怪盗グルーの月泥棒 3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
怪盗グルーの月泥棒
Despicable Me
Despicable Me logo.svg
英語版ロゴ
監督 ピエール・コフィン
クリス・ルノー
脚本 シンコ・ポール
ケン・ダウリオ
原案 セルジオ・パブロス
製作 クリストファー・メレダンドリ
ジャネット・ヒーリー
ジョン・コーエン
製作総指揮 ニーナ・ローワン
セルジオ・パブロス
出演者 スティーヴ・カレル
音楽 ハンス・ジマー
ヘイター・ペレイラ
ファレル・ウィリアムス
製作会社 イルミネーション・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年7月9日
日本の旗 2010年10月29日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $69,000,000[1]
興行収入 $251,513,985[1] アメリカ合衆国の旗
$543,113,985[1] 世界の旗
12.0億円[2]日本の旗
次作 怪盗グルーのミニオン危機一発
テンプレートを表示

怪盗グルーの月泥棒』(かいとうグルーのつきどろぼう、原題: Despicable Me)は、2010年ユニバーサル・ピクチャーズ製作の3Dアニメ映画。ユニバーサル・ピクチャーズ初の3Dアニメ作品となる。

日本で放映されたこの映画のTVCMは『イナズマイレブン』とコラボレーションしていた。  

ストーリー[編集]

郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをすることが大好きな卑劣漢。世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった。グルーは、月を盗む為の秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れるが、作戦決行の矢先にライバル怪盗・ベクターに銃を盗まれてしまう。グルーは彼の家に出入りする三姉妹を利用して、何とか銃の奪回に成功したのだが、なぜかその三姉妹に懐かれてしまい、共同生活を送ることになってしまう。グルーは三姉妹とスーパーシリーファンランドで色々と遊び尽したが、ネファリオ博士に三姉妹を追い出せとの言い伝えにより三姉妹はハッティーさんにより引き取られた。グルーが家に戻ると、そこではミニオンたちが片付けていた。やがて月を盗む日がやってきた。グルーはロケットに乗って宇宙へと旅立ち、シュリンクレイで月を盗むのに成功した。大喜びを果たすグルーだが、彼にはまだやる事があったのだ。それは三姉妹のバレエを見にいくことである。実はグルーはベクターにクッキーを届ける前、三姉妹のバレーを見てアグネスからバレエのチケットをもらって見に行く約束をしていたのだ。急いで戻ってきたがグルーの前はもうバレエがすんなり終わっていた頃だった。さらに悪魔は続き、グルーが紙の裏をみるとそこには(BRING The Moon!)日本語(月を頂くぞ)。と書いてあった。もちろんこれはベクターの仕業で彼は三姉妹をさらっていたのだ。そしてグルーは自分が手に入れた月をベクターに渡しカメラを割りロケットで扉を突き破る。しかしそれに逃げ道がないベクターは飛行船で基地から脱出して逃げた。危うく円盤から落ちそうになったグルーは自分の飛行機のおかげで助かった。ようやく逃げれると思ったベクターだがそれは大違いだった。それはグルーから貰った月は突然巨大になり円盤で騒ぎを起こした。そしてネファリオ博士は飛行船をリバースして三姉妹のうちアグネスとイディスだけは救出された。しかし残ったのはマーゴだけであった。マーゴは飛び移ろうとしたがベクターに捕まってしまう。しかし巨大になった月で追い出され、グルーは助けようとするが円盤とつなげていた紐が切れて、マーゴとグルーは落ちたかと思うとミニオンのおかげで救出された。一方ベクターはまたもや月にやられて最後は円盤を粉々にした月と一緒に宇宙に行って戻れなくなった。そしてグルーは三姉妹のバレエを見て楽しみ。最後は三姉妹と綺麗な月を見ながら幸せを送るのだった。

登場人物[編集]

