日本香堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社日本香堂
Nippon Kodo Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 日本香堂
本社所在地 日本の旗 日本
104-8135
東京都中央区銀座4-9-1
設立 1942年昭和17年)
(創業は天正年間)
業種 その他製品
事業内容 線香・キャンドル等の製造・販売
代表者 代表取締役社長 小仲 正克
資本金 9000万円
売上高 142億20百万円
従業員数 354人
関係する人物 小仲正規(現法人設立者)
外部リンク 日本香堂
特記事項:元々は天正年間に事業を起こす。1929年昭和4年)に孔官堂の東京出張所となり、1942年昭和17年)に東京孔官堂として現法人設立。1965年昭和40年)、孔官堂との関係が決裂。
テンプレートを表示

株式会社日本香堂(にっぽんこうどう、Nippon Kodo Co.,Ltd.)は、線香の製造販売を手がける製造メーカーである。

主要な商品は、線香のほか、お香、焼香、香木、仏事用蝋燭、アロマキャンドルなど。

最近では上記商品の製造販売のみならず、フランスアメリカブラジルアルゼンチン、国連本部などで、香道を紹介するイベントを開催している。

歴史[編集]

  • 原点となる会社は天正年間に創業。
  • 1929年、大阪府の老舗線香メーカー・孔官堂の東京出張所となる。設立者は小仲正規
  • 1942年、株式会社東京孔官堂として独立(旧法人の設立)。
  • 1943年、第二次世界大戦の激化に伴い、戦死者を弔うための線香も統制品となり、線香販賣國策會社(香販)が設立され、小仲正規が事務長職を委託される。これにより正規は全国の線香マーケット情報や流通ルートを知悉することとなる。
  • 1945年、終戦と同時に焼け残った池袋工場で線香の生産を再開。24時間フル稼働で全国に線香を供給する。
  • 1947年、東京都中央区銀座に本社を移転。神奈川県鎌倉市の老舗・鬼頭天薫堂から「毎日香」の商標権を譲り受ける。
  • 1965年、「毎日香」大ヒットの影響から孔官堂との関係が決裂。孔官堂から許諾を受けていた「蘭月」「仙年香」「松竹梅」等の全ブランドの販売権を返還。独自の新ブランド「青雲」発売。
  • 1966年、社名を株式会社日本香堂に変更。
  • 1967年、線香業界としては画期的なテレビコマーシャルを開始。
  • 1980年、小仲正久、社長就任。
  • 1991年、設立者・小仲正規、死去。
  • 1992年、小仲正浩、社長就任。小仲正久は会長に。
  • 2000年、小仲正克、社長就任。
  • 2003年、ベトナム工場設立。
  • 2011年4月1日、関連会社の株式会社中央銀座ビルディングを吸収合併して、事業持株会社株式会社日本香堂ホールディングスに移行。同時に、旧法人の事業を継承した新法人株式会社日本香堂を設立。HD社長に旧法人会長だった小仲正久が就任し、新法人社長には小仲正克旧法人社長が横滑りする形でそれぞれ就任。

主要ブランド[編集]

  • 毎日香
    • 新毎日香
    • 白檀毎日香
    • 毎日香ナチュラル
    • 毎日香モスグリーン
    • ライトスモーク毎日香
    • 毎日香アクア
  • 青雲
    • 青雲バイオレット
    • 青雲ゴールド
    • 青雲アモーレ
    • 青雲クリーン
  • かたりべ
    • かたりべラベンダー
    • かたりべプラス
  • やさしい時間
  • 花いずみ
  • 永寿
  • 花風
  • 太陽
  • 宇野千代淡墨桜
  • 芝山
  • 司薫
  • 花の花
  • ルーミィ
  • フローレンス
  • アンミング
  • ESTEBAN
  • 毎日ローソク

グループ会社[編集]

  • 日本香堂ホールディングス
  • 鬼頭天薫堂
  • 大香
  • 銀座香十
  • 医心方
  • ESTEBAN
  • GENIECO,Inc.
  • 銀座らん月
  • 日香プロモーション
  • 日香リソーセス ほか

主なスポンサーの番組[編集]

テレビ番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

※ 印の番組は現在も放送中。

ほか多数。但し、『いつでも笑みを!』以降、関西テレビ制作・フジテレビ系列で毎週土曜日に放送されている番組は、お盆お彼岸を中心にした期間限定で提供している。それ以外は一時期のみ提供。

フジテレビ土曜20時(夜8時)枠[編集]

長らくフジテレビの土曜夜8時枠の中核スポンサーを担っていた。

ラジオ番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

WEBラジオ[編集]

CM[編集]

