ベッカ・スティーヴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベッカ・スティーヴンズ
Becca Stevens -1180595.jpg
2016年 メールス・フェスティバル
基本情報
生誕 (1984-06-14) 1984年6月14日(34歳)
アメリカ合衆国ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム
ジャンル ジャズフォーク
職業 音楽家、作曲家
担当楽器 ボーカル、ギター、ウクレレチャランゴ
レーベル Sunnyside, CORE PORT, GroundUp, Universal
共同作業者 Becca Stevens Band, Tillery, Jacob Collier
公式サイト www.beccastevens.com

ベッカ・スティーヴンズ(Becca Stevens)は、 アメリカ合衆国ジャズポップフォーク音楽のシンガーソングライターであり、ギタリストである[1]

これまで彼女はピアニストのブラッド・メルドーやテイラー・エイグスティと共演してきたほか、グラミー賞を受賞したことがあるスナーキー・パピー英語版とも共演してきた。スティーヴンズは、アコーディオンとキーボードのリアム・ロビンソン、ベースのクリス・トルディーニ、ドラムとパーカッションのジョーダン・パールソンを擁する、ベッカ・スティーヴンズ・バンドを率いる。スティーヴンズは、グレッチェン・パーラト英語版およびレベッカ・マーティン英語版と共に、3人組のグループ「ティレリー」のひとりでもある[2]

来歴[編集]

スティーヴンズは、故郷ノースカロライナ州の芸術大学(University of North Carolina School of the Arts)でクラシック・ギターを専攻したのち、ニューヨークにあるニュースクール大学のジャズ・コンテンポラリー音楽専攻に入学した。そこで彼女は、ボーカル・ジャズと作曲で芸術学士の学位を取得した。現在スティーヴンズは、ニューヨークに在住している。

批評[編集]

ジャズ歌手のカート・エリングは、好きなジャズ歌手5人のうちのひとりとして彼女を挙げている[3]。また、音楽評論家のテッド・ジョイアは、彼女のアルバム『無重力(Weightless)』(2011年)を、2011年の最高のアルバム100枚のうちのひとつとしている [4]。さらにジャズ評論家の柳樂光隆も、『Weightless』について「僕は『Black Radio』級の重要盤だと断言する」[5]としている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • ベッカ・スティーヴンズ・バンド, ティー・バイ・シー - Tea Bye Sea (自主製作) 2008年 のち日本版(CORE PORT) 2015年再発(ボーナストラック3曲)
  • ベッカ・スティーヴンズ・バンド, 無重力 - Weightless (Sunnyside) 2011年
  • ベッカ・スティーヴンズ・バンド, パーフェクト・アニマル - Perfect Animal (CORE PORT/Universal) 2014年(日本版先行発売)
  • レジーナ - Regina (GroundUP) 2017年

ティレリーの作品[編集]

ベッカ・スティーヴンズレベッカ・マーティン英語版グレッチェン・パーラト英語版

  • ティレリー - Tillery (CORE PORT) 2016年

客演作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ Becca Stevens”. Official Website. 2013年4月6日閲覧。
  2. ^ Tillery”. Official Website. 2013年4月6日閲覧。
  3. ^ NPR Music”. Kurt Elling on World Cafe. 2013年4月6日閲覧。
  4. ^ Ted Gioia”. The 100 Best Albums of 2011. 2013年4月6日閲覧。
  5. ^ 柳樂光隆 「JAZZ+MORE CASE 1」『Jazz The New Chapter』1、柳樂光隆、シンコーミュージック2014年、106頁。

参考文献[編集]