SING/シング: ネクストステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SING/シング: ネクストステージ
Sing 2
監督 ガース・ジェニングス
脚本 ガース・ジェニングス
原作 ガース・ジェニングス
製作 クリス・メレダンドリ
ジャネット・ヒーリー
出演者 マシュー・マコノヒー
リース・ウィザースプーン
スカーレット・ヨハンソン
タロン・エガートン
ボビー・カナヴェイル
トリー・ケリー
ニック・クロール
ファレル・ウィリアムス
ホールジー
チェルシー・ペレッティ
レティーシャ・ライト
エリック・アンドレ英語版
アダム・バクストン英語版
ガース・ジェニングス
ピーター・セラフィノヴィッツ英語版
ジェニファー・ソーンダース
ニック・オファーマン
ボノ
音楽 ジョビー・タルボット英語版[1]
編集 グレゴリー・パーラー
製作会社 イルミネーション
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年11月14日AFI映画祭[2]
アメリカ合衆国の旗 2021年12月22日
日本の旗 2022年3月18日
上映時間 110分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[4]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$160,649,445[5]
世界の旗$387,831,445[5][6]
前作 ペット2(イルミネーション作品全般)
SING/シングSING/シングシリーズ
次作 ミニオンズ フィーバー
テンプレートを表示

SING/シング: ネクストステージ』(原題: Sing 2)は2021年のアメリカ合衆国コンピュータアニメーションジュークボックス・ミュージカルコメディ映画

SING/シング』の続編にあたる。イルミネーションが制作し、ユニバーサル・ピクチャーズが配給している。脚本・監督はガース・ジェニングス、共同監督はクリストフ・ルードレが務めた。

2021年11月14日にAFI映画祭でワールドプレミアされ、2021年12月22日にアメリカでユニバーサル・ピクチャーズによりRealD 3Dで劇場公開された[7]。制作費8,500万ドルに対し、全世界で3億6,100万ドルを超える興行収入を記録し、2021年のアニメ映画で最高の興行収入を記録した。

ストーリー

前作の出来事の後、バスター・ムーンたちがレッドショア・シティでショーを開きながら、ショービズ界の超大物、ジミー・クリスタルに気に入られ、15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手、クレイ・キャロウェイを出演させるために奮闘するという物語となっている。

バスター・ムーンが経営する劇場「ニュー・ムーン・シアター」は、前作の出来事もあり連日満席となり、活気に満ちあふれていた。だがバスターには、世界的に有名で、華やかできらびやかなエンターテイメントの聖地であるレッド・ショア・シティにあるクリスタル・タワー・シアターで新たなショーを披露するという大きな夢があった。

夢を達成するため、劇団員のロジータアッシュジョニーミーナグンターと、彼らの元から一旦離れてソロで音楽活動をしていたアッシュを連れてレッド・ショア・シティの興行会社「クリスタル・エンターテイメント」に訪れ、経営者であるジミー・クリスタルのオーディションに飛び込みで参加したが、あえなく落選。そこで、グンターはジミーの気を引くため、隠遁している伝説のロック歌手クレイ・キャロウェイを出演させるという、突発的なアイデアを提案した[8][9][10]

キャスト

キャストの内、マシュー・マコノヒーリース・ウィザースプーンスカーレット・ヨハンソンタロン・エガートントリー・ケリーニック・クロール、ジェニングス、ピーター・セラフィノヴィッツ英語版ジェニファー・ソーンダースニック・オファーマンが前作から続投した。本作からは、ボビー・カナヴェイルスパイク・ジョーンズファレル・ウィリアムスホールジーチェルシー・ペレッティレティーシャ・ライトエリック・アンドレ英語版アダム・バクストン英語版ボノが新たに加わった。前作同様、本作には多くのアーティストの楽曲が使用されているが、そのほとんどがダイジェストで登場する。

括弧内は日本語吹替版声優を指す[11][12]

アッシャー・ブリンコフ英語版、ジュリアナ・ガミッツ、エイサ・ジェニングス、キャスパー・ジェニングス、レミー・エッジャーリー、レオ・ジェニングス、オスカー・ジェニングス、アイデン・ソリア、アデリン・クルピンスキー、ジャック・スタントンがロジータとノーマンの子ブタの声を、ヴィダ・アルヴェス・マコノヒーがチョコレートではしゃぐ子ブタの声を担当している[20]。ガースの妻、リーシー・ジェニングスは、番組でミーナの衣装を作るイヌの作業員の声を、ガースの友人、ジョージ・グリフィスは、ロビーでヌーシーからスティックを取り返そうとするイヌの従業員の声を担当している。編集者の一人であるトーマス・ウォルターズは、ビッグダディのゴーリアフレンドの一人で、最終幕に劇場に入るクリスタルを目撃したゴリラの声を担当している。

前作同様、ウェス・アンダーソンクリス・ルノーエドガー・ライトがカメオ出演しており、アンダーソンはタリサーの夜間清掃員、ルノーはリンダ・ル・ボンの番組アナウンサー、ライトはイヌの警官とブタの運転手の声を担当している[21][22]。『グリンチ』の監督であるスコット・モシャー英語版は、ショーのセット作りに携わるセイウチ作業員のメイソンの声を担当している。レンタカーのGPSの声は、『SING/シング』のプロダクション・スーパーバイザーであるジョイ・ポワールが担当している。

製作

2017年1月25日、ユニバーサル・ピクチャーズとイルミネーションは、2016年の映画『SING/シング』の続編を発表した[23]。ガース・ジェニングスが監督と脚本を務め、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、ニック・クロール、トーリ・ケリーらが声優を続投する[24]12月21日には、ボビー・カナヴェイル、レティーシャ・ライト、エリック・アンドレ、チェルシー・ペレッティ、ファレル・ウィリアムス、ボノ、ホールジーが声優に追加された[25]

新型コロナウイルス感染症の世界的流行によるイルミネーション・マック・ガフの一時閉鎖に伴い、遠隔での製作が行われた[26]

劇中フィナーレの劇場の広さは、群衆部門に1万匹以上の動物を連れて行くための大きな足がかりとなった。新旧の動物は、長年イルミネーションで活躍するエリック・ギョンがデザインし、『SING/シング』のみならず、振付師のクラウスやメガネザルなど続編の新しいキャラクターをデザインしてきた[27]。ファッションブランド「Rodarte英語版」が、本作で使用された衣装の一部をデザインした[28]

サウンドトラック

SING/シング: ネクストステージ – オリジナル・サウンドトラック
Various Artistsサウンドトラック
リリース
ジャンル サウンドトラックポップ・ミュージック
レーベル リパブリック・レコード
テンプレートを表示

2021年12月17日にサウンドトラックが発売された。U2は本作のオリジナル曲「Your Song Saved My Life」を提供し、2021年11月3日に先行して発売された[29]。この曲はサウンドトラックのリードトラックであり、映画のオリジナル曲として劇中に登場する。また、メンバーであるボノは映画ではクレイ・キャロウェイ役で出演し、これが声優デビューとなった。また、前述のU2の新曲も含む計3曲の新曲が収録される他、ホールジーやファレル・ウィリアムスが参加、エルトン・ジョンビリー・アイリッシュなどのヒット曲も収録される。更に、キャストのトリー・ケリーやスカーレット・ヨハンソン、リース・ウィザースプーンやニック・クロール、タロン・エガートンなどによるカバー楽曲も収録された[30][31]

