コンテンツにスキップ

イルミネーション (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イルミネーション
Illumination
以前の社名
イルミネーション・エンターテインメント(Illumination Entertainment、2007年 - 2017年)
種類
事業部門
業種 アニメーション
映画
設立 2007年 (17年前) (2007)
創業者 クリス・メレダンドリ
本社
主要人物
クリス・メレダンドリ
CEO[1]
キース・フェルドマン
COO[2]
製品 アニメーション映画
所有者 NBCユニバーサル
コムキャスト
従業員数
100人(2016年)[3]
親会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
部門 イルミネーション・ラボ[4]
ムーンライト
子会社 イルミネーション・スタジオ・パリ
ウェブサイト www.illumination.com ウィキデータを編集

イルミネーション(Illumination)は、2007年クリス・メレダンドリによって設立されたアメリカ合衆国アニメーション制作会社である。会社はメレダンドリの所有であり、ブランドはコムキャストの100%子会社であるNBCユニバーサルを通してユニバーサル・ピクチャーズが共同所有している[5][6][7]。メレダンドリは映画を製作し、ユニバーサルは資金調達と配給を行っている[6]。『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』シリーズ、『SING/シング』シリーズや、ドクター・スースの著書を基にした作品『ロラックスおじさんの秘密の種』と『グリンチ』などを手掛けている。

イルミネーションはこれまでに14本の長編映画を製作し、そのうちの8作品は、歴代アニメーション映画50位以内に入っている。また、1本あたりの平均興行収入は7億1,100万ドル。同スタジオの最高売上作品は、『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』(13億6,200万ドル)と『ミニオンズ』(11億5,900万ドル)と『怪盗グルーのミニオン大脱走』(10億3,400万ドル)であり、両作品は歴代興行収入50位以内に入っている。

歴史

[編集]

メレダンドリは2007年初頭に20世紀アニメーションブルースカイ・スタジオの社長を退任した。これらの会社では、『アイス・エイジ』『ロボッツ』『アイス・エイジ2』『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』などの映画の監督や製作総指揮を務めた。退社後、イルミネーション(当時:イルミネーション・エンターテインメント)を設立し、2010年から年に1-2本の映画を製作するNBCユニバーサルのファミリー・エンターテインメント部門としてイルミネーション・エンターテインメントを位置づけた契約が発表された[8][9]。この契約には、イルミネーションがクリエイティブ・コントロールを保持し、ユニバーサルが映画を独占的に配給することが含まれている[10][11]2011年夏、イルミネーションは『怪盗グルーの月泥棒』や『ロラックスおじさんの秘密の種』を製作したフランスのアニメーション・ビジュアルエフェクトスタジオ「マック・ガフ」のアニメーション部門を買収し、「イルミネーション・マック・ガフ」を設立した[12][13][14]

メレダンドリは、「厳格なコスト管理とヒットアニメは互いに排他的なものではない」との認識のもと、イルミネーションを低コストモデルに固執させたいと考えていた。製作費が1億ドルを超えることが多い映画業界で、『怪盗グルーの月泥棒』の6900万ドルの予算と『イースターラビットのキャンディ工場』の6300万ドルの予算を考えると、イルミネーションの最初の2作品はかなり低い予算で完成している。効率的な財務モデルを維持する方法の一つに、コストを意識したアニメーション技術を採用することで、コンピュータグラフィックスの費用とレンダリング時間を削減することがある[15]

ピクサー・アニメーション・スタジオとは異なり、初期の頃のイルミネーションは、映画を作成するために監督や脚本家のコアグループに依存していた。『怪盗グルーの月泥棒』で監督を務めたピエール・コフィンクリス・ルノーは、『ロラックスおじさんの秘密の種』『怪盗グルーのミニオン危機一発』『ミニオンズ』『ペット』『怪盗グルーのミニオン大脱走』でも監督または共同監督を務めた。脚本家のシンコ・ポールとケン・ダウリオは、『怪盗グルーの月泥棒』『イースターラビットのキャンディ工場』『ロラックスおじさんの秘密の種』『怪盗グルーのミニオン危機一発』『ペット』『怪盗グルーのミニオン大脱走』を、ブライアン・リンチ英語版は『イースターラビットのキャンディ工場』『ミニオンズ』『ペット』で脚本または共同脚本を務めた。

2012年9月には、フジテレビ(フジテレビムービー)と国際的戦略提携を締結。これにより、同年9月7日公開の『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』以降、同局が制作に関与する映画作品のアバンタイトル冒頭のフジテレビムービーのロゴにミニオンが登場する他、イルミネーションが制作する作品の脚本や登場人物などの制作面においての意見交換や映像制作の企画・クリエイティブの提案を相互で実施されることになっている[9]

2016年8月22日、NBCユニバーサルは競合スタジオのドリームワークス・アニメーションを買収し、メレダンドリを両スタジオの監督に任命した[16][17][18]

2022年9月23日、イルミネーションは、元Netflixのアダルトアニメーションの責任者マイク・ムーンをシニアクリエイティブアドバイザーとして採用し、ムーン率いる新レーベル「ムーンライト」を設立し、「ファミリージャンルを超えたアニメーションを制作」することを発表した[19][20]

作品

[編集]

同スタジオ初の映画『怪盗グルーの月泥棒』は2010年7月9日に米国で公開され、初週末に5,600万ドルを獲得し、国内2億5,100万ドル、全世界5億4,300万ドルの興行収入を記録するなど、商業的にも成功を収めた。スタジオの最初の続編である『怪盗グルーのミニオン危機一発』は、2013年7月3日に米国で公開され、全世界で9億7,000万ドル以上を記録し、2013年のアニメ映画としては2番目の高収益を記録し、100年の歴史の中で最も収益を上げたユニバーサル・ピクチャーズ作品としての記録を更新した[21][22]2017年6月30日に公開された『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、10億ドルの興行収入を記録した2作目の作品となり、2週目の劇場公開で4,536館という過去最高の劇場数を記録した。

