タイカ・ワイティティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイカ・ワイティティ
Taika Waititi
Taika Waititi
本名 タイカ・デイヴィッド・ワイティティ
: Taika David Waititi
別名義 タイカ・コーエン(英: Taika Cohen
生年月日 (1975-08-16) 1975年8月16日(43歳)
出生地  ニュージーランド ウェリントン
職業 映画監督、脚本家、俳優、コメディアン
活動期間 1999年 –
配偶者 チェルシー・ウィンスタンリー英語版
主な作品
ボーイ英語版』(原題)
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版
ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル英語版』(原題)
マイティ・ソー バトルロイヤル

タイカ・ワイティティ: Taika David Waititi[ˈtkə wˈtti] ( 音声ファイル)[1]1975年8月16日 - )は、ニュージーランド映画監督脚本家俳優コメディアン。2004年の映画『トゥー・カーズ、ワン・ナイト英語版』(原題)は、第77回アカデミー賞短編映画賞にノミネートされた。

ワイティティの作品、『ボーイ英語版』(原題、2010年)と『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル英語版』(原題、2016年)は、ニュージーランド映画史上最高の興行収入を上げ、後者は2018年でもその地位を維持している[2][3][4][注釈 1]。2014年には、コメディ・ホラー英語版映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版』をジェマイン・クレメントと共同監督し、好評を得たほか、自身の認知度を大きく上げた。また2017年には、マーベル・シネマティック・ユニバースの1作、『マイティ・ソー バトルロイヤル』を監督し、好評を得た。

幼少期[編集]

ワイティティはニュージーランド北島のイースト・コースト地域にあるロウココア英語版地区で生まれ、ウェリントンで育った後[5]オンズロー・カレッジ英語版に進学して中等教育を受けた[6]。父はテ・ホヮーナウ=アー=アパヌイ英語版マオリで、また母はロシア系ユダヤ人の末裔である[7][8]。ワイティティは、自身の映画や脚本で、母の名字である「コーエン」("Cohen") を使用していたことがある[9]

キャリア[編集]

コメディと俳優業[編集]

ヴィクトリア大学ウェリントンの演劇学生だった頃、ワイティティは5人組アンサンブル「ソー・ユーアー・ア・マン英語版」の一員として活動し、ニュージーランドやオーストラリアでツアーを行って成功を得た[10]。またジェマイン・クレメントとコメディ・デュオ「ザ・ユーモアビースツ」("The Humourbeasts") を結成し、ニュージーランド喜劇の最高峰であるビリー・T賞英語版1999年に獲得した[11]

ワイティティは俳優としても活動しており、ダニーデンを舞台にした低予算映画『スカーフィーズ英語版』(原題、1999年)では地元の映画賞を獲得した。また2001年のロードムービースネークスキン英語版』(原題)や、テレビ番組『ザ・ストリップ英語版』(原題、2002年 – 2003年)にも端役で出演している。2011年のスーパーヒーロー映画『グリーン・ランタン』ではトーマス・カルマク英語版を演じたほか[12]、自身の映画『ボーイ英語版』(原題、2010年)と『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版』(2014年)では主役級を演じている。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』では、ジェマイン・クレメントと共同監督・脚本を担当した。2017年の監督作・スーパーヒーロー映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、モーションキャプチャコーグ英語版の演技を担当した[13]

映画製作[編集]

様々なものに芸術的興味を示した中で、ワイティティは、ニュージーランドで毎年開かれている映画祭・48アワーズ英語版用の短編喜劇映画を製作するようになった[14]。2005年には、自身の短編映画『トゥー・カーズ、ワン・ナイト英語版』(原題)で第77回アカデミー賞短編映画賞にノミネートされた[15]。授賞式ではノミネート作品読み上げ時に、寝たふりをして会場を沸かせたことで有名になった[5][注釈 2]

最初の長編映画となった風変わりなロマンティック・コメディ映画『イーグル VS シャーク英語版』は、アメリカ合衆国で2007年に限定公開された[16]。リリー役は当時のパートナーだったローレン・ホースリー英語版が演じている[17]。同じ年には、ジェマイン・クレメントらが出演したテレビ番組『フライト・オブ・ザ・コンコルズ英語版』で脚本・監督を務めた[18]

