第33回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第33回グラミー賞
受賞対象 1990年度の音楽作品
開催日 1991年2月20日 (1991-02-20)
会場 ラジオシティ・ミュージックホール, NY, NY
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
主催者 ギャリー・シャンドリング
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS

第33回グラミー賞(だい33かいグラミーしょう、The 33rd Annual Grammy Awards)は、1991年2月20日ニューヨーク州ニューヨーク市ラジオシティ・ミュージックホールにて授賞式が行われた。司会はギャリー・シャンドリングが担当した[1]

受賞・候補作[編集]

主要部門[編集]

最優秀レコード賞
(Record of the Year)
最優秀アルバム賞
(Album of the Year)
最優秀楽曲賞
(Song of the Year)
最優秀新人賞
(Best New Artist)
  • From A Distance - Bette Midler
  • Another Day in Paradise - Phil Collins
  • Hold On - Wilson Phillips
  • Nothing Compares 2 U - Sinéad O'Connor
  • Vision of Love - Mariah Carey

ポップ[編集]

最優秀ポップ・男性パフォーマンス
(Best Pop Vocal Performance - Male)
最優秀ポップ・女性パフォーマンス
(Best Pop Vocal Performance - Female)
  • Vision of Love - Mariah Carey
  • From A Distance - Bette Midler
  • Nothing Compares 2 U - Sinéad O'Connor
  • All Around The World - Lisa Stansfield
  • I'm Your Baby Tonight - Whitney Houston
最優秀ポップ・デュオ/グループ・ボーカル・パフォーマンス
(Best Pop Vocal Performance by a Duo or Group)
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
(Best Pop Instrumental Performance)
  • Twin Peaks Theme - Angelo Badalamenti
  • Saturday Night And Sunday Morning - Phil Collins
  • Going Home - Kenny G
  • Setembro (Brazilian Wedding Song) - Quincy Jones
  • What's Goin' On - Stanley Jordan

R&B[編集]

最優秀R&B・男性パフォーマンス
(Best R&B Vocal Performance - Male)
最優秀R&B・女性パフォーマンス
(Best R&B Vocal Performance - Female)
最優秀R&B・デュオ/グループ・ボーカル・パフォーマンス
(Best R&B Vocal Performance by a Duo or Group)
最優秀R&Bソング
(Best R&B Song)
  • I'll Be Good to You - Quincy Jones ft. Ray Charles & Chaka Khan
  • Can't Stop - After 7
  • The Secret Garden - Quincy Jones ft. Al B. Sure!, James Ingram, El DeBarge & Barry White
  • Born To Sing - En Vogue
  • Papa Was A Rolling Stone - Was (Not Was)
  • U Can't Touch This - MC Hammer
  • Alright - Janet Jackson
  • Here And Now - Luther Vandross
  • I'll Be Good to You - Quincy Jones ft. Ray Charles & Chaka Khan
  • My, My, My - Johnny Gill

カントリー[編集]

最優秀カントリー・男性パフォーマンス
(Best Country Vocal Performance - Male)
最優秀カントリー・女性パフォーマンス
(Best Country Vocal Performance - Female)
  • Where've You Been - Kathy Mattea
  • Quittin' Time - Mary Chapin Carpenter
  • I Fell In Love - Carlene Carter
  • You Lie - Reba McEntire
  • Come Next Monday - K.T. Oslin
最優秀カントリー・ボーカル・コラボレーション
(Best Country Vocal Collaboration)
最優秀カントリー・デュオ/グループ・ボーカル・パフォーマンス
(Best Country Vocal Performance by a Duo or Group)
  • Pickin' On Nashville - Kentucky Headhunters
  • Jukebox In My Mind - Alabama
  • Love Can Build A Bridge - The Judds
  • Fast Movin' Train - Restless Heart
  • Ghost In This House - Shenandoah
最優秀カントリー・ソング
(Best Country Song)
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
(Best Country Instrumental Performance)
  • Where've You Been - Kathy Mattea
  • Come Next Monday - K.T. Oslin
  • The Dance - Garth Brooks
  • Friends In Low Places - Garth Brooks
  • When I Call Your Name - Vince Gill
  • So Soft, Your Goodbye - Chet Atkins & Mark Knopfler
  • Pedernales Stroll - Asleep At The Wheel
  • Dawg '90 - David Grisman
  • Whoa - Foster & Lloyd
  • Wild Rose - Wild Rose

