第63回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第63回グラミー賞
Grammy-award-icon.png
受賞対象2020年度の音楽作品
開催日2021年3月14日 (2021-03-14)
会場ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主催NARAS
司会トレバー・ノア
公式サイトwww.grammy.com/grammys/awards/63rd-annual-grammy-awards-2020
テレビ/ラジオ放送
放送局アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW

第63回グラミー賞(だい63かいグラミーしょう、The 63rd Annual Grammy Awards)は、2021年3月14日にカリフォルニア州ロサンゼルス市ステイプルズ・センターにて授賞式が行われた。受賞対象は2019年9月1日から2020年8月31日までに発表された作品である[1]。授賞式の司会は『ザ・デイリー・ショー』で知られるコメディアントレバー・ノアが初めて務めた[2]

ノミネートの発表は2020年11月24日に行なわれた[3][4]。最多ノミネートはビヨンセの9部門で、次いでデュア・リパロディ・リッチテイラー・スウィフトがそれぞれ6部門のノミネートを獲得した[5]

授賞式は当初1月31日に開催予定だったが、アカデミーとCBSは新型コロナのLA郡感染者急増により1ヶ月半延期を決定し、3月14日に変更された[6]。最多受賞はビヨンセの4部門で、次いでデヴィッド・フロスト、メーガン・ザ・スタリオンがそれぞれ3部門を受賞した[7]

カテゴリー変更[編集]

2021年からいくつかの部門が変更になった[8][9]

  • 「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム」は「最優秀プログレッシブR&Bアルバム」に変更された。
  • 「最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス」は「最優秀メロディック・ラップ・パフォーマンス」に変更された。
  • 「最優秀ラテン・ポップ・アルバム」は「最優秀ラテン・ポップ/アーバン・アルバム」に、「最優秀ラテン・ロック/アーバン/オルタナティヴ・アルバム」は「最優秀ラテン・ロック/オルタナティブ・アルバム」に変更された。
  • 「最優秀ワールド・ミュージック・アルバム」は「最優秀グローバル・ミュージック・アルバム」に変更された。
  • 「最優秀新人賞」はノミネート条件であったリリース数の上限が廃止された。

受賞・ノミネート[編集]

受賞は各部門最上段に太字のもの[10]

総合[編集]

最優秀レコード賞

  • "Everything I Wanted" – ビリー・アイリッシュ
    • Finneas O'Connell, プロデューサー; Rob Kinelski & Finneas O'Connell, エンジニア/ミキサー; John Greenham, マスタリングエンジニア
  • "Black Parade" – ビヨンセ
    • Beyoncé & Derek Dixie, producers; Stuart White, engineer/mixer; Colin Leonard, mastering engineer
  • "Colors" – ブラック・プーマズ
    • Adrian Quesada, producer; Adrian Quesada, engineer/mixer; JJ Golden, mastering engineer
  • "Rockstar" – ダベイビー featuring ロディ・リッチ
    • SethinTheKitchen, producer; Derek "MixedByAli" Ali, Chris Dennis & Liz Robson, engineers/mixers; Susan Tabor, mastering engineer
  • "Say So" – ドージャ・キャット
    • Tyson Trax, producer; Clint Gibbs, engineer/mixer; Mike Bozzi, mastering engineer
  • "Don't Start Now" – デュア・リパ
    • Caroline Ailin & Ian Kirkpatrick, producers; Josh Gudwin, Drew Jurecka & Ian Kirkpatrick, engineers/mixers; Chris Gehringer, mastering engineer
  • "Circles" – ポスト・マローン
    • Louis Bell, Frank Dukes & Post Malone, producers; Louis Bell & Manny Marroquin, engineers/mixers; Mike Bozzi, mastering engineer
  • "Savage" – メーガン・ザ・スタリオン featuring ビヨンセ
    • Beyoncé & J. White Did It, producers; Stuart White, engineer/mixer; Colin Leonard, mastering engineer

