ロナルド・ハーウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロナルド・ハーウッド
Ronald Harwood
生年月日 (1934-11-09) 1934年11月9日
没年月日 (2020-09-08) 2020年9月8日(85歳没)
出生地 南アフリカの旗 南アフリカ連邦ケープタウン
死没地 イングランドの旗 イングランドサセックス
職業 劇作家脚本家
配偶者 Natasha Richie
主な作品
ドレッサー
戦場のピアニスト
潜水服は蝶の夢を見る
テンプレートを表示

ロナルド・ハーウッド(Ronald Harwood CBE, 1934年11月9日 - 2020年9月8日)は、イギリス劇作家脚本家

略歴[編集]

南アフリカ連邦ケープタウンユダヤ系の両親の間に生まれ[1]、1951年にロンドンに移住した。王立演劇学校で演技を学び、1953年から1958年まで著名なシェイクスピア俳優・舞台マネージャーのドナルド・ウォルフィット英語版の付き人となる。後にこの経験を基に舞台劇『ドレッサー』を書いた。

1960年代から脚本家としてキャリアを始める。2002年の『戦場のピアニスト』でロマン・ポランスキーとともにアカデミー脚色賞を受賞した。

1986年にNHK教育テレビで13回にわたって放送された演劇史番組「この世はすべて舞台」で案内役を務めた(吹き替え・江守徹)。

1989年から93年までイギリス・ペンクラブ会長、93年から97年まで国際ペンクラブ会長を務めた。

主な脚本作品[編集]

参照[編集]

参照[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]