ナイトメア・アリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナイトメア・アリー
Nightmare Alley
Nightmare Alley (2021 film logo).png
監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本
  • ギレルモ・デル・トロ
  • キム・モーガン
原作 ウィリアム・リンゼイ・グレシャム英語版
ナイトメア・アリー 悪夢小路英語版
製作
出演者
音楽 ネイサン・ジョンソン英語版
撮影 ダン・ローストセン
編集 キャメロン・マクラクリン
製作会社
配給
公開
上映時間 150分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[2]
興行収入 $39,469,155[3][4]
テンプレートを表示

ナイトメア・アリー』(原題:Nightmare Alley)は、2021年アメリカ合衆国ネオ・ノワールサイコスリラー映画英語版[5][6]ギレルモ・デル・トロが監督、彼とキム・モーガンが脚本を務めた。ウィリアム・リンゼイ・グレシャム英語版の小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路英語版』を原作とし、1947年の『悪魔の往く町英語版』に続く2度目の映画化作品である。主要キャストとしてブラッドリー・クーパーケイト・ブランシェットトニ・コレットウィレム・デフォーリチャード・ジェンキンスルーニー・マーラロン・パールマンメアリー・スティーンバージェンデヴィッド・ストラザーンが出演している。2020年1月からトロントで撮影が始まったが、COVID-19パンデミックの影響を受けて3月から9月にかけて撮影が中断され、12月に終了した。

2021年12月1日にニューヨークアリス・タリー・ホール英語版でワールドプレミア上映が行われ、同月17日からサーチライト・ピクチャーズ配給で公開された[7]。2022年1月14日からは一部の都市でモノクロ版『Nightmare Alley: Vision in Darkness and Light』が特別上映された。批評家からの評価は高いものの、COVID-19パンデミックの影響もありオープニング週末の興行収入は約300万ドルと低調だった[2][4]

ストーリー[編集]

1939年。浮浪者のスタン・カーライルは流れ着いた見世物小屋で、「獣人(ギーク)」と呼ばれる男が生きた鶏を貪り食う見世物を見物する。その後、スタンは見世物小屋で日雇いの仕事を見つけるが、その日の夜に獣人の逃亡事件が発生し、スタンは獣人を捕獲したことでオーナーのクレムの目に留まり、そのまま見世物小屋の一員として雇われ、透視の手品をするジーナと夫ピートの助手を務める。アルコール依存症のピートはコールド・リーディングの手品を得意としていたが、手品を悪用して正常な判断力を失ってしまう危険性を理解して人前で披露することを止めていた。スタンはピートから手品を教わるが、彼から「コールド・リーディングを決して死者との対話に悪用しないように」と釘を刺される。また、スタンはクレムから、行き場を失った浮浪者を洗脳して獣人に仕立て上げる方法を聞き出していた。同じころ、スタンは「電気人間」の手品をするモリーと恋仲になり、一緒に見世物小屋から独立することを提案するが、彼女に拒否されてしまう。ある日の夜、スタンはピートに頼まれて酒を調達するが、その酒を飲んだピートが発作を起こして死んでしまい、スタンは罪悪感にとらわれる。それから間もなく、保安官のジェデディア・ジャッドが現れて見世物小屋を閉鎖させようとするが、スタンはコールド・リーディングを駆使してジャッドを丸め込み、見世物小屋の閉鎖を回避する。それを見たモリーはスタンと独立することを決意し、スタンはジーナから、ピートが保管していたコールド・リーディングの手法が書かれたメモ帳を受け取り、見世物小屋を後にする。

2年後。スタンとモリーはバッファローで富裕層を相手にしたショーでサイキック・アクトの手品を披露して成功を収めていた。ある日の公演中、心理学者のリリス・リッター博士が手品の種を明かして手品を妨害するが、スタンはコールド・リーディングを使い、逆にリッター博士を言い負かし、さらに同席していたキンブル判事にもコールド・リーディングを使い「霊媒者」としての名声を得る。ショーの終了後、スタンはリッター博士からキンブル判事を紹介され、「自分と妻のために、死んだ息子と話をさせて欲しい」と相談され、多額の謝礼を提示される。モリーは依頼を断るように説得するが、スタンは依頼を受け入れてしまう。後日、リッター博士はスタンを自分のオフィスに呼び出し、彼に「自分の正体を明かせば、キンブル判事の情報を提供する」と協力を申し出る。申し出を受け入れたスタンはリッター博士から情報を受け取り、キンブル判事の息子との対話を行い、判事夫妻の信用を得ることに成功する。スタンはリッター博士と報酬を山分けしようとするが、リッター博士「お金には興味がない」と断り、代わりにモリーに知られないように報酬をオフィスの金庫に預かることを提案し、スタンは提案を受け入れた。

