カラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カラットは、宝石質量単位、または純度を示す単位である。

宝石の質量単位[編集]

カラット (carat)
ダイヤモンド
記号 ct(計量法上の記号), car
非SI単位
質量
定義 200mg(正確に)
テンプレートを表示

カラット(carat、記号: ct、car)は、ダイヤモンドなどの宝石質量を表す単位である。現在は、1カラット=200ミリグラム(=0.2グラムと定義されている[1]

カラットは国際単位系 (SI) の単位ではなく、SIと併用してよい単位ともされていない。しかし、宝石の計量単位として国際的に使われていることから、日本計量法では「宝石の質量の計量」に限定して使用できる単位となっている[2]

カラットの単位記号は、「ct」である[3]。「car」の記号は計量法上は認められていない。

分量単位としてポイントがあり、1 ポイント = 1/100 カラットであるが、計量法上は用いることはできない。

宝石の取引は、厳密には定められた基準をクリアした計量器計量されたカラット単位を示すことしか認められていないが、ミネラルショーなどでは簡易型の計量器が慣習的に使われていることが多い。

カラット、カット、カラー、クラリティ(透明度)の4つがダイヤモンドの品質を決めるとされ、「4C」と総称される。

語源・歴史[編集]

語源は、アラビア語のquirrat(デイゴ)か、ギリシャ語のkeration(イナゴマメ)だといわれる。宝石の重さを表すのに用いられた「デイゴ(イナゴマメ)何粒分の重さか」という単位が起源だとされる[4]

イギリスでは後にヤード・ポンド法グレーンと関連づけられ、1888年以前には、3.169 95 グレーン (= 約 205.409 mg)であったが、1888年に、3.168 32 グレーン (= 205.304 mg) となった[5]。しかし、これ以外にも様々に定義されており、1907年以前には、少なくとも23種類のカラットがあり、それらは 187.00 mg から 215.990 mg の範囲に亘っていた[6]。このため1907年メートル条約の会議で1カラット=(正確に)200ミリグラムと定められた。当初は、他のカラットと区別するために、メートル系カラット(metric carat)とも呼ばれていた。

金の純度の単位[編集]

カラット (karat)
記号 K, Kt
金の純度
テンプレートを表示

カラット(karat、記号: K、Kt)は、金製品の金の純度を24分率で示す単位である。日本では「金」という略称で、24金や18金などと呼ばれることもある。


参考文献[編集]

  1. ^ 計量単位令 別表第6 項番3 カラット 「キログラムの0.0002倍」となっている。
  2. ^ 計量単位令 別表第6 項番3
  3. ^ 計量単位規則 別表第4 宝石の質量の計量 カラット 「ct」とある。
  4. ^ 小谷太郎図解雑学 単位と定数のはなし』 ナツメ社。
  5. ^ mg への換算は、1958年以降の換算値である 1 グレーン = 64.798 91 mg による。
  6. ^ On the origin of the carat as the unit of weight for gemstones Tao Zhengzhang, Chinese Journal of Geochemistry, July 1991, Volume 10, Issue 3, pp 288–293
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]