ABブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ABブラザーズ
メンバー 中山秀征
松野大介
結成年 1985年
解散年 1992年
事務所 渡辺プロダクション
活動時期 1985年 - 1992年
出会い ライブにて
現在の活動状況 事実上解散(中山はタレント、松野は小説家として活動)
芸種 コント ほか
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 ライオンのいただきます
夕やけニャンニャン
など
同期 ウッチャンナンチャン
ダチョウ倶楽部
出川哲朗
など
テンプレートを表示

ABブラザーズ(エービーブラザーズ)は、1980年代に活動していたお笑いコンビ。1985年結成、1992年頃にコンビ自然消滅(事実上解散)。

メンバー[編集]

中山秀征(なかやま ひでゆき、1967年7月31日 - )

群馬県藤岡市出身。現在はタレント司会者

松野大介(まつの だいすけ、1964年2月5日 - )

神奈川県川崎市出身。現在は小説家

概要[編集]

  • 音楽の道を諦め、お笑いタレントを目指していた松野とアイドル俳優を目指しオーディションに合格した中山。それぞれ渡辺プロに属し、1984年頃から若手タレントを育てる趣旨のライブに幾たびか出演。その際、一緒にコントなどを試みたことがきっかけでコンビを組むようになり、1985年、正式にABブラザーズを結成。「ライオンのいただきます」でメディアデビューを果たした。
  • アイドルの様な笑顔と砕けたトークを武器にしていた中山と、司会の小堺一機が急にアドリブを振っても切り返しが早く、機転の利く松野のコンビは番組内でも重宝された。昼間の生放送にも拘わらず女子中高生を中心に知名度が上がり、それに伴い人気も急上昇。アイドル雑誌にも取り上げられるようになり、同年、長年続いた「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」の後継としてパーソナリティーに抜擢されるなど、周囲からの期待は高かった。
  • 1986年7月には写真集「A&BEAT(エイトビート)」を発売。西武百貨店池袋本店で行われた発売記念の握手&サイン会には数百人が集まり、当初予定していた会場には収まりきらず急遽会場を変更するなど、その人気は今後も伸び続けるものと期待させるものであった。その写真集で中山はシャワーを浴びている写真を掲載。背中と臀部の一部が映っているその写真は一押しのショットであるとラジオ番組内で話していた。
  • 夕やけニャンニャン」の進行(月曜日レギュラー)に抜擢されるなど、新たなジャンルの仕事が舞い込むようになる。しかし、自分たちの個性でなくても成立する内容の仕事であることや、次に繋がる布石がない不安などから松野は疑問や違和感を持ち始める。多くの芸能人と華やかな仕事をすることにマルチタレントとしての新たな光明を見い出し始めた中山と、あくまで基本はお笑いタレントとして舞台やライブで勝負をしたい松野との間に意見の相違が生まれ、顕著に溝が出来始めた。テレビやラジオでも二人の会話は噛み合わず、コーナーを消化することだけに気を急いていたと、のちに松野は回想している。「ライオンのいただきます」卒業後はコンビでの仕事は減っていき、正式に解散というより自然消滅に近い形での終了となった。その後、中山はタレント司会者、松野は小説家コラムニストに転向。以来20年以上顔を合わせていないという[1]
  • 血液型がそれぞれA型(松野)とB型(中山)ということで、コンビ名を“ABブラザーズ”にしたが、後に二人ともB型とわかり、実はBBブラザーズであったことが判明し、ラジオなどでネタにしていた。
  • 「ライオンのいただきます」放送開始直後は「笑っていいとも!」に出演していた初代「いいとも青年隊」が交代でアシスタント(居残り青年隊)として出演していた。そのため、後に新規で「いただきます」に出演するようになった彼らも「いいとも青年隊」と間違われることがあったという。
  • 2016年3月20日放送の「ウチくる!?」で小堺一機がゲスト出演し、中山と「ライオンのいただきます」での思い出を語り合った。この時「ライオンのいただきます」のABブラザース登場シーンのVTRも放送されたが、松野が芸能人から文化人(小説家)に転身したためか松野の顔にぼかし処理が施され、番組内でも松野の話題には一切触れられなかった。

出演番組[編集]

出演ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「最強の暴露本」20冊イッキ読みする!お笑い編 松野大介「芸人失格」存在を“抹消”されたことが執筆の原動力!「元相方・中山秀征とは20年以上会っていない」アサ芸プラス
  2. ^ 水曜・パワーズ、木曜・ウッチャンナンチャン、金曜・ちびっこギャング
  3. ^ 当時、フジテレビのバラエティー制作部では主に二つの派閥が存在していた(いただきます・いいとも・ひょうきん族のセクションと、夕やけニャンニャン・オールナイトフジのセクション)。その番組に出演するタレントも担当ディレクターの贔屓があからさまに現れていた(例えばとんねるずがいいともにレギュラー出演することは無いなど)。「いただきます」にレギュラー出演しているABブラザーズが、他セクションの担当番組「夕やけニャンニャン」に出ることに内輪からクレームが入り(横澤彪率いる「横澤班」と石田弘率いる「石田班」は仲が悪かったと実しやかに囁かれている)、事務所とスタッフの協議の結果、なぜか松野だけ降板させることで決着がついた。
  4. ^ 当時のオールナイトニッポンは月曜日・中島みゆき、火曜日・とんねるず、水曜日・小泉今日子、木曜日・ビートたけし、金曜日・サンプラザ中野