クリフォード・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリフォード・ブラウン
基本情報
出生 1930年10月30日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デラウェア州ウィルミントン
死没 1956年6月26日(満25歳没)
ジャンル ジャズハード・バップ
担当楽器 トランペット
レーベル ブルーノート
エマーシー・レコード
共同作業者 アート・ブレイキーマックス・ローチ

{{{Influences}}}

クリフォード・ブラウン(Clifford Brown、1930年10月30日 - 1956年6月26日)は、アメリカ合衆国ジャズミュージシャン(トランペット奏者)。ハード・バップ期初期の卓越したプレイヤーであり、ドラマーのマックス・ローチとのバンド活動は高く評価され、「ブラウニー」の愛称で親しまれている。その艶やかな音色からファッツ・ナバロの再来とも呼ばれた。

来歴[編集]

デラウェア州ウィルミントン生まれ。父が持っていたトランペットに興味を示し、12歳の頃から吹き始める。

1948年、デラウェア州立大数学専攻入学、1949年、メリーランド州立大音楽科専攻転校。

学生バンドなどで演奏活動をしていた頃、ディジー・ガレスピーに出会い、本格的にジャズ・ミュージシャンを目指すようになる。フィラデルフィアを拠点に活動していた頃、チャーリー・パーカーと共演。チャーリーはクリフォードの演奏に感銘を受け、アート・ブレイキーにクリフォードを推薦した。

1953年、タッド・ダメロン楽団に参加。同年、J・J・ジョンソンと共演。同年、アート・ブレイキーのサポートを得て、初のリーダー・セッションを行う。同年、ライオネル・ハンプトン楽団のヨーロッパ・ツアーに参加。

1954年2月21日、ニューヨークのジャズ・クラブ「バードランド」で、アート・ブレイキーを中心に行われた歴史的セッションに参加。この模様は『バードランドの夜』というタイトルでレコード化された。同年、マックス・ローチとともにクリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット結成。1955年11月には、ソニー・ロリンズがメンバーとして加わる。

1956年6月26日、リッチー・パウエルバド・パウエルの弟)の妻、ナンシーの運転する車にリッチーと共に便乗してフィラデルフィアからシカゴに向かう途中、ペンシルベニア・ターンパイク交通事故死。25歳。事故当夜は雨が降っており、ナンシーを含めて3人全員がこの事故で亡くなった。

サックス奏者のベニー・ゴルソンは、クリフォードの死に激しいショックを受け、1957年、クリフォードを追悼してバラードアイ・リメンバー・クリフォード」(I Remember Clifford)を作曲した。この曲はジョン・ヘンドリックスによって歌詞を与えられ、ジャズ・スタンダードとなった。トランペット奏者のリー・モーガンによる演奏で知られる。

他の共演者はルー・ドナルドソンエルモ・ホープフィリー・ジョー・ジョーンズジジ・グライスチャーリー・ラウズジョン・ルイスホレス・シルヴァー等。

代表作[編集]

リーダー・アルバム
  • クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス
  • メモリアル・アルバム
クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット
  • スタディ・イン・ブラウン
  • ブラウン=ローチ・イン・コンサート
  • アット・ベイズン・ストリート
  • ブラウン・ローチ・インコーポレイテッド
その他
  • バードランドの夜(Vol.1, Vol.2) - アート・ブレイキー名義
  • サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン - 歌手サラ・ヴォーンとの連名
  • ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン - 歌手ヘレン・メリルとの連名
  • ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド - 初録音(1952年)と事故死の数時間前に録音された演奏のカップリング

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、42-43頁。ISBN 491555709X
  • 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、74,81,111。ISBN 4915557014
  • 悠雅彦、稲岡邦弥、福島哲雄 『ジャズCDの名盤』 文春新書、2000年、200-201頁。ISBN 4166601164
  • 『永久保存版ジャズ・ジャイアンツ大事典 Swing Journal 1997年6月臨時増刊』スイングジャーナル社、1997年、83頁。