ケヴィン・ウィルモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケヴィン・ウィルモット
Kevin Willmott
生年月日 (1959-08-31) 1959年8月31日(60歳)
職業 映画監督脚本家、大学教授
テンプレートを表示

ケヴィン・ウィルモットKevin Willmott, 1959年8月31日[1] - )は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、カンザス大学の映画教授である。黒人問題に焦点を当てた作品を手がけることで知られ、『Ninth Street』、『CSA 〜南北戦争で南軍が勝ってたら?〜英語版』、『Bunker Hill』などの監督・脚本を務めている。また『The Only Good Indian』(2009年)ではインディアン寄宿学校のネイティブ・アメリカンの子供達と強制同化を扱った。スパイク・リーとコラボレーションもしており、リーの監督作『ブラック・クランズマン』(2018年)には脚本家の1人として参加して第91回アカデミー賞脚色賞を獲得した。

生い立ちとキャリア[編集]

カンザス州ジャンクション・シティ英語版で育ち、メリーマウントマント大学英語版で演劇のBAを習得した。ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツ英語版で演劇脚本のM.F.A.を取得した[2]

The Only Good Indian』によりアメリカン・インディアン映画祭英語版で監督賞を獲得した[3]

2018年には脚本に加わったスパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』が公開され、第91回アカデミー賞脚色賞などを受賞した。

主なフィルモグラフィ[編集]

受賞とノミネート[編集]

部門 作品名 結果
アカデミー賞 2018[4] 脚色賞 ブラック・クランズマン 受賞
英国アカデミー賞 2018[5] 脚色賞 ブラック・クランズマン 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ [1][リンク切れ]
  2. ^ [2] Archived September 6, 2006, at the Wayback Machine.
  3. ^ [3] Archived July 28, 2010, at the Wayback Machine.
  4. ^ THE 91ST ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2019年7月3日閲覧。
  5. ^ Film 2019”. 英国映画テレビ芸術アカデミー. 2019年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]