2020年に『ミニオンズ フィーバー』の公開が予定されていた[23]が、フランスにおけるコロナウィルス感染拡大にともない2021年への公開延期が決定、その後、再延期がアナウンスされた。2022年7月に改めて公開された。

2021年12月22日には『SING/シング: ネクストステージ』が公開された。

2023年4月には任天堂とのコラボレーションとしてマリオシリーズを原作としたアニメ映画である『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が公開され、世界歴代興行収入にて15位。洋画アニメーション映画としてはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの作品『アナと雪の女王2』に続く2位。イルミネーション作品としてもっともヒットした作品になった。また、イルミネーションは、頻繁にコラボレーションをしているミュージシャンのファレル・ウィリアムスと協力して、ゼロから作るオリジナルのアニメーション映画の製作を予定している[24]

作品

[編集]

長編映画

[編集]

公開済みの作品

[編集]
# 題名 米公開日 日本公開日 製作費 興行収入 RT MC
1 怪盗グルーの月泥棒
Despicable Me
2010年
7月9日
2010年
10月29日
$69,000,000 $543,113,985 80% 72
2 イースターラビットのキャンディ工場
Hop
2011年
4月1日
2011年
8月19日
$63,000,000 $183,953,723 24% 41
3 ロラックスおじさんの秘密の種
The Lorax
2012年
3月2日
2012年
10月6日
$70,000,000 $348,840,316 54% 46
4 怪盗グルーのミニオン危機一発
Despicable Me 2
2013年
7月3日
2013年
9月21日
$76,000,000 $970,761,885 75% 62
5 ミニオンズ
Minions
2015年
7月10日
2015年
7月31日
$74,000,000 $1,159,398,397 56% 56
6 ペット
The Secret Life of Pets
2016年
7月8日
2016年
8月11日
$75,000,000 $875,457,937 71% 61
7 SING/シング
Sing
2016年
12月21日
2017年
3月17日
$75,000,000 $634,151,679 71% 59
8 怪盗グルーのミニオン大脱走
Despicable Me 3
2017年
6月30日
2017年
7月21日
$80,000,000 $1,034,799,409 59% 49
9 グリンチ
The Grinch
2018年
11月9日
2018年
12月14日
$75,000,000 $511,595,957 59% 51
10 ペット2
The Secret Life of Pets 2
2019年
6月7日
2019年
7月26日
$80,000,000 $431,058,415 60% 55
11 SING/シング: ネクストステージ
Sing 2
2021年
12月22日
2022年
3月18日
$85,000,000 $408,398,852 72% 49
12 ミニオンズ フィーバー
Minions: The Rise of Gru
2022年
7月1日
2022年
7月15日
$80,000,000 $939,628,210 70% 56
13 ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー
The Super Mario Bros. Movie
2023年
4月5日
2023年
4月28日
$100,000,000 $1,361,767,338 59% 46
14 FLY!/フライ!
Migration
2023年
12月22日
2024年
3月15日
$72,000,000 $281,997,060 72% 56
15 怪盗グルーのミニオン超変身
Despicable Me 4
2024年
7月3日
2024年
7月19日

公開前の作品

[編集]
# 題名 米公開日 日本公開日 出典
16 ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービーの無題の続編
Untitled The Super Mario Bros. Movie Sequel
2026年
4月3日
2026年
4月24日
[25][26][27]
17
Minions 3
2027年
6月30日
TBA [28]

企画中の作品

[編集]
題名 出典
ビッグツリー(原題)
Big Tree
[29]
ペット3(原題)
The Secret Life of Pets 3
[30]
SING/シング3(原題)
Sing 3
[31]
タイトル未定のファレル・ウィリアムスの映画
Untitled Pharrell Williams film
[32][33]

短編映画

[編集]
# 邦題 原題 公開日 収録作品 備考
1 みんなで模様替え Home Makeover 2010年12月14日 怪盗グルーの月泥棒 DVD・Blu-rayに収録
2 ミニオンのお仕事 Orientation Day
3 バナナ Banana
4 N/A Brad & Gary[34][35][36] 2011年07月01日 N/A 劇場公開
5 フィルのダンスパーティー Phil's Dance Party 2012年03月23日 イースターラビットのキャンディ工場 DVD・Blu-rayに収録
6 ワンスラーの馬車 Wagon Ho! 2012年08月07日 ロラックスおじさんの秘密の種
7 トフッフラの森探検マップ Forces of Nature
8 種を植えよう Serenade
9 ミニオンの子犬 Puppy 2013年12月10日 怪盗グルーのミニオン危機一発
10 郵便室危機一発 Panic in the Mailroom
11 アグネスの自転車 Training Wheels
12 クロミニオン Cro Minion 2015年12月08日 ミニオンズ
13 ライバル Competition
14 ピンキー・ネルソンの大冒険 Binky Nelson Unpacified
15 ミニオンズ:アルバイト大作戦 Mower Minions 2016年07月08日 ペット 劇場公開
16 NTV:ノーマン・テレビジョン Norman Television 2016年12月06日 DVD・Blu-rayに収録
17 弱虫なティミー Weenie
18 グンターの子守 Gunter Babysits 2017年03月21日 SING/シング
19 ひと目惚れの恋 Love at First Sight
20 エディのライフコーチ Eddie's Life Coach
21 カイルの秘密の生活 The Secret Life of Kyle 2017年12月05日 怪盗グルーのミニオン大脱走
22 ミニオンのミニミニ脱走 Yellow is the New Black 2018年11月09日 グリンチ 劇場公開
23 ある冬の日のマックス The Dog Days of Winter 2018年11月23日 トロールズ みんなのハッピーホリデー!英語版 テレビ放映
24 ミニオンのクリスマス大騒動 Santa's Little Helpers 2019年02月05日 グリンチ DVD・Blu-rayに収録
25 スーパー・ギジェットのラブラブ救出作戦 Super Gidget 2019年08月27日 ペット2
26 ミニオンのキャンプで爆笑大バトル Minion Scouts
27 ミニオンとモンスター Minions & Monsters 2021年06月11日 ミニオンズ フィーバー テレビ放映/DVD・Blu-rayに収録
28 グンター・アイズ・オンリー For Gunter's Eyes Only 2022年03月29日 SING/シング: ネクストステージ DVD・Blu-rayに収録
29 アニマル・アトラクション Animal Attraction
30 ポストモダン・ミニオン Post Modern Minion 2022年09月06日 ミニオンズ フィーバー
31 N/A Penglai 2022年09月16日 N/A 限定公開
32 ミニオンの月世界 Mooned 2023年12月22日 FLY!/フライ! 劇場公開
33 フライ・ハード Fly Hard 2024年02月27日 DVD・Blu-rayに収録
34 真夜中のミッション Midnight Mission

