ワルキューレ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワルキューレ
Valkyrie
監督 ブライアン・シンガー
脚本 クリストファー・マッカリー
ネイサン・アレクサンダー
製作 ブライアン・シンガー
ギルバート・アドラー
クリストファー・マッカリー
製作総指揮 トム・クルーズ
ポーラ・ワグナー
クリス・リー
出演者 トム・クルーズ
ケネス・ブラナー
音楽 ジョン・オットマン
撮影 ニュートン・トーマス・シーゲル
編集 ジョン・オットマン
製作会社 ユナイテッド・アーティスツ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
世界の旗 20世紀フォックス
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2008年12月25日
ドイツの旗 2009年1月22日
イギリスの旗 2009年1月23日
フランスの旗ベルギーの旗スイスの旗 2009年1月28日
日本の旗 2009年3月20日
上映時間 120分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $200,276,784[1] 世界の旗
$ 83,077,833[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

ワルキューレ』(Valkyrie)は、2008年アメリカ映画1944年に起きたドイツ国防軍将校によるヒトラー暗殺計画7月20日事件」と、その指揮を執った実在の将校クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐を描く。

ストーリー[編集]

1943年3月、ドイツは全ての戦線で敗退を続け、ドイツの敗色は誰の目にも明らかだった。しかし、ヒトラー総統は、あくまで最後の勝利を目指して戦争を続けようとする。ドイツ国防軍の反ヒトラー派将校トレスコウ将軍は前線視察に訪れたヒトラーの暗殺を企図するが、爆弾の不具合により失敗する。ベルリンに帰還したトレスコウは爆弾の回収に成功するが、同志のオルブリヒト将軍から、中心メンバーのオスター大佐がゲシュタポに逮捕されたことを知らされ、後任の人選を急ぐ。同じ頃、北アフリカ戦線で左目・右手・左手の薬指と小指を失う重傷を負ったシュタウフェンベルク大佐がドイツに帰国し、ベルリンの国内予備軍司令部に転属となる。上官となったオルブリヒトは、シュタウフェンベルクをヒトラー暗殺計画に加わるよう求める。しかし、会合に参加したシュタウフェンベルクは、ゲルデラーたち文官がヒトラー打倒後の明確なビジョンを持っていないことを知り、一度は参加を断るが、ドイツを完全な破壊から救うにはヒトラーを倒すしかないと考え直し、メンバーに加わる。

トレスコウが前線勤務に戻った後、メンバーの中心人物となったシュタウフェンベルクは暗殺を渋るゲルデラーたちを説得し、ヒトラーを暗殺した後に「SSの反乱を鎮圧するため」と称してワルキューレ作戦を発動しベルリンを制圧する計画を策定する。シュタウフェンベルクは、計画に日和見な態度をとるフロム国内予備軍司令官と共にベルクホーフ山荘での会議に出席し、ヒトラーにワルキューレ作戦の修正案を承認させる。その後、シュタウフェンベルクは国内予備軍参謀長に任命され、ヒトラー臨席の会議に出席する機会を得る。

1944年7月15日、ヴォルフスシャンツェ(狼の巣)での作戦会議に出席したシュタウフェンベルクはヒトラー暗殺を試みるが、会議にヒムラーが出席していなかったため、ベルリンのオルブリヒトやゲルデラー、ベック退役将軍から作戦中止を指示される。しかし、シュタウフェンベルクはクイルンハイム大佐と共に暗殺の決行を決め、クイルンハイムはオルブリヒトを説得しワルキューレ作戦を発動させる。しかし、シュタウフェンベルクがベルリンに連絡をとっている間に会議は終了してしまい、勝手に部隊を動員されたフロムはオルブリヒトを叱責する。シュタウフェンベルクは「政治家の優柔不断さが計画を狂わせる」と主張し、今後は自分たちの判断で暗殺を決行すると宣言する。

1944年7月20日、再び狼の巣での会議に出席したシュタウフェンベルクは暗殺を決行する。会議室に仕掛けた爆弾が爆発するのを確認した後、副官のヘフテン中尉と共にベルリンへの帰途に着く。同志のフェルギーベル将軍は狼の巣とベルリンの通信回線を断絶させるが、ベルリンに「ヒトラー死亡」の情報が届かなかったため、オルブリヒトはワルキューレ作戦の発動を保留し、しびれを切らせたクイルンハイムは独断で部隊に動員を命令する。3時間後、ベルリンに戻ったシュタウフェンベルクは作戦が開始されていないことに激怒し、オルブリヒトを説得して計画に反対するフロムを拘束し、ワルキューレ作戦を発動させる。計画は順調に進み、部隊はベルリン一帯を制圧していくが、ゲッベルス逮捕に向かったレーマー少佐は、ヒトラーからの電話をゲッベルスから受け取り、シュタウフェンベルクの逮捕を命令される。ヒトラーの生存情報が伝えられると部隊は撤退を始め、シュタウフェンベルクたちは拘束される。解放されたフロムは口封じのためにシュタウフェンベルクたちの処刑を命令し、シュタウフェンベルクは国内予備軍司令部の中庭で銃殺される。シュタウフェンベルクの死から9か月後、ナチス・ドイツは崩壊し、ドイツはヒトラーの支配から解放される。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

