フルーム (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルーム
Flume
Flume ARIA 2013 (cropped).jpg
Flume 2013年
基本情報
出生名 Harley Edward Streten
生誕 (1991-11-05) 1991年11月5日(29歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル エレクトロニックフューチャー・ベースヒップホップポップエレクトロ・ポップ
職業 音楽家音楽プロデューサーDJ
活動期間 2004年 -
レーベル Future Classic、Transgressive、Mom + Pop
公式サイト officialflumemusic.com

ハーリー・エドワード・ストレテン(Harley Edward Streten、1991年11月5日 - )は、フルームFlume)の名で知られるオーストラリア音楽プロデューサーDJエレクトロニック・ミュージックフューチャー・ベースをメインストリームに押し上げた先駆者とされている[1][2][3][4]

2012年のデビューアルバム『Flume』は、オーストラリアのアルバム・チャートで首位を獲得、ダブル・プラチナディスクに認定される。2作目のアルバム『Skin』(2016年)がグラミー賞で最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバムを受賞、アルバムからの楽曲「Never Be like You」が最優秀ダンス・レコーディングにノミネートされたことで国際的な評価を得る[5][6]。 2019年にはミックステープ『Hi This Is Flume』をリリースした。

生い立ち[編集]

フルームことハーリー・エドワード・ストレテン(Harley Edward Streten)は1991年11月5日オーストラリアシドニーで生まれた[7]。父のグレン・ストレテン(Glen Streten)は映画プロデューサーレコードプロデューサーで、母のリンダル(Lyndall)は園芸家で元教師だった[8][9]。13歳の時に基本的な制作環境を手に入れ作曲を覚え、2010年には自身のイニシャルであるHEDSの名でハウスミュージックの制作を始めた[10]

経歴[編集]

2011年 - 2015年 : Flume[編集]

ライブでのフルーム(2014年)

Triple J Unearthedにアップロードした楽曲「Possum」が初めてラジオでプレイされ、2011年にはオーストラリアのレコードレーベルFuture Classicのコンペで2位を獲得し契約を勝ち取る。8月にフルームの名で「Sleepless」「Over You」「Paper Thin」の3曲入りのシングルをリリース[11][12]。フルームという名はボン・イヴェールの楽曲「Flume」から付けられた[13]

フルームのデビューアルバム『Flume』は2012年11月9日にリリースされる[14]。アルバムはロンドンへの旅行中にラップトップで制作された[15]。アルバムにはフィーチャリング・アーティストとしてMoon Holiday、Jezzabell Doran、Chet Faker、T-shirtなどが参加している。

2013年2月、フルームはMom + Pop Musicと契約し、デビューアルバムを北米でリリースし、アメリカの批評家から高く評価される[16][17]。アルバムの楽曲は次々とオーストラリアのチャートにランクインし、『Flume』はARIAチャートで1位を獲得した[18][19][20]

2013年4月から5月にかけて「Infinity Prism Tour」と題した初のオーストラリアツアーを開催、2014年には南米のロラパルーザコーチェラなどの音楽フェスティバルを含むワールドツアーを行なった[21]

2011年に音楽プロデューサーのEmoh Insteadと共にWhat So Notを結成しデュオとして活動してきたが、2015年2月にグループからフルームが抜けたことが発表された[22]

2016年 - 2018年 : Skin[編集]

ライブでのフルーム(2014年)

2016年2月、ニューアルバムからのリードシングル「Never Be like You」がオーストラリアで1位を獲得し、フルームにとって初のナンバーワンソングとなった[23]。その後この曲は世界的にヒットし、アメリカのBillboard Hot 100では最高20位を記録し、ダブルプラチナディスクに認定された。

2016年5月27日、フルームは2作目のスタジオアルバム『Skin』をリリースする[24]。アルバムにはVic Mensa、Allan Kingdom、Raekwon、Little Dragon、AlunaGeorge、MNDR、Beckなどが参加した。 アルバムは批評家から好意的に評価され、ARIAミュージック・アワードではアルバム・オブ・ザ・イヤー、最優秀男性アーティストを含む8つの賞を受賞した[25]。さらに、グラミー賞で最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバムを受賞、シングル「Never Be like You」は最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされ、フルームは世界的な知名度を獲得することになる[26]

2016年11月に「Skin Companion EP 1」、2017年2月には「Skin Companion EP 2」と題した2枚のEPをリリースする。2016年にはAlunaGeorgeの楽曲「I Remember」を、翌2017年にはLordeの「The Louvre」、Vince Staplesの「Yeah Right」をプロデュースした。

2018年 - 現在 : Hi This Is Flume[編集]

Outside LandsでのDJ(2014年)

2019年3月20日、フルームはミックステープ『Hi This Is Flume』を突如リリースした。ミックステープにはKUČKA、EPROM、JPEGMAFIA、SOPHIE、HWLS、slowthaiが参加しており、17曲38分のフルアルバムに相当する作品だった。

ミックステープの制作は前作のツアーが2018年1月に終了した後にスタートした。フルームは「あまりにも一生懸命に働いている」ために「音楽とツアーが嫌いになった」「少しの間は普通の生活をする必要があった」と述べている[27]。ミックステープの制作中、フルームは「自分のルーツに戻るためには、より実験的なサウンドのレコードを作る必要がある」と感じていた[28]。フルームは『Hi This Is Flume』の制作は前作よりもはるかに困難だったと明かしている[29]。リスナーに「より左翼的なエレクトロニック・ミュージック」を紹介したかったため、Slowthai、JPEGMAFIA、Eprom、Sophieなどのアーティストが制作に招かれることになる[30]