テレビスペシャル

[編集]
# 題名 放送日 ネットワーク 短編作品集
1 Minions Holiday Special 2020年11月27日 NBC ミニオンのクリスマス大騒動、アグネスの自転車、ミニオンの子犬、ミニオンのキャンプで爆笑大バトル
2 Minions & More 1 2022年09月22日 Netflix ミニオンの子犬、ある冬の日のマックス、ミニオンのキャンプで爆笑大バトル、NTV:ノーマン・テレビジョン、アグネスの自転車、ひと目惚れの恋、カイルの秘密の生活、弱虫なティミー、トフッフラの森探検マップ、ミニオンのクリスマス大騒動
3 Minions & More 2 2022年11月08日 ミニオンズ:アルバイト大作戦、スーパー・ギジェットのラブラブ救出作戦、ミニオンのミニミニ脱走、エディのライフコーチ、ライバル、種を植えよう、クロミニオン、ワンスラーの馬車、ピンキー・ネルソンの大冒険、郵便室危機一発、グンターの子守

Webシリーズ

[編集]
# 邦題 原題 初回放送日 最終回放送日 ネットワーク
1 サタデーモーニングミニオンズ Saturday Morning Minions 2021年06月05日 2022年03月05日 Facebook
Instagram
2 N/A Who's Who? 2023年07月13日 継続中 TikTok
YouTube
3 N/A Bones Story TBA TBA

アトラクション

[編集]
# 日本語名 原語名 オープン日
1 ミニオン・ハチャメチャ・ライド Despicable Me Minion Mayhem フロリダ 2012年7月2日
ハリウッド 2014年4月12日
日本 2017年4月21日
北京 2021年9月20日
シンガポール 建設中
2 ペット: オフ・ザ・リーシュ! The Secret Life of Pets: Off the Leash! ハリウッド 2021年4月16日

ビデオゲーム

[編集]
タイトル 発売日 プラットフォーム 開発者 出版社
Despicable Me: The Game[37][38][39] 2010 PlayStation 2, Wii, Playstation Portable Monkey Bar Games D3Publisher
Despicable Me: The Game - Minion Mayhem[40][41][42] Nintendo DS WayForward
Hop: The Movie[43] [44] 2011 Engine Software B.V. 505 Games Ltd.
Despicable Me: Minion Rush[45] 2013 IOS, Android Gameloft Gameloft
Minions Paradise [46] 2015 Electronic Arts Electronic Arts
The Secret Life of Pets: Unleashed[47] 2016

メディア・フランチャイズ

[編集]
題名 長編映画
作品数
期間
怪盗グルー
Despicable Me
7 2010年 - 2024年
ペット
The Secret Life of Pets
2 2016年 - 2019年
SING/シング
Sing
2 2016年 - 2021年
ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー
The Super Mario Bros. Movie
2 2023年 - 2026年

