キリル・ゲルシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キリル・ゲルシュタイン
生誕 1979年10月23日
出身地 ロシアヴォロネジ
学歴 マンハッタン音楽学校、ソフィア王妃音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
レーベル ナクソス (レコードレーベル)

キリル・ゲルシュタイン(Kirill Gerstein, 1979年10月23日-)は、ロシアヴォロネジ生まれのピアニスト

ゲルシュタインは、ジャズを勉強するために14歳でアメリカに渡り(バークリー音楽大学[1])、それからクラシックに「戻った」(マンハッタン音楽学校)というユニークな経歴の持ち主で[2]ある。

来歴・人物[編集]

[3] キリル・ゲルシュタインは1979年にヴォロネジに生まれた。父親の影響でジャズに興味を持ち、1993年バークリー音楽大学のサマースクールに招聘され、その後正規の学生となり14歳にして大学設立以来の最年少の大学生となった。

その後クラシック音楽に戻り、マンハッタン音楽学校でソロモン・ミコウスキーに師事。20歳で音楽の学士と修士号を得た。さらにマドリードのソフィア王妃音楽大学でドミトリー・バシキーロフ、クラウディオ・マルティネス・メーナーに師事。また、2003年と2004年にはコモ湖国際ピアノアカデミーに参加している。

2003年にアメリカの市民権を獲得。シュトゥットガルト音楽演劇大学の教授職も務めている。

受賞[編集]

演奏活動[編集]

2000年にデイヴィッド・ジンマン指揮、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団と競演でオーケストラデビューを果たし、シャルル・デュトワ指揮のロイヤルフィルハーモニー管弦楽団との競演、BBCプロムスコンサートなどを行っている。

2009年12月には、シャルル・デュトワ指揮のもとNHK交響楽団ショスタコーヴィチピアノ協奏曲第2番を演奏している。

ディスコグラフィー[編集]

  • 『 J.S. バッハ/ベートーヴェン/スクリャービン/ワイルド:ピアノ作品集』(2008年:輸入版)

脚注[編集]

[ヘルプ]