カマシ・ワシントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カマシ・ワシントン
Kamasi Washington
Kamasi Washington (ZMF 2019) IMGP8386.jpg
カマシ・ワシントン(2019年)
基本情報
生誕 (1981-02-18) 1981年2月18日(41歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ジャズ
職業 サックス奏者、作曲家
担当楽器 テナー・サックス
活動期間 2000年 -
レーベル Young、XLブレインフィーダー
共同作業者 ジェラルド・ウィルソンスタンリー・クラークフライング・ロータスサンダーキャット
公式サイト www.kamasiwashington.com

カマシ・ワシントン[1]Kamasi Washington1981年2月18日 - )は、アメリカ合衆国ジャズサックス奏者。

経歴[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス郡イングルウッドにて育つ。父親は同じくテナーサックス奏者のリッキー・ワシントン、母親もフルート奏者という音楽一家で育ち、幼少期より楽器の演奏を始めた。[2]アレクサンダー・ハミルトン高校の音楽科を卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校音楽民族学部門へと進学。同校にてケニー・バレルビリー・ヒギンズジェラルド・ウィルソンといった歴代のジャズ・プレイヤー達と共演する。

2004年に、バンドでの初アルバムとなる『ヤング・ジャズ・ジャイアンツ (Young Jazz Giants)』をキャメロン・グレイヴス (ピアノ)、ステファン・ブルーナー (ベース)、ロナルド・ブルーナー・Jr (ドラム)らと共にリリース。その後もジャンルを超えて様々なアーティストとの共演を行っており、主な共演者としてはウェイン・ショーターハービー・ハンコック、ホレス・タプスコット、ジェラルド・ウィルソンローリン・ヒルナズスヌープ・ドッグジョージ・デュークチャカ・カーンフライング・ロータスサンダーキャット、フランシスコ・アグアベージャ、パン・アフリカン・ピープルズ・オーケストラ、ラファエル・サディーク、ケンドリック・ラマーなどが挙げられる。現代のLAのジャズシーンを牽引する存在である。 2015年に自身のソロ・アルバム『ザ・エピック』をブレインフィーダーよりリリースした。同年10月、ブルーノート東京にて来日公演を行っている。[3]

影響[編集]

影響を受けた音楽はジョン・コルトレーン『トランジション』、イーゴリ・ストラヴィンスキー『Stravinsky Conducts Stravinsky(詩篇交響曲)』、アート・ブレイキー『Like Someone in Love』、アリ・アクバル・カーン『Legacy』、スヌープ・ドッグ『ドギースタイル』、ブランドン・コールマン『Resistance』、フェラ・クティ『Expensive Shit』、ジェラルド・ウィルソン・オーケストラ『The Golden Sword』、ビリー・ホリデイ『Lady Sings the Blues』、レディオヘッドキッド A』、バスタ・ライムスウェン・ディザスター・ストライクス…』、ケニー・ギャレット『ソングブック』、ジェームス・ブラウン『ブラック・シーザー』、マーヴィン・ゲイホワッツ・ゴーイン・オン』、ファラオ・サンダース『カルマ』、エリック・ドルフィー『アウト・トゥ・ランチ』など。

アフリカの言語、芸術、文化に深く関心を持っており、自身の名前も父親が滞在していたことがあるガーナの都市クマシにちなみ名づけられたものだとしている。

印象派の絵画が好きで、特にクロード・モネの『ルーアン大聖堂:朝の効果』からインスピレーションを得ている。

武術映画のファンであり、自らも太極拳を学んでいる。アルバム『ヘヴン・アンド・アース』ではブルース・リーの映画『ドラゴン怒りの鉄拳』のテーマ曲をアレンジし演奏している。

ビデオゲームアニメを愛好しており、『ストリートファイター』、『獣兵衛忍風帖』などの作品から創作のインスピレーションを得ている[4][5][6][7][8]

『ザ・エピック』セッション[編集]

CD3枚組の『ザ・エピック』は2011年12月にロサンゼルス シルバーレイクのKingsize Soundlabsにてバンド演奏のレコーディングが開始された。約1か月のバンド録音には『ザ・エピック』の録音の他、Brandon Coleman、Miles Mosley、Ryan Porterのソロ作品も合わせて録音され、最終的に192曲が録音されるセッションとなった。その後、バンド録音に追加される形で2012年半ばにストリングとコーラスが録音され、2014年3月に録音が終了している。(発売は2015年3月)

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • Young Jazz Giants (2004年、Birdman)
  • Live at 5th Street Dick's (2005年、自主制作)
  • 『ザ・プロクラメイション』 - The Proclamation (2007年、自主制作)
  • 『ライト・オブ・ザ・ワールド』 - Light of the World (2008年、自主制作)
  • 『ザ・エピック』 - The Epic (2015年、Brainfeeder)[9][10]
  • 『ヘヴン・アンド・アース』 - Heaven and Earth (2018年、Young)[11]