制作[編集]

シンガー監督のこだわりにより、撮影の多くは実際に事件の起こった現場・史跡においてロケを行い、登場する建物や車輌も極力当時の本物が使われている。ただし、ヒトラーの住居兼大本営であったベルクホーフ・ハウスは既に破壊されていたため、ヒトラーの情婦エーファ・ブラウンの撮影したホームムービーを資料にセット撮影とCGで再現された。このベルクホーフ外観のCGや、トム・クルーズ演じる主人公の指の失われた左手の再現などのVFXは、ソニー・ピクチャーズ・イメージワークスが担当している。[2]

公開日[編集]

本作は2008年8月8日の公開を目指していたが[3]制作が早まったため、2008年6月27日に公開されることになった[4]。しかし、『WALL・E/ウォーリー』『ウォンテッド』との競争を避けるため[5]、また重要な戦闘シーンの撮影が終わっていないことから[6]、2008年10月3日に延期された。これは映画賞を意識した日付であったが[7]、2008年4月の発表では「戦略的な理由」から2009年2月13日へさらに延期されることとなった[8]。これにより賞レースから離脱するものと思われていたが、商業的試写が良かったことから2008年12月26日に公開されることが決定したのち[9]、さらに1日前倒しされた。

日本においては当初20世紀フォックスが配給する予定だったが、MGMの意向により、東宝東和が担うこととなった[10]

ドイツでの反応[編集]

ドイツでは、シュタウフェンベルクは反ナチ運動の英雄として称えられているうえ、敬虔なカトリック信者として知られている。そのため、サイエントロジーの信者であるトム・クルーズがシュタウフェンベルク役を演じることには、強い反発が起きた(ドイツでは、サイエントロジーは悪質なカルトと見なされている)[11]

ドイツの政治家は不快感を示し、シュタウフェンベルクの息子ベルトルトも「クルーズ氏が演じると聞いた時には宣伝のための冗談だと思っていた。彼が演じたら台無しになる。父とは関わらないでほしい。」とトム・クルーズを批判した[11]

一時は、ドイツ国防省が事件の舞台であるシュタウフェンベルク街などの国防軍関連施設での撮影を許可せず、それに対してドイツ人の映画監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが非難を表明する事態となった[12]

2か月後、ドイツ国防省は「制作者側が『ナチス (Nazi) 支配から解放され、完全なる民主主義国家となった統一ドイツの姿』を作品内に盛り込むことに同意した」として、撮影を許可した[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Valkyrie (2009)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年10月17日閲覧。
  2. ^ 月刊CGWORLD 2009年5月号(ワークスコーポレーション)
  3. ^ “Valkyrie Targets 8-8-08”. ComingSoon.net. (2007年7月17日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=22094 2007年7月17日閲覧。 
  4. ^ Valkyrie Allowed Into Bendlerblock After All”. ComingSoon.net. (2007年9月14日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=37367 2007年9月19日閲覧。 
  5. ^ “Valkyrie Scrubs Mission Against WALL•E, Wanted”. ComingSoon.net. (2007年12月15日). http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=40246 2007年12月15日閲覧。 
  6. ^ Josh Grossberg (2007年12月18日). “Cruise's Valkyrie Grounded”. E! News. http://www.eonline.com/news/article/index.jsp?uuid=089fcf87-a38f-4faf-8ad0-f057c7d9a47c 2007年12月19日閲覧。 
  7. ^ Pamela McClintock (2008年3月31日). “2008 awards season shaping up”. バラエティ. http://www.variety.com/article/VR1117983222.html 2008年4月1日閲覧。 
  8. ^ “トム・クルーズ主演作、アカデミー賞レースから離脱 "Valkyrie" ヒットを狙い09年2月13日に全米公開延期”. バラエティ・ジャパン. (2008年4月9日). http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d000000h02y.html 2008年11月2日閲覧。 
  9. ^ “T・クルーズ主演 "Valkyrie" アカデミー賞戦線復帰”. バラエティ・ジャパン. (2008年8月15日). http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d00000abgve.html 2008年11月2日閲覧。 
  10. ^ “トム・クルーズ主演『ワルキューレ』、配給会社が変更”. バラエティ・ジャパン. (2007年12月11日). http://www.varietyjapan.com/news/movie/u3eqp3000001u472.html 2008年11月2日閲覧。 
  11. ^ a b “大ピンチ! トム・クルーズ、ドイツ国防省からサイエントロジーはダメ!”. シネマトゥデイ. (2008年6月27日). http://cinematoday.jp/page/N0010873 2008年12月28日閲覧。 
  12. ^ “ヒトラー暗殺未遂事件を描いたクルーズ主演作品、ベルリン市での撮影が不許可に”. AFPBB News. (2008年7月5日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2249029/1746236 2008年12月28日閲覧。 
  13. ^ “ヒトラー暗殺未遂事件を描く映画に、独政府が国防省内での撮影を許可”. AFPBB News. (2008年9月15日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2283176/2144076 2008年12月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]