最優秀アルバム賞

  • 『Folklore』 – テイラー・スウィフト
    • Jack Antonoff, Aaron Dessner & Taylor Swift, プロデューサー; Jack Antonoff, Aaron Dessner, Serban Ghenea, John Hanes, Jonathan Low & Laura Sisk, エンジニア/ミキサー; Aaron Dessner & Taylor Swift, ソングライター; Randy Merrill, マスタリングエンジニア
  • 『Chilombo』 – ジェネイ・アイコ
    • Fisticuffs & Julian-Quán Việt Lê, producers; Fisticuffs, Julian-Quán Việt Lê, Zeke Mishanec, Christian Plata & Gregg Rominiecki, engineers/mixers; Jhené Aiko Efuru Chilombo, Julian-Quán Việt Lê, Maclean Robinson & Brian Keith Warfield, songwriters; Dave Kutch, mastering engineer
  • 『Black Pumas Deluxe』 – ブラック・プーマズ
    • Jon Kaplan & Adrian Quesada, producers; Adrian Quesada, Jacob Sciba, Stuart Sikes & Erik Wofford, engineers/mixers; Eric Burton & Adrian Quesada, songwriters; JJ Golden, mastering engineer
  • 『Everyday Life』 – コールドプレイ
  • 『Djesse Vol. 3』 – ジェイコブ・コリアー
    • Jacob Collier, producer; Ben Bloomberg & Jacob Collier, engineers/mixers; Jacob Collier, songwriter; Chris Allgood & Emily Lazar, mastering engineers
  • 『Women in Music Pt. III』 – ハイム
    • Rostam Batmanglij, Danielle Haim & Ariel Rechtshaid, producers; Rostam Batmanglij, Jasmine Chen, John DeBold, Matt DiMona, Tom Elmhirst, Joey Messina-Doerning & Ariel Rechtshaid, engineers/mixers; Rostam Batmanglij, Alana Haim, Danielle Haim, Este Haim & Ariel Rechtshaid, songwriters; Emily Lazar, mastering engineer
  • 『Future Nostalgia』 – デュア・リパ
    • Koz, producer; Josh Gudwin & Cameron Gower Poole, engineers/mixers; Clarence Coffee Jr. & Dua Lipa, songwriters; Chris Gehringer, mastering engineer
  • 『Hollywood's Bleeding』 – ポスト・マローン
    • Louis Bell & Frank Dukes, producers; Louis Bell & Manny Marroquin, engineers/mixers; Louis Bell, Adam Feeney, Austin Post & Billy Walsh, songwriters; Mike Bozzi, mastering engineer

最優秀楽曲賞

最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス

最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

最優秀ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス/エレクトロニック[編集]

最優秀ダンス・レコーディング

最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

コンテンポラリー・インストゥルメンタル[編集]

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム

  • 『Live at the Royal Albert Hall』 – Snarky Puppy
  • 『Axiom』 – Christian Scott Atunde Adjuah
  • 『Chronology of a Dream: Live at The Village Vanguard』 – Jon Batiste
  • 『Take the Stars』 – Black Violin
  • 『Americana』 – グレゴア・マレ, Romain Collin, ビル・フリゼール

ロック[編集]

最優秀ロック・パフォーマンス

最優秀メタル・パフォーマンス

最優秀ロック・ソング

最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀R&Bパフォーマンス

最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス

  • "Anything for You" – Ledisi
  • "Sit On Down" – The Baylor Project featuring Jean Baylor & Marcus Baylor
  • "Wonder What She Thinks of Me" – クロイxハリー
  • "Let Me Go" – Mykal Kilgore
  • "Distance" – Yebba

最優秀R&Bソング

  • "Better Than I Imagine" - ロバート・グラスパー featuring H.E.R. & ミシェル・ンデゲオチェロ
    • Robert Glasper, Meshell Ndegeocello & Gabriella Wilson, ソングライター
  • "Black Parade" - ビヨンセ
    • Denisia Andrews, Beyoncé, Stephen Bray, Shawn Carter, Brittany Coney, Derek James Dixie, Akil King, Kim "Kaydence" Krysiuk & Rickie "Caso" Tice, songwriters
  • "Collide" - Tiana Major9 & EARTHGANG
    • Sam Barsh, Stacey Barthe, Sonyae Elise, Olu Fann, Akil King, Josh Lopez, Kaveh Rastegar & Benedetto Rotondi, songwriters
  • "Do It" - クロイxハリー
    • Chloe Bailey, Halle Bailey, Anton Kuhl, Scott Storch, Victoria Monét, Vincent van den Ende, songwriters
  • "Slow Down" - Skip Marley & H.E.R.
    • Nasri Atweh, Badriia Bourelly, Skip Marley, Ryan Williamson & Gabriella Wilson, songwriters

最優秀プログレッシブR&Bアルバム

最優秀R&Bアルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス

最優秀メロディック・ラップ・パフォーマンス

最優秀ラップ・ソング

最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス

最優秀カントリー・ソング

  • "Crowded Table" - The Highwomen
    • Brandi Carlile, Natalie Hemby & Lori McKenna, ソングライター "Bluebird" - ミランダ・ランバート
    • Luke Dick, Natalie Hemby & Miranda Lambert, songwriters
  • "The Bones" - マレン・モリス
    • Maren Morris, Jimmy Robbins, Laura Veltz, songwriters
  • "More Hearts Than Mine" - イングリッド・アンドレス
    • Ingrid Andress, Sam Ellis & Derrick Southerland, songwriters
  • "Some People Do" - Old Dominion
    • Jesse Frasure, Shane McAnally, Matthew Ramsey & Thomas Rhett, songwriters

最優秀カントリー・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

  • 『More Guitar Stories』 – Jim "Kimo" West
  • 『Songs from the Bardo』 – Laurie Anderson, Tenzin Choegyal & Jesse Paris Smith
  • 『Periphery』 – Priya Darshini
  • 『Form//Less』 – Superposition
  • 『Meditations』 – Cory Wong & Jon Batiste

ジャズ[編集]