スタンはキンブル判事から、バッファローの大物資産家であるエズラ・グリンドルを紹介される。グリンドルはリッター博士の治療を受けていたことから、スタンはリッター博士に情報提供を依頼し、彼がドリーという女性に妊娠中絶を強要し、その後に死別していることを聞かされる。グリンドルはスタンに対し、「ドリーと対話させて欲しい」と依頼し、スタンはグリンドルの元に通うようになる。しかし、グリンドルは相談料を受け取るだけでドリーと対話させてくれないスタンに苛立ちを募らせ、スタンは信用を維持するため、モリーにドリーの変装をさせてグリンドルに会わせようと計画する。同じころ、キンブル夫人が息子との再会を望んで夫のキンブル判事を射殺する無理心中事件を起こす。その日の夜、スタンに説得されたモリーは変装してグリンドルの前に現れるが、グリンドルに偽物であることを見抜かれてしまう。激怒したグリンドルはモリーを殴り倒してスタンへの報復を叫ぶが、スタンはグリンドルを撲殺して自動車で逃亡し、その際に追ってきたボディーガードのアンダーソンを轢き殺してしまう。スタンは逃亡に成功するが、モリーは完全にスタンを見放して彼の元を去っていく。

スタンは逃亡資金を得るためにリッター博士のオフィスに向かうが、彼女にこれまで預けていた金を奪われた挙句、警察に売られそうになる。スタンはリッター博士を殺そうとするが、警備員が駆け付けたためオフィスを出て、そのままバッファローを脱出する。全てを失ったスタンは浮浪者に落ちぶれ、さらにアルコール依存症になってしまう。スタンはカーニー・ボスの見世物小屋に辿り着き、彼に透視の手品を売り込むが断られてしまう。ボスは代わりに「獣人の仕事がある」と提案してスタンを洗脳しようとする。自分の運命を悟ったスタンは、「自分はこのために生まれてきたんだ」と語り、獣人になることを受け入れる。

キャスト[編集]

ブラッドリー・クーパー
ケイト・ブランシェット
ルーニー・マーラ
トニ・コレット

※括弧内は日本語吹替[8][9]

製作[編集]

プリプロダクション[編集]

ギレルモ・デル・トロ

2017年12月、ギレルモ・デル・トロウィリアム・リンゼイ・グレシャム英語版の小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路英語版』の映画化作品『ナイトメア・アリー』で監督・脚本を務めることが発表された[10]。『ナイトメア・アリー』は歴代デル・トロ監督作品『クリムゾン・ピーク』『シェイプ・オブ・ウォーター』と異なり超自然的フィクションの要素がなく、彼にとって初めて手掛けるジャンルとなる。デル・トロは1947年に初めて『ナイトメア・アリー 悪夢小路』を映像化したタイロン・パワー主演の『悪魔の往く町英語版』のリメイクではなく、原作の再映画化を目指しており、「この本はタイロン・パワーの映画を鑑賞する前の1992年にロン・パールマンからもらったのですが、私はこの本が大好きだったのです。キム・モーガンと手掛けた脚本は、必ずしも本全体がサーガになっているわけではありません。ですが、本の中にはダークな要素があり、短編映画でノワールものをやりたいと思っていた私にとっては初めてのチャンスでした。それはホラーであり、ノワールでもあったのです。そして、今は社会の暗部を描くような映画を作る最初のチャンスでもあるのです。超自然的フィクションの要素はなく、ストレートに暗いストーリーなんです」とコメントし、映画がR指定されるだろうと語っている[11]。撮影監督と音楽監督には『シェイプ・オブ・ウォーター』に参加したダン・ローストセンアレクサンドル・デスプラが起用された[12][13]。しかし、デスプラがスケジュールの都合で降板したため、新たにネイサン・ジョンソン英語版が起用された[14]

キャスティング[編集]

2019年4月、レオナルド・ディカプリオと出演交渉中であることが報じられた[15]。しかし、彼との交渉は不調に終わり、6月にはブラッドリー・クーパーと出演交渉を開始した[16]。デル・トロによると、クーパーとはすぐに意気投合したといい、クーパーの自宅で役柄について話し合った時のことについて「私たちは脚本について話し始め、そこから人生の考え方や世界の見方を映し出すようになりました。私たちは奇妙で暗い世界に入り、私自身は"悪夢小路"に迷い込むことで、世界の見方を変えてしまったのです」と語っている。また、意気投合したのはクーパーに映画監督の経験があったからとも語っている[17]。8月にはケイト・ブランシェットが出演交渉中であると報じられ[18]、9月にはクーパー、ブランシェット、ルーニー・マーラの起用が決まった[19]。同月にはトニ・コレットが起用され、スケジュールの都合で降板したマイケル・シャノンの代わりにデヴィッド・ストラザーンが起用された[20][21]。コレットはデル・トロの才能を高く評価しており、『ナイトメア・アリー』についても「時代劇ドラマ」であり「彼の他の作品とは異なるものになる」と評している[22]。10月にウィレム・デフォーの出演が決まり[23]、11月にはホルト・マッキャラニーが起用された[24]。2020年1月にロン・パールマンとリチャード・ジェンキンスの出演が決まり[25]、2月にはメアリー・スティーンバージェンロミナ・パワー(タイロン・パワーの娘)の出演が決まった[26][27]。3月にはポール・アンダーソンの出演が決まった[28]

撮影[編集]

バッファロー市庁舎

2020年1月からトロント主要撮影が始まり[29][30]、2月にはバッファローでも撮影が行われた。デル・トロはバッファローをロケ地に選んだ理由について、「観客にとって馴染みがなく、本当に興味を惹かれるような街を探していたのです」と語っており、ナイアガラ・スクエア英語版バッファロー市庁舎英語版で撮影が行われた[31]