未制作の映画

[編集]
邦題 原題 説明
エミリー・ザ・ストレンジ Emily the Strange 2000年以来、ロブ・レーガーはエミリーの長編映画化を試みてきた。 2005年、20世紀アニメーションは、クリス メレダンドリとジョン コーエンをプロデューサーに迎え、実写/アニメーション長編映画の制作に着手した。[48][49] ダークホース・エンターテインメントのマイク・リチャードソンが 2008 年にプロデューサーとして参加した。[50] 同年、映画がユニバーサル・スタジオ所有のイルミネーション・エンターテイメントとスタジオの創設者であるメレダンドリとコーエンに移管されたことが非公式に報告された。[51] 2010年9月、ユニバーサル・スタジオがコミックの権利を取得し、女優クロエ・グレース・モレッツがエミリー役にキャスティングされた。[52] 白雪姫と鏡の女王の脚本を書いたメリサ・ウォラックは、翌年8月に脚色を書くために雇われた。[53] 2か月後、この映画が実際にイルミネーション・エンターテインメントで制作されていることが確認された。[54] キーラン・オルークは映画の脚本を書き直すために連れてこられた。[55] 2016 年 12 月までにユニバーサルはプロジェクトを放棄し、ダークホース エンターテイメントと Amazon Studios はアニメーション映画を製作する交渉を行っていた。[56]
フラニマル Flanimals Flanimals の書籍シリーズに基づいた 3D コンピュータアニメーション長編映画が、2009年 4 月までにイルミネーションで制作されていた。シリーズのクリエイター リッキー・ジャーヴェ が製作総指揮を務める予定で、主人公の声も担当する予定だった。マット・セルマン (The Simpsons) が脚本を書き上げたが、このプロジェクトは後に製作スケジュールから削除された。[57][58]
ウォーリーをさがせ! Where's Waldo? 2009 年 6 月、ユニバーサルとイルミネーションは、『ウォーリーはどこ?』の映画化権を取得した。この作品は実写映画化され、クリス メレダンドリとクラシック メディア (現ドリームワークス クラシックス) のエグゼクティブ プロデューサー エリック エレンボーゲンがプロデュースする予定でしたが、ドリームワークス・アニメーション が 2012 年にクラシック メディアを買収したため、このプロジェクトは後にキャンセルされた。[59][60]
Untitled Cryptozoology film 2009 年 12 月、イルミネーションは、俳優兼コメディアンの ジャック・ブラック とジェイソン ミカレフによる 暗号動物学 に関する提案に基づいたアニメーション映画を制作していた。未確認動物学 とは、存在が確認されていない伝説の生き物 (つまり、 ネス湖の怪物 または ビッグフット)。ブラックは、自身の製作会社エレクトリック・ダイナマイトを通じて、ベン・クーリーとクリス・メレダンドリとともにこの映画をプロデュースするつもりだった。さらに、ブラックは、ドリームワークス アニメーションの カンフー・パンダ のように、キャラクターに声を提供するつもりはなかった。[61]
おさるのジョージ Curious George 2010年7月までに、イルミネーションはラリー・スタッキーが脚本を執筆し、『おさるのジョージ』に基づく実写とアニメーションによる映画の製作を進めていたが、2015年11月に映画プロジェクトは中止された。[62][63]
PLUTO Pluto 2010年10月、イルミネーション・エンタテインメントと手塚プロダクションは共同で、日本の漫画シリーズPlutoの実写/コンピュータアニメーション映画を開発すると発表した。[64]
アダムス・ファミリー The Addams Family 2010年に、ユニバーサルとイルミネーションはアダムス・ファミリーの映画に関する基礎的な権利を取得した。[65] この映画はチャールズ・アダムスの原画を基にしたストップモーション・アニメーション映画として企画された。 ティム・バートンはこの映画の共同脚本と共同製作を予定しており、監督も務める可能性がある。[66] 2013年7月までに映画はキャンセルされた。これを作られていれば、イルミネーション初のストップモーション・アニメーション映画となるはずだった。[67] 最終的に、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーがこの映画の権利を獲得し、ソーセージ・パーティーの監督のグレッグ・ティアナンと元ドリームワークス・アニメーションのスタッフのコンラッド バーノンが監督を務めるコンピューター・アニメーション映画が2019年に公開された。[68] ユニバーサルは、この映画の全世界での映画公開に関する配給権と映像ソフトの販売権を獲得した。
アグリードール Uglydolls 2011 年 5 月、イルミネーションはアグリドールズに長編アニメーション映画を製作する権利を取得したが、このプロジェクトは実現しませんでした。アグリドールに基づくアニメーション映画は、STXfilms が制作した初のファミリー向けアニメーション プロジェクトとなり、2019 年 5 月に公開された。[69][70][71]
ウッディー・ウッドペッカー Woody Woodpecker 2011年11月までに、ユニバーサルとイルミネーションはウッディー・ウッドペッカーの長編映画を計画した。ジョン・アルトシュラーとデイブ・クリンスキー(キング・オブ・ザ・ヒル)はストーリー製作について交渉中だったが、2013年7月にイルミネーションはプロジェクトをキャンセルした。[72][73] この映画は最終的に2017年に実写とCGIのハイブリッド映画として公開された。
キャット イン ザ ハット The Cat in the Hat 2012年3月、同名の本のアニメ映画化作品『ロラックスおじさんの秘密の種』の経済的成功を受けて、ユニバーサルとイルミネーションは、『帽子をかぶった猫』のコンピュータアニメ化作品を製作する計画を発表した。[74] ロブ・リーバーが脚本を書き、クリス・メレダンドリがプロデューサー、オードリー・ガイゼルが製作総指揮を務める予定だったが、このプロジェクトは実現しなかった。[75] 2018年1月までに、ワーナー・アニメーション・グループは、スース・エンタープライゼスとのクリエイティブ・パートナーシップの一環として、2025年に公開される予定のアニメーション映画『Cat in the Hat』の開発を進めている。[76]
でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード Clifford the Big Red Dog 2012年5月、ユニバーサルとイルミネーションは、おおきいあかい クリフォードの書籍シリーズに基づいた実写/アニメーション長編映画の製作を開始した。マット・ロペスが脚本を書くために雇われ、クリス・メレダンドリとデボラ・フォルテが映画のプロデュースを担当した。[77]2013年7月、イルミネーションはプロジェクトを中止した。[78] その後、パラマウント・ピクチャーズがこの映画の権利を取得し、現在進行中の新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる何度かの延期を経て、最終的に2021年11月10日に公開された。[79][80][81]
ジョニー・エクスプレス Johnny Express 2015年、ユニバーサルとイルミネーションは、韓国のCGI短編アニメーション『Johnny Express』を長編アニメーション映画化する計画を立てた。[82][83]

評価

[編集]

アカデミー賞

[編集]
作品 カテゴリー 受賞者 結果
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発 長編アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン、クリス・メレダンドリ ノミネート
歌曲賞 ファレル・ウィリアムス「Happy

ゴールデングローブ賞

[編集]
作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発
2016年 SING/シング ガース・ジェニングス
主題歌賞 ライアン・テダー、スティーヴィー・ワンダー、フランシス・アンド・ザ・ライツ「Faith英語版