EP[編集]

  • 『ハーモニー・オブ・ディファレンス』 - Harmony of Difference (2017年、Young)[12]
  • The Choice (2018年、Young)
  • 『ビカミング』 - Becoming – Music from the Netflix Original Documentary (2020年、Young)
  • Dinner Party (2020年、Sounds of Crenshaw/Empire)

スロットル・エレベーター・ミュージック[編集]

  • Throttle Elevator Music (2012年、Wide Hive)
  • Area J (2014年、Wide Hive)
  • 『ジャグド・ロックス・フィーチャリング・カマシ・ワシントン』 - Jagged Rocks (2015年、Wide Hive)
  • 『スロットル・エレベーター・ミュージック・フォー・フィーチャリング・カマシ・ワシントン』 - Throttle Elevator Music IV (2016年、Wide Hive)
  • 『レトロリスペクティブ・フィーチャリング・カマシ・ワシントン』 - Retrorespective (2017年、Wide Hive)
  • Emergency Exit (2020年、Wide Hive)
  • Final Floor (2021年、Wide Hive)

参加アルバム[編集]

ジェラルド・ウィルソン・オーケストラ

  • In My Time (2005年、Mack Avenue)
  • Monterey Moods (2007年、Mack Avenue)
  • Detroit (2009年、Mack Avenue)
  • Legacy (2011年、Mack Avenue)

その他

来日公演[編集]

  • 2015年10月30日,31日,11月1日 @ ブルーノート東京

来日メンバー: Kamasi Washington(sax),Patrice Quinn(vo),Ryan Porter(tb),Brandon Coleman(key),Miles Mosley(b),Tony Austin(ds),Ronald Bruner Jr.(ds)

  • 2016年7月24日 @ フジロックフェスティバル

来日メンバー: Kamasi Washinton(Sax),Patrice Quinn(vo),Brandon Coleman(Key),Rickey Washington(Flute, Soprano Saxophone),Miles Mosley(Upright Bass),Tony Austin(Dr),Ronald Bruner Jr.(Dr),Igmar Thomas(Trumpet),Jamael Dean(Piano)

  • 2016年12月5日 @ ビルボードライブ大阪、 12月6日,7日,8日 @ ビルボードライブ東京 

来日メンバー: Kamasi Washinton(Sax),Patrice Pitman Quinn(Vo),Brandon Coleman(Key),Ryan Porter(Tb),Rickey Washington(Flute, Soprano Saxophone),Miles Mosley(Upright Bass),Tony Austin(Dr),Ronald Bruner Jr.(Dr)[13]

  • 2018年8月18日 @ サマーソニック2018東京(Beach Stage)、 8月19日,20日 @ ビルボードライブ東京 、8月21日 @ Bigcat(大阪)

来日メンバー: Kamasi Washinton(Sax),Patrice Pitman Quinn(Vo),Miles Mosley(Upright Bass),Tony Austin(Dr),Ronald Bruner Jr.(Dr),Rickey Washington(Flute, Soprano Saxophone),Ruslan Sirota(Piano),Ryan Porter(Tb)

出典[編集]

  1. ^ カマセイ・ワシントン」の表記もある。
  2. ^ http://arban-mag.com/interview_detail/12
  3. ^ http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/kamasi-washington/
  4. ^ Kamasi Washington shares his influences and inspirations”. Huck Magazine (2015年6月22日). 2019年10月17日閲覧。
  5. ^ Paul Smith (2016年5月18日). “Thirteen Prayers: Kamasi Washington's Favourite Albums”. The Quietus. 2019年5月18日閲覧。
  6. ^ Finn Blythe (2018年8月20日). “Kamasi Washington talks us through five of his most influential albums”. HERO magazine. 2019年10月17日閲覧。
  7. ^ Collin Robinson (2018年6月14日). “Kamasi Washington Uses Exquisite Tension To Tackle Internal Struggle On Heaven And Earth”. Stereogum. 2019年10月17日閲覧。
  8. ^ Kamasi Washington's 3-Hour Jazz 'Epic,' Complete With Creation Myth”. NPR (2015年5月10日). 2019年10月17日閲覧。
  9. ^ Kamasi Washington – The Epic”. Bandcamp. 2021年4月1日閲覧。
  10. ^ Thom Jurek. “The Epic – Kamasi Washington | Songs, Reviews, Credits, Awards”. AllMusic. 2015年5月5日閲覧。
  11. ^ Wicks, Amanda (2018年4月9日). “Kamasi Washington Announces New Album Heaven and Earth”. Pitchfork. 2018年4月10日閲覧。
  12. ^ Kamasi Washington announces Harmony of Difference EP release on 12”. Thevinylfactory.com (2017年7月31日). 2017年11月2日閲覧。
  13. ^ Kamasi Washington - The Rhythm Changes (live in Japan at Fuji Rock Festival 2016 )

外部リンク[編集]