当初の撮影開始は2019年9月の予定だったが、クーパーのスケジュールの都合で延期されていた[32]。彼によると撮影は映画の後半部分から行われたが、「そういう撮影のやり方はしたくなかったんだ。撮影セットや他の俳優のスケジュール、水や雪など色々なことが起こったけど、原因は僕だったんだ。ニューヨークに引っ越したばかりで、"今は何もできない。落ち着いてからやろう"って言ったんだ」と語っている。2020年3月にはCOVID-19パンデミックの影響を受け、デル・トロが撮影の中止を決定した[33]。彼は決定について、後に「当時は中止することが義務ではなかったけど、"もし中止せずに誰かが感染したら"と2人で考えて"中止しなきゃ"って言ったんだ。誰もそんなこと期待してなかった。皆ランチを食べて、6か月後には戻って来たよ」と語っている[17]。デル・トロが撮影の中止を決めた直後、サーチライト・ピクチャーズの親会社であるウォルト・ディズニー・スタジオが正式に撮影の中止を決定した[34]。デル・トロによると、撮影が中止された時点で全体の45%の撮影が終わっており、中止期間中は映像の編集作業を行っていたという。同時に、2020年後半の撮影再開を目指し、80ページにおよぶ安全予防ガイドラインを作成していた[33]バラエティ誌によると、ブランシェットの出演シーンは撮影中止前に全て撮り終わっていたという[35]

2020年9月からトロントで撮影が再開された[36]。コレットによると、撮影現場では全員がマスクを着用し、1日に複数回手を消毒していたという[22]。また、トロントでは約4時間の映像を撮影したと語っている[22]。主要撮影は11月に終了し、続けて再撮影が行われた[37]。最終的に製作が終了したのは12月に入ってからだった[5]

公開[編集]

2021年12月1日にニューヨークのアリス・タリー・ホール英語版でワールドプレミア上映が行われ、ロサンゼルスアカデミー映画博物館英語版とトロントのTIFFベル・ライトボックス英語版でも同時上映された[38][39]。当初、公開日は2021年12月3日の予定だったが延期され、同月17日から公開された[40]。同日、サーチライト・ピクチャーズは本作のモノクロ版『Nightmare Alley: Vision in Darkness and Light』を、2022年1月14日からロサンゼルスの一部劇場で最大6日間上映することを発表した。上映後、モノクロ版が好評だったことを受け、他の都市でも追加上映することが決定した[41][42]。また、2月1日からHuluHBO Maxでストリーミング配信された[43][44]。3月20日までにHuluとHBO Maxの合計で310万世帯が視聴し、このうち210万世帯は2月8日に本作が第94回アカデミー賞にノミネートされて以降に視聴しており、ノミネート作品の中で最も多い視聴世帯数を記録する作品となった[45]

日本では当初2022年2月25日に公開予定だったが、本作と同じディズニーグループ(20世紀スタジオ)製作の『ウエスト・サイド・ストーリー』の公開日を2021年12月10日から2022年2月11日に延期した影響で、公開日が重複する『ナイル殺人事件』を同年2月25日に変更した。この煽りを受ける形で本作の公開日も同年3月25日に変更することを2021年11月15日にウォルト・ディズニー・ジャパンから発表された[1]

2022年5月6日、ウォルト・ディズニー・ジャパンは本作品を同月11日からディズニー傘下の定額制動画配信サービスであるDisney+スターにて見放題作品として追加することを発表した[46]

評価[編集]

興行収入[編集]

『ナイトメア・アリー』は木曜日のプレミア上映で22万5000ドルの興行収入を記録し、金曜日までの推定興行収入は119万ドルを記録した。オープニング成績は低調だったが、これはターゲット層が高齢者(主にCOVID-19パンデミックの影響で劇場から遠退いた年齢層)だったこと、映画ファンの関心が低かったこと、公開時期が『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』と重なったことが原因と分析されている[47][48][2]。オープニング週末の興行収入は280万ドルを記録し、週末興行成績第5位にランクインした[49][2]。観客層は男性が56%、年齢層は25歳から54歳が55%(このうち45歳以上が29%)となっている。人種層は白人63%、ヒスパニック系・ラテン系11%、アフリカ系9%、アジア系・その他17%となっている[47]。公開第2週末の興行収入は120万ドルを記録し[50][51]、公開第3週の興行収入は96万6,875ドルを記録し、週末興行成績第11位にランクダウンした[52]

批評[編集]

Rotten Tomatoesでは330件の批評に基づき支持率80%、平均評価7.5/10となっており、批評家の一致した見解は「オリジナルほどのヒットは期待できないかも知れないが、ギレルモ・デル・トロの『ナイトメア・アリー』はパルプ風味が心地良いモダン・ノワール・スリラーになっている」となっている[53]Metacriticでは51件の批評に基づき69/100のスコアを与え[54]CinemaScoreではB評価、ポストトラック英語版では好意的な評価が72%となっている[47]

