics Society Announce Nominations”. AwardsDaily.com. 2017年1月11日閲覧。
  56. ^ Craig Daily Press Staff Report (2017年1月16日). “‘Moonlight’ leads Denver Film Critics Society awards”. STEAMBOAT TODAY. http://t.steamboattoday.com/news/2017/jan/16/moonlight-leads-denver-film-critics-society-awards/ 2017年1月24日閲覧。 
  57. ^ ‘Moonlight’ and ‘Love and Friendship’ Lead London Film Critics’ Circle Nominations”. Variety (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。
  58. ^ Fleming Jr, Mike (2014年2月6日). “Berlin: John Carney’s 'Sing Street' With U2's Bono And The Edge To Be Sold Offshore By FilmNation”. Deadline.com. 2016年9月13日閲覧。
  59. ^ Seetoodeh, Ramin (2014年5月17日). “CANNES: Weinstein Co. Picks Up John Carney’s ‘Sing Street’”. Variety.com. 2016年9月13日閲覧。
  60. ^ Chapman, Adam (2015年12月17日). “'Sing Street' to open Dublin film festival”. ScreenDaily.com. 2016年9月13日閲覧。
  61. ^ SXSW schedule Sing Street”. South by Southwest. 2016年9月13日閲覧。
  62. ^ Rave reviews for Carney's Sing Street at Sundance”. RTÉ.ie (2016年1月25日). 2016年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月13日閲覧。
  63. ^ シング・ストリート 未来へのうた”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル. 2016年9月11日閲覧。
  64. ^ Tom Stockman (2016年6月14日). “SING STREET Arrives on Blu-ray, DVD, Digital HD and On Demand on July 26”. We are MOVIE GEEKS. http://www.wearemoviegeeks.com/2016/06/sing-street-arrives-blu-ray-dvd-digital-hd-demand-july-26/ 2016年9月13日閲覧。 
  65. ^ 作品公式Facebookより:Sing Street - 基本データ”. Facebook. 2016年9月13日閲覧。
  66. ^ a b 映画「シング・ストリート 未来へのうた」2017年2月2日(木)Blu-ray&DVDリリース”. ギャガ. 2016年12月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

各種データベース[編集]