収録曲

#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト時間
1.「ユア・ソング・セイヴド・マイ・ライフ」(Your Song Saved My Life (From Sing 2))  U2
2.「レッツ・ゴー・クレイジー」(Let's Go Crazy)  トリー・ケリー、タロン・エガートン、リース・ウィザースプーン&ニック・クロール
3.キャント・フィール・マイ・フェイス(Can't Feel My Face)  キアナ・レデ
4.グッバイ・イエロー・ブリック・ロード(Goodbye Yellow Brick Road)  エルトン・ジョン
5.「ヘッズ・ウィル・ロール」(Heads Will Roll)  スカーレット・ヨハンソン
6.「ホールズ」(Holes)  マーキュリー・レヴ
7.バッド・ガイ(Bad Guy)  ビリー・アイリッシュ
8.「オーディション・メドレー」(Sing 2 Audition Medley)  シング:ネクストステージ・キャスト
9.「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」(Where the Streets Have No Name)  トリー・ケリー、タロン・エガートン、スカーレット・ヨハンソン、リース・ウィザースプーン&ニック・クロール
10.ハイヤー・ラブ(Higher Love)  カイゴ × ホイットニー・ヒューストン
11.「ホールディン・ミー・バック」(There's Nothing Holdin' Me Back)  タロン・エガートン&トリー・ケリー
12.「スエルタテ」(Suéltate (From Sing 2))  サム・アイ feat. アニッタ、BIA&ジャリーナ・デ・マルコ
13.「スタック・イン・ア・モーメント」(Stuck In a Moment You Can’t Get Out Of)  スカーレット・ヨハンソン
14.「ソイ・ヨ」(Soy Yo (Sing 2 Mix))  ボンバ・エステレオ
15.「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」(A Sky Full of Stars)  タロン・エガートン
16.「クッド・ハヴ・ビーン・ミー」(Could Have Been Me)  ホールジー
17.小さな願い(I Say A Little Prayer)  トリー・ケリー&ファレル・ウィリアムス
18.「ブレイク・フリー」(Break Free)  リース・ウィザースプーン&ニック・クロール
19.「アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅)」(I Still Haven’t Found What I’m Looking For)  スカーレット・ヨハンソン&ボノ
20.「ティッピー・トーズ」(Tippy Toes)  アダム・バクストン with ファンシー・フィーリングズ feat. DSCOSTU
21.「クリスマス (ベイビー・プリーズ・カム・ホーム)」(Christmas (Baby Please Come Home))  キキ・パーマー feat. スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、リース・ウィザースプーン&トリー・ケリー
合計時間:
日本盤ボーナス・トラック
#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト時間
22.「スタック・イン・ア・モーメント」(Stuck In a Moment You Can’t Get Out Of)  長澤まさみ
23.「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」(A Sky Full Of Stars)  大橋卓弥スキマスイッチ
24.「クッド・ハヴ・ビーン・ミー」(Could Have Been Me)  アイナ・ジ・エンドBiSH
25.「ブレイク・フリー」(Break Free)  坂本真綾&斎藤司トレンディエンジェル
合計時間:

チャート

封切り

劇場公開

本作の製作を発表した2017年1月25日当初は、2020年12月25日の公開を予定していた[40]2019年4月12日、2021年7月2日に変更された[41][42]。2020年4月1日には、新型コロナウイルス感染症の世界的流行による映画業界への影響英語版を考慮し、2021年7月2日を『ミニオンズ フィーバー』の公開日とし、2021年12月22日に再び変更された[43][44]

2021年11月14日にAFIフェス・セレブレーションのオープニングを飾るワールドプレミアを行い、アメリカでは2020年12月25日、2021年7月2日に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響で2021年12月22日にRealDで劇場公開された[45][46][47][48]。11月27日、アメリカでアーリーアクセス上映が行われた[49]。インドネシアでは2022年1月5日に公開され、イギリスでは2022年1月28日に劇場公開された[50]。2022年1月7日にVOD配信を行った。日本は2022年3月18日に劇場公開した[51]

マーケティング

タカラトミーは、イルミネーション、ユニバーサルと契約し、ぬいぐるみ、フィギュア、ロールプレイングゲームなどのシリーズを開発した[52]。アメリカとカナダでの公開週末までに、すべてのソーシャルメディアプラットフォームで3億9,310万インプレッションを記録し、この統計は新型コロナウイルス感染症の世界的流行以前に公開された映画のそれを24%上回っている。全体として、2021年の『ミラベルと魔法だらけの家』『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』『トムとジェリー』『スピリット 未知への冒険』『クルードさんちのあたらしい冒険』よりも優れたソーシャルメディアリーチを記録した[53]

