グランドピアノ 狙われた黒鍵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グランドピアノ 狙われた黒鍵
Grand Piano
監督 エウヘニオ・ミラ
脚本 デミアン・チャゼル
製作 アドリアン・ゲラ
ロドリゴ・コルテス
製作総指揮 ヌリア・バルス
リサ・ウィルソン
マイルズ・ネステル
ミケル・レヤルサ
メルセデセ・ガメロ
出演者 イライジャ・ウッド
ジョン・キューザック
音楽 ビクトル・レイェス
撮影 ウナクス・メンディア
編集 J・L・ロメウ
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年9月20日
ファンタスティック・フェスト英語版
スペインの旗 2013年10月25日
アメリカ合衆国の旗 2014年1月30日
ビデオ・オン・デマンド
日本の旗 2014年3月8日
上映時間 91分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 英語
興行収入 1900万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

グランドピアノ 狙われた黒鍵』(Grand Piano)は、2013年スペインで制作されたスリラー映画。アメリカ合衆国では、テキサス州で開催された映画祭「ファンタスティック・フェスト英語版」において2013年9月20日に限定公開[2] され、その後ビデオ・オン・デマンドにて2014年1月30日に配信が開始された。

ストーリー[編集]

若き天才ピアニストのトム・セルズニックは、あるトラウマを抱えたことで長年演奏から遠ざかっていた。しかし、彼の恩師パトリックが亡くなり、その追悼コンサートが行われることになったため、トムは5年振りにステージに立つことになる。当日、ステージに用意されたのは、パトリックが遺した最高級のグランドピアノベーゼンドルファー・モデル290。そして奏でる曲は、パトリックとトム以外には完璧に演奏できる者はいないと称される『ラ・シンケッテ』という曰くつきのものだった。

大きなプレッシャーの中、いよいよ演奏が始まる。するとトムは、楽譜に書かれた「1音でも間違えたら、お前を殺す」という謎の脅迫文に気づく。その脅迫は悪戯等ではなく、間違いなくスナイパーがトムの命を狙っているのだった。こうしてトムは、理由も分からぬまま、命をかけた演奏に挑むことになってしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

トリビア[編集]

  • 劇中で主人公トムが命がけで演奏に挑む難曲『ラ・シンケッテ』の作曲者は、本作の監督であるエウヘニオ・ミラである。彼は映画監督だけではなく、音楽家としても活躍している。

参考文献[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 102頁
  2. ^ Grand Piano”. Fantastic Fest. 2014年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]