ロック[編集]

最優秀ロック・男性パフォーマンス
(Best Rock Vocal Performance - Male)
最優秀ロック・女性パフォーマンス
(Best Rock Vocal Performance - Female)
  • Black Velvet - Alannah Myles
  • The Angels - Melissa Etheridge
  • Black Cat - Janet Jackson
  • Whole Lotta Trouble - Stevie Nicks
  • Steamy Windows - Tina Turner
最優秀ロック・デュオ/グループ・ボーカル・パフォーマンス
(Best Rock Vocal Performance by a Duo or Group)
最優秀ハードロック・パフォーマンス
(Best Hard Rock Performance)
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
(Best Rock Instrumental Performance)
最優秀メタル・パフォーマンス
(Best Metal Performance)

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス
(Best Alternative Music Performance)
  • I Do Not Want What I Haven't Got - Sinéad O'Connor
  • Strange Angels - Laurie Anderson
  • The Sensual World - Kate Bush
  • All Shook Down - The Replacements
  • Goodbye Jumbo - World Party

ラップ[編集]

最優秀ラップ・デュオ/グループ・パフォーマンス
(Best Rap Performance by a Duo or Group)
最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス
(Best Rap Solo Performance)
  • U Can't Touch This - MC Hammer
  • All Hail the Queen - Queen Latifah
  • I Get The Job Done - Big Daddy Kane
  • Ice Ice Baby - Vanilla Ice
  • Monie In The Middle - Monie Love

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・レコーディング
(Best Reggae Recording)

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・レコーディング
(Best Traditional Blues Recording)
最優秀コンテンポラリー・ブルース・レコーディング
(Best Contemporary Blues Recording)
  • Live at San Quentin - B.B. King

チルドレン[編集]

最優秀チルドレン・レコーディング
(Best Recording for Children)

作詞・作曲・編曲[編集]

最優秀楽曲賞:映画、テレビ、その他映像部門
(Best Song Written for a Motion Picture, Television or Other Visual Media)
  • Under The Sea (Samuel E. Wright) - 作詞:Howard Ashman / 作曲:Alan Menken
  • Blaze Of Glory (Jon Bon Jovi) - 作詞・作曲:Jon Bon Jovi
  • Kiss the Girl (Samuel E. Wright) - 作詞:Howard Ashman / 作曲:Alan Menken
  • More (Madonna) - 作詞・作曲:Stephen Sondheim
  • Sooner or Later (Madonna) - 作詞・作曲:Stephen Sondheim

エンジニア[編集]

最優秀エンジニア・レコーディング
(Best Engineered Recording, Non-Classical)
最優秀エンジニア・レコーディング:クラシカル
(Best Engineered Recording, Classical)
  • Back On the Block (Quincy Jones) - Bruce Swedien
  • Sergei Rachmaninoff: Vespers (the Robert Shaw Festival Singers) - Jack Renner
最優秀プロデューサー
(Producer of the Year, Non-Classical)
最優秀プロデューサー:クラシカル
(Classical Producer of the Year)
  • Adam Stern

コメディ[編集]

最優秀コメディ・レコーディング
(Best Comedy Recording)
  • P.D.Q. Bach: Oedipus Tex and Other Choral Calamities - Peter Schickele
  • The Best of Bob and Ray: Selections from a Career, Vol. 4 - Bob Elliot & Ray Goulding
  • More News from Lake Wobegon - Garrison Keillor
  • The Best of Comic Relief '90 - V.A.
  • Jonathan Winters into the '90s – Jonathan Winters

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ:短編部門
(Best Music Video, Short Form)
最優秀ミュージック・ビデオ:長編部門
(Best Music Video, Long Form)
  • Please Hammer, Don't Hurt 'Em: The Movie - MC Hammer
  • Bernstein in Berlin Beethoven: Symphony No. 9 - Leonard Bernstein
  • The Singles Collection - Phil Collins
  • We Too Are One - Eurythmics
  • Live: Featuring the Rock Opera "Tommy" - The Who

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]