評価

興行収入

2022年1月27日現在、本作は、アメリカおよびカナダで1億2,940万ドル、その他の地域で1億1,280万ドル、全世界で2億4230万ドルの興行収入を記録している[54][55]

アメリカとカナダでは、2021年11月27日に行われたスニークプレビューで160万ドルを稼いだ[56]。翌月の12月22日には、『キングスマン:ファースト・エージェント』『マトリックス レザレクションズ』と並んでワイド公開され、公開後5日間で3,892館から4,000~5,000万ドルを売り上げると予測された[57]。オープニングの週末に推定410万人の観客を動員して2,230万ドル(5日間の合計で4,100万ドル)を売り上げ、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に次ぐ興行収入第2位を記録した。公開時の観客のうち、女性は58%、25歳以下は56%、17歳以下は44%を占めている。観客の民族構成は、ヒスパニック・ラテンアメリカ系が39%、ヨーロッパ系が35%、アフリカ系が15%、アジア系・その他が7%となっている[58]。2週目の週末は、2,020万ドルで2位をキープした[59]。3週目の週末には1,160万ドルを記録し、再び興行成績2位を維持した[60]。2022年1月8日、新型コロナウイルス感染症の世界的流行のアニメ映画として初めてアメリカとカナダの興行収入1億ドルを突破するとともに、『アナと雪の女王2』以来のマイルストーンに到達した作品となった[61][62][63]。4週目の週末には800万ドル[64]、5週目に575万ドルを記録した[65]

アメリカとカナダ以外では、2021年12月3日にいくつかの海外市場で公開された。最初の週末に112万ドル[66]、2回目に150万ドル[67]、3回目に16の市場からさらに150万ドルを記録した[68]。さらに22の市場で上映された後、4週目の週末に1,920万ドルを記録し、フランス(600万ドル)とメキシコ(360万ドル)の両方で新型コロナウイルス感染症の世界的流行時にアニメ映画として最大のオープニングを飾った[69]。ウクライナでの120万ドルのオープニングを含む第5週末に1,720万ドル[70]、第6週末に1,710万ドル[71]、第7週末に840万ドルを記録した[72]。8週目の週末には、ドイツ(300万ドル)、ポーランド(240万ドル)、オーストリア(50万ドル)で好調なオープニングを記録した。2022年1月23日現在、最大市場は、フランス(1,730万ドル)、ロシア(1,200万ドル)、メキシコ(1,270万ドル)、オーストラリア(1,140万ドル)、スペイン(730万ドル)である[73]

日本では劇場公開後の週末興行ランキングで初登場1位となった[74][75]

映画批評家によるレビュー

レビュー収集サイトであるRotten Tomatoesでは、111件のレビューのうち69%が肯定的で、平均評価は6.1/10である。同サイトの批判的な意見として「1作目を楽しんだ観客にとって、2作目はまた別の魅力があるはずだ」というものがあった[76]。加重平均を採用しているMetacriticでは、23人の批評家の評価に基づいて100点満点中49点を与え、「混合評価または平均評価」を示している[77]CinemaScoreの観客投票では、A+からFまでのスケールで「A+」という珍しい平均点を獲得し(イルミネーション作品では初の快挙)、PostTrakでは91%の観客が好評価を与え、78%がぜひ勧めたいと答えたと報告されている[78]

ハリウッド・リポーターに寄稿したジャスティン・ロウは、「バスターがアマチュア・キャストとして連れてきたゴロツキたちが、プロのパフォーマーによる本格的なカンパニーに開花した」と、この映画のミュージカル・セットを絶賛している[79]バラエティのピーター・デブルージュは、「喜びの精巧な機械であり、すべての選択が人々を笑顔にするために設計されているようだと評価するのは簡単だ」と、肯定的な評価を下している[80]Plugged Inのエミリー・クラークは、この映画の感動的で感情的な要素を賞賛したが、「(ミーナが)ステージ上で誰かとキスするのは嫌だとバスターに言うと、彼は彼女を否定するような態度をとる。この出来事を通して、多くの若いスターが大人の監督やプロデューサーに言われるままに、全く知らない人から初めてキスされたことを考えると少し気分が悪くなった」と述べている[81]