オブザーバー紙マーク・カーモードは5/5の星を与え、「その傷ついたカラーパレットから描き出された狂気と退廃のスパイラルに陥る姿は、甘美でもあり恨めしくもある」と批評している[55]ジューイッシュ・クロニクルのリンダ・マリックも5/5の星を与え、「デル・トロはスタイリッシュなオールド・ハリウッドの感性にB級映画の型を混ぜ込み、私たちに魅力的で華麗なサイコスリラーを観せてくれた」と批評している[56]インデペンデント紙のクラリス・ローリーも5/5の星を与え、「デル・トロは世界観を作り上げることに関しては眠っていても可能なほどに得意だし、クーパーの繊細で壊れやすい演技は悲しみに満ちている」と批評している[57]ガーディアン紙ピーター・ブラッドショー英語版は4/5の星を与え、「陰惨な演出と奇怪な展開が楽しめる華麗なるノワール・メロドラマ」と批評している[58]

デイリー・テレグラフロビー・コリン英語版は2/5の星を与え、「折り紙レベルのオマージュだ。印象的で巧妙なやり方で折り込んでいるが、その結果はオリジナルの息吹や情熱を失った、つまらない近似に過ぎない」と批評している[59]タイムズケヴィン・メア英語版も2/5の星を与え、舞台セットの美術面を高く評価しつつ、「この大幅に引き延ばされた物語(150分もだ!)には、悪人が悪事を働くという奇妙な、文字通りのメロドラマをとてつもない時間をかけて観ているという大雑把な認識以上のものが存在しない」と批評している[60]

スティーヴン・コルベアは『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』の中で本作を取り上げ、「完璧な映画化」「最高に素晴らしいモダン・ノワール映画」と絶賛している[61]マーティン・スコセッシロサンゼルス・タイムズにエッセイを寄稿し、デル・トロの作品は「愛情と情熱を込めて」作られており、『ナイトメア・アリー』は「時代を問わずに作られてきた数多の"オマージュ"よりもフィルム・ノワールの精神に忠実である」と絶賛している[62]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
第34回シカゴ映画批評家協会賞英語版 プロダクションデザイン賞 ナイトメア・アリー ノミネート [63]
視覚効果賞
AFI賞 年間トップ10 受賞 [64]
第13回AARP大人のための映画賞英語版 監督賞 ギレルモ・デル・トロ ノミネート [65]
アンサンブル賞 ナイトメア・アリー 受賞
脚本賞 ギレルモ・デル・トロ、キム・モーガン ノミネート
助演男優賞 デヴィッド・ストラザーン
助演女優賞 ケイト・ブランシェット
第94回アカデミー賞 作品賞 ギレルモ・デル・トロ、J・マイルズ・デイル、ブラッドリー・クーパー [66]
撮影賞 ダン・ローストセン
衣裳デザイン賞 ルイス・セケイラ
美術賞 タマラ・デヴェレル英語版シェーン・ヴィア英語版
アメリカン・シネマテーク・アワード英語版 長編映画部門プロダクションデザイン/セットデコレーター賞 受賞 [67]
第36回全米撮影監督協会賞英語版 長編映画賞 ダン・ローストセン ノミネート [68]
第26回美術監督組合賞英語版 時代劇映画賞 タマラ・デヴェレル 受賞 [69]
第75回英国アカデミー賞 撮影賞 ダン・ローストセン ノミネート [70]
衣装デザイン賞英語版 ルイス・セケイラ
プロダクションデザイン賞英語版 タマラ・デヴェレル、シェーン・ヴィア
第27回放送映画批評家協会賞英語版 作品賞 ナイトメア・アリー [71][72][73]
監督賞 ギレルモ・デル・トロ
撮影賞英語版 ダン・ローストセン
衣装デザイン賞英語版 ルイス・セケイラ
プロダクションデザイン賞英語版 タマラ・デヴェレル、シェーン・ヴィア
作曲賞英語版 ネイサン・ジョンソン
メイクアップ賞英語版 ナイトメア・アリー
視覚効果賞英語版
ジョージア映画批評家協会賞英語版 プロダクションデザイン賞 タマラ・デヴェレル、シェーン・ヴィア [74]
第5回ハリウッド批評家協会賞英語版 監督賞 ギレルモ・デル・トロ [75]
プロダクションデザイン賞 タマラ・デヴェレル 受賞
第12回ハリウッドメディア音楽賞英語版 長編映画部門作曲賞英語版 ネイサン・ジョンソン ノミネート [76]
第15回ヒューストン映画批評家協会賞英語版 撮影賞英語版 ダン・ローストセン [77]
監督賞英語版 ギレルモ・デル・トロ
アンサンブル賞 ナイトメア・アリー
第27回ダラス・フォートワース映画批評家協会賞英語版 作品賞英語版 [78]
第47回ロサンゼルス映画批評家協会賞 プロダクションデザイン賞英語版 タマラ・デヴェレル 次点 [79]
第69回ゴールデン・リール賞英語版 長編映画部門音響賞英語版 ジル・パーディ、ネルソン・フェレイラ英語版 受賞 [80]
長編映画効果音/フォーリー部門音響賞英語版 ネイサン・ロビタイユ英語版、ダシェン・ナイドゥー、チェルシー・ボディ、ゴロウ・コヤマ、アンディ・マルコム ノミネート
長編音楽部門音響賞英語版 クリント・ベネット、ケヴィン・バンクス、セシル・トゥルネサック
第93回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 作品賞トップ10英語版 ナイトメア・アリー 受賞 [81]
第25回オンライン映画批評家協会賞英語版 プロダクションデザイン賞 タマラ・デヴェレル ノミネート [82]
第26回サンディエゴ映画批評家協会賞英語版 監督賞英語版 ギレルモ・デル・トロ [83]
助演女優賞英語版 ケイト・ブランシェット
脚色賞英語版 ギレルモ・デル・トロ、キム・モーガン 次点
撮影賞英語版 ダン・ローストセン ノミネート
プロダクションデザイン賞 タマラ・デヴェレル 受賞
音響賞 ネイサン・ロビタイユ ノミネート
視覚効果賞 ナイトメア・アリー
第20回サンフランシスコ・ベイエリア映画批評家協会賞英語版 プロダクションデザイン賞 タマラ・デヴェレル 受賞 [84]
撮影賞英語版 ダン・ローストセン ノミネート
第6回シアトル映画批評家協会賞英語版 プロダクションデザイン賞 タマラ・デヴェレル、シェーン・ヴィア [85]
第28回全米映画俳優組合賞英語版 助演女優賞 ケイト・ブランシェット [86]
第2回全米セットデコレーター協会賞英語版 時代劇映画部門装飾・デザイン賞英語版 タマラ・デヴェレル、シェーン・ヴィア [87]
第18回セントルイス映画批評家協会賞英語版 プロダクションデザイン賞 タマラ・デヴェレル [88]
第20回視覚効果協会賞英語版 長編映画部門補助視覚効果賞英語版 デニス・ベラルディ、ライアン・マクダフ、マーク・ハモンド、デイヴィッド・ロビー、ジェフ・ヒル [89]
第20回ワシントンD.C.映画批評家協会賞英語版 プロダクションデザイン賞英語版 タマラ・デヴェレル、シェーン・ヴィア [90]
第74回全米脚本家組合賞英語版 脚色賞英語版 ギレルモ・デル・トロ、キム・モーガン [91]

