ホテルエイペックス洞爺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホテルエイペックス洞爺(ホテルエイペックスとうや、Hotel Apex Toya)とは、北海道虻田町(現在の洞爺湖町)に存在した、会員制リゾートホテルである。併設されていたゴルフ場スキー場と併せて、「エイペックスリゾート洞爺」とも総称されていた。

北海道拓殖銀行(当時)による乱脈投資の舞台となり、同行経営破綻後の1998年(平成10年)に廃業した。廃業時の名称は「ザ・ウィンザーホテル洞爺」。

2002年(平成14年)、「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」として営業を再開した。

概要[編集]

バブル期に日本国内外で大規模なリゾート開発を行った建設不動産会社・カブトデコム札幌市)の子会社「エイペックス(Apex)」(1985年設立、旧社名・甲観光)が計画、完成させた大規模リゾートホテルである。併設されていたゴルフ場「ロイヤルクラシック洞爺」や、スキー場「スノーパーク洞爺(洞爺スキーパーク)」などと併せた一帯は、「エイペックスリゾート洞爺」と称された。

会員制の高級ホテルとして企画されていたが、1993年(平成5年)の開業時にはすでにバブル経済は崩壊しており、会員権の販売は不調であった。およそ665億円といわれる総工費の多くを融資していた北海道拓殖銀行(当時)は、ホテル完成を待たずにエイペックス社を子会社化している。

1997年(平成9年)には、ホテル運営会社「ザ・ウィンザー・ホテルズ インターナショナル」(東京都、社長・窪山哲雄)へと運営が委託され、ホテル名称が「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に変更された。同年、親会社である北海道拓殖銀行が経営破綻し、翌1998年(平成10年)3月にはエイペックス社も自己破産を申請、土地・建物等は破産管財人の管理下に置かれ、ホテルの営業は中止となった。

2000年(平成12年)、破産管財人はセコム損害保険の子会社である不動産投資管理会社「十勝アーバンプロパティーズ」(東京都)に、土地建物を、総工費の約1/10である約60億円で売却した。2002年(平成14年)、廃業前と同様の運営会社「ザ・ウィンザー・ホテルズ インターナショナル」によるホテル「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」として営業を再開している。

沿革[編集]

  • 1988年 - エイペックス社が建設を開始
  • 1993年
    • 1月 - 「スノーパーク洞爺」開場
    • 3月 - 北海道拓殖銀行、エイペックスを子会社化
    • 12月 - ホテルエイペックス洞爺開業
  • 1997年
    • 1月 - 「ザ・ウィンザー・ホテルズ インターナショナル(WHI)」設立
    • 7月 - WHI社による運営開始、ホテル名称ザ・ウィンザーホテル洞爺に変更
    • 11月 - 北海道拓殖銀行が経営破綻
  • 1998年
    • 3月18日 - エイペックス社が自己破産
    • 3月20日 - ホテルの営業を終了、破産管財人管理下となる
  • 2000年 - 十勝アーバンプロパティーズが土地・建物を買収
  • 2002年6月 - ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパとして営業再開
  • 2014年6月 - 明治海運が土地・建物およびWHI社の株式を買収(予定)

地元自治体関係[編集]

  • ゴルフ場の一部等、敷地の一部は、虻田町(当時)に隣接する豊浦町にまたがっている。
  • ホテルが休業したことにより、各自治体は雇用対策に追われるばかりでなく、固定資産税の収入が途絶え緊縮財政を強いられた。特に、虻田町は数年間にわたり年間1億円の固定資産税が欠損状態となり、破綻寸前にまで追い込まれた。結果的に売却・精算後、滞納した固定資産税の1/3程度が納められたという。
  • 2000年(平成12年)3月31日の有珠山噴火時には、豊浦町船見町にある元社宅・元独身寮が避難所として使われ、最大で1000人を超える住民が避難していた。

その他[編集]

2001年(平成13年)4月16日に、休止中のザ・ウィンザーホテル洞爺をロケ地とした『Gメン'75スペシャル2』が放送された

外部リンク[編集]