デュア・リパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デュア・リパ
Dua Lipa with Warner Music.jpg
(2021年3月19日)
基本情報
出生名 デュア・リパ
生誕 (1995-08-22) 1995年8月22日(26歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 2015年 -
レーベル
公式サイト デュア・リパ 公式サイト

デュア・リパDua Lipa1995年8月22日 - )は、イギリスの女性シンガーソングライターファッションモデルミレニアル世代を代表するUKポップのアイコンである[3]

来歴[編集]

1995年 - 2014年: 生い立ち[編集]

ロック歌手であった父親の影響を受けて育った[3]。14歳の頃には、クリスティーナ・アギレラなどの歌手のカバー動画をYouTubeへ投稿していた[4]

2014年、モデルの試験を受けるが、「君には才能がない。歩き方から勉強しろ」と冷たくあしらわれた[要出典]

2015年 - 2018年: デビュー・Dua Lipa[編集]

(2016年8月13日)

2015年、ワーナー・レコードと契約し、活動を開始。同年8月にデビューシングル「New Love」を発売。同年10月発売のセカンドシングル「Be the One」が、イギリスでこそチャートインを逃すものの、ベルギーポーランドで1位、オーストラリアで6位を記録した。

2016年、イギリスの大手放送局BBCから大きな影響力を持つ注目の新人アーティストに贈られるSound of 2016にノミネートされた[4]。同年5月に発売したサードシングル「Hotter Than Hell」がイギリスチャートで15位を記録し、ゴールド認定された。

2017年2月、アメリカの俳優であるアンセル・エルゴートを迎えた「Be the One」のミュージックビデオを公開。これにより同曲が再び注目され、イギリスのチャートで10位を記録。同月、オランダのDJであるマーティン・ギャリックスとのコラボレーションシングル「Scared to Be Lonely」を発表。

2017年6月2日、ファーストアルバム『Dua Lipa』を発売。同アルバム収録のシングル「New Rules」が世界中で大ブレイクし、全英シングルチャートで1位を記録。同年8月、初の来日公演となるサマーソニック 2017に出演。

2018年4月、スコットランドのDJであるカルヴィン・ハリスの楽曲「One kiss」に参加。同年5月、Zepp Tokyoで自身初となる単独来日公演を開催。翌年2月に開催された第61回グラミー賞にて、最優秀新人賞と最優秀ダンス・レコーディング賞の2部門を受賞。

2019年 - 2021年: Future Nostalgia[編集]

第62回グラミー賞にて(2020年1月26日)

2019年11月、シングル「Don't Start Now」をリリース。世界的なヒットを生み、Billboard Hot 100および全英シングルチャートにて1位を獲得。同年12月、セカンドアルバムのアルバム名にもなっているシングル「Future Nostalgia」をリリース。

2020年1月にシングル「Physical」、3月にシングル「Break My Heart」をリリース。その2日後となる3月27日に、セカンドアルバム『Future Nostalgia』を発売し、全英アルバムチャートで1位を記録。同年8月には本アルバム全編をリミックスしたアルバム『Club Future Nostalgia』、翌年2月には未発表曲など8曲を追加したアルバム『Future Nostalgia: Moonlight Edition』を発売[5]

2020年11月19日、スポーツブランド「PUMA」のグローバル・アンバサダーに就任[6]

2021年3月に開催された第63回グラミー賞にて、アルバム『Future Nostalgia』で最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞を受賞。また、授賞式にて本アルバム収録曲の「Levitating」と「Don't Start Now」を披露した[7]

人物[編集]

イギリスロンドン出身。両親はコソボ出身のアルバニア人で、名前のデュアはアルバニア語で「愛」を意味する[8]

スタジオジブリ作品のファンであり、自身のInstagramに度々登場する[9]

恋多き歌姫として知られており、2019年よりモデルのアンウォー・ハディッドと公開恋愛をしている[10]。過去にはシェフのアイザック・カルーやバンドマンのポール・クラインと交際していた[8]

レディー・ガガカイリー・ミノーグなどと同様に、LGBTから大きな支持を集めている[11]。2016年にはイギリスで毎年行われるゲイ・パレードであるブライトン・プライドに参加。また同年5月には、イギリスの大手ゲイ雑誌『アティテュード』で特集が組まれた[12]