ミックステープは批評家から好意的に評価され、第62回グラミー賞で最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム賞にノミネートされた[31]

ディスコグラフィ[編集]

  • Flume(2012年)
  • Skin(2016年)
  • Hi This Is Flume(2019年)

受賞歴[編集]

来日公演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Przybyslawski (2017年7月29日). “Flume WayHome Stage, Oro-Medonte ON, July 28”. Exclaim!. 2017年8月17日閲覧。
  2. ^ Lucas (2016年2月29日). “Flume Unleashes Spectacular New Mix & We Just Can't Stop Listening”. Your EDM. 2017年6月5日閲覧。
  3. ^ Davies, Hayden. “Meet Whethan, The 17-year-old Producer Working With Skrillex”. PILERATS. http://pilerats.com/written/get-to-know/meet-whethan-the-17-year-old-producer-working-skrillex/ 2017年6月5日閲覧。 
  4. ^ Bein. “Djakarta Warehouse Project 2017 Announces Flume, Tiesto, Marshmello in Phase 1 Lineup”. Billboard. 2017年8月17日閲覧。
  5. ^ Billboard Staff (2017年2月12日). “Grammy Awards 2017: See the Full Winners List”. Billboard. 2017年2月13日閲覧。
  6. ^ Billboard Staff (2017年2月12日). “Grammy Awards 2017: See the Full Winners List”. Billboard. 2017年2月13日閲覧。
  7. ^ Lowden. “Flume”. More Than the Melody. 2016年6月2日閲覧。
  8. ^ Zuel (2016年5月20日). “Swift approval: Australia's electronic star Flume prepares to remake pop”. The Sydney Morning Herald. 2016年6月3日閲覧。
  9. ^ Digistor”. Digistor (2007年8月30日). 2007年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月3日閲覧。
  10. ^ Streten. “HEDS's stream”. SoundCloud. 2014年1月2日閲覧。
  11. ^ Adams, Cameron (2013年4月25日). “Flume focused on keeping it fresh”. News.com.au. http://www.news.com.au/entertainment/music/flume-focused-on-keeping-it-fresh/story-fn93z1sm-1226629160432 2014年1月2日閲覧。 
  12. ^ Sleepless - Single by Flume”. iTunes. Apple, Inc.. 2014年1月2日閲覧。
  13. ^ Rose (2013年2月27日). “Q&A with Flume -” (英語). Yen. 2016年6月2日閲覧。
  14. ^ “New Band of the Day: Flume”. The Guardian. (2012年11月28日). https://www.theguardian.com/music/2012/nov/28/new-band-day-flume 2013年1月17日閲覧。 
  15. ^ Gillgrass, Will. "FLUME LIVE AT XOYO 24/1." Mixmag 04 2013: 36
  16. ^ Flume Releases Debut Self-Titled Album + Announces North American Tour”. Mom + Pop Music (2013年2月21日). 2013年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月2日閲覧。
  17. ^ Flume Reviews”. Metacritic. 2014年1月2日閲覧。
  18. ^ The Full List | Hottest 100 - 2012”. Triple J. ABC. 2014年1月2日閲覧。
  19. ^ Adams, Cameron (2013年2月4日). “Flume bumps Bieber from top of Aussie album chart”. News.com.au. http://www.news.com.au/entertainment/music/flume-bumps-bieber-from-top-of-aussie-album-chart/story-e6frfn09-1226569855022 2014年1月2日閲覧。 
  20. ^ “Hottest 100 Sends Flume to No.1 on ARIA Chart”. http://www.noise11.com/news/hottest-100-sends-flume-to-no-1-on-aria-chart-20130203 2013年2月3日閲覧。 
  21. ^ Graves (2013年9月3日). “Interview: HARLEY STRETEN a.k.a. FLUME, on his upcoming October 2013 New Zealand tour, Lorde & Wolverine.”. Coup De Main Magazine. 2016年6月3日閲覧。
  22. ^ What So Not - I’m writing today with news regarding What... - Facebook”. 2020年4月1日閲覧。
  23. ^ Ryan (2016年2月13日). “ARIA Singles: Flume 'Never Be Like You' Is No 1”. Noise11. 2016年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月13日閲覧。
  24. ^ Skin by Flume on iTunes”. iTunes. 2016年5月28日閲覧。
  25. ^ ARIA Awards 2016: Flume cleans up, Violent Soho victorious”. Australian Broadcasting Corporation (2016年11月23日). 2016年11月29日閲覧。
  26. ^ Billboard Staff (2017年2月12日). “Grammy Awards 2017: See the Full Winners List”. Billboard. 2017年2月13日閲覧。
  27. ^ Flume Answers Fan Questions in Surprise Reddit AMA” (英語). Run The Trap: The Best EDM, Hip Hop & Trap Music (2019年3月29日). 2020年4月3日閲覧。
  28. ^ Flume Answers Fan Questions in Surprise Reddit AMA” (英語). Run The Trap: The Best EDM, Hip Hop & Trap Music (2019年3月29日). 2020年4月3日閲覧。
  29. ^ r/Flume - Comment by u/mdeeeeerah on ”Hi this if Flume here (again). I have 1hr, will try answer as many questions as possible!”” (英語). reddit. 2020年4月3日閲覧。
  30. ^ Newstead, Al (2019年4月5日). “Flume's guide to the 'Hi This Is Flume' mixtape collaborators” (英語). triple j. 2020年4月3日閲覧。
  31. ^ 2020 GRAMMY Awards: Complete Winners List” (英語). GRAMMY.com (2019年11月20日). 2020年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]