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ

  • "All Blues" – チック・コリア, soloist
  • "Guinivere" – Christian Scott Atunde Adjuah, soloist
  • "Pachamama" – Regina Carter, soloist
  • "Tomorrow is the Question" – Julian Lage, soloist
  • "Celia" – Gerald Clayton, soloist
  • "Moe Honk" – ジョシュア・レッドマン, soloist

最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム

  • 『Secrets are the Best Stories』 – カート・エリング featuring Danilo Pérez
  • 『ONA』 – Thana Alexa
  • 『Modern Ancestors』 – Carmen Lundy
  • 『Holy Room: Live at Alte Oper』 – Somi With Frankfurt Radio Big Band
  • 『What's the Hurry』 – Kenny Washington

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム

最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム

  • 『Data Lords』 – Maria Schneider Orchestra
  • 『Dialogues on Race』 – Gregg August
  • 『Monk'estra Plays John Beasley』 – John Beasley
  • 『The Intangible Between』 – Orrin Evans and The Captain Black Big Band
  • 『Songs You Like a Lot』 – John Hollenbeck with Theo Bleckmann, Kate McGarry, Gary Versace and The Frankfurt Radio Big Band

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

  • 『Four Questions』 – Arturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
  • 『Tradiciones』 – Afro-Peruvian Jazz Orchestra
  • 『City of Dreams』 – Chico Pinheiro
  • 『Viento y Tiempo - Live at Blue Note Tokyo』 – ゴンサロ・ルバルカバ & Aymée Nuviola
  • 『Trane's Delight』 – Poncho Sanchez

ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン[編集]

最優秀ゴスペル・パフォーマンス/ソング

  • "Movin' On" - Jonathan McReynolds & Mali Music
    • Darryl L. Howell, Jonathan Caleb McReynolds, Kortney Jamaal Pollard & Terrell Demetrius Wilson, ソングライター
  • "Wonderful is Your Name" - Melvin Crispell III
    • Melvin Crispell III, songwriter
  • "Release (Live)" - Ricky Dillard featuring Tiff Joy
    • David Frazier, songwriter
  • "Come Together" - Rodney "Darkchild" Jerkins Presents: The Good News
    • Lashawn Daniels, Rodney Jerkins, Lecrae Moore & Jazz Nixon, songwriters
  • "Won't Let Go" - Travis Greene
    • Travis Greene, songwriter

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス/ソング

  • "There Was Jesus" - Zach Williams & ドリー・パートン
    • Casey Beathard, Jonathan Smith & Zach Williams, ソングライター
  • "The Blessing (Live)" - Kari Jobe, Cody Carnes & Elevation Worship
    • Chris Brown, Cody Carnes, Kari Jobe Carnes & Steven Furtick, songwriters
  • "Sunday Morning" - レクレー featuring カーク・フランクリン
    • Denisia Andrews, Jones Terrence Antonio, Saint Bodhi, Brittany Coney, Kirk Franklin, Lasanna Harris, Shama Joseph, Stuart Lowery, Lecrae Moore & Nathanael Saint-Fleur, songwriters
  • "Holy Water" - We the Kingdom
    • Andrew Bergthold, Ed Cash, Franni Cash, Martin Cash & Scott Cash, songwriters
  • "Famous For (I Believe)" - Tauren Wells featuring Jenn Johnson
    • Chuck Butler, Krissy Nordhoff, Jordan Sapp, Alexis Slifer & Tauren Wells, songwriters

最優秀ゴスペル・アルバム

  • 『Gospel According to PJ』 – PJモートン
  • 『2econd Wind: ReadY』 – Anthony Brown & group therAPy
  • 『My Tribute』 – Myron Butler
  • 『Choirmaster』 – Ricky Dillard
  • 『Kierra』 – キエラ・シェアード

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム

  • 『Jesus is King』 – カニエ・ウェスト
  • 『Run to The Father』 – Cody Carnes
  • 『All of My Best Friends』 – Hillsong Young & Free
  • 『Holy Water』 – We the Kingdom
  • 『Citizen of Heaven』 – Tauren Wells

最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム

  • 『Celebrating Fisk! (The 150th Anniversary Album)』 – フィスク・ジュビリー・シンガーズ
  • 『Beautiful Day』 – Mark Bishop
  • 『20/20』 – The Crabb Family
  • 『What Christmas Really Means』 – The Erwins
  • 『Something Beautiful』 – Ernie Haase & Signature Sound

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ/アーバン・アルバム

最優秀ラテン・ロック/オルタナティブ・アルバム

最優秀リージョナル・メキシカン・ミュージック・アルバム (テハノを含む)

最優秀トロピカル・ラテン・アルバム

  • 『40』 – Grupo Niche
  • 『Mi Tumbao』 – José Alberto "El Ruiseñor"
  • 『Infinito』 – Edwin Bonilla
  • 『Sigo Cantando al Amor (Deluxe)』 – Jorge Celedon & Sergio Luis
  • 『Memorias de Navidad』 – Víctor Manuelle

アメリカン・ルーツ[編集]

