華麗なる恋の舞台で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
華麗なる恋の舞台で
Being Julia
監督 イシュトヴァン・サボー
脚本 ロナルド・ハーウッド
製作 ロバート・ラントス
製作総指揮 マーク・ミルン
出演者 アネット・ベニング
ジェレミー・アイアンズ
音楽 マイケル・ダナ
撮影 ラホス・コルタイ
編集 スーザン・シプトン
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 アルシネテラン
公開 カナダの旗 2004年9月9日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2004年10月15日
ハンガリーの旗 2004年11月11日
イギリスの旗 2004年11月19日
日本の旗 2007年2月9日
上映時間 104分
製作国 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 ハンガリー
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

華麗なる恋の舞台で』(かれいなるこいのぶたいで、Being Julia)は、2004年のカナダ・アメリカ・ハンガリー・イギリス合作の映画。原作はサマセット・モームの長編小説『劇場英語版』。

主演のアネット・ベニング第62回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞、第77回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]