本作の主人公。怪盗軍団ミニオンのリーダー。盗みや嫌がらせなど、人々を困らせることが大好きで、子供嫌い。世界を驚かす悪事をしようと月を盗む計画を遂行する最中に、ひょんなことから三姉妹の父親代わりとなる羽目になってしまう。カイルというペットを飼っている。大変な身体能力の持ち主で、ミサイル攻撃を受けても不死身だったり、ミサイル攻撃をひょいひょいとかわしたりしている。
グルーの宿敵。狡猾で自信過剰な性格。眼鏡にジャージ姿が特徴。グルーの計画を阻止しようとする。本名:ビクター。通り名は「ベクトル」から取っている。サメ、ピラニア、イカなど魚介類を武器に使う。
グルーの家に暮らすマッドサイエンティスト。年齢は、約150歳。頭脳明晰だが奇人。
かなりキツイ言動が目立つが、昔のグルーの写真アルバムをいまだに大切に持っているなど本来は優しい性格。
  • ミニオン
グルーの手下の黄色く背の小さい生物。バナナやシリアルから作ったという設定が日本では一般的に知られているが、日本国内の噂であり公式な設定ではない。後に人類以前に存在していたことが、スピンオフ作で明かされる。やる気はあるが、ドジな性格のため失敗を重ねてしまう。底抜けに明るくて、能天気な性格。基本的に不老不死らしく、空気がなくても生きていける。話す言葉は独特の言語で、本作のDVD英語字幕では、Gibberish(ちんぷんかんぷん)と記されている。(続編の「危機一発」「ミニオンズ」では、Minionese(ミニオン語)と記されている。)
  • ティム/ボブ/マーク/フィル/スチュアート:ピエール・コフィン
  • デイヴ:クリス・ルノー
  • ジェリー/ケビン: ジェマイン・クレメント
犯罪者に協力する「悪党銀行」の経営者。実はベクターの父親。
養護施設の経営者。見た目は優しそうだが、冷たい性格の中年女性。三姉妹は彼女の養護施設の出身。
グルーの元にやってきた三姉妹の長女。しっかり者で面倒見がいいが、理屈屋で過保護な所がある。なお、実父については不明。フチありの眼鏡をかけている。
  • イディス: ダナ・ガイアー
三姉妹の次女。好奇心旺盛で、何にでも手を付けたがる為に、よく騒動を巻き起こしては、グルーを困らせる。いつも白い長靴を履いていて、バレエの発表会も長靴でステージに立つ。
  • アグネス: エルシー・フィッシャー
三姉妹の三女。純粋な性格で誰にでも友好的に接するが、内面では愛に飢えている。三姉妹の中で最もグルーに懐いている。ユニコーンが大好きで、ぬいぐるみをねだる。
グルーの家の隣に住んでいる一般人。
サングラスをかけた悪ガキ。母親のつけた手綱をはずし、高い場所に上がってしまう。

キャスト[編集]

役名 原語版 日本語吹き替え
グルー スティーヴ・カレル 笑福亭鶴瓶
アグネス エルシー・フィッシャー 芦田愛菜
マーゴ ミランダ・コスグローヴ 須藤祐実
イディス デイナ・ゲイアー 矢島晶子
ベクター ジェイソン・シーゲル 山寺宏一
ネファリオ博士 ラッセル・ブランド 伊井篤史
パーキンス氏 ウィル・アーネット 内海賢二
グルーの母 ジュリー・アンドリュース 京田尚子
ハッティーさん クリステン・ウィグ 安達忍
ニュースキャスター ロブ・ヒューベル 大塚芳忠
フレッド・マクデイド ダニー・マクブライド 青山穣
ツーリストパパ ジャック・マクブレイヤー 桜井敏治
ツーリストママ ミンディ・カリング 雨蘭咲木子

その他[編集]

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

  1. その奇跡は、一人じゃ起こせない。

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは82%(179人中146人)の評論家が肯定的な反応で、平均点は10点満点中6.8点だった[3]Metacriticでは34のレビューで平均点は72点だった[4]

シカゴ・サンタイムズ』の映画評論家のロジャー・エバートは4つ星満点で3つ星を与えた[5]。他に『シカゴ・トリビューン』のマイケル・フィリップスや『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースも好意的な評価を下した[6][7]

興行成績[編集]

2010年7月9日に北米の3476館で封切られ、週末3日間で約5600万ドルを稼いで初登場1位となった[8]。同年8月5日、ユニバーサル作品としては『ボーン・アルティメイタム』(2007年)以来となる北米興行収入2億ドル超えを達成した[9]

続編[編集]

2013年に『怪盗グルーのミニオン危機一発』(原題:Despicable Me 2)が公開。

出典[編集]

  1. ^ a b c Despicable Me (2010)”. Box Office Mojo. 2015年12月5日閲覧。
  2. ^ 日本映画製作者連盟 2010年全国映画概況
  3. ^ Despicable Me Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2010年10月30日閲覧。
  4. ^ Despicable Me reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2010年9月6日閲覧。
  5. ^ Ebert, Roger (2010年7月7日). “Despicable Me”. rogerebert.com. 2010年7月20日閲覧。 星4つのうち3つ
  6. ^ Phillips, Michael (2010年7月8日). Despicable does battle with itself, but sentiment wins in the end”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/sc-mov-0706-despicable-me-20100708,0,3234214.column 2010年7月14日閲覧。 
  7. ^ Travers, Peter. “Despicable Me”. Rolling Stone. 2010年7月14日閲覧。
  8. ^ Weekend Box Office Results for July 9-11, 2010 - Box Office Mojo”. Box Office Mojo. 2010年9月6日閲覧。
  9. ^ Ray Subers (2010年8月6日). “Seven-Day Summary: 'Inception's Reign Continues”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]