ディスコグラフィ[編集]

※"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 詳細 チャート最高位 ゴールドディスク
UK
[13]
US
[14]
1 2017年6月2日 Dua Lipa 3 27
2 2020年3月27日 Future Nostalgia
  • レーベル: ワーナー・レコード
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 10万枚
  • 全米売上: 6.6万枚[23]
1 4

EP[編集]

# 発売年 タイトル フォーマット 備考
1 2016 Be the One - EP 音楽配信 ドイツ限定販売
2 2017 The Only EP レコード URBAN OUTFITTERS限定販売

シングル[編集]

# 発売年 タイトル 収録アルバム チャート最高位
UK
[13]
US
[24]
1 2015 Be the One Dua Lipa 9
2 2016 Last Dance[25]
3 Hotter than Hell 15
4 Blow Your Mind (Mwah) 30 72
5 2017 Scared to Be Lonely
(with Martin Garrix)
Dua Lipa: Complete Edition 14 76
6 Lost in Your Light Dua Lipa 86
7 New Rules 1 6
8 Homesick
9 2018 IDGAF 3 49
10 One Kiss
(with Calvin Harris)
Dua Lipa: Complete Edition 1 26
11 Electricity
(with Diplo and Mark Ronson as Silk City)
4 94
12 2019 Swan Song 24
13 Don't Start Now Future Nostalgia 2 2
14 2020 Physical 3 60
15 Break My Heart 6 13
16 Hallucinate 31
17 Un Dia (One Day)
(with J Balvin, Bad Bunny and Tainy)
Summer Vacation and

Future Nostalgia: The Moonlight Edition

72 63
18 Levitating Future Nostalgia 5 5
19 Fever
(with Angèle)
79
20 2021 We're Good Future Nostalgia: The Moonlight Edition 25 31

プロモーショナル・シングル[編集]

# 発売年 タイトル 収録アルバム チャート最高位

BEL(FL)Tip[26]

1 2015 New Love[27] Dua Lipa
2 2016 Room for 2
3 2017 Thinking 'Bout You[28] 6

参加作品[編集]

# 発売年 タイトル アーティスト 収録アルバム チャート最高位
UK
[13]
US
[24]
1 2016 No Lie ショーン・ポール 未定 10
2 2017 Bridge Over Troubled Water Artists for Grenfell なし 1

受賞歴[編集]

2018年度

  • 第61回グラミー賞》最優秀新人賞、最優秀ダンス・レコーディング賞「Electricity(デュア・リパ&シルク・シティ)」
  • 《第38回ブリット・アワード》ブリティッシュ女性ソロアーティスト賞、ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞

2019年度

2020年度

2021年度

  • 第63回グラミー賞》最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞『Future Nostalgia』[7]
  • 《第41回ブリット・アワード》最優秀ブリティッシュ・アルバム賞『Future Nostalgia』、最優秀女性ブリティッシュ女性ソロアーティスト賞[29]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b Dua Lipa | Biography & History - オールミュージック ウィキデータを編集
  2. ^ a b c Holden, Steve (2020年4月1日). “How Dua Lipa and The Weeknd are bringing the 80s back… again” (英語). BBC News (BBC). https://www.bbc.com/news/newsbeat-52109397 2021年6月21日閲覧。 
  3. ^ a b デュア・リパ プロフィール” (日本語). ワーナーミュージック・ジャパン. 2021年2月7日閲覧。
  4. ^ a b 'I want to work with A$AP Rocky' - Dua Lipa talks dark pop and hip hop influences” (英語). BBC (2015年12月10日). 2020年8月18日閲覧。
  5. ^ Dua Lipa(デュア・リパ)|ミレニアル世代のポップ・アイコンによる大ヒット作『FUTURE NOSTALGIA』が未発表曲を含む8曲を追加収録した”THE MOONLIGHT EDITION” (日本語). タワーレコード (2021年2月19日). 2021年6月21日閲覧。
  6. ^ “[https://jp.puma.com/jp/ja/プレスリリース/dua-lipa ミレニアル世代を代表するUKポップ・アイコン デュア・リパがグローバルアンバサダーに就任]” (日本語). PUMA (2020年11月19日). 2021年6月21日閲覧。
  7. ^ a b 【第63回グラミー賞】デュア・リパ『フューチャー・ノスタルジア』が<最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム>を受賞” (日本語). Billboard JAPAN (2021年3月15日). 2021年3月15日閲覧。
  8. ^ a b AiRi (2019年8月16日). “デュア・リパの新彼氏はハディット姉妹の弟アンウォー・ハディット♡” (日本語). CELESY. 2021年2月22日閲覧。
  9. ^ デュア・リパ、イースター休暇は「ジブリ映画」を満喫。全英チャートNO.1の快挙達成、さらなる飛躍を期す” (日本語). ロッキング・オン (2020年4月15日). 2021年2月7日閲覧。
  10. ^ 交際決定! デュア・リパ、アンウォー・ハディッドとのデートシーンを披露” (日本語). ELLE Japan (2019年7月8日). 2021年2月22日閲覧。
  11. ^ 【iFLYERチケット】国境・人種を越えて大人気、イギリスの歌姫 Dua Lipa、来日公演決定!”. iFLYER (2018年3月1日). 2020年8月18日閲覧。
  12. ^ (英語) DUA LIPA TALKS DARK POP, GAY FANS, AND HER 'SECRET WEAPON'. (インタビュー). Stream Publishing. (2018年5月6日). https://attitude.co.uk/article/interview-dua-lipa-talks-dark-pop-gay-fans-and-her-secret-weapon/10351/ 2020年8月18日閲覧。 
  13. ^ a b c Dua Lipa”. Official Charts Company. 2017年6月10日閲覧。
  14. ^ Dua Lipa – Chart history: Billboard 200”. Billboard. 2017年6月9日閲覧。
  15. ^ Jones, Alan (2017年6月9日). “Official Charts Analysis: Ed Sheeran's ÷ back at No.1”. Music Week. 2017年6月26日閲覧。
  16. ^ Snapes, Laura (2017年12月5日). “How Dua Lipa became the most streamed woman of 2017”. The Guardian (Guardian News & Media Limited). https://www.theguardian.com/music/2017/dec/05/how-dua-lipa-became-the-most-streamed-woman-of-2017-new-rules 2020年8月18日閲覧。 
  17. ^ a b "British certifications – Dua Lipa". British Phonographic Industry. 2017年2月17日閲覧 Enter Dua Lipa in the field Search. Select Artist in the field Search by. Click Search
  18. ^ a b Gold/Platinum” (英語). Music Canada. 2021年6月21日閲覧。
  19. ^ "New Zealand single certifications – Dua Lipa – Be the One". Recorded Music NZ. 2017年9月9日閲覧
  20. ^ a b Gold & Platinum – RIAA”. Recording Industry Association of America (2017年11月29日). 2017年12月6日閲覧。
  21. ^ FIMI - Certificazioni” (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2016年5月7日閲覧。
  22. ^ Sverigetopplistan - Sveriges Officiella Topplista (To access, enter the search parameter "Dua Lipa" and select "Search by Keyword")” (Swedish). Sverigetopplistan.se. 2017年4月28日閲覧。
  23. ^ Warner Records' Phil Christie on Dua Lipa's No.1 album campaign” (英語). www.musicweek.com. 2020年5月10日閲覧。
  24. ^ a b Dua Lipa – Chart history: The Hot 100”. Billboard. 2016年10月26日閲覧。
  25. ^ Last Dance – Single by Dua Lipa”. iTunes Store (GB). 2016年7月22日閲覧。
  26. ^ Discografie Dua Lipa” (Dutch). Ultratop. Hung Medien. 2016年5月3日閲覧。
  27. ^ New Love – Single by Dua Lipa”. iTunes Store (GB). 2016年7月22日閲覧。
  28. ^ Thinking 'Bout You – Single by Dua Lipa”. iTunes Store (US). 2017年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月24日閲覧。
  29. ^ デュア・リパ、『ブリット・アワード2021』2冠達成の凄み パフォーマンスとスピーチから振り返る” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2021年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]