アレン・リーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレン・リーチ
Allen Leech
Allen Leech
2011年
本名 Alan Leech
別名義 アラン・リーチ
生年月日 (1981-05-18) 1981年5月18日(38歳)
出生地 アイルランドの旗 アイルランドダブリン州
身長 179 cm
職業 俳優
ジャンル テレビ・舞台・映画
活動期間 1998年 -
配偶者 ジェシカ・ブレア・ハーマン(2019年 - )
主な作品
ダウントン・アビー(2010年 - 2015年)

アレン・リーチAllen Leech1981年5月18日 - )はアイルランドの俳優。デビューからしばらくの間、本名のアラン・リーチで活動していた。

略歴[編集]

コンピューター・システム会社のCEOである父デイヴィッド[1]と専業主婦である母ケイのもとに4人兄弟姉妹の次男(第3子、兄姉弟がいる)として生まれる[2][3]ダブリン大学トリニティ・カレッジで演技を学んだ。

2010年から2015年までイギリスで放送され、日本でもNHKなどで放送されたテレビシリーズ『ダウントン・アビー』で、末娘シビルの夫で元運転手のトムを演じたことで知られる[4]

2018年の映画ボヘミアン・ラプソディ』では、フレディ・マーキュリーの最後の恋人ジム・ハットン役のオーディションに落ちたものの、数日後にマーキュリーのマネージャーで恋人だったともされるポール・プレンター役に決まる[5]

私生活[編集]

2014年6月からテレビ番組の女性司会者チャーリー・ウェブスター英語版と交際していた[6]

2018年2月14日、自らのインスタグラムにおいて交際中の女優ジェシカ・ブレア・ハーマンと婚約したことを明らかにし[7]、翌2019年1月5日に米サンタバーバラで近しい親族と友人だけを呼んで挙式したことが明らかになった[8]

主な出演[編集]

映画・ドラマ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2000 Iníon an Fhiaclóra (English: The Dentist's Daughter) Rory Irish language short.
Credited as Alan Leech.
2000 Yesterday's Children Brian TV film.
Credited as Alan Leech.
2002 The Escapist Policeman 1 Credited as Alan Leech.
2003 Benedict Arnold: A Question of Honor British Officer TV film.
Credited as Alan Leech.
2003 カウボーイズ&エンジェルズ
Cowboys & Angels
ビンセント・キューザック Credited as Alan Leech
2004 Battlefield Britain TV series (1 episode: "A Clash Of Kings: The Battle Of The Boyne").
Credited as Alan Leech.
2004 Man About Dog Mo Chara
2004 Love Is the Drug Shane Kirwen TV series (4 episodes)
2006 Legend Willy TV series (6 episodes)
2007 ROME[ローマ]
Rome
マルクス・アグリッパ TV series (8 episodes)
2007 Deep Breaths Danny Film short
2008 Heroes and Villains Edeco TV series documentary (1 episode: "Attila the Hun")
2008 Factory Farmed Film short for the Sci-Fi-London 48hr Film Challenge
2009 From Time to Time Fred Boggis
2009 Running Low Bala Whedon Web series for the RTÉ Storyland Competition (2 episodes)
2010 Rewind Karl
2010 THE TUDORS〜背徳の王冠〜
The Tudors
フランシス・デレハム TV series (2 episodes: 4.04 "Natural Ally" & 4.05 "Bottom of the Pot")
2010–2015 ダウントン・アビー
Downton Abbey
トム・ブランソン TV series (45 episodes)
2011 プライミーバル
Primeval
Officer Sam Leonard TV series (1 episode: 5.02)
2011 Black Mirror Pike TV series (1 episode: "The National Anthem")
2012 The Sweeney Simon Ellis
2012 アサシン クリード III
Assassin's Creed III
トマス・ヒッキー英語版 Video game. Voice only.
2013 グランドピアノ 狙われた黒鍵
Grand Piano
ウェイン
2013 新クライモリ デッド・フィーバー
In Fear
マックス 日本劇場未公開
2013 Hello Darkness Mark Cooper
2014 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
The Imitation Game
ジョン・ケアンクロス英語版
2017 ザ・ボディガード
The Hunter's Prayer
リチャード・アディソン
2018 ボヘミアン・ラプソディ
Bohemian Rhapsody
ポール・プレンター

舞台[編集]