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス

最優秀アメリカン・ルーツ・ソング

  • "I Remember Everything" - John Prine
    • Pat McLaughlin & John Prine, ソングライター
  • "Cabin" - The Secret Sisters
    • Laura Rogers & Lydia Rogers, songwriters
  • "Ceiling to the Floor" - Sierra Hull
    • Sierra Hull & Kai Welch, songwriters
  • "Hometown" - Sarah Jarosz
    • Sarah Jarosz, songwriter
  • "Man Without a Soul" - ルシンダ・ウィリアムス
    • Tom Overby & Lucinda Williams, songwriters

最優秀アメリカーナ・アルバム

  • 『World on the Ground』 – Sarah Jarosz
  • 『Old Flowers』 – Courtney Marie Andrews
  • 『Terms of Surrender』 – Hiss Golden Messenger
  • 『El Dorado』 – Marcus King
  • 『Good Souls Better Angels』 – Lucinda Williams

最優秀ブルーグラス・アルバム

  • 『Home』 – Billy Strings
  • 『Man on Fire』 – Danny Barnes
  • 『To Live in Two World, Vol. 1』 – Thomm Jutz
  • 『North Carolina Songbook』 – Steep Canyon Rangers
  • 『The John Hartford Fiddle Tune Project, Vol. 1』 – Various Artists

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム

  • 『Rawer than Raw』 – Bobby Rush
  • 『All My Dues are Paid』 – Frank Bey
  • 『You Make Me Feel』 – Don Bryant
  • 『That's What I Heard』 – Robert Cray Band
  • 『Cypress Grove』 – Jimmy "Duck" Holmes

最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム

最優秀フォーク・アルバム

  • 『All the Good Times』 – Gillian Welch & David Rawlings
  • 『Bonny Light Horseman』 – Bonny Light Horseman
  • 『Thanks for the Dance』 – レナード・コーエン
  • 『Song for Our Daughter』 – Laura Marling
  • 『Saturn Return』 – The Secret Sisters

最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム

  • 『Atmosphere』 – New Orleans Nightcrawlers
  • 『My Relatives"Nikso Kowaiks"』 – Black Lodge Singers
  • 『Cameron Dupuy and The Cajun Troubadours』 – Cameron Dupuy And The Cajun Troubadours
  • 『Lovely Sunrise』 – Nā Wai ʽEhā
  • 『A Tribute to Al Berard』 – Sweet Cecilia

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

グローバル・ミュージック[編集]

最優秀グローバル・ミュージック・アルバム

  • 『Twice as Tall』 – Burna Boy
  • 『Fu Chronicles』 – Antibalas
  • 『Agora』 – Bebel Gilberto
  • 『Love Letters』 – Anoushka Shankar
  • 『Amadjar』 – ティナリウェン

チルドレンズ[編集]

最優秀チルドレンズ・アルバム

  • 『All the Ladies』 – Joanie Leeds
  • 『Be a Pain: An Album for Young (and Old) Leaders』 – Alastair Moock And Friends
  • 『I'm an Optimist』 – Dog On Fleas
  • 『Songs for Singin'』 – The Okee Dokee Brothers
  • 『Wild Life』 – Justin Roberts

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル・シアター[編集]

最優秀ミュージカル・シアター・アルバム

  • 『Jagged Little Pill』
    • Kathryn Gallagher, Celia Rose Gooding, Lauren Patten & Elizabeth Stanley, principal soloists; Neal Avron, Pete Ganbarg, Tom Kitt, Michael Parker, Craig Rosen & Vivek J. Tiwary, producers (Glen Ballard & Alanis Morissette, lyricists) (Original Broadway Cast)
  • 『Amélie』
    • Audrey Brisson, Chris Jared, Caolan McCarthy & Jez Unwin, principal soloists; Michael Fentiman, Sean Patrick Flahaven, Barnaby Race & Nathan Tysen, producers; Nathan Tysen, lyricist; Daniel Messe, composer & lyricist (Original London Cast)
  • 『American Utopia on Broadway』
    • David Byrne, principal soloist; David Byrne, producer (David Byrne, composer & lyricist) (Original Cast)
  • 『Little Shop of Horrors』
    • Tammy Blanchard, Jonathan Groff & Tom Alan Robbins, principal soloists; Will Van Dyke, Michael Mayer, Alan Menken & Frank Wolf, producers (Alan Menken, composer; Howard Ashman, lyricist) (The New Off-Broadway Cast)
  • 『The Prince of Egypt』
    • Christine Allado, Luke Brady, Alexia Khadime & Liam Tamne, principal soloists; Dominick Amendum & Stephen Schwartz, producers; Stephen Schwartz, composer & lyricist (Original Cast)
  • 『Soft Power』
    • Francis Jue, Austin Ku, Alyse Alan Louis & Conrad Ricamora, principal soloists; Matt Stine, producer; David Henry Hwang, lyricist; Jeanine Tesori, composer & lyricist (Original Cast)