  • 5代目三遊亭圓楽は、1967年昭和42年)のテレビコマーシャル開始以来、2009年平成21年)に死去するまで「毎日香」のCMに出演。死去後も『「星の王子様」になった5代目三遊亭円楽師匠から』と題し、後述の6代目三遊亭圓楽のCFが開始されるまで、生前に収録されたナレーションを放送していた。円楽一門会に所属する5代目圓楽の弟子も出演しており、「毎日ローソク」のCFに出演した6代目圓楽(当時の三遊亭楽太郎)のほか、落語家(三遊亭楽大)時代の伊集院光も「青雲」のCFに出演していた。
  • 2010年平成22年)2月28日放送の『笑点』で楽太郎が6代目圓楽を襲名し、同時に「毎日香」CFの語りを担当することになった。なお、CMはさだきち君やかおりちゃんが出てくるアニメ版から一転、円楽一門とは関係ない家族がお墓参り(彼岸前の時期に放送)や主人公の子どもの親の実家の仏壇参り(お盆及び彼岸の時期以外に放送)などに行ったり、お盆にナスやきゅうりで動物を作ったりする(お盆前の時期に放送)実写版となっている。また、CF音楽はオリジナルCFソングではなく、オリジナルインストゥルメンタルになっている。ただ、東北地方太平洋沖地震発生後は放送されておらず、当社が主催する絵画コンクール「子ども絵画館」で受賞した作品をアトランダムに放送、コンクールの選考委員長を務める画家の原田泰治がナレーションを務めるバージョンに差し替えられていた(現在は、6代目圓楽バージョンに戻っている)。
    • 『笑点』でも、何度か楽太郎時代に師匠の毎日香・語りの後釜を狙っているとネタにした(あるいはされた)ことがあったが、6代目圓楽襲名と同時に現実になった。
  • 2012年に、お盆バージョンの改訂版CMが放送され、後半に出てきた絵は、2002年度の絵画コンクール〈小学校低学年の部〉最優秀賞作品である。語りは引き続き6代目圓楽。
  • 現在の「青雲」のCMソング錦織健の歌唱である(2010年10月に変更、過去に尾崎紀世彦森田公一が歌っていた。森田公一歌唱版は『GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション』に収録)。ただ、東北地方太平洋沖地震発生後は、後半にあったナレーションを取りやめ、「強く生きよう、青雲。このたびの東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りします。」というテロップ表示に差し替えていた(現在は、後半にあったナレーションのバージョンに戻っている)。
  • 「毎日ローソク」、「青雲アモーレ」などの近年のCMソングは里アンナによる。
  • 「毎日ローソク」のCMには過去には前述の通り三遊亭楽太郎時代の6代目圓楽が出演していたが、現在はさとう宗幸がナレーターとして出演中。1980年代に放送された毎日香のCMソング「心のつばさ」はさとうの歌唱である。
  • 近年では新たな需要創造に力を入れており、進物用線香の拡売には、喪中はがき等で遅れて死去を知った際の香典代わりとして利用されていることをCMを通して情報発信している。このシリーズは同社がスポンサーを務めるラジオ番組との連動で行われている。2008年・2009年・2012年は『はがきでこんにちは』のパーソナリティーである近石真介が出演している。特に5代目圓楽の逝去直後の『笑点』では、喪中はがきが届く時期でもあったため、この進物用線香のCMが放送されていた。また、2010年からは同じくTBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド』の『ゆうゆうポスト』のスポンサーでもあるため、テレビCMではカーラジオから流れてくる大沢悠里西村知江子がトークをするという形で伝えている。
  • 2012年からは、「新盆見舞い」にご進物用お線香を送る、というバージョンも開始され、こちらは中村梅雀が出演している。
  • 5月第2日曜日の母の日の由来が亡き母を弔う式典がきっかけで始まったことから、天国の母を弔う「母の日参り」を推奨している。こちらは歌手の由紀さおりを起用したCMを母の日に合わせて放映していたが、2012年からは、湯原昌幸荒木由美子夫妻の出演バージョンに交代となった。
  • 東日本大震災後に行われた同社の社員旅行でのバスガイドからの手紙がきっかけで、2012年秋より「心のケータイ」と題した三行詩の募集と作品発表を行うことになり、CFでは青雲クリーンのプロモーションと併せて、さだまさしの歌唱とともに三行詩の作品が紹介されている。

CMキャラクター[編集]

これらのキャラクターはPOP広告として販売店に提供される場合のある宣伝部材にあしらわれたものがあり、ポスターのほか板紙製の立て看板や回転灯篭、または団扇や下敷きなど顧客配布用のキャラクターグッズがみられる。

さだきち君
かおりちゃん

CM出演者[編集]

語り・ナレーションも含む

現在の出演者
過去の出演者

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、「FNS歌謡祭」と重なる12月第1水曜日は別番組に振り替えされる場合あり。

外部リンク[編集]