2本目の長編映画『ボーイ英語版』(原題)は2010年1月にサンダンス映画祭でプレミア上映を迎えたが[19]、同時に映画祭のグランプリ部門にもノミネートされた。ワイティティは監督だけでなく、家族の元へ帰る前科者の父親役も演じた。ニュージーランドでの封切り後、作品には熱狂的な批評がいくつも寄せられ[20]、国内最高の興行収入をあげるなど、いくつもの記録を打ち立てた[21][2][3][22]。この作品の成功後、ワイティティは作中で重要な意味を持った曲『ポイ・エ英語版』が、国内チャートで1位に返り咲くのではないかと述べ、新たなミュージックビデオも制作した[23][注釈 3]。曲はチャート3位まで上昇したほか、iTunesのランキングでは1位を獲得した[26]

2015年サンダンス映画祭にて

2011年には、ニュージーランドのテレビ番組『スーパー・シティ英語版』(原題)で監督を務めたが、主役のマデレーン・サミ英語版は作中で1つの街に住む5人の人物を演じ分けた[27]

ワイティティは2016年のディズニー映画『モアナと伝説の海』の初期稿を執筆していたが[28]、その内容はジェンダーや家族に焦点を当てたものだった[29]。これらの要素は実際の最終稿では無視された[30]。初期稿離脱後の2013年には[29]、友人のコメディアン、ジェマイン・クレメントと共同監督・脚本で、吸血鬼が登場するコメディ・モキュメンタリー映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版』を製作した[31]。作品は2014年1月にサンダンス映画祭でプレミアを迎えた[32]。ワイティティとクレメントは、現代のウェリントンに住む吸血鬼の役も演じた。

ワイティティにとって4作目となる長編映画『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル英語版』(原題)も、2016年のサンダンス映画祭でプレミアを迎えた[33]。作品はニュージーランドで公開されると、ワイティティが『ボーイ』で打ち立てていた公開初週末の興行収入記録を塗り替えた[34]。この作品は、ニュージーランドの作家バリー・クランプ英語版の小説を元に、少年とサム・ニール演じる気難しい男が森の中で交流を深める様を主軸に置いている。

2017年にはニュージーランダー・オブ・ザ・イヤー英語版を受賞したが、仕事のため授賞式に出席することはできなかった[35]

ワイティティにとって初のハリウッド映画となったマーベル・スタジオの『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、2017年10月に公開された[36][37]。ワイティティはこの作品より前に、クリス・ヘムズワース演じるソーが、オーストラリアでルームメイトのダリル・ジェイコブソンと暮らす短編モキュメンタリー映画『チーム・ソー英語版』(原題)を撮影していた。

ワイティティは、マーク・グスタフソン (Mark Gustafson) と共に、マイケル・ジャクソンの人生をペットのチンパンジーバブルスの視点から描いた、ストップモーション・アニメーション映画 "Bubbles" を監督すると報じられている[38][39]。また1988年の映画『AKIRA (enの実写化に取り組む予定であること[40]、加えて『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の続編 "We're Wolves" の共同脚本を準備していることも分かっている[41]。また、クリスティン・ルーネンズ英語版の "Caging Skies" を原作とした長編映画『ジョジョ・ラビット英語版』(原題)に取り組んでおり、作中でアドルフ・ヒトラーに扮するとも伝えられた[42]

私生活[編集]

2012年5月に、妻チェルシー・ウィンスタンリー英語版との間に長女が誕生した[43][44]。また2015年8月には次女が誕生している[45][46]

2017年ニュージーランド総選挙英語版に当たり、ワイティティはジャシンダ・アーダーンニュージーランド労働党を支持することを発表した[47]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