ビジュアルメディア向け[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック

最優秀スコア・サウンドトラック

最優秀ビジュアルメディア向けソングライティング

作曲/編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲

  • "Sputnik" - Maria Schneider
    • Maria Schneider, composer
  • "Baby Jack" - Arturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
    • Arturo O'Farrill, composer
  • "Be Water II" - Christian Sands
    • Christian Sands, composer
  • "Plumfield" - アレクサンドル・デスプラ
    • Alexandre Desplat, composer
  • "Strata" - Remy Le Boeuf's Assembly Of Shadows featuring Anna Webber & Eric Miller
    • Remy Le Boeuf, composer

最優秀編曲(インストゥルメンタル/アカペラ)

  • "Donna Lee" - ジョン・ビーズリー
    • John Beasley, arranger
  • "Bathroom Dance" - ヒドゥル・グドナドッティル
    • Hildur Guðnadóttir, arranger
  • "Honeymooners" - Remy Le Boeuf's Assembly Of Shadows
    • Remy Le Boeuf, arranger
  • "Lift Every Voice and Sing" - Jarrett Johnson featuring Alvin Chea
    • Alvin Chea & Jarrett Johnson, arrangers
  • "Uranus: The Magician" - Jeremy Levy Jazz Orchestra
    • Jeremy Levy, arranger

最優秀編曲(インストゥルメンタル/ボーカル)

パッケージング[編集]

最優秀レコーディング・パッケージ

  • 『Vols. 11 & 12』 - Desert Sessions
    • Doug Cunningham & Jason Noto, art directors
  • 『Everyday Life』 - コールドプレイ
    • Pilar Zeta, art director
  • 『Funeral』 - リル・ウェイン
    • Kyle Goen, art director
  • 『Healer』 - グループラヴ
    • Julian Gross & Hannah Hooper, art directors
  • 『On Circles』 - Caspian
    • Jordan Butcher, art director

最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

ノーツ[編集]

最優秀アルバム・ノーツ

  • 『Dead Man's Pop』 - リプレイスメンツ
    • Bob Mehr, album notes writer
  • 『At The Minstrel Show: Minstrel Routines From The Studio, 1894-1926』 - Various Artists
    • Tim Brooks, album notes writer
  • 『The Bakersfield Sound: Country Music Capital Of The West, 1940-1974』 - Various Artists
    • Scott B. Bomar, album notes writer
  • 『The Missing Link: How Gus Haenschen Got Us From Joplin To Jazz And Shaped The Music Business』 - Various Artists
    • Colin Hancock, album notes writer
  • 『Out Of A Clear Blue Sky』 - Nat Brusiloff
    • David Sager, album notes writer

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム

  • 『It's Such A Good Feeling: The Best Of Mister Rogers』 - Mister Rogers
    • Lee Lodyga & Cheryl Pawelski, compilation producers; Michael Graves, mastering engineer
  • 『Celebrated, 1895-1896』 - Unique Quartette
    • Meagan Hennessey & Richard Martin, compilation producers; Richard Martin, mastering engineer
  • 『Hittin' The Ramp: The Early Years (1936 - 1943)』 - Nat King Cole
    • Zev Feldman, Will Friedwald & George Klabin, compilation producers; Matthew Lutthans, mastering engineer
  • 『1999 Super Deluxe Edition』 - プリンス
    • Michael Howe, compilation producer; Bernie Grundman, mastering engineer
  • 『Souvenir』 - オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
    • Carolyn Agger, compilation producer; Miles Showell, mastering engineer
  • 『Throw Down Your Heart: The Complete Africa Sessions』 - Béla Fleck
    • Béla Fleck, compilation producer; Richard Dodd, mastering engineer

プロデュース(ノン・クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)

  • 『Hyperspace』 - ベック
    • Drew Brown, Andrew Coleman, Shawn Everett, Serban Ghenea, David Greenbaum, Jaycen Joshua & Mike Larson, engineers; Randy Merrill, mastering engineer
  • 『Black Hole Rainbow』 - Devon Gilfillian
    • Shawn Everett & Ivan Wayman, engineers; Bob Ludwig, mastering engineer
  • 『Expectations』 - Katie Pruitt
    • Gary Paczosa & Mike Robinson, engineers; Paul Blakemore, mastering engineer
  • 『Jaime』 - ブリタニー・ハワード
    • Shawn Everett, engineer; Shawn Everett, mastering engineer
  • 『25 Trips』 - Sierra Hull
    • Shani Gandhi & Gary Paczosa, engineers; Adam Grover, mastering engineer

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)

最優秀リミックスド・レコーディング

  • "Roses (Imanbek Remix)" - SAINt JHN
    • Imanbek Zeikenov, remixer
  • "Do You Ever (RAC Mix)" - Phil Good
    • RAC, remixer
  • "Imaginary Friends (Morgan Page Remix)" - Deadmau5
    • Morgan Page, remixer
  • "Praying for You (Louie Vega Main Remix)" - Jasper Street Co.
    • Louie Vega, remixer
  • "Young & Alive (Bazzi vs. Haywyre Remix)" - Bazzi
    • Haywyre, remixer

プロデュース(イマーシヴ・オーディオ)[編集]