アニー賞

[編集]
作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 長編作品賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、ジョン・コーエン ノミネート
長編作品声優賞 スティーヴ・カレル
長編作品キャラクター・デザイン賞 カーター・グッドリッチ
長編作品監督賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン
長編作品音楽賞 ファレル・ウィリアムス、ヘイター・ペレイラ
長編作品美術賞 ヤーロウ・チェイニー、エリック・ギヨン
2011年 イースターラビットのキャンディ工場 実写作品キャラクター・アニメーション賞 アンドリュー・アーネット
2012年 ロラックスおじさんの秘密の種 長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン、ヤーロウ・チェイニー、コリン・スティンプソン
長編作品音楽賞 ジョン・パウエル、ケン・ダウリオ、シンコ・ポール
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発 長編作品賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
テレビコマーシャル作品賞 怪盗グルーのミニオン危機一発 受賞
長編作品声優賞 スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、ピエール・コフィン ノミネート
長編作品キャラクター・アニメーション賞 ジョナサン・デル・ヴァル
長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン
長編作品監督賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン
長編作品音楽賞 ファレル・ウィリアムス、ヘイター・ペレイラ
長編作品美術賞 ヤーロウ・チェイニー、エリック・ギヨン
長編作品絵コンテ賞 エリック・ファベラ
2015年 ミニオンズ 長編作品視覚効果賞 フランク・バラダット、アントニン・セドゥー、ミロ・リカランド、ニコラ・ブラック
長編作品声優賞 ジョン・ハム、ピエール・コフィン
長編作品美術賞 エリック・ギヨン
長編作品キャラクター・デザイン賞
長編作品キャラクター・アニメーション賞 ヒケム・アルファウイ
長編作品絵コンテ賞 ハビブ・ルーアティ
2016年 ペット 長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン
長編作品音楽賞 アレクサンドル・デスプラ
SING/シング ジョビー・タルボット
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走 長編作品賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
長編作品視覚効果賞 ブルーノ・ショーファード、フランク・バラダット、ニコラ・ブラック、ミロ・リッカランド
長編作品キャラクター・デザイン賞 エリック・ギヨン
2018年 グリンチ 長編作品音楽賞 ダニー・エルフマン、タイラー・ザ・クリエイター
長編作品絵コンテ賞 ハビブ・ルーアティ
長編作品編集賞 クリス・カルタヘナ
2019年 ペット2 長編作品声優賞 ジェニー・スレイト
長編作品編集賞 ティファニー・L・カーツ
2021年 SING/シング: ネクストステージ 長編作品賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー

英国アカデミー賞

[編集]
作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発
2015年 ミニオンズ ピエール・コフィン、カイル・バルダ

放送映画批評家協会賞

[編集]
作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 アニメ映画賞 クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発
楽曲賞 ファレル・ウィリアムス「Happy」
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走 アニメ映画賞 ピエール・コフィン、カイル・バルダ
2018年 グリンチ スコット・モシャー、ヤーロウ・チェイニー

全米製作者組合賞

[編集]
作品 カテゴリー 受賞者 結果
2010年 怪盗グルーの月泥棒 長編作品プロデューサー賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、ジョン・コーエン ノミネート
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
2015年 ミニオンズ
2016年 ペット
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走
2018年 グリンチ
2021年 SING/シング: ネクストステージ

視覚効果協会

[編集]
作品 カテゴリー 受賞者 結果
2013年 怪盗グルーのミニオン危機一発 長編作品視覚効果賞 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー、クリス・ルノー、ピエール・コフィン ノミネート
2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走 ピエール・コフィン、ピエール・コフィン、カイル・バルダ、エリック・ギヨン
長編作品キャラクター賞 エリック・ギヨン、ブルーノ・デキエ、ジュリアン・ソレ、ベンジャミン・フォーネット
長編作品環境制作賞 アクセル・デ・クーマン、ピエール・ロペス、ミロ・リッカラン、ニコラ・ブラック
フォトリアルまたはアニメーションプロジェクト賞 エリック・ギヨン、フランソワ・グザヴィエ・ルペワントル、ギョーム・ブーデビル、ピエール・ロペス
長編作品エフェクトシミュレーション賞 ブルーノ・ショーファール、フランク・バラダ、ミロ・リッカラン、ニコラ・ブロック
2018年 グリンチ 長編作品視覚効果賞 ピエール・ルドゥック、ジャネット・ヒーリー、ブルーノ・ショーファール、ミロ・リカラン
長編作品キャラクター賞 ダヴィッド・ガランテ、フランソワ・ブーダイル、オリヴィエ・ルフィン、ヤロー・チェイニー
長編作品環境制作賞 ロイック・ラストゥ、ルドヴィック・ラミエール、アンリ・ドゥレール、ニコラ・ブロック
長編作品エフェクトシミュレーション賞 エリック・カルメ、ニコラ・ブリス、ミロ・リッカランド
2021年 SING/シング: ネクストステージ 長編作品視覚効果賞 パトリック・デラージュ、ナタリー・ヴァンカウエンベルヘ、クリストフ・ルードレ、ボリス・ジャク
長編作品視覚効果協会賞 リュドヴィク・ラミエール、テオ・リボアレン、アンリ・デルエ、フレデリック・マイニル(クリスタルシアター)
長編作品エフェクトシミュレーション賞 リチャード・アデノ、ギヨーム・ゲイ、フレデリック・バルス-グリ、アントワーヌ・ブレモン

脚注

[編集]