作品名 クレジット 備考
監督 製作 脚本 俳優
1999年 スカーフィーズ英語版(原題)
Scarfies
No No No Yes アレックス (Alex) 役
2001年 スネークスキン英語版(原題)
Snakeskin
No No No Yes ネルソン (Nelson) 役
2001年 A New Way Home No No No Yes 短編映画、マックス (Max) 役
2002年 John and Pogo Yes No Yes No 短編映画
2003年 トゥー・カーズ、ワン・ナイト英語版(原題)
Two Cars, One Night
Yes No Yes No 短編映画
第77回アカデミー賞短編映画賞ノミネート
2004年 Tama Tu Yes No Yes No 短編映画
2004年 フュータイル・アトラクション英語版(原題)
Futile Attraction
No No No Yes ウェイター役
2005年 What We Do in the Shadows: Interviews with Some Vampires Yes No Yes Yes 短編映画
ヴィアーゴ (Viago) 役
2007年 イーグル VS シャーク英語版[48]
Eagle vs Shark
Yes No Yes Yes ゴードン (Gordon)役
2010年 ボーイ英語版(原題)
Boy
Yes No Yes Yes アラメイン (Alamein) 役
2011年 グリーン・ランタン
Green Lantern
No No No Yes トーマス・カルマク英語版
(Thomas Kalmaku)
2013年 The Captain No No No Yes 短編映画[49]
キャプテン (The Captain) 役
2014年 シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版
What We Do in the Shadows
Yes Yes Yes Yes ヴィアーゴ (Viago) 役
2016年 ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル英語版(原題)
Hunt for the Wilderpeople
Yes Yes Yes Yes 大臣役
2016年 チーム・ソー英語版(原題)
Team Thor
Yes Yes Yes No 短編映画[50]
2016年 ドクター・ストレンジ
Doctor Strange
No No No No クレジット無し、削除されたミッド・クレジットシーン[51]
2016年 モアナと伝説の海
Moana
No No No No クレジット無し、初期脚本の執筆[52]
2017年 マイティ・ソー バトルロイヤル
Thor: Ragnarok
Yes No No Yes コーグ英語版[53]
2018年 ザ・ブレイカー・アッパラーズ英語版(原題)
The Breaker Upperers
No Yes No No 製作総指揮[54]
TBA ジョジョ・ラビット英語版(原題)
Jojo Rabbit
Yes Yes Yes Yes アドルフ・ヒトラー[55][56]

テレビ番組[編集]

作品名 登場話 クレジット
2002年 ザ・ストリップ英語版(原題)
The Strip
13話 モスティン (Mostin) 役
2003年 Revelations – The Initial Journey (en エピソード:"Mended Sole" アリ (Ali) 役
2003年 フリーキー英語版(原題)
Freaky
エピソード:"Fridge, Cleaner & Sister" 清掃員役
2007年 – 2009年 フライト・オブ・ザ・コンコルズ英語版
Flight of the Conchords
4話 監督・脚本
2009年 ザ・ジャッキー・ブラウン・ダイアリーズ英語版(原題)
The Jaquie Brown Diaries
エピソード:"Brownward Spiral" フレンドリーなジプシー役
2010年 Radiradirah (en 8話 複数役
2011年 スーパー・シティ英語版(原題)
Super City
6話 監督
2012年 ジ・インビトウィーナーズ英語版(原題)
The Inbetweeners
5話 監督
2015年 Brown Eye シーズン1 脚本、製作総指揮
2018年 ウェリントン・パラノーマル英語版(原題)
Wellington Paranormal
6話 コー・クリエーター、ヴィアーゴ (Viago) 役[57]

共演・起用回数の多い人物[編集]

俳優 イーグル VS シャーク英語版
(2007年)
ボーイ英語版
(2010年)
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版
(2014年)
ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル英語版
(2016年)
マイティ・ソー バトルロイヤル
(2017年)
ジョジョ・ラビット英語版
(TBA)
備考
ジェマイン・クレメント Yes Yes フライト・オブ・ザ・コンコルズ英語版』、"Radiradirah"、『ウェリントン・パラノーマル英語版』でも共作
レイチェル・ハウス英語版 Yes Yes Yes Yes ハウスは『モアナと伝説の海』で声優を務めているが、ワイティティはこの作品の初期脚本を執筆していた。
ステュ・ラザフォード[注釈 4] Yes Yes Yes Yes 『マイティ・ソー バトルロイヤル』で使用された照明システムを共同開発[58]
コーエン・ホロウェイ[注釈 5] Yes Yes Yes Yes Yes
クレイグ・ホール英語版 Yes Yes
リス・ダービー Yes Yes 『フライト・オブ・ザ・コンコルズ』、"Radiradirah" でも共演
コリ・ゴンザレス=マキューアー[注釈 6] Yes Yes
オスカー・カイトリー英語版 Yes スーパー・シティ英語版』、"Radiradirah" でも共演
マイク・ミノーグ[注釈 7] Yes Yes
サム・ニール Yes Yes
スカーレット・ヨハンソン Yes Yes 『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、ヨハンソンが出演する『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のアーカイブ映像が用いられた。

