スフィンクス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スフィンクス
Sphinx
監督 フランクリン・J・シャフナー
脚本 ジョン・バイラム
原作 ロビン・クック
製作 スタンリー・オトゥール
製作総指揮 フランクリン・J・シャフナー
出演者 レスリー=アン・ダウン
フランク・ランジェラ
音楽 マイケル・J・ルイス
撮影 アーネスト・デイ
編集 ロバート・スウィンク
マイケル・F・アンダーソン
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年2月11日
日本の旗 1981年4月18日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,022,771[2]
テンプレートを表示

スフィンクス』(原題:Sphinx)は、1981年制作のアメリカ合衆国の映画

古代エジプトセティ1世の墓の謎を巡って繰り広げられる争いを描いた冒険ミステリ映画。ロビン・クック原作の小説の映画化。フランクリン・J・シャフナー監督。

あらすじ[編集]

紀元前1301年のエジプトツタンカーメン王の墓がある王家の谷で、墓荒らしを捕えたセティ1世の墓の主任建築技師メネフタは墓を再封印する時、ある妙案を思いつき、1枚のパピルスを墓の中に残した。

時は流れ、現代。美人女性考古学者エリカは、メネフタの研究のためエジプトにやってきた。古美術商のハムディの店を訪ねた彼女は、そこでメネフタの名が刻まれたセティ1世の黄金像を見る。

しかしその直後、ハムディは3人の男たちによって殺され、黄金像も盗まれた。それを目撃したエリカは犯人の1人に襲われるが、フランス人のジャーナリストと称するイボンという男に救われる。

エリカがイボンとの食事後、ホテルの部屋に戻ると、そこにはエジプト政府の古美術管理局長アーメッドが待っていた。アーメッドはエリカにエジプトに来た目的、イボンとの関係などを問いただす。数日後、エリカは遺跡を巡り歩いていたところを何者かに襲われるが、またしても救われる。今度彼女を救ったのはアーメッドだった。

その後、セティ1世の黄金像に刻まれた文字を解読したエリカはその意味を解くため、ルクソールに向かう。するとそこには、アーメッドがいた。ルクソールは彼の故郷だったのだ。

2人は王家の谷を巡り歩くうち、やがてお互いに惹かれるようになる。しかし、そんな2人に何者かの魔の手が忍び寄る。実は、そのセティ1世の黄金像に刻まれた文字にはある秘密が隠されていたのだ。

キャスト[編集]

※テレビ放送:テレビ朝日日曜洋画劇場1986年6月22日

脚注[編集]

外部リンク[編集]