受賞歴

受賞日 カテゴリー 受賞者 結果 脚注
ハリウッドメディア音楽賞英語版 2021年11月17日英語版 ミュージック・スーパーバイザー賞 映画部門 マイク・ノブロク

レイチェル・レヴィ

ノミネート
オリジナル楽曲賞 アニメーション作品 「Your Song Saved My Life」

U2ボノアダム・クレイトンラリー・マレン・ジュニアジ・エッジ

サウンドトラック・アルバム賞 SING/シング: ネクストステージ – オリジナル・サウンドトラック
NAACPイメージ・アワード 2022年2月26日英語版 アニメ作品賞 SING/シング: ネクストステージ [82]
キャラクター声優賞 映画部門 レティーシャ・ライト 受賞
エリック・アンドレ英語版 ノミネート
エディー賞 2022年3月5日英語版 長編映画編集賞英語版 グレゴリー・パーラー [83]
美術監督組合賞英語版 2022年3月5日英語版 アニメ映画プロダクションデザイン賞英語版 オリヴィエ・アダム [84]
視覚効果協会 2022年3月8日英語版 長編アニメーション視覚効果賞英語版 パトリック・デラージュ

ナタリー・ヴァンカウエンベルヘ クリストフ・ルードレ ボリス・ジャク

[85]
視覚効果協会賞 リュドヴィク・ラミエール

テオ・リボアレン アンリ・デルエ フレデリック・マイニル(クリスタルシアター)

エフェクト・シミュレーション賞 リチャード・アデノ

ギヨーム・ゲイ フレデリック・バルス-グリ アントワーヌ・ブレモン

アニー賞 2022年3月12日英語版 長編作品賞 SING/シング: ネクストステージ [86]
全米製作者組合賞英語版 2022年3月19日英語版 アニメ映画プロデューサー賞英語版 クリス・メレダンドリジャネット・ヒーリー 審査中 [87]
アメリカ映画編集者協会賞 2022年3月5日英語版 アニメ作品編集賞英語版 グレゴリー・パーラー ノミネート [88]
キッズ・チョイス・アワード 2022年4月9日英語版 フェイバリットアニメーション映画賞英語版 SING/シング: ネクストステージ 審査中 [89]
アニメーション映画の声優賞 スカーレット・ヨハンソン(アッシュ役)
リース・ウィザースプーン(ロジータ役)

