クリス・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリス・マーティン
Chris Martin
Chris Martin-viva-cropped.jpg
基本情報
出生名 Christopher Anthony John Martin
生誕 (1977-03-02) 1977年3月2日(41歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル オルタナティヴ・ロック
アート・ロック
ポスト・ブリットポップ
職業 ミュージシャンソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
マンドリン
クラリネット
トランペット
ハーモニカ
ベース
オルガン
グロッケンシュピール
キーボード
活動期間 1996年 -
レーベル パーロフォン
キャピトル・レコード
EMI
共同作業者 コールドプレイ
公式サイト http://www.coldplay.com/

クリストファー・”クリス”・アンソニー・ジョン・マーティンChristopher "Chris" Anthony John Martin, 1977年3月2日 - )[1]は、イギリスミュージシャンコールドプレイのボーカリスト、マルチプレイヤー。他のアーティストへ楽曲提供も行う。歌唱法としてはファルセットを多用する。

生い立ち[編集]

イングランドデヴォン州で5人兄弟の長男として生まれる。父親は公認会計士で、母親は音楽教師であった[2][3]夏時間の提唱者であるウィリアム・ウィレット英語版は曽曽祖父であるという。家にあった母親のピアノに幼少時から興味を持ち、調律がおかしくなるまで弾き続けた。ほどなくしてギターをはじめ、15歳の時に友人同士でバンドを組むようになる。ドーセットに位置する男子全寮制パブリックスクールであるシャーボーン・スクールを卒業後、古代世界を学ぶためロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンに入学。そこで後のコールドプレイのバンドメンバーとなるバックランド、ベリーマン、チャンピオンの3人と出会う。同校をファーストクラスの学位を持って卒業。1999年メジャーデビュー。現在までコールドプレイのフロントマンとして活躍している。

ミュージシャンとしての経歴[編集]

ソロ・アーティストとしてエンブレイスジャメリアに曲提供を行っている。ロン・セクスミスザ・ストリーツイアン・マッカロクともコラボレートで参加している。

2004年にはバンド・エイド20シングルである「Do They Know It's Christmas?」のボーカル・パートに参加。

2005年にはネリー・ファータドの曲「All Good Things (Come to an End)」でネリー・ファータドとコラボレートしており、その曲は2006年発売のアルバム『Loose』に収録された。ちなみに両者は2002年のグラストンベリーに出演している。

2006年にはアメリカヒップホップMCであるカニエ・ウェストアビー・ロード・スタジオジャムセッションコンサートをしている。2006年夏には同じくヒップホップMCであるジェイ・Zのカムバック・アルバムである『Kingdom Come』でコラボレートしている。マーティンはヒップホップ界の大物プロデューサーであるドクター・ドレーの助けを借りてコラボレートした曲である「Beach Chair」のドラムラインをまとめあげ、ジェイ・Zに送った。「Beach Chair」は2006年9月27日にジェイ・Zのヨーロッパツアー中のロイヤル・アルバート・ホールでの公演で歌われた。

その他の活動[編集]

2007年、ブラジルでのコンサート

マーティンとコールドプレイのギタリストであるジョニー・バックランドは、映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』にカメオ出演している。

バンド外では特に公正な取引の推進運動であるフェアトレードに力を入れている。オックスファムのメイク・トレード・フェアのキャンペーンにも参加した。不公平な取引の現場を見るため自らガーナハイチに赴いている。マーティンはライブの時には自分の左手にマジックでMake Trade Fairと書いている。

人物・エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Monitor”. Entertainment Weekly (1249): pp. 20. (2013年3月8日) 
  2. ^ Silverman, Stephen M. (2003年12月8日). “Gwyneth, Chris Wedding Talk Heats Up”. People. 2008年11月4日閲覧。
  3. ^ Ellen, Barbara (2003年12月7日). “The Observer Profile: Gwyneth Paltrow and Chris Martin”. The Observer. 2008年11月4日閲覧。
  4. ^ Hiatt, Brian (2003年12月10日). “Gwyneth Paltrow marries Chris Martin”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,559500,00.html 2009年3月24日閲覧。 
  5. ^ Silverman, Stephen M. (2004年5月14日). “It's a Girl for Gwyneth Paltrow & Hubby”. People. 2008年11月4日閲覧。
  6. ^ Robertson, Jessica (2006年4月10日). “Coldplay's Chris Martin Has a Boy”. Rolling Stone. http://www.rollingstone.com/news/story/9740171/coldplays_chris_martin_has_a_boy 2009年3月24日閲覧。 
  7. ^ “離婚に世界中がびっくり グウィネス・パルトロウ” (日本語). 読売新聞 (読売新聞東京本社). (2014年5月7日). http://www.yomiuri.co.jp/komachi/beauty/celeb/20140502-OYT8T50255.html 2016年2月22日閲覧。 
  8. ^ “Chris Martin named world's sexiest vegetarian”. The Sydney Morning Herald. (2005年7月23日). http://www.smh.com.au/news/people/chris-martin-named-worlds-sexiest-vegetarian/2005/07/23/1121539177645.html 2008年5月20日閲覧。 
  9. ^ “Chris Martin: The stereo MC”. The Independent. (2003年2月23日). http://www.independent.co.uk/news/people/profiles/chris-martin-the-stereo-mc-598614.html 2009年5月7日閲覧。 

外部リンク[編集]