ファッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファッジ

ファッジ(Fudge)は、西洋のキャンディの一種。もとはイギリス菓子で、そこからアメリカカナダオーストラリアニュージーランドに伝わった。

概要[編集]

非常に甘く、質感や食味はキャラメルによく似ているが、キャラメルより砂糖の結晶量が多いため[1]キャラメルのような粘着力はなく、しっとりとしている。噛むと口の中で崩れるほどやわらかく、食感としてはフォンダンアイシングとハードキャラメルの中間にあたる[2]

調理[編集]

大理石のスラブ上で冷却され成形されたファッジ

原材料は砂糖牛乳練乳がよく使用される)、バター。これらを完全に溶けるまでかき混ぜて116℃にまで加熱し、型に流しいれ冷やし固めると完成する[3]

フレーバーおよび同様のキャンディー[編集]

各種ファッジ

チョコレートを混ぜたものはチョコレートファッジと呼ばれ、そのほかにもメープルシロップカラメルなどさまざまなフレーバーを混ぜたものが販売されている。また、マシュマロナッツドライフルーツなどを中に混ぜ込むこともよく行われる。

ポーランドには独自のクルフカと呼ばれる物が存在し、ヨーロッパ各国で販売されている。 チョコレートやコーヒーの風味のものから、豆乳を使ったものまで存在する。

ホットファッジ(ソース)[編集]

アメリカやカナダでアイスクリームのトッピングとして使用されるホット・ファッジは本来のファッジとは関係がなく、そういった名前のチョコレート・シロップである。ホット・ファッジはアイスクリーム、とくにサンデーやパフェによく使用される。

出典[編集]

  1. ^ "お菓子の辞典(ふーほ)". お菓子の辞典ホームページ. 2021年7月10日閲覧
  2. ^ Goldstein, Darra (2015) (英語). The Oxford Companion to Sugar and Sweets. Oxford University Press. pp. 287–288. ISBN 9780199313396. https://books.google.com/books?id=jbi6BwAAQBAJ&pg=PA287 
  3. ^ 「洋菓子・和菓子・デザート百菓辞典」平成9年8月30日初版発行 東京堂出版 山本候充著 p214

参考文献[編集]

  • Jones, Charlotte Foltz (1991). Mistakes That Worked. Doubleday. ISBN 0-385-26246-9 

関連項目[編集]

  • クロテッドクリーム – 英国とアイルランドで伝統的な手作りのファッジを作るためによく使用される。
  • 練乳
  • ファッジクッキー
  • クルフカ – ファッジに似たポーランド菓子
  • バルフィ – 主に牛乳と砂糖を使用して作るインドの代表的なお菓子。ココナッツ、ニンジン、ナッツ等を加えて作られる。
  • トフィー(タフィー)
    • Knäck – スウェーデンのトフィー菓子

外部リンク[編集]