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ says, Ethan Anania. “Joby Talbot Scoring Garth Jennings’ ‘Sing 2’ | Film Music Reporter” (英語). 2022年3月11日閲覧。
  2. ^ Grobar, Matt (2021年10月20日). “Illumination & Universal’s ‘Sing 2’ To Make World Premiere At AFI Fest”. Deadline. 2022年3月12日閲覧。
  3. ^ Sing 2”. Australian Classification Board (2021年12月6日). 2022年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月1日閲覧。
  4. ^ Mendelson, Scott (2021年12月23日). “'Wednesday Box Office: ‘Sing 2’ Tops ‘Matrix 4’ While ‘King’s Man’ Bombs”. Forbes. 2021年12月23日閲覧。
  5. ^ a b Sing 2”. Box Office Mojo. IMDb. 2022年1月27日閲覧。
  6. ^ Sing 2”. The Numbers. Nash Information Services, LLC. 2022年1月27日閲覧。
  7. ^ 「ミニオンズ」「SING シング」続編全米公開が大幅延期に : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年11月28日閲覧。
  8. ^ 「SING/シング」最新作、2022年春に公開決定! オリジナル予告&ティザーポスターお披露目(アニメ!アニメ!)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年7月13日閲覧。
  9. ^ クランクイン! - エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュース” (日本語). クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. 2021年7月13日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “「SING/シング」続編が来年春公開、バスターたちが新たなショーに挑む予告解禁” (日本語). 映画ナタリー. 2021年7月13日閲覧。
  11. ^ 『SING/シング:ネクストステージ』2022年3月18日(金)全国公開! 前作より内村光良さん、斎藤司さん、坂本真綾さんが続投! 日本限定特報映像&キャストコメントが到着!”. アニメイトタイムズ. 2021年7月29日閲覧。
  12. ^ 『SING/シング』新作、MISIA、長澤まさみら豪華吹替キャストが再集結 本予告も解禁!”. クランクイン!. 2021年11月30日閲覧。
  13. ^ a b c d e f 山寺宏一&大塚明夫&林原めぐみ、新たな夢への挑戦を彩る『SING』新キャラ発表” (日本語). cinemacafe.net. 2022年1月31日閲覧。
  14. ^ a b c d Jr, Mike Fleming (2020年12月21日). “U2’s Bono, Pharrell Williams, Halsey Join Illumination/Universal’s Animated Film ‘Sing 2’” (英語). Deadline. 2022年3月12日閲覧。
  15. ^ a b 「SING/シング」新作でジェシー、アイナ・ジ・エンドが吹替初挑戦”. 映画ナタリー. Natasha (2022年1月26日). 2022年1月26日閲覧。
  16. ^ 映画『SING/シング:ネクストステージ』バブリーダンスの振付師、akaneが吹替え初挑戦!”. 映画ログプラス (2022年1月25日). 2022年1月28日閲覧。
  17. ^ a b Hogan, Kate. “The Stars Are Back for Sing 2! See the Cute Characters and the A-List Actors Who Voice Them” (英語). PEOPLE.com. 2022年3月12日閲覧。
  18. ^ B’z・稲葉浩志、「SING シング」最新作で声優に初挑戦「光栄です」 OKの返事にスタッフ一同震える” (日本語). 映画.com. 2022年3月3日閲覧。
  19. ^ Gardner, Chris (2021年12月11日). “‘Sing 2’ Filmmaker Garth Jennings Reveals Spike Jonze’s Uncredited Role as Feline Assistant” (英語). The Hollywood Reporter. 2022年3月12日閲覧。
  20. ^ December 15, Greta Bjornson. “Matthew McConaughey on the Adorable Cameo His Daughter Makes in Sing 2: 'How About That?'” (英語). PEOPLE.com. 2022年3月12日閲覧。
  21. ^ ‘Sing 2’ Easter Egg Video Reveals Edgar Wright and Wes Anderson’s Voice Cameos” (英語). Collider (2022年3月1日). 2022年3月12日閲覧。
  22. ^ https://twitter.com/edgarwright/status/1408415926115090432” (日本語). Twitter. 2022年3月12日閲覧。
  23. ^ Busch, Anita (2017年1月26日). “Universal Dates ‘Sing 2’ & ‘Minions 2,’ Moves ‘Secret Life of Pets 2’ Back A Year” (英語). Deadline. 2020年11月27日閲覧。
  24. ^ 映画『SING/シング』の続編公開へ、動物たちの歌声が再び!?” (日本語). www.fashion-press.net. 2020年11月28日閲覧。
  25. ^ Busch, Anita (2017年1月26日). “Universal Dates ‘Sing 2’ & ‘Minions 2,’ Moves ‘Secret Life of Pets 2’ Back A Year” (英語). Deadline. 2020年12月22日閲覧。
  26. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年5月8日). “How Animated Pics Like ‘Tom & Jerry’, ‘SpongeBob Movie’, ‘Sing 2’, Skydance’s ‘Luck’ & More Are Working Through The COVID-19 Crisis” (英語). Deadline. 2020年11月27日閲覧。
