森のリトル・ギャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森のリトル・ギャング
Over the Hedge
監督 ティム・ジョンソン
キャリー・カークパトリック
脚本 レン・ブラム
ローン・キャメロン
デヴィッド・ホセルトン
キャリー・カークパトリック
原作 マイケル・フライ
T・ルイス
製作 ボニー・アーノルド
製作総指揮 ビル・ダマスキ
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
編集 ジョン・K・カー
製作会社 ドリームワークス・アニメーション
パシフィック・データ・イメージズ
配給 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 ドリームワークス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2006年5月19日
日本の旗 2006年8月5日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $336,002,996[1]
テンプレートを表示

森のリトル・ギャング』(もりのリトルギャング、原題: Over The Hedge)は、ドリームワークス製作のアニメーション映画。原作はマイケル・フライ、T・ルイスのコミック『Over the Hedge』。

概要[編集]

2006年5月19日にパラマウント・ピクチャーズの配給で上映される。やや過激な内容を含むため、MPAAはレーティングをPG指定している。

公開後初めての週末には4,093劇場で上映され、38,457,003ドルの収益が出た。2010年8月5日現在、世界で336,002,996ドルの興行収入が出ている[1]

日本語版[編集]

日本では2006年8月5日に松竹東急系で公開された。アスミック・エースエンタテインメントが配給。役所広司武田鉄矢などが吹き替えを担当している。日本版イメージソングにはBoAの「KEY OF HEART」が採用された。

2006年7月5日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにてプレミア試写会が開催。吹き替えを担当した友近博多華丸がゲストとして登場。またその模様を撮影した特別番組が映画の公開前に放送された。

ストーリー[編集]

動物たちが冬眠から目を覚ますと、森は「エル・ランチョ・キャメロット」という住宅地に開発されていた。食料の確保に困っているところに、アライグマのRJがやってきて、人間から食料を奪うことを提案する。カメのヴァーンは危険を感じて生垣の向こうへ行くことに反対するが、RJは他の動物たちをひきつれて垣根を越えてしまう。

キャスト[編集]

キャラクター 動物 声の出演 日本語版キャスト
RJ アライグマ ブルース・ウィリス 役所広司
ヴァーン
Verne
ハコガメ ギャリー・シャンドリング 武田鉄矢
ハミー
Hammy
リス スティーヴ・カレル 石原良純
ステラ
Stella
スカンク ワンダ・サイクス 友近
オジー
Ozzie
オポッサム ウィリアム・シャトナー 塚田正昭
ヘザー
Heather
オポッサム アヴリル・ラヴィーン BoA
ペニー
Penny
ヤマアラシ キャサリン・オハラ 佐藤しのぶ
ルー
Lou
ヤマアラシ ユージン・レヴィ 星野充昭
ヴィンセント
Vincent
アメリカグマ ニック・ノルティ 木村雅史
グラディス・シャープ
Gladys Sharp
ヒト アリソン・ジャニー 夏木マリ
ドウェイン
Dwayne LaFontant
ヒト トーマス・ヘイデン・チャーチ 竹山隆範
タイガー
Tiger
ヒマラヤン オミッド・ジャリリ 辻親八
バッキー
Bucky
ヤマアラシ Sami Kirkpatrick 神代知衣
クィーロ
Quillo
ヤマアラシ Madison Davenport 大前茜
スパイク
Spike
ヤマアラシ Shane Baumel 坂本千夏
ニュージェント
Nugent
ロットワイラー Brian Stepanek 落合弘治
ティミー
Timmy
ヒト Kejon Kesse 仲條友彪
警察官
Police Officer
ヒト Sean Bishop 博多華丸
  • ヘザー役のアヴリル・ラヴィーンは、本作が声優初挑戦である。また、同役の日本語吹き替えを担当したBoAは、韓国語版でも吹き替えを務めた。

作中に登場するパロディ[編集]

  • 害獣駆除業者のドウェインは、「ヴァーミネーター」(Verminator)と名乗っている。これは映画『ターミネーター』(Terminator)と害獣(Vermin)をかけたものである。
  • ドウェインの使う武器に法律上テキサス州でしか使えない「デペルター・ターボ」がある。これはテキサス州における死刑のあり方を風刺したものである。
  • オジーが死んだふりをするときに「バラのつぼみ」と呟く。これは『市民ケーン』からのセリフである。
  • ステラがグラディスの家から逃げるシーンで、タイガーが「ステラ!ステラ!」と叫ぶ。これは『欲望という名の電車』からのセリフである。
  • ヴィンセントが害獣駆除車に積まれるとき、拘束具が付けられる。これはハンニバル・レクターを模している。
  • 日本語吹き替え版のヴァーンがRJに甲羅を返せというシーンで「それ、返しなさい、バカチンが!」と言う、これはヴァーン役の武田が主演している『3年B組金八先生』の台詞である。
  • エンドクレジットの後に、グラント・ウッドの絵画「アメリカン・ゴシック」を模したショットが出る。クレジットの途中にも『スタートレックII カーンの逆襲』のパロディがある。

スタッフ[編集]

受賞[編集]

  • 監督賞
  • キャラクター・デザイン賞
  • ストーリーボーディング賞

DVD[編集]

日本では角川エンタテインメントから販売。短編CGアニメ「ハミーのどっきりブーメラン」(Hammy's Boomerang Adventure) 収録。日本語吹き替えの一部で役者が異なっている。

参照[編集]

  1. ^ a b Over the Hedge (2006)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]