注釈

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ Gaita, Paul (2017年12月5日). “Illumination's Chris Meledandri Melds Together Cinematic Art and Cutting-Edge Technology”. Variety. オリジナルの2018年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180331035829/http://variety.com/2017/film/spotlight/meldandri-illuminates-world-animation-1202630448/ 2018年3月30日閲覧。 
  2. ^ Lang, Brent (2020年3月5日). “Illumination Taps Keith Feldman as COO (EXCLUSIVE)”. Variety. オリジナルの2020年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200306163656/https://variety.com/2020/film/news/illumination-keith-feldman-despicable-me-1203524844/ 2020年3月7日閲覧。 
  3. ^ Richford, Rhonda (2016年12月9日). “An Inside Look at Illumination's 24/7 Operation, From L.A. to Paris”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2019年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190512123456/https://www.hollywoodreporter.com/news/how-illumination-entertainment-runs-24-7-la-paris-953233 2018年3月30日閲覧。 
  4. ^ Illumination Partners With Streetwear Brand Brain Dead For Experimental Short Films”. Cartoon Brew (2021年4月5日). 2024年1月14日閲覧。
  5. ^ Debruge, Peter (2013年7月17日). “Illumination Chief Chris Meledandri Lines Up Originals for Universal” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  6. ^ a b Illumination's Chris Meledandri Talks Success Secrets, Rumors He'll Head DreamWorks | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月15日閲覧。
  7. ^ Staff, Fast Company (2017年2月13日). “Why Illumination Entertainment Is One Of The Most Innovative Companies Of 2017” (英語). Fast Company. 2020年12月15日閲覧。
  8. ^ Fritz, Gabriel Snyder,Ben (2007年1月18日). “Family films for Universal” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  9. ^ a b フジTV 米国の新鋭アニメーション会社イルミネーションと戦略的提携”. 2014年3月15日閲覧。
  10. ^ Fleming, Michael (2008年3月6日). “Meledandri, Universal team on deals” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  11. ^ 「PLUTO」ハリウッド実写CG映画化決定 イルミネーション/ユニバーサル.”. 2014年3月15日閲覧。
  12. ^ Jr, Mike Fleming (2011年11月14日). “Universal Pictures Buys Paris Animation Unit For Chris Meledandri's Illumination” (英語). Deadline. 2020年12月15日閲覧。
  13. ^ ILLUMINATION MAC GUFF (PARIS 15) Chiffre d'affaires, résultat, bilans sur SOCIETE.COM - 533478434”. www.societe.com. 2020年12月15日閲覧。
  14. ^ Keslassy, Elsa (2011年12月12日). “Universal benefit in Mac Guff accord” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  15. ^ Barnes, Brooks (2011年4月4日). “For Illumination Entertainment, Animation Meets Economic Reality (Published 2011)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2011/04/04/business/media/04illumination.html 2020年12月15日閲覧。 
  16. ^ Facebook (2016年4月28日). “Comcast's NBCUniversal buys DreamWorks Animation in $3.8-billion deal” (英語). Los Angeles Times. 2020年12月15日閲覧。
  17. ^ NBCUniversal Unveils New DreamWorks Annimation Senior Management | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月15日閲覧。
  18. ^ McNary, Dave (2016年8月22日). “Comcast Completes $3.8 Billion Purchase of DreamWorks Animation” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  19. ^ D'Alessandro, Anthony (2022年9月23日). “Illumination Teams With Mike Moon To Launch New Label Moonlight” (英語). Deadline. 2022年12月8日閲覧。
  20. ^ Lang, Brent (2022年9月23日). “Illumination Taps Former Netflix Adult Animation Chief Mike Moon to Start Moonlight Label” (英語). Variety. 2022年12月8日閲覧。
  21. ^ Despicable Me 2”. Box Office Mojo. 2020年12月15日閲覧。
  22. ^ NBCUniversal CEO: 'Despicable Me 2' Will Be Most Profitable Film in Universal's History | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年12月15日閲覧。
  23. ^ Tartaglione, Nancy (2020年4月1日). “‘Minions: The Rise Of Gru’, ‘Sing 2’ Set New 2021 Release Dates; ‘Wicked’ Still Brewing Slot” (英語). Deadline. 2020年12月15日閲覧。
  24. ^ Lang, Brent (2018年11月6日). “Inside Illumination’s Plans for Animated ‘Super Mario Bros.’ Movie” (英語). Variety. 2020年12月15日閲覧。
  25. ^ Nintendo Rumored to Be Developing Luigi and Zelda Movies With Illumination” (英語). Gaming. 2024年2月23日閲覧。
  26. ^ Mario Movie Just The Beginning Of Nintendo & Illumination's "Rewarding Collaboration"” (英語). Nintendo Life (2023年4月7日). 2024年2月23日閲覧。
  27. ^ Universal Confirms 'Super Mario Bros' Will Become A Franchise” (英語). CultureSlate. 2024年2月24日閲覧。
  28. ^ 『ミニオンズ3』決定、2027年6月30日US公開 | THE RIVER”. theriver.jp (2024年7月12日). 2024年7月12日閲覧。
  29. ^ Brian Selznick Book 'Big Tree,' Inspired by a Steven Spielberg and Chris Meledandri Idea, Set for Publication in 2023”. The Hollywood Reporter (2022年6月9日). 2023年7月10日閲覧。
  30. ^ "The Not Despicable Producer of Despicable Me". The Gary and Kenny Show (Podcast). 2023年7月10日閲覧
  31. ^ 'Shrek 5' With Original Cast, Donkey Spinoff With Eddie Murphy, 'Sing 3' and More Teased by Illumination's Chris Meledandri (EXCLUSIVE)” (英語). Variety (2023年4月4日). 2023年7月10日閲覧。