出典[編集]

  1. ^ a b スピルバーグ新作「ウエスト・サイド・ストーリー」公開延期。'22年2月へ”. AV Watch (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  2. ^ a b c d Rebecca Rubin (2021年12月19日). “Box Office: 'Spider-Man: No Way Home' Debuts to Jaw-Dropping $253 Million”. Variety. 2021年12月19日閲覧。
  3. ^ Nightmare Alley (2021)”. Box Office Mojo. IMDb. 2022年4月14日閲覧。
  4. ^ a b Nightmare Alley (2021)”. The Numbers. Nash Information Services, LLC. 2022年1月23日閲覧。
  5. ^ a b Lattanzio, Ryan (2020年12月12日). “Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley' Wraps Production with Cooper, Blanchett, Mara, and More” (英語). IndieWire. 2020年12月13日閲覧。
  6. ^ Shanfeld, Ethan (2021年9月27日). “'Licorice Pizza' Trailer: Bradley Cooper Stars in Paul Thomas Anderson's Coming-Of-Age Movie”. Variety. 2021年9月27日閲覧。
  7. ^ Searchlight Pictures [@searchlightpics] (2021年9月10日). "Nightmare Alley. A Guillermo del Toro Film. In Theaters Everywhere. December 17. @RealGDT" (ツイート). Twitterより2021年9月10日閲覧
  8. ^ ナイトメア・アリー|映画/ブルーレイ・デジタル配信|20世紀スタジオ公式” (日本語). 20th Century Studios JP. 2022年5月6日閲覧。
  9. ^ ナイトメア・アリー -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2022年6月21日). 2022年6月25日閲覧。
  10. ^ Kroll, Justin (2017年12月12日). “Guillermo del Toro Taps Scott Cooper for 'Antlers' and Sets New Project 'Nightmare Alley' (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/guillermo-del-toro-scott-cooper-antlers-nightmare-alley-1202637543/ 2020年1月25日閲覧。 
  11. ^ Chitwood, Adam (2019年8月8日). “Guillermo del Toro Reveals 'Nightmare Alley' Will Be Rated R, Won't Have Any Supernatural Elements”. Collider. 2021年6月13日閲覧。
  12. ^ Marc, Christopher (2019年4月23日). “Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley' Will See A Reunion With 'The Shape of Water' Cinematographer Dan Laustsen – Expected To Shoot In Toronto”. HN Entertainment. 2020年1月25日閲覧。
  13. ^ Alexandre Desplat to Score Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley'”. FilmMusicReporter (2021年2月24日). 2021年2月28日閲覧。
  14. ^ Malkin, Marc (2021年10月7日). “Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley' Finds New Composer After Alexandre Desplat Exits (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2021/film/news/alexandre-desplat-guillermo-de-toro-nightmare-alley-the-french-dispatch-wes-anderson-1235083085/ 2021年10月7日閲覧。 
  15. ^ Fleming, Mike Jr. (2019年4月23日). “Leonardo DiCaprio In Talks To Star In Guillermo Del Toro's 'Nightmare Alley'”. Deadline. 2020年1月25日閲覧。
  16. ^ Galuppo, Mia; Kit, Borys (2019年6月14日). “Bradley Cooper in Early Talks to Replace Leonardo DiCaprio in 'Nightmare Alley'”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/bradley-cooper-early-talks-replace-leonardo-dicaprio-nightmare-alley-1218162 2020年1月25日閲覧。 
  17. ^ a b Thompson, Ann (2021年6月13日). “How Bradley Cooper and Guillermo del Toro Bonded Over Dark Times and 'Nightmare Alley'”. Indie Wire. 2021年6月13日閲覧。
  18. ^ Kroll, Justin (2019年8月2日). “Cate Blanchett Eyes Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley' With Bradley Cooper (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2019/film/news/cate-blanchett-nightmare-alley-guillermo-del-toro-bradley-cooper-1203289472/ 2020年1月25日閲覧。 
  19. ^ Fleming, Mike Jr. (2019年9月4日). “Rooney Mara Joins Guillermo Del Toro's 'Nightmare Alley' At Fox Searchlight”. Deadline. 2020年1月25日閲覧。
  20. ^ Kit, Borys (2019年9月13日). “Toni Collette Joins Bradley Cooper in Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley'”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/toni-collette-joins-bradley-cooper-guillermo-del-toros-nightmare-alley-1239523 2020年1月25日閲覧。 