ミュージック・ビデオ[編集]

コマーシャル[編集]

ワイティティは多作なコマーシャル監督でもある。ニュージーランド航空の機内安全ビデオ "The Most Epic Safety Video Ever Made" には、ピーター・ジャクソンイライジャ・ウッドが出演し、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの物語を旅する設定で撮影された[注釈 8][59]。この作品はYouTubeで1900万回以上も再生されている[60]。またテスコのCM "Borg" ではスーパーで買い物するコミカルなトール風の人物を登場させているが[61]、ワイティティはその後マーベル・スタジオの『マイティ・ソー バトルロイヤル』を監督している。

評価[編集]

批評家の反応[編集]

作品名 Rotten Tomatoes
(レビュー件数)
Metacritic
(レビュー件数)
イーグル VS シャーク英語版(2007年) 54%(107件)[62] 55(25件)[63]
ボーイ英語版(原題、2010年) 87%(70件)[64] 70(19件)[65]
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版(2014年) 96%(163件)[66] 76(33件)[67]
ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル英語版(2016年) 97%(178件)[68] 81(30件)[69]
マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年) 92%(335件)[70] 74(51件)[71]

興行収入[編集]

作品名 製作会社 公開日 興行収入 予算 出典
ニュージーランド 北アメリカ 世界総計
『イーグル VS シャーク』 ミラマックス 2007年6月15日 (2007-06-15) $733,972 $221,846 $1,298,037 N/A [72]
『ボーイ』 トランスミッション・フィルムズ英語版 2010年3月25日 (2010-03-25) $6,750,042 $256,211 $8,621,535 N/A [73]
『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』 マッドマン・エンターテインメント英語版
トゥー・カヌーズ[注釈 10]
2014年1月19日 (2014-01-19) $2,001,400 $3,469,224 $6,263,224 160万ドル [74]
『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』 マッドマン・エンターテインメント
ピキ・フィルムズ[注釈 11]
2016年1月22日 (2016-01-22) $8,628,197 $5,205,468 $22,698,454 250万ドル [75]
『マイティ・ソー バトルロイヤル』 マーベル・スタジオ 2017年11月3日 (2017-11-03) $5,142,491 $315,058,289 $853,977,126 1.8億ドル [76]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ニュージーランド映画の興行収入記録は、以下のリンクから閲覧することが出来る。Box Office Reports”. New Zealand Film Commission英語版. 2018年8月7日閲覧。
  2. ^ 実際の様子はYouTubeのアカデミー賞公式チャンネルで視聴できる。Short Film Winners: 2005 Oscars - Oscars - YouTube
  3. ^ 『ポイ・エ』はパテア・マオリ・クラブ (Patea Māori Club) による1984年のヒット曲[24]。非公式の国歌と呼ばれるほどニュージーランド国民に親しまれており、2016年にはこの曲を追ったドキュメンタリー映画も公開された[25]
  4. ^ 英: Stu Rutherford
  5. ^ 英: Cohen Holloway
  6. ^ 英: Cori Gonzalez-Macuer
  7. ^ 英: Mike Minogue
  8. ^ ジャクソンは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズならびにホビット3部作の監督で、ニュージーランド出身。またウッドは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで主役のホビット、フロド・バギンズ役を演じた。
  9. ^ 英: New Zealand Human Rights Commission
  10. ^ 英: Madman Entertainment Two Canoes
  11. ^ 英: Madman Entertainment Piki Films

出典[編集]