最優秀イマーシヴ・オーディオ・アルバム

COVID-19の感染拡大の影響で、最優秀イマーシヴ・オーディオ・アルバム・クラフト委員会が開催できなかったため本年度は延期となった。エントリー作品の審査は、委員会メンバーにとって安全な方法で集まることができるようになるまで延期される。第63回グラミー賞のノミネートは、第64回グラミー賞の部門のノミネートとは別に来年発表される予定となっている[11]

プロデュース(クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル)

  • 『Shostakovich: Symphony No. 13, 'Babi Yar'』 - Riccardo Muti & Chicago Symphony Orchestra
    • David Frost & Charlie Post, engineers; Silas Brown, mastering engineer
  • 『Danielpour: The Passion of Yeshua』 - JoAnn Falletta, James K. Bass, Adam Luebke, UCLA Chamber Singers, Buffalo Philharmonic Orchestra & Buffalo Philharmonic Chorus
    • Bernd Gottinger, engineer
  • 『Gershwin: Porgy and Bess』 - David Robertson, Eric Owens, Angel Blue, Metropolitan Opera Orchestra & Chorus
    • David Frost & John Kerswell, engineers; Silas Brown, mastering engineer
  • 『Hynes: Fields』 - デヴ・ハインズ & Third Coast Percussion
    • Kyle Pyke, engineer; Jesse Lewis & Kyle Pyke, mastering engineers
  • 『Ives: Complete Symphonies』 - Gustavo Dudamel & Los Angeles Philharmonic
    • Alexander Lipay & Dmitriy Lipay, engineers; Alexander Lipay & Dmitriy Lipay, mastering engineers

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)

  • David Frost
    • 『Beethoven: Piano Sonatas, Vol. 9』 (Jonathan Biss)
    • 『Gershwin: Porgy And Bess』 (David Robertson, Eric Owens, Angel Blue, Metropolitan Opera Orchestra & Chorus)
    • 『Gluck: Orphée & Eurydice』 (Harry Bicket, Dmitry Korchak, Andriana Chuchman, Lauren Snouffer, Lyric Opera Of Chicago Orchestra & Chorus)
    • 『Holst: The Planets; The Perfect Fool』 (Michael Stern & Kansas City Symphony)
    • 『Muhly: Marnie』 (Robert Spano, Isabel Leonard, Christopher Maltman, Denyce Graves, Iestyn Davies, Janis Kelly, Metropolitan Opera Orchestra & Chorus)
    • 『Schubert: Piano Sonatas, D. 845, D. 894, D. 958, D. 960』 (Shai Wosner)
    • 『Shostakovich: Symphony No. 13, 'Babi Yar'』 (Riccardo Muti, Alexey Tikhomirov, Chicago Symphony Orchestra & Chorus)
  • Blanton Alspaugh
    • 『Aspects Of America - Pulitzer Edition』 (Carlos Kalmar & Oregon Symphony)
    • 『Blessed Art Thou Among Women』 (Peter Jermihov, Katya Lukianov & PaTRAM Institute Singers)
    • 『Dvořák: Symphony No. 9; Copland: Billy The Kid』 (Gianandrea Noseda & National Symphony Orchestra)
    • 『Glass: The Fall Of The House Of Usher』 (Joseph Li, Nicholas Nestorak, Madison Leonard, Jonas Hacker, Ben Edquist, Matthew Adam Fleisher & Wolf Trap Opera)
    • 『Kahane: Emergency Shelter Intake Form』 (Alicia Hall Moran, Gabriel Kahane, Carlos Kalmar & Oregon Symphony)
    • 『Kastalsky: Requiem』 (Leonard Slatkin, Steven Fox, Benedict Sheehan, Charles Bruffy, Cathedral Choral Society, The Clarion Choir, The Saint Tikhon Choir, Kansas City Chorale & Orchestra Of St. Luke's)
    • 『Massenet: Thaïs』 (Andrew Davis, Joshua Hopkins, Andrew Staples, Erin Wall, Toronto Mendelssohn Choir & Toronto Symphony Orchestra)
    • 『Smyth: The Prison』 (Sarah Brailey, Dashon Burton, James Blachly & Experiential Orchestra)
    • 『Woolf, L.P.: Fire And Flood』 (Julian Wachner, Matt Haimovitz & Choir Of Trinity Wall Street)
  • Jesse Lewis
    • 『Gunn: The Ascendant』 (Roomful Of Teeth)
    • 『Harrison, M.: Just Constellations』 (Roomful Of Teeth)
    • 『Her Own Wings』 (Willamette Valley Chamber Music Festival)
    • 『Hynes: Fields』 (Devonté Hynes & Third Coast Percussion)
    • 『Lang, D.: Love Fail』 (Beth Willer & Lorelei Ensemble)
    • 『Mazzoli: Proving Up』 (Christopher Rountree, Opera Omaha & International Contemporary Ensemble)
    • 『Sharlat: Spare The Rod!』 (NOW Ensemble)
    • 『Soul House』 (Hub New Music)
    • 『Wherein Lies The Good』 (The Westerlies)
  • Dmitry Lipay
    • 『Adams, J.: Must The Devil Have All The Good Tunes?』 (Yuja Wang, Gustavo Dudamel & Los Angeles Philharmonic)
    • 『Cipullo: The Parting』 (Alastair Willis, Laura Strickling, Catherine Cook, Michael Mayes & Music Of Remembrance)
    • 『Ives: Complete Symphonies』 (Gustavo Dudamel & Los Angeles Philharmonic)
    • 『LA Phil 100 - The Los Angeles Philharmonic Centennial Birthday Gala』 (Gustavo Dudamel & Los Angeles Philharmonic)
    • 『Langgaard: Prelude To Antichrist; Strauss: An Alpine Symphony』 (Thomas Dausgaard & Seattle Symphony Orchestra)
    • 『Nielsen: Symphony No. 1 & Symphony No. 2, 'The Four Temperaments'』 (Thomas Dausgaard & Seattle Symphony)
  • Elaine Martone
    • 『Bound For The Promised Land』 (Robert M. Franklin, Steven Darsey, Jessye Norman & Taylor Branch)
    • 『Dawn』 (Shachar Israel)
    • 『Gandolfi, Prior & Oliverio: Orchestral Works』 (Robert Spano & Atlanta Symphony Orchestra)
    • 『Singing In The Dead Of Night』 (Eighth Blackbird)
    • 『Whitacre: The Sacred Veil』 (Eric Whitacre, Grant Gershon & Los Angeles Master Chorale)