  21. ^ Kit, Borys (2019年9月27日). “David Strathairn Joins Bradley Cooper in Guillermo del Toro's Noir Thriller 'Nightmare Alley' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/david-strathairn-joins-bradley-cooper-guillermo-del-toros-noir-thriller-nightmare-alley-1243963 2020年1月25日閲覧。 
  22. ^ a b c Meares, Joel (2021年5月20日). “TONI COLLETTE SAYS SHE'S A "SUCKER FOR AN UNDERDOG" AND HER LATEST CO-STAR, A HORSE NAMED BO”. Rotten Tomatoes. 2021年6月13日閲覧。
  23. ^ Kroll, Justin (2019年10月15日). “Willem Dafoe Joins Guillermo Del Toro's 'Nightmare Alley'”. Variety. https://variety.com/2019/film/news/willem-dafoe-nightmare-alley-guillermo-del-toro-1203372201/ 2020年1月25日閲覧。 
  24. ^ Patten, Dominic (2019年11月20日). “Guillermo Del Toro's 'Nightmare Alley' Adds 'Mindhunter's Holt McCallany To Fox Searchlight Flick With Cate Blanchett & Bradley Cooper”. Deadline. 2020年1月25日閲覧。
  25. ^ Sharf, Zack (2020年1月30日). “Guillermo del Toro Begins Filming 'Nightmare Alley' With Key 'Shape of Water' Collaborators”. IndieWire. 2020年3月9日閲覧。
  26. ^ Steenburgen, Mary (2020年2月8日). “Thank you for all the beautiful birthday wishes! And for you Stepbrothers fans, Robert and Nancy, alive and in Toronto. Thank you Guillermo Del Toro for bringing us back together!”. Twitter. 2020年2月13日閲覧。
  27. ^ Power, Romina (2020年2月10日). “On the set of oscar winner Guillermo Del Toro's "Nightmare Alley" Sul set del vincitore Oscar Guillermo del Toro . Il suo nuovo film, "Nightmare Alley"”. Instagram. 2021年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月13日閲覧。
  28. ^ Anderson, Paul (2020年3月9日). “See you soon #guilmorodetoro #nightmare A. 2020 🇲🇽 🇨🇦 🇺🇸”. Instagram. 2021年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月9日閲覧。
  29. ^ Nightmare Alley”. Directors Guild of Canada. 2020年1月2日閲覧。
  30. ^ Chitwood, Adam (2020年1月22日). “'Nightmare Alley' Set Photo Reveals Filming Has Begun on Guillermo del Toro's Next Film”. Collider. 2020年1月25日閲覧。
  31. ^ McShea, Keith (2020年2月25日). “No snow in Buffalo? No problem as del Toro films 'Nightmare Alley'”. The Buffalo News. 2021年6月13日閲覧。
  32. ^ Marc, Christopher (2019年7月24日). “UPDATE: Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley' Remake Production Start Pushed To January – Hires Stunt Coordinator”. HN Entertainment. 2020年1月25日閲覧。
  33. ^ a b Sharf, Zack (2020年7月1日). “Guillermo del Toro Has Over Half of 'Nightmare Alley' Left to Shoot, Eyes Fall Return to Set”. Indie Wire. 2021年6月13日閲覧。
  34. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年3月13日). “Disney Pausing Production On Features 'Little Mermaid', 'Home Alone', 'Nightmare Alley' & More Until Coronavirus Calms Down”. Deadline Hollywood. 2020年3月15日閲覧。
  35. ^ Kroll, Justin (2020年5月11日). “Cate Blanchett Joins James Gray, Adam McKay's Next Films (EXCLUSIVE)”. Variety. 2021年6月13日閲覧。
  36. ^ DGC Ontario (Page 7)”. Directors Guild of Canada. 2020年8月17日閲覧。
  37. ^ Disney Confirms ALL Movies Shut Down For COVID Have Restarted Or Completed Filming” (英語). ScreenRant (2020年11月13日). 2020年11月24日閲覧。
  38. ^ Robert Pattinson, H.E.R. And More at the Academy Museum Premiere Party” (2021年9月30日). 2022年1月23日閲覧。
  39. ^ TIFF Advance Screening: NIGHTMARE ALLEY”. TIFF (2021年11月19日). 2021年11月27日閲覧。
  40. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年1月21日). “Searchlight Dates Sundance Acquisition 'The Night House', 'Nightmare Alley' & More For Later This Year”. Deadline Hollywood. 2021年1月21日閲覧。
