デイヴィッド・ロバートソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・ロバートソンDavid Robertson,1958年7月19日 - )は2005年からのセントルイス交響楽団の音楽監督及び、BBC交響楽団の首席客演指揮者である。カリフォルニア州サンタモニカで生まれ、ロンドン王立音楽アカデミーでホルン、作曲、指揮を学んだ。1985年から1987年まではエルサレム交響楽団の指揮者を務めた。

ピエール・ブーレーズの弟子であるロバートソンは、1992年から2000年までパリアンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督を務める。セントルイス交響楽団の在職に先がけて、ロバートソンは同時にリヨン国立管弦楽団の音楽監督とリヨンのホールの芸術監督になった初めての人である。彼は2005年から2006年のシーズンでカーネギーホールの将来のある演奏家の一人であった。2006年には彼をアメリカ音楽の第一人者としてコロンビア大学からディッスン賞を受け取る。ロバートソンはハルモニア・ムンディソニー・クラシカルナクソスなどのレコード会社でバルトークドヴォルザークヴァレンティン・シルヴェストロフフィリップ・マヌリなどの曲を録音した。

ロバートソンはセントルイスのダウンタウンにロフトニューヨークパリにアパートをもっている。前の結婚からの2人の息子をもち、現在はピアニストオリ・シャハムと結婚している。ロバートソンとシャハムは1999年1月のセントルイス交響楽団で、お互い客演指揮者と客演ピアニストのデビューの時に出会った。2003年1月に2人は結婚した。

2006年9月13日ロバートソンが毎年の更新を考慮に入れる不朽の箇条で、2010年までセントルイス交響楽団との彼の契約を延期すると公表された。またBBC交響楽団とも2011年までの再契約をした。

外部リンク[編集]

先代:
 ?
エルサレム交響楽団
指揮者
1985 - 1987
次代:
 ?
先代:
エマニュエル・クリヴィヌ
リヨン国立管弦楽団
音楽監督
2000 - 2004
次代:
準・メルクル
先代:
イツァーク・パールマン
(芸術顧問)
セントルイス交響楽団
音楽監督
2005 -
次代: