キリル・ゲルシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キリル・ゲルシュタイン
生誕 1979年10月23日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ヴォロネジ
出身地 ロシアの旗 ロシア
学歴 マンハッタン音楽学校、ソフィア王妃音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
レーベル ナクソス (レコードレーベル)

キリル・ゲルシュタイン英語: Kirill Gerstein, 1979年10月23日 - )は、ロシアヴォロネジ生まれのピアニスト

ゲルシュタインは、ジャズを勉強するために14歳でアメリカに渡り(バークリー音楽大学[1])、それからクラシックに「戻った」(マンハッタン音楽学校)というユニークな経歴の持ち主で[2]ある。

来歴・人物[編集]

[3] キリル・ゲルシュタインは1979年にヴォロネジに生まれた。父親の影響でジャズに興味を持ち、1993年バークリー音楽大学のサマースクールに招聘され、その後正規の学生となり14歳にして大学設立以来の最年少の大学生となった。

その後クラシック音楽に戻り、マンハッタン音楽学校でソロモン・ミコウスキーに師事。20歳で音楽の学士と修士号を得た。さらにマドリードのソフィア王妃音楽大学でドミトリー・バシキーロフ、クラウディオ・マルティネス・メーナーに師事。また、2003年と2004年にはコモ湖国際ピアノアカデミーに参加している。

2003年にアメリカの市民権を獲得。シュトゥットガルト音楽演劇大学の教授職も務めている。

受賞[編集]

演奏活動[編集]

2000年にデイヴィッド・ジンマン指揮、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団と競演でオーケストラデビューを果たし、シャルル・デュトワ指揮のロイヤルフィルハーモニー管弦楽団との競演、BBCプロムスコンサートなどを行っている。

2009年12月には、シャルル・デュトワ指揮のもとNHK交響楽団ショスタコーヴィチピアノ協奏曲第2番を演奏している。

ディスコグラフィー[編集]

  • 『 J.S. バッハ/ベートーヴェン/スクリャービン/ワイルド:ピアノ作品集』(2008年:輸入版)

脚注[編集]

[ヘルプ]