  41. ^ Pedersen, Erik (2021年12月17日). “‘Nightmare Alley’ Black-And-White Release Will Ratchet Up The Noir”. Deadline Hollywood. 2022年1月21日閲覧。
  42. ^ Fleming Jr, Mike (2022年1月17日). “‘Nightmare Alley’s Bradley Cooper, Guillermo Del Toro & J Miles Dale On Leaning Into Black-And-White Version That Is Packing Specialty Houses & Broadening Its Run”. Deadline Hollywood. 2022年1月21日閲覧。
  43. ^ Guillermo del Toro’s 'Nightmare Alley' Gets Streaming Release Date on HBO Max and Hulu Next Month” (英語). Collider (2022年1月18日). 2022年1月22日閲覧。
  44. ^ Guillermo del Toro's 'Nightmare Alley' Gets Streaming Release Date on HBO Max and Hulu Next Month” (英語). Collider (2022年1月18日). 2022年1月22日閲覧。
  45. ^ D'Alessandro, Anthony (2022年3月24日). “Oscar's Halo Effect On Best Picture Nominees Dims — Not Just At Box Office But On Streaming: A Scorecard”. Deadline Hollywood. 2022年3月24日閲覧。
  46. ^ 極上のサスペンス・スリラー『ナイトメア・アリー』ディズニープラスで5月11日より見放題独占配信スタート!”. Disney+ (ディズニープラス)公式 (2022年5月6日). 2022年5月6日閲覧。
  47. ^ a b c D'Alessandro, Anthony (2021年12月20日). “Spider-Man: No Way Home Defeats Infinity War & Notches 2nd Highest Domestic Opening At The Box Office With $260M”. Deadline Hollywood. 2021年12月20日閲覧。
  48. ^ J. Kim Murphy (2021年12月18日). “Box Office: 'Spider-Man: No Way Home' Swinging to Massive $240 Million-Plus Debut After Record-Breaking Opening Day”. Variety. 2021年12月18日閲覧。
  49. ^ Domestic 2021 Weekend 51”. Box Office Mojo. 2021年12月21日閲覧。
  50. ^ Domestic 2021 Weekend 52”. Box Office Mojo. 2021年12月30日閲覧。
  51. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年12月26日). “Spider-Man: No Way Home Third-Best Christmas Ever With $31.7M US; Domestic At $467M+ & $1.05B WW – Sunday Update”. Deadline Hollywood. 2021年12月27日閲覧。
  52. ^ Domestic 2021 Weekend 53”. Box Office Mojo. 2022年1月8日閲覧。
  53. ^ NIGHTMARE ALLEY”. Rotten Tomatoes. 2022年1月24日閲覧。
  54. ^ Nightmare Alley (2021)”. Metacritic. 2022年1月22日閲覧。
  55. ^ Kermode, Mark (2022年1月23日). “Nightmare Alley review – a neo-noir knockout from Guillermo del Toro”. The Guardian. 2022年2月19日閲覧。
  56. ^ Marric, Linda (2022年1月20日). “Film review: Nightmare Alley”. The Jewish Chronicle. 2022年2月19日閲覧。
  57. ^ Loughrey, Clarisse (2022年1月20日). “Guillermo del Toro's Nightmare Alley unfurls languidly but hypnotically – review”. The Independent. 2022年2月19日閲覧。
  58. ^ Bradshaw, Peter (2022年1月20日). “Nightmare Alley review – Guillermo del Toro's fairground of fear is a class act”. The Guardian. 2022年2月19日閲覧。
  59. ^ Collin, Robbie (2022年1月20日). “Nightmare Alley, review: not even Bradley Cooper can save Guillermo del Toro's stiff, synthetic thriller” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. オリジナルの2022年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220215005636/https://www.telegraph.co.uk/films/0/nightmare-alley-review-bradley-cooper-cant-save-guillermo-del/ 2022年2月19日閲覧。 
  60. ^ Maher, Kevin (2022年1月21日). “Nightmare Alley review — too long, too bland, too derivative”. The Times. https://www.thetimes.co.uk/article/nightmare-alley-review-too-long-too-bland-too-derivative-6c0gf0kmb 2022年3月20日閲覧。 (Paid subscription required要購読契約)
  61. ^ Colbert, Stephen (11 January 2022). "1/11/22 (Bradley Cooper, Robert Finley)". The Late Show with Stephen Colbert (Television). 2022年1月16日閲覧
  62. ^ Commentary: Martin Scorsese wants you to watch 'Nightmare Alley.' Let him tell you why”. Los Angeles Times (2022年1月22日). 2022年1月31日閲覧。
  63. ^ STEVEN SPIELBERG'S WEST SIDE STORY LEADS CHICAGO FILM CRITICS ASSOCIATION 2021 AWARD NOMINATIONS”. Chicago Film Critics Association. 2022年1月25日閲覧。
  64. ^ Announcing 2021 AFI AWARDS Honorees”. 2022年1月25日閲覧。
  65. ^ AARP The Magazine Announces Nominees for the Annual Movies for Grownups® Awards” (english). MediaRoom. 2022年1月28日閲覧。
  66. ^ Oscars: Full List of Nominations”. The Hollywood Reporter (2022年2月8日). 2022年2月8日閲覧。
  67. ^ Hammond, Pete (2021年12月17日). “American Cinematheque Announces Inaugural 'Tribute To The Crafts' Film Honorees: 'Dune', 'No Time To Die', 'West Side Story', And More” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  68. ^ The American Society of Cinematographers”. theasc.com. 2022年1月29日閲覧。
  69. ^ ADG Awards Winner & Nominees” (英語). adg.org. 2022年1月29日閲覧。
  70. ^ Grater, Tom (2022年2月3日). “BAFTA Film Awards: 'Dune' & 'The Power Of The Dog' Lead Nominations”. Deadline. 2022年2月3日閲覧。
  71. ^ Television Nominations Announced for the 27th Annual Critics Choice Awards”. Critics Choice Awards. 2022年4月14日閲覧。
  72. ^ Hammond, Pete (2021年12月13日). “Critics Choice Awards Film Nominations Led By 'Belfast' And 'West Side Story'”. Deadline Hollywood. 2022年4月14日閲覧。
  73. ^ Critics Choice Awards: 'The Power Of The Dog' Wins Best Picture & Jane Campion Is Best Director; 'Ted Lasso' & 'Succession' Top TV – Full List”. Deadline Hollywood (2022年3月13日). 2022年4月14日閲覧。
  74. ^ 2021 Awards” (英語). 2022年1月29日閲覧。
  75. ^ DUNE, CODA, AND BELFAST LEAD THE 5TH ANNUAL HCA FILM AWARDS NOMINATIONS”. Hollywood Critics Association (2021年12月2日). 2021年12月2日閲覧。
  76. ^ 2021 MUSIC IN VISUAL MEDIA NOMINATIONS”. 2022年4月14日閲覧。
  77. ^ Houston Film Critics Society nominations: 'The Power of the Dog' leads” (英語). AwardsWatch (2022年1月3日). 2022年1月29日閲覧。
  78. ^ DFW FILM CRITICS NAME "POWER OF THE DOG" BEST FILM OF 2021”. Dallas-Fort Worth Film Critics Association. 2022年4月14日閲覧。
  79. ^ 47TH ANNUAL LOS ANGELES FILM CRITICS ASSOCIATION AWARDS”. LOS ANGELES FILM CRITICS ASSOCIATION. 2022年1月25日閲覧。
  80. ^ Motion Picture Sound Editors Announces 69th Annual Golden Reel Award Nominees” (英語). SHOOTonline. 2022年1月29日閲覧。
  81. ^ National Board Of Review Announces 2021 Award Winners”. Nationalboardofreview.org (2021年12月2日). 2021年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月4日閲覧。
  82. ^ Online Film Critics Society” (英語). Online Film Critics Society. 2022年1月29日閲覧。
  83. ^ 2021 San Diego Film Critics Society Award Winners” (英語). San Diego Film Critics Society (2022年1月10日). 2022年1月12日閲覧。
  84. ^ SFBAFCC 2021 Awards” (英語). The San Francisco Bay Area Film Critics Circle. 2022年1月29日閲覧。
  85. ^ The 2021 Seattle Film Critics Society (SFCS) Nominations” (英語). Next Best Picture. 2022年1月29日閲覧。
  86. ^ SAG Awards: 'House of Gucci,' 'The Power of the Dog' Lead Film Nominations”. The Hollywood Reporter (2022年1月12日). 2022年1月12日閲覧。
  87. ^ Complex, Valerie (2022年1月18日). “Set Decorators Society of America Award Nominees Revealed” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  88. ^ Neglia, Matt. “The 2021 St. Louis Film Critics Association (StLFCA) Nominations”. NextBestPicture. 2021年12月12日閲覧。
  89. ^ Tangcay, Jazz (2022年1月18日). “'Dune' and 'Encanto' Lead Visual Effects Society Nominations”. Variety. 2022年1月18日閲覧。
  90. ^ Washington DC Critics: 'Belfast,' 'The Power of the Dog' lead nominations”. AwardsWatch (2021年12月4日). 2022年4月14日閲覧。
  91. ^ 2022 Writers Guild Awards Nominees” (英語). awards.wga.org. 2022年1月29日閲覧。

関連書籍[編集]

  • 『ギレルモ・デル・トロのナイトメア・アリー ある「怪物(おとこ)」の悲しき物語とその舞台裏』訳:阿部清美、DU BOOKS、2022年3月、ISBN 978-4866471662

外部リンク[編集]