ビッグ・ダディ・ケイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Big Daddy Kane
Big Daddy Kane at Hip Hop Kemp 2013 (cropped).jpg
2013年撮影
基本情報
出生名 Antonio Hardy
別名 B.D.K., Dark Gable, King Asiatic Nobody's Equal, Blackanova, Count Macula
生誕 (1968-09-10) 1968年9月10日(53歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー
ミュージシャン
活動期間 1984年 -
レーベル Elektra、コールド・チリン
公式サイト officialbigdaddykane.com

ビッグ・ダディ・ケインBig Daddy Kane1968年 9月10日 - )は、ニューヨークブルックリン地区出身のラッパー[1]。彼のルックス、そしてシャープなラップのフロウなど人気が相まって、ヒップホップ界随一の色男として今もなお人気のあるラッパーの一人である。

経歴[編集]

ビズ・マーキーマーリー・マールらと働いていた彼は、グランドマスター・キャズ(Grandmaster Caz)に多大な影響を受け、高速のフローやフリースタイル技術を磨いていった。そして、マーリー・マールの主宰する伝説的なグループであるジュース・クルー(Juice Crew)に参加することで、彼のラッパーとしてのキャリアはスタートした。その後、「ゴールデンエイジ・ヒップホップ」と呼ばれた1980年代半ばから1990年初頭の時期に、ラキム、クールGラップらと共に当時のヒップホップシーンを牽引する代表的ラッパーの一人になった。ケインは1989年に、「スムース・オペレイター」「アイ・ゲット・ザ・ジョブ・ダン」を、ソウル・チャートでヒットさせた[2]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム

  • Long Live the Kane (1988)
  • It's a Big Daddy Kane Thing (1989)
  • Taste of Chocolate (1990)
  • Prince of Darkness (1991)
  • Looks Like a Job For... (1993)
  • Daddy's Home (1994)
  • Veteranz Day (1998)

主な出演[編集]

映画

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Big Daddy Kane | Biography, Albums, Streaming Links” (英語). AllMusic. 2020年12月1日閲覧。
  2. ^ Reviews / Music : TOP 5 DEAD OR ALIVE: RZA”. web.archive.org. 2020年12月1日閲覧。
  3. ^ 映画情報 > エクスポーズ 暗闇の迷宮”. シネマトゥデイ. 2016年7月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]