板紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

板紙(いたがみ)とは、の中でも厚いものを指す。一般には多層抄き(積層紙)のものに限定するが、単層抄きのものも含めることもある。以下は多層抄きの場合である。

種類[編集]

経済産業省が実施する「生産動態統計調査」の品種分類では、板紙は「段ボール原紙」「紙器用板紙」「雑板紙」の3種類に大別されている。さらに詳細な分類は以下の通り[1]

  • 段ボール原紙
    • ライナー : 段ボールシートの表裏に使用される板紙。中芯と組み合わせて段ボールシートに加工され、段ボール箱の素材となる。
    • 中芯原紙 : 段ボールシートの内側(波状部分)に使用される板紙。
  • 紙器用板紙
    • 白板紙 : 表面が白い板紙。表裏の白色度が同程度のもの(マニラボール)と表裏差があるもの(白ボール)がある。
    • 黄板紙 : 稲藁や麦藁を原料とした黄色い板紙。
    • チップボール : 雑誌古紙や新聞古紙を原料としたネズミ色をした板紙。
    • 色板紙 : 染料で着色された板紙。
  • 雑板紙
    • 建材原紙
      • 防水原紙 : 建築物の屋根や床で使用される、アスファルトタールを含ませた防水材の原紙。
      • 石膏ボード原紙 : 石膏ボードに使用される板紙。石膏ボードの芯材である石膏を被覆するために使用。
    • 紙管原紙 : 紙管の原紙。
    • その他板紙 : 紙パルプ用の包装紙(ワンプ)など。

用途[編集]

用途としては包装用が圧倒的に多い。以下代表的な用途を示す。

  • 段ボール箱
  • (菓子、日用品、部品、ティッシュなどの個包装)=化粧箱、パッケージ
  • 貼箱(化粧箱の一種であるが箱芯材に和紙や印刷紙を貼った物)
  • 紙管・ボイド管(巻取紙の芯棒、トイレットペーパーの芯、コンクリート型枠)
  • 出版表紙、美術全集本文、貼合絵本、商業印刷物(パンフレット等)
  • 玩具(ジグソーパズル、仕掛け絵本、ゲームカード等)
  • 伝票類の裏表紙、裏表紙兼ノーカーボン紙用下敷き
  • 文房具(フラットファイル等ファイル・バインダー)
  • キャリアテープ - コンデンサーやICチップなど、微細な電子部品を運送・保管・使用する際に使用する紙のテープ

製法[編集]

紙が長網であるのに対して、丸網多筒或いは短網多筒のマシンが用いられることが多い。代表的なものとしては、ウルトラフォーマー(小林製作所)がある。

板紙メーカー一覧[編集]

日本

世界

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 経済産業省大臣官房調査統計グループ「平成23年紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計年報 (PDF) 」、p158