クラシカル[編集]

最優秀オーケストラ・パフォーマンス

最優秀オペラ・レコーディングス

  • "Gershwin: Porgy and Bess" - The Metropolitan Opera Orchestra; The Metropolitan Opera Chorus
  • "Dello Joio: The Trial at Rouen" - Boston Modern Orchestra Project; Odyssey Opera Chorus
    • Gil Rose, conductor; Heather Buck & Stephen Powell; Gil Rose, producer
  • "Floyd, C: Prince of Players" - Milwaukee Symphony Orchestra; Florentine Opera Chorus
    • William Boggs, conductor; Keith Phares & Kate Royal; Blanton Alspaugh, producer
  • "Handel: Agrippina" - Il Pomo D'Oro
    • Maxim Emelyanychev, conductor; Joyce DiDonato; Daniel Zalay, producer
  • "Zemlinsky: Der Zwerg" - Orchestra Of The Deutsche Oper Berlin; Chorus Of The Deutsche Oper Berlin
    • Donald Runnicles, conductor; David Butt Philip & Elena Tsallagova; Peter Ghirardini & Erwin Stürzer, producers

最優秀合唱パフォーマンス

  • "Danielpour: The Passion of Yessuah" - James K. Bass, J'Nai Bridges, Timothy Fallon, Kenneth Overton, Hila Plitmann & Matthew Worth; バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団; Buffalo Philharmonic Chorus & UCLA Chamber Singers
    • JoAnn Falletta, conductor; James K. Bass & Adam Luebke, chorus masters
  • "Carthage" - The Crossing
    • Donald Nally, conductor
  • "Kastalski: Requiem" - Joseph Charles Beutel & Anna Dennis; Orchestra Of St. Luke's; Cathedral Choral Society, The Clarion Choir, Kansas City Chorale & The Saint Tikhon Choir
    • Leonard Slatkin, conductor; Charles Bruffy, Steven Fox & Benedict Sheehan, chorus masters
  • "Moravec: Sanctuary Road" - Joshua Blue, Raehann Bryce-Davis, Dashon Burton, Malcolm J. Merriweather & Laquita Mitchell; Oratorio Society Of New York Orchestra; Oratorio Society Of New York Chorus
    • Kent Tritle, conductor
  • "Once Upon a Time" - Sarah Walker; Skylark Vocal Ensemble
    • Matthew Guard, conductor

最優秀室内楽/小編成アンサンブル・パフォーマンス

  • "Contemporary Voices" – Pacifica Quartet
  • "Healing Modes" – Brooklyn Rider
  • "Hearne, T,: Place" – Ted Hearne, Steven Bradshaw, Sophia Byrd, Josephine Lee, Isaiah Robinson, Sol Ruiz, Ayanna Woods & Place Orchestra
  • "Hynes: Fields" – デヴ・ハインズ & Third Coast Percussion
  • "The Schumann Quartets" – Dover Quartet

最優秀クラシカル・インストゥメンタル・ソロ

最優秀クラシカル・ソロ・ヴォーカル・アルバム

  • "Smyth: The Prison"
    • Sarah Brailey & Dashon Burton; James Blachly, conductor (Experiential Chorus; Experiential Orchestra)
  • "American Composers at Play - William Bolcom, Ricky Ian Gordon, Lori Laitman, John Musto"
    • Stephen Powell (Attacca Quartet, William Bolcom, Ricky Ian Gordon, Lori Laitman, John Musto, Charles Neidich & Jason Vieaux)
  • "Clairières - Songs by Lili & Nadia Boulanger"
    • Nicholas Phan; Myra Huang, accompanist
  • "Farinelli"
  • "A Lad's Love"
    • Brian Giebler; Steven McGhee, accompanist (Katie Hyun, Michael Katz, Jessica Meyer, Reginald Mobley & Ben Russell)

