こわがることをおぼえるために旅にでかけた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

こわがることをおぼえるために旅にでかけた男(- たびにでかけたおとこ、Märchen von einem, der auszog das Fürchten zu lernen、KHM4)は、グリム童話のひとつ。こわいことを知りたくて旅にでかけた男の話などとも訳される。落語のような小品。

あらすじ[編集]

あるところに、怖がったことのないがいた。一度でいいから怖がってみたいと思った男は旅に出るが、いかつい男たちにすごまれても、幽霊に出会っても、死体を見ても怖いとは思わない。

無謀から来る勇敢さから、男はお城にかけられた魔法を解き、その褒美として王女を嫁にもらう。しかし、義父の跡を襲い王となってもなお、男は口癖のように「一度でいいからぞっとしたいもんだ」と言い続ける。

王の口癖に辟易としている王妃を見かねて、側近の侍女が「私が王様に、ぞっとするということを教えて差し上げましょう」と言う。侍女は、小川からどじょうと水を汲んで来て、寝ている王にぶちまける。王は冷たさに飛び起きて、「ああ、ぞっとする。これではじめてわかったよ、ぞっとするということが」と叫ぶ。

原文における韻[編集]

原文では「gruselte(グルーズルート:身震い)」「gruseln(グルーズルン:ゾっと)」「Gründling(グルンドリング:ヨーロッパ産のコイ科の小魚。たやすく捕まえられ、食用や魚釣の餌(えさ)用)」「gemahlin(ゲムアールン:妻)」など、似通った発音の単語が散りばめられており、特に落ちの部分で多用されている。

落ちの意味[編集]

「小魚が冷水ごと背に入りゾッとする」という落ちだけではこの物語の意味が分かりにくいが、「Gründling(グルンドリング)」は英訳すると「Gudgeon(ガッジョン:和名・タイリクスナモグリ)」であり、また「gudgeon」という単語には「かつがれやすい人、だまされやすい人、まぬけ、かも」などの意味がある。つまりこの物語の主人公のような「物事のうわべに騙されない無垢で勇気ある無鉄砲な若者」でも、「だまされやすい群集(小魚の群れ)が驚いて間近で一斉に騒がれる(ピチピチ跳ねられる)とゾッとする」という喩話の物語とも受け取る事が出来る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]