  1. ^ Taika Waititi Interview. Campus MovieFest Luminaries. 2 May 2012. 9 May 2017閲覧 – YouTubeより. 
  2. ^ a b Churchouse, Nick (2010年4月24日). “Home Boy hit helps keep local cameras rolling”. ドミニオン・ポスト英語版. http://www.stuff.co.nz/business/industries/3618619/Home-Boy-hit-helps-keep-local-cameras-rolling 2011年11月16日閲覧。 
  3. ^ a b Boy Now Top Grossing NZ Film Of All Time”. Voxy.co.nz (2010年5月20日). 2011年12月2日閲覧。
  4. ^ What are New Zealand's top five grossing local films of all time?”. ニュージーランド・ヘラルド (2016年6月9日). 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ a b Taika Waititi”. NZ On Screen. 2018年8月9日閲覧。
  6. ^ Catherall, Sarah (2014年12月10日). “My secret Wellington: Taika Waititi”. Fairfax New Zealand. http://www.stuff.co.nz/entertainment/film/64001443/my-secret-wellington-taika-waititi 
  7. ^ Tom Hunt (2012年2月7日). “Taika Waititi reveals childhood passions”. The Dominion Post. 2018年8月8日閲覧。
  8. ^ Elizabeth- cawobeth (2012年3月3日). “'Boy' movie review, trailer: A charming New Zealand family movie”. newjerseynewsroom.com. 2012年6月6日閲覧。
  9. ^ Bloom, Nate (2007年7月10日). “Interfaith Celebrities: Kyra Sedgwick, Baseball's Braun-y Interfaith Rookie and a Jewish Maori director”. InterfaithFamily.com. 2012年12月2日閲覧。
  10. ^ ITZKOFF, Dave (2008年6月10日). “New in Town, Talking Funny”. ニューヨーク・タイムズ. 2018年8月8日閲覧。
  11. ^ Billy T Award”. NZ International Comedy Festival. 2018年8月8日閲覧。
  12. ^ Borys Kit (2010年3月15日). “Two kiwi actors join 'Green Lantern'”. Reuters. https://www.reuters.com/article/2010/03/16/us-greenlantern-idUSTRE62F0EV20100316 2011年2月12日閲覧。 
  13. ^ Lawrence, Derek. “Thor: Ragnarok director Taika Waititi to portray Korg in film”. Entertainment Weekly. 2018年8月8日閲覧。
  14. ^ Harper, Joseph (2016年8月31日). “48Hours: the weirdest and most brutalising film competition in the world returns”. THE SPINOFF. 2018年8月9日閲覧。
  15. ^ Awards / Two Cars, One Night / Short Film”. NZ On Screen. 2018年8月9日閲覧。
  16. ^ Gleiberman, Owen (2008年6月13日). “Eagle vs Shark”. エンターテインメント・ウィークリー. 2018年8月9日閲覧。
  17. ^ The Eagle has landed”. stuff.co.nz英語版 (2009年1月31日). 2018年8月9日閲覧。
  18. ^ Loughrey, Clarisse (2016年9月14日). “Taika Waititi interview: On Hunt for the Wilderpeople and the creative journey”. インデペンデント. 2018年8月9日閲覧。
  19. ^ RT Staff (2009年12月2日). “2010 Sundance Film Festival Lineup Announced”. rottentomatoes.com. 2012年12月2日閲覧。
  20. ^ Calder, Peter (2010年3月25日). “Boy”. The New Zealand Herald. http://www.nzherald.co.nz/entertainment/news/article.cfm?c_id=1501119&objectid=10634211 2011年11月16日閲覧。 
  21. ^ Mitchell, Wendy (2010年5月21日). “Waititi's Boy sets new record for New Zealand film”. Screen Daily (screendaily.com). http://www.screendaily.com/news/distribution/waititis-boy-sets-new-record-for-new-zealand-film/5014267.article 2011年12月2日閲覧。 
  22. ^ 細木信宏 (2012年2月16日). “ニュージーランド国内興行収入の記録を塗り替えた新作『ボーイ』とは?11歳の少年が主人公!”. シネマトゥデイ. 2018年8月18日閲覧。
  23. ^ Fox, Michael (2010年5月11日). “Waititi releases new remixed Poi E video”. stuff.co.nz. 2018年8月9日閲覧。
  24. ^ Poi E: The song that never goes out of style”. The Wireless (2015年2月9日). 2018年8月9日閲覧。
