ラリーKING

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラリーKING』(ラリーキング)とは日本テレビで放送されていた番組。サタデーバリューフィーバー内で2度放送され、2008年12月6日から2ヶ月限定で土曜17:00-17:30に放送。

放送日・時間[編集]

概要[編集]

  • 2人1組のチーム対抗で、様々なチームワークを要するクイズに挑む。

司会(MC)[編集]

単発特番[編集]

  • 4ペアによる対抗戦。
  • 1回戦と2回戦の合計ラリー数(得点)が最も多かったペアが、ファイナルチャレンジに進出。

1回戦[編集]

  • 1人が10種類のジャンルの中から、ペアのパートナーが答えられそうな問題ジャンルを選択。
  • もう1人は、選んでもらったジャンルの問題に答える。
  • 1問正解につき1ラリー獲得して、役割を入れ替える。不正解は、その時点で挑戦終了。10問連続正解(10ラリー獲得)でパーフェクト。

2回戦[編集]

  • 穴埋め問題。赤・青2ヵ所の空欄があり、1人は赤を、もう1人は青を、それぞれ筆答で答える。
  • 正解なら1ラリー獲得。片方でも誤答していた場合は、次のペアに解答権が移動。

ファイナルチャレンジ[編集]

  • 出された質問に対し、2人がそれぞれ回答。2人の答えが一致すれば賞品獲得。

レギュラー放送[編集]

  • 4ペアによる対抗戦。
  • 2ndSTAGEを勝利したペアが、賞品を獲得。

1stSTAGE「プロフィールダウト」[編集]

  • 1人が代表で、クイズに挑む。
  • ペアのパートナーに関するVTRが流れ、その中で出題されるパーソナル問題に答える。
  • 3問出題。1問正解につき1ラリー獲得。
  • ラリー数が多かった側が、2nd STAGEの先攻となる。

2ndSTAGE「ステップアップラリー」[編集]

  • 守備側は、用意された12ジャンルの中から、攻撃側が正解できなそうなジャンルを選択。
  • 攻撃側は、ペアの代表者1名が、相手が選んだジャンルの問題に答える。
  • 1問正解につき1ラリー獲得。
  • 1問ずつ、交互に挑戦。
  • 5ラリー先取で勝利。

スタッフ[編集]

  • (構成)川崎良 
  • (TM) 古川誠一
  • (美術) 日テレアート
  • (美術デザイン) 中村桂子 塚越千恵
  • (VTR編集&MA) ギブアンドテイク
  • (デスク) 寺田マユミ
  • (制作協力) Ecompany 
  • (ディレクター) 藤原耕治 小田清仁 阿部聡  
  • (演出) 徳永清孝
  • (プロデューサー) 南波昌人 浪岡厚生 村上早苗
  • (製作著作) 日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

レギュラー放送ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送の遅れ
関東広域圏 日本テレビ (NTV)
日本テレビ系列 土曜 17:00 - 17:30 制作局
新潟県 テレビ新潟 (TeNY) 同時ネット
静岡県 静岡第一テレビ (SDT)
山口県 山口放送 (KRY) 水曜 24:29 - 24:59 11日遅れ
愛媛県 南海放送 (RNB) 水曜 16:21 - 16:50 39日遅れ
鹿児島県 鹿児島読売テレビ (KYT) 火曜 24:59 - 25:29 不明

関連項目[編集]

日本テレビ 土曜17:00 - 17:30枠
前番組 番組名 次番組
ラリーKING