Year Title Role Theatre Notes
1998 欲望という名の電車 Gentleman Caller Gate Theatre Performed as Alan Leech
1999 This Lime Tree Bower Joe New Theatre Performed as Alan Leech
2000 The Queen and Peacock Willie Garter Lane Arts Centre Performed as Alan Leech
2001 The Morning After Optimism Edmund アベイ座 Performed as Alan Leech
2002 Da Young Charlie アベイ座 Performed as Alan Leech
2008 Everybody Loves Sylvia Harlequin Project Arts Centre
2008 Zero Hour Benny, Ensemble アベイ座
2010 Phaedra Hippolytus Project Arts Centre
2010 On Baile's Strand Young Man アベイ座
2011 Ecstasy Mick Hampstead Theatre, Duchess Theatre

その他[編集]

作品等 備考
2004 The Panel TV series (1 episode: "Episode #2.5")
2005 3rd Irish Film and Television Awards TV documentary
2007 4th Irish Film and Television Awards Presenter

受賞[編集]

部門 作品 結果
2004 Irish Film & Television Awards Best New Talent カウボーイズ&エンジェルズ ノミネート
2005 Irish Film & Television Awards Best Actor in Television Love Is the Drug ノミネート
2007 Irish Film & Television Awards Best Actor in a Supporting Role in Television Legend ノミネート
2013 Irish Film & Television Awards Best Actor in a Supporting Role in Television ダウントン・アビー ノミネート
2013 全米映画俳優組合賞 アンサンブル賞・ドラマシリーズ部門 ダウントン・アビー 受賞
2014 全米映画俳優組合賞 アンサンブル賞・ドラマシリーズ部門 ダウントン・アビー ノミネート
2015 全米映画俳優組合賞 アンサンブル賞・ドラマシリーズ部門 ダウントン・アビー 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ Louise Gannon (2014年12月13日). “'Hugh is the daddy and Maggie is the dame – we all know each other very well': Allen Leech on Downton Abbey, George Clooney and girlfriend Charlie Webster” (英語). Daily Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/home/event/article-2870144/Downton-Abbey-s-Allen-Leech-Hugh-daddy-Maggie-dame-know-well.html 2015年4月1日閲覧。 
  2. ^ Lee Rrandall (2012年9月15日). “Interview: Allen Leech on the return of Downton Abbey” (英語). The Scotsman. http://www.scotsman.com/what-s-on/tv-radio/interview-allen-leech-on-the-return-of-downton-abbey-1-2527815 2015年4月1日閲覧。 
  3. ^ Laura Butler (2012年11月3日). “'Downton' star Allen loves his role as rebellious Irishman” (英語). Independent.ie. http://www.independent.ie/woman/celeb-news/downton-star-allen-loves-his-role-as-rebellious-irishman-28826849.html 2015年4月1日閲覧。 
  4. ^ Yoko Nagasaka (2017年12月21日). “アレン・リーチ|大出世?それとも転落?あの人気ドラマ俳優はいま”. ELLEgirl. http://ellegirl.jp/article/c_favorite_drama_characters_then_now_17_1221/allen_reach/ 2018年11月19日閲覧。 
  5. ^ Debbie McGoldrick (2018年11月7日). “Allen Leech shines as Freddie Mercury’s love in “Bohemian Rhapsody”” (英語). IrishCentral. https://www.irishcentral.com/news/irishvoice/allen-leech-freddie-mercury-bohemian-rhapsody 2018年11月16日閲覧。 
  6. ^ Elizabeth McKenna (2014年10月8日). “A PROPER Charlie! Downton Abbey’s Allen Leech cosies up to his stunning girlfriend at black tie bash” (英語). EVOKE.ie. http://www.evoke.ie/showbiz/a-proper-charlie-downton-abbeys-allen-leech-cosies-up-to-his-stunning-girlfriend-at-black-tie-bash/ 2015年4月1日閲覧。 
  7. ^ Yoko Nagasaka (2018年2月19日). “ドラマ「ダウントン・アビー」のアレン・リーチが婚約!”. ELLE. https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a250735/cce-allen-leech18-0219/ 2018年11月16日閲覧。 
  8. ^ 中山雄一朗 (2019年1月12日). “『ボヘミアン・ラプソディ』アレン・リーチが結婚!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106105 2019年4月15日閲覧。 

外部リンク[編集]