テイキング・サイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テイキング・サイド』(英語: Taking Sides)は、ロナルド・ハーウッドが1995年に発表した戯曲、及びそれを原作とした映画第二次世界大戦後に行われたヴィルヘルム・フルトヴェングラーの「非ナチ化」裁判の裏面史を描いた作品である。

舞台[編集]

日本では、2013年2月1日〜2013年2月11日に、天王洲銀河劇場にて公演された。

<出演>

米軍少佐アーノルド…筧利夫

エンミ・シュトラウベ…福田沙紀

ザックス夫人…小島聖

ローデ…小林隆

デイヴィッド中尉…鈴木亮平

フルトヴェングラー…平幹二朗

<スタッフ>

演出:行定勲

訳:渾大防一枝

美術:二村周作

衣裳:前田文子

照明:佐藤啓

音響:長野朋美 

演出助手:河合範子

舞台監督:藤本典江

映画[編集]

2001年にハンガリーの映画監督サボー・イシュトヴァーンがイギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、ハンガリーの共同制作の形で映画化を行い、翌2002年のベルリン国際映画祭では銀熊賞を受賞した。原作を書いたロナルド・ハーウッドが脚本を担当した。日本では劇場公開には至らなかった。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]