  32. ^ In Dismal Summer, 'Despicable Me 3' Producer Delivers $1 Billion”. Bloomberg Businessweek. Bloomberg L.P. (2017年9月12日). 2017年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月10日閲覧。
  33. ^ Lang, Brent (2018年11月6日). “Inside Illumination's Plans for Animated 'Super Mario Bros.' Movie”. Variety. https://variety.com/2018/film/news/super-mario-bros-animated-movie-illumination-1203021006/ 2023年7月10日閲覧。 
  34. ^ Brad & Gary | SIFF Cinema Year Round | Pierre Coffin | France < Films”. archive.is (2013年2月22日). 2020年12月15日閲覧。
  35. ^ Brad & Gary (2011) - IMDb, http://www.imdb.com/title/tt2244747/ 2020年12月15日閲覧。 
  36. ^ Facebook (2013年2月2日). “40th Annie Award nominees and winners list” (英語). Los Angeles Times. 2020年12月15日閲覧。
  37. ^ https://www.metacritic.com/game/despicable-me-the-game/
  38. ^ Despicable Me Review - Review”. Nintendo World Report. 2024年2月20日閲覧。
  39. ^ Life, Nintendo (2010年9月10日). “Review: Despicable Me: The Game (Wii)” (英語). Nintendo Life. 2024年2月20日閲覧。
  40. ^ https://www.metacritic.com/game/despicable-me-the-game-minion-mayhem/
  41. ^ Despicable Me: Minion Mayhem Review” (英語). GameSpot. 2024年2月20日閲覧。
  42. ^ Life, Nintendo (2011年1月14日). “Review: Despicable Me: The Game - Minion Mayhem (DS)” (英語). Nintendo Life. 2024年2月20日閲覧。
  43. ^ https://www.metacritic.com/game/hop-the-movie-game/
  44. ^ Hop: The Movie (2011)” (英語). MobyGames. 2024年2月20日閲覧。
  45. ^ https://minionrush.com
  46. ^ Arts, Electronic (2015年4月6日). “Welcome to Paradise, Minions Fans” (英語). Electronic Arts Inc.. 2024年2月20日閲覧。
  47. ^ https://news.ea.com/press-releases/press-releases-details/2016/The-Secret-Life-of-Pets-Unleashed-Available-Now-on-Mobile-Devices/default.aspx
  48. ^ “Emily The Strange Heads For The Big Screen”. (2005年6月29日). http://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=16913 2011年10月7日閲覧。 
  49. ^ Laporte, Nicole (2005年9月29日). “Fox brewing 'Strange' pic”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117929995 2011年10月7日閲覧。 
  50. ^ Sciretta, Peter (2008年5月30日). “Emily the Strange – The First Movie Adapted From a Sticker?”. Slash Film. http://www.slashfilm.com/emily-the-strange-the-first-movie-adapted-from-a-sticker/ 2011年10月7日閲覧。 
  51. ^ Issue 639”. Production Weekly (2008年12月11日). 2011年10月7日閲覧。
  52. ^ Fleming, Mike (2010年9月23日). “Chloe Moretz Will Be 'Emily The Strange'”. Deadline. http://www.deadline.com/2010/09/chloe-moretz-will-be-emily-the-strange/ 2011年10月7日閲覧。 
  53. ^ Kit, Borys (2011年8月2日). “'Snow White' Writer to Pen Universal's 'Emily the Strange' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/snow-white-writer-pen-universals-218214 2011年12月14日閲覧。 
  54. ^ Kit, Borys (2011年10月6日). “Johnny Depp to Become Dr. Seuss for Illumination and Universal (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/risky-business/johnny-depp-dr-seuss-universal-illumination-245072 2011年10月7日閲覧。 
  55. ^ Kealan O'Rourke to Rewrite Chloe Moretz Movie 'Emily the Strange' (Exclusive)”. Thewrap.com (2013年9月27日). 2013年11月7日閲覧。
  56. ^ Kit, Borys (2016年12月6日). “'Emily the Strange' Animated Movie in the Works at Amazon Studios (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/emily-strange-animated-movie-works-at-amazon-studios-953422 2016年12月7日閲覧。 
  57. ^ Fleming, Michael (2009年4月28日). “Gervais' 'Flanimals' heads to bigscreen”. Variety. https://www.variety.com/article/VR1118002966 2010年8月14日閲覧。 
  58. ^ Debruge, Peter (July 17, 2013). “Illumination Chief Chris Meledandri Lines Up Originals for Universal”. Variety. https://variety.com/2013/film/news/illumination-chief-chris-meledandri-lines-up-originals-for-universal-1200564348/ 2017年1月7日閲覧。. 
  59. ^ Fleming, Michael (2009年6月1日). “'Waldo' finds his way to the bigscreen” (英語). Variety. 2020年6月5日閲覧。
  60. ^ Debruge, Peter (2013年7月17日). “Illumination Chief Chris Meledandri Lines Up Originals for Universal”. Variety. https://variety.com/2013/film/news/illumination-chief-chris-meledandri-lines-up-originals-for-universal-1200564348/ 2013年7月18日閲覧. "At the same time, Illumination has scrapped a number of planned movie ideas. "Waldo" and a Tim Burton-helmed, stop-motion "The Addams Family" are dead. The company abandoned a Woody Woodpecker pic, and couldn't crack "Clifford the Big Red Dog."" 
  61. ^ Fleming, Michael (December 6, 2009). “Jack Black animates film pitch”. Variety. https://variety.com/2009/digital/news/jack-black-animates-film-pitch-1118012301/ 2018年11月10日閲覧。. 
  62. ^ With 'Curious George', Illumination looks to make more animation mischief” (英語). LA Times Blogs - 24 Frames (2010年7月30日). 2020年6月5日閲覧。
  63. ^ Debruge, Peter (2015年11月17日). “'Minions' and Illumination Create a Blockbuster Animation Unit for Universal” (英語). Variety. 2020年6月5日閲覧。