  25. ^ Poi E: The Story of Our Song”. ニュージーランド・フィルム・コミッション英語版. 2018年8月9日閲覧。
  26. ^ "Interview with Taika Waititi". Marcus Lush. ZM. 2010年3月22日放送. 2012年12月2日閲覧。
  27. ^ Super City”. TV3. 2012年12月2日閲覧。
  28. ^ “Taika Waititi behind Disney script 'Moana'”. The New Zealand Herald. (2014年10月21日). http://www.nzherald.co.nz/entertainment/news/article.cfm?c_id=1501119&objectid=11345855 2015年10月8日閲覧。 
  29. ^ a b 稲垣貴俊 (2017年11月7日). “なぜ『マイティ・ソー バトルロイヤル』監督は『モアナと伝説の海』を離脱したのか ― 本人が当時を振り返る”. THE RIVER. 2018年8月18日閲覧。
  30. ^ Schmitz, Melanie (2016年11月30日). “'Moana' Viewer Raises Thought-Provoking Questions About How We Talk About The Film”. Romper. 2018年8月9日閲覧。
  31. ^ “mock documentary WHAT WE DO IN THE SHADOWS”. (2013年12月17日). http://www.fangoria.com/new/exclusive-video-jemaine-clement-and-taika-waititi-talk-what-we-do-in-the-shadows/ 2013年12月17日閲覧。 
  32. ^ “Sundance debut for Kiwi vampire spoof”. (2013年12月17日). http://www.stuff.co.nz/entertainment/film/9524289/Sundance-debut-for-Kiwi-vampire-spoof 2013年12月17日閲覧。 
  33. ^ SUNDANCE INSTITUTE COMPLETES FEATURE FILM LINEUP FOR 2016 SUNDANCE FILM FESTIVAL”. sundance.org (2015年12月7日). 2017年1月6日閲覧。
  34. ^ Sharf, Zack (2016年4月4日). “Sundance Crowdpleaser ‘Hunt for the Wilderpeople’ Makes Box Office History in New Zealand”. indiewire.com英語版. 2017年1月6日閲覧。
  35. ^ 2017 NEW ZEALANDER OF THE YEAR AWARDS WINNERS UPDATE”. New Zealander of the Year Awards. Kiwibank. 2017年2月24日閲覧。
  36. ^ Kit, Borys (2015年10月2日). “'Thor 3' Finds Its Director”. The Hollywood Reporter. 2015年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月2日閲覧。
  37. ^ Frater, Patrick (2015年10月21日). “Marvel’s ‘Thor: Ragnarok’ and Fox’s ‘Alien’ To Shoot in Australia”. Variety. 2015年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月22日閲覧。
  38. ^ Taika Waititi to Co-Direct Michael Jackson Movie 'Bubbles'”. The Hollywood Reporter (2017年2月11日). 2017年2月13日閲覧。
  39. ^ Eriko (2017年11月25日). “人気連載「ハワイで直撃インタビュー」第106回「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督(動画メッセージ付き)”. Myハワイ. 2018年8月18日閲覧。
  40. ^ Sharf, Zack (2017年10月11日). “Taika Waititi Teases ‘Akira’ Film Adaptation, Says No One Has to Worry About Whitewashing”. IndieWire. 2018年8月9日閲覧。
  41. ^ O'Falt, Chris (2017年11月2日). “‘Thor: Ragnarok’ Director Taika Waititi Confirms ‘What We Do in the Shadows’ Sequel”. IndieWire. 2018年8月9日閲覧。
  42. ^ 稲垣貴俊 (2018年3月30日). “スカーレット・ヨハンソン『マイティ・ソー バトルロイヤル』監督の新作に出演!第2次世界大戦下、ユダヤ人匿う母親演じる”. THE RIVER. 2018年8月9日閲覧。
  43. ^ TaikaWaititiのツイート(208076056467484672)
  44. ^ Powley, Kathryn (2012年6月3日). “Girl, not Boy, for director dad”. The New Zealand Herald. http://www.nzherald.co.nz/entertainment/news/article.cfm?c_id=1501119&objectid=10810400 2015年2月5日閲覧。 
  45. ^ Taika Waititi Fan Page”. World of Taika. 2018年8月8日閲覧。
  46. ^ Day One on Thor: Ragnarok”. Taika Waititi (2016年7月6日). 2018年5月6日閲覧。
  47. ^ TaikaWaititiのツイート(910996720053493761)
  48. ^ 映画祭の歴史 - 第20回東京国際映画祭”. 東京国際映画祭. 2018年8月9日閲覧。
  49. ^ Horton, Perry (2016年12月7日). “The Captain is a Hilarious and Harrowing Hangover”. Film School Rejects. 2017年7月31日閲覧。