最優秀クラシカル・コンペンディウム

  • "Thomas, M.T.: From the Diary of Anne Frank & Meditations on Rilke"
  • "Adès Conducts Adès"
    • Mark Stone & Christianne Stotijn; Thomas Adès, conductor; Nick Squire, producer
  • "Saariaho: Graal Théâtre; Circle Map, Neiges, Vers Toi Qui Es Si Loin"
    • Clément Mao-Takacs, conductor; Hans Kipfer, producer
  • "Serebrier: Symphonic Bach Variations; Laments and Hallelujahs; Flute Concerto"
  • "Woolf, L.P.: Fire and Blood"

最優秀コンテンポラリー・クラシカル作曲

  • "Rouse: Symphony No. 5"
    • Christopher Rouse, composer (Giancarlo Guerrero & Nashville Symphony)
  • "Adès: Concerto for Piano and Orchestra"
  • "Danielpour: The Passion of Yeshua"
  • "Floyd, C.: Prince of Players"
    • Carlisle Floyd, composer (William Boggs, Kate Royal, Keith Phares, Florentine Opera Chorus & Milwaukee Symphony Orchestra)
  • "Hearne, T.: Place"
    • Ted Hearne, composer (Ted Hearne, Steven Bradshaw, Sophia Byrd, Josephine Lee, Isaiah Robinson, Sol Ruiz, Ayanna Woods & Place Orchestra)

ミュージック・ビデオ/フィルム[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ

  • "Brown Skin Girl" – ビヨンセ, Saint Jhn & Wizkid featuring Blue Ivy Carter
    • Beyoncé Knowles-Carter & Jenn Nkiru, video directors; Lauren Baker, Astrid Edwards, Nathan Scherrer & Erinn Williams, video producers
  • "Life Is Good" – フューチャー featuring ドレイク
    • Julien Christian Lutz, video director; Harv Glazer, video producer
  • "Lockdown" – アンダーソン・パーク
    • Dave Meyers, video director; Nathan Scherrer, video producer
  • "Adore You" – ハリー・スタイルズ
    • Dave Meyers, video director; Nathan Scherrer, video producer
  • "Goliath" – Woodkid
    • Yoann Lemoine, video director

最優秀ミュージック・フィルム

  • 『Linda Ronstadt: The Sound of My Voice』 – リンダ・ロンシュタット
    • Rob Epstein & Jeffrey Friedman, video directors; Michele Farinola & James Keach, video producers
  • 『Beastie Boys Story』 – ビースティ・ボーイズ
    • Spike Jonze, video director; Amanda Adelson, Jason Baum & Spike Jonze, video producers
  • 『Black Is King』 – ビヨンセ
    • Emmanuel Adjei, Blitz Bazawule, Beyoncé Knowles Carter & Kwasi Fordjour, video directors; Lauren Baker, Akin Omotoso, Nathan Scherrer, Jeremy Sullivan & Erinn Williams, video producers
  • 『We Are Freestyle Love Supreme』 – Freestyle Love Supreme
    • Andrew Fried, video director; Andrew Fried, Jill Furman, Thomas Kail, Lin-Manuel Miranda, Sarina Roma, Jenny Steingart & Jon Steingart, video producers
  • 『That Little Ol' Band From Texas』 – ZZトップ
    • Sam Dunn, video director; Scot McFadyen, video producer

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Looking Ahead To The 2021 GRAMMYs” (英語). GRAMMY.com (2020年8月19日). 2020年11月23日閲覧。
  2. ^ Recording Academy Announces 63rd GRAMMYs Changes” (英語). GRAMMY.com (2020年6月10日). 2020年11月23日閲覧。
  3. ^ Tangcay, Jazz (2020年10月21日). “2021 Grammy Nominations to Be Announced Nov. 24” (英語). Variety. 2020年11月23日閲覧。
  4. ^ Save the Date: 63rd GRAMMY Awards® Nominations” (英語). www.businesswire.com (2020年10月21日). 2020年11月23日閲覧。
  5. ^ “Grammy Nominations 2021: See the List” (英語). The New York Times. (2020年11月24日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/11/24/arts/music/grammy-nominees-list.html 2020年11月25日閲覧。 
  6. ^ Grammy Awards Rescheduled for March 14”. Variety (2021年1月5日). 2021年1月5日閲覧。
  7. ^ 63rd Annual GRAMMY Awards” (英語). GRAMMY.com (2020年12月15日). 2021年4月15日閲覧。
  8. ^ The Best Global Music Album Name Change, Explained” (英語). GRAMMY.com (2020年11月9日). 2020年11月23日閲覧。
  9. ^ Recording Academy Announces 63rd GRAMMYs Changes” (英語). GRAMMY.com (2020年6月10日). 2020年11月23日閲覧。
  10. ^ 63rd Annual GRAMMY Awards” (英語). GRAMMY.com (2020年12月15日). 2021年3月14日閲覧。
  11. ^ 2021 GRAMMYs: Complete Nominees List” (英語). GRAMMY.com (2020年11月24日). 2020年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]