  64. ^ "Universal, Illumination Get Film Rights for Urasawa's Pluto Manga" (Press release). Universal City, California: Universal Pictures. Anime News Network. 20 October 2010.
  65. ^ Fleming, Mike (2010年3月18日). “Tim Burton's Next 3D Animated Film? Da Da Da Da, Snap Snap: 'The Addams Family'”. Deadline Hollywood. 2010年7月10日閲覧。
  66. ^ Fleming, Mike (2010年8月19日). “Tim Burton Reunites With 'Ed Wood' Scribes For 'Addams Family' And 'Big Eyes'”. Deadline Hollywood. 2010年11月16日閲覧。
  67. ^ Debruge, Peter (2013年7月17日). “Illumination Chief Chris Meledandri Lines Up Originals for Universal”. Variety. https://variety.com/2013/film/news/illumination-chief-chris-meledandri-lines-up-originals-for-universal-1200564348/ 2013年7月18日閲覧. "At the same time, Illumination has scrapped a number of planned movie ideas. "Waldo" and a Tim Burton-helmed, stop-motion "The Addams Family" are dead. The company abandoned a Woody Woodpecker pic, and couldn't crack "Clifford the Big Red Dog."" 
  68. ^ 'Sausage Party's' Conrad Vernon to Direct Animated 'Addams Family' Movie”. Variety Magazine (2017年10月12日). 2017年11月9日閲覧。
  69. ^ Fleming, Mike (2011年5月26日). “Chris Meledandri's Illumination To Turn Uglydoll Into Animated Film”. https://www.deadline.com/2011/05/chris-meledandris-illumination-to-turn-uglydoll-into-animated-film/ 2011年5月28日閲覧。 
  70. ^ Lang, Brent (May 28, 2015). “STX Entertainment Plans Uglydoll Film, Launches Family Division (Exclusive)”. Variety. https://variety.com/2015/film/news/uglydoll-movie-stx-entertaiment-1201507456/ 2015年5月28日閲覧。. 
  71. ^ Khatchatourian, Maane (March 28, 2017). “Robert Rodriguez to Direct 'Ugly Dolls' Animated Film for STX” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/robert-rodriguez-ugly-dolls-animated-movie-1202017936/ 2017年3月29日閲覧。. 
  72. ^ Kit, Borys (November 16, 2011). “Woody Woodpecker Movie in Development at Universal, Illumination (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/woody-woodpecker-movie-universal-illumination-262540 2016年9月13日閲覧。. 
  73. ^ Debruge, Peter (July 17, 2013). “Illumination Chief Chris Meledandri Lines Up Originals for Universal”. Variety. https://variety.com/2013/film/news/illumination-chief-chris-meledandri-lines-up-originals-for-universal-1200564348/ 2016年9月19日閲覧。. 
  74. ^ Minovitz, Ethan (2012年3月18日). “The Cat In The Hat comes back as animated feature”. Big Cartoon News. オリジナルの2012年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20121203093819/http://blog.bcdb.com/cat-hat-animated-feature-3528/ 2012年3月18日閲覧。 
  75. ^ Kit, Borys (January 24, 2018). “New 'Cat in the Hat' Movie in the Works From Warner Bros.”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/new-cat-hat-movie-works-warner-bros-1077973 2018年1月24日閲覧。. 
  76. ^ 'The Cat in the Hat' Animated Movie to Kick Off Dr Seuss Franchise”. TheWrap (2018年1月24日). 2018年9月8日閲覧。
  77. ^ Kit, Borys (May 8, 2012). “Illumination and Universal Adapting 'Clifford the Big Red Dog' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/clifford-big-red-dog-illumination-universal-321711 2012年5月9日閲覧。. 
  78. ^ Debruge, Peter (July 17, 2013). “Illumination Chief Chris Meledandri Lines Up Originals for Universal”. Variety. https://variety.com/2013/film/news/illumination-chief-chris-meledandri-lines-up-originals-for-universal-1200564348/ 2013年7月18日閲覧. "At the same time, Illumination has scrapped a number of planned movie ideas. Waldo and a Tim Burton-helmed, stop-motion The Addams Family are dead. The company abandoned a Woody Woodpecker pic, and couldn't crack Clifford the Big Red Dog." 
  79. ^ 'Clifford The Big Red Dog' Movie Unleashed At Paramount With Scribe Justin Malen”. Deadline Hollywood (2016年6月30日). 2018年8月10日閲覧。
  80. ^ McClintock, Pamela (2019年2月27日). “'Clifford the Big Red Dog' Movie Lands November 2020 Release Date” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/clifford-big-red-dog-movie-lands-november-2020-release-date-1191324 2019年2月28日閲覧。 
  81. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年8月29日). “'Scream' Relaunch Eyes 2022 Release, 'Snake Eyes' Rolls To 2021 & More – Paramount Release Date Changes” (英語). Deadline. 2020年8月31日閲覧。
  82. ^ Byung-yeul, Baek (2015年5月19日). “'Despicable Me' founder shares secret of success”. The Korea Times. http://www.koreatimes.co.kr/www/news/people/2015/05/178_179218.html 2015年5月24日閲覧。 
  83. ^ Fleming, Mike Jr. (July 9, 2015). “'Minions' Maker Illumination Forges Pact With South Korean Animator Kyungmin Woo, Options His Short 'Johnny Express' For Feature”. Deadline. https://deadline.com/2015/07/minions-illumination-entertainment-johnny-express-south-korean-animator-kyungmin-woo-comic-con-1201472886/ 2015年7月10日閲覧。. 

外部リンク

[編集]