  50. ^ Agar, Chris (2017年10月25日). “Jeff Goldblum Shot A Team Thor Short As Grandmaster”. Screenrant. 2018年8月8日閲覧。
  51. ^ Gonzalzes, Umberto (2016年10月28日). “‘Thor Ragnarok’ Director Taika Waititi Behind ‘Doctor Strange’ Mid-Credit Scene”. TheWrap英語版. 2017年1月6日閲覧。
  52. ^ Hunt, Elle (2017年3月20日). “Taika Waititi on shaking up Thor and being a Hollywood outsider: 'They take this stuff so seriously'”. The Guardian. 2018年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月29日閲覧。
  53. ^ Lawrence, Derek (2017年4月18日). “Thor: Ragnarok director Taika Waititi to portray Korg in film”. Entertainment Weekly. 2017年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月18日閲覧。
  54. ^ Film, NZ (2017年4月3日). “THE BREAKER UPPERERS BEGINS PRINCIPAL PHOTOGRAPHY”. NZ FILM. 2018年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月31日閲覧。
  55. ^ Donnelly, Matt (2018年3月14日). “‘Thor: Ragnarok’ Director Taika Waititi to Play Imaginary Hitler in ‘Jojo Rabbit’ (Exclusive)”. The Wrap. 2018年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月15日閲覧。
  56. ^ 稲垣貴俊 (2018年6月12日). “タイカ・ワイティティ、ヒトラー総統になる ― 新作『Jojo Rabbit』本編写真公開、スカーレット・ヨハンソン主演”. THE RIVER. 2018年8月8日閲覧。
  57. ^ Lane, Carly (2017年12月19日). “What We Do in the Shadows spinoff TV series Wellington Paranormal will be a supernatural detective show”. Syfy Wire. 2018年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月3日閲覧。
  58. ^ Waititi, Taika (2017年8月24日). “Stu & Carlo”. Twitter. 2017年10月1日閲覧。
  59. ^ The Most Epic Safety Video Ever Made takes flight”. media.newzealand.com (2014年10月23日). 2018年8月9日閲覧。
  60. ^ New Zealand, Air (2014年10月22日). “The Most Epic Safety Video Ever Made #AirNZSafetyVideo”. Air New Zealand. 2017年7月31日閲覧。
  61. ^ Tesco - Dot Com”. themill.com. 2018年8月9日閲覧。
  62. ^ Eagle vs Shark Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2018年8月8日閲覧。
  63. ^ Eagle vs Shark Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic.com (2017年8月2日). 2018年8月8日閲覧。
  64. ^ Boy Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2018年8月8日閲覧。
  65. ^ Boy Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic.com (2017年8月2日). 2018年8月8日閲覧。
  66. ^ What We Do in the Shadows Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2018年8月8日閲覧。
  67. ^ What We Do in the Shadows Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic.com (2017年8月2日). 2018年8月8日閲覧。
  68. ^ Hunt for the Wilderpeople Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2018年8月8日閲覧。
  69. ^ Hunt for the Wilderpeople Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic.com (2017年8月2日). 2018年8月8日閲覧。
  70. ^ Thor: Ragnarok Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2018年8月8日閲覧。
  71. ^ Thor: Ragnarok Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic.com (2017年8月2日). 2018年8月8日閲覧。
  72. ^ Eagle Vs. Shark”. Box Office Mojo. 2018年8月8日閲覧。
  73. ^ Boy (2012)”. Box Office Mojo. 2018年8月8日閲覧。
  74. ^ What We Do in the Shadows”. Box Office Mojo. 2018年8月8日閲覧。
  75. ^ Hunt for the Wilderpeople”. Box Office Mojo. 2018年8月8日閲覧。
  76. ^ Thor: Ragnarok”. Box Office Mojo. 2018年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]