  27. ^ Mallory, Michael (2021年12月1日). “Illumination Hits All the Right Notes with ‘Sing 2’” (英語). Animation Magazine. 2022年1月28日閲覧。
  28. ^ Testa, Jessica (2021年11月13日). “The Great High-Fashion Family Film Experiment” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/11/13/style/sing-2-rodarte-costumes.html 2022年1月28日閲覧。 
  29. ^ Willman, Chris (2021年11月4日). “U2 Releases Original Song from ‘Sing 2,’ ‘Your Song Saved My Life’”. Variety. 2022年1月28日閲覧。
  30. ^ U2、映画『シング:ネクストステージ』より新曲“Your Song Saved My Life”が公開 | NME Japan” (jp). nme-jp.com. 2021年11月4日閲覧。
  31. ^ U2が2年ぶりの新曲公開、ボノが声優出演する映画『シング』最新作のリード曲” (日本語). Billboard JAPAN. 2022年3月23日閲覧。
  32. ^ ARIA Top 50 Albums Chart” (英語). www.aria.com.au. 2022年1月28日閲覧。
  33. ^ Hung, Steffen. “Soundtrack - Sing 2”. austriancharts.at. 2022年3月15日閲覧。
  34. ^ Soundtrack - Sing 2 - ultratop.be”. www.ultratop.be. 2022年1月28日閲覧。
  35. ^ Soundtrack - Sing 2 - ultratop.be”. www.ultratop.be. 2022年3月15日閲覧。
  36. ^ Soundtrack” (英語). Billboard. 2022年1月28日閲覧。
  37. ^ The Official New Zealand Music Chart” (英語). THE OFFICIAL NZ MUSIC CHART. 2022年1月28日閲覧。
  38. ^ Soundtrack - Sing 2, https://hitparade.ch/album/Soundtrack/Sing-2-489824 2022年3月15日閲覧。 
  39. ^ Billboard 200” (英語). Billboard (2013年1月2日). 2022年1月28日閲覧。
  40. ^ 'Sing' Sequel Coming From Illumination and Universal | Hollywood Reporter”. www.hollywoodreporter.com. 2020年11月27日閲覧。
  41. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年4月12日). “‘Sing 2’ To Croon Summer 2021; ‘The Croods 2’ Moves To Holiday Season 2020” (英語). Deadline. 2020年11月27日閲覧。
  42. ^ 『SING/シング』続編、2021年夏に公開延期|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年11月28日閲覧。
  43. ^ Tartaglione, Nancy (2020年4月1日). “‘Minions: The Rise Of Gru’, ‘Sing 2’ Set New 2021 Release Dates; ‘Wicked’ Still Brewing Slot” (英語). Deadline. 2020年11月28日閲覧。
  44. ^ 米ユニバーサル・ピクチャーズ、『ミニオンズ』『SING/シング』『ウィキッド』の公開が延期に” (日本語). cinemacafe.net. 2020年11月28日閲覧。
  45. ^ Grobar, Matt (2021年10月20日). “Illumination & Universal’s ‘Sing 2’ To Make World Premiere At AFI Fest”. Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  46. ^ Tartaglione, Nancy (2020年4月1日). “‘Minions: The Rise Of Gru’, ‘Sing 2’ Set New 2021 Release Dates; ‘Wicked’ Still Brewing Slot” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  47. ^ Kilday, Gregg (2017年1月25日). “‘Sing’ Sequel Coming From Illumination and Universal” (英語). The Hollywood Reporter. 2022年1月29日閲覧。
  48. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年4月12日). “‘Sing 2’ To Croon Summer 2021; ‘The Croods 2’ Moves To Holiday Season 2020” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  49. ^ Pictures, Universal. “ILLUMINATION AND UNIVERSAL PICTURES ANNOUNCE EXCLUSIVE SNEAK PREVIEW SCREENINGS OF ILLUMINATION'S "SING 2"” (英語). www.prnewswire.com. 2022年1月29日閲覧。
  50. ^ www.filmdates.co.uk (英語), Sing 2, http://www.filmdates.co.uk/films/1001436-sing-2/ 2022年1月29日閲覧。 
  51. ^ 「SING/シング:ネクストステージ」内村光良ら9名が舞台挨拶に登壇 木村昴はMISIAとのエピソードを披露” (2022年3月20日). 2022年3月23日閲覧。
  52. ^ TOMY, Illumination, Universal Brand Development Prep 'Sing 2' Toy Collection • The Toy Book” (英語). The Toy Book (2020年10月20日). 2022年1月29日閲覧。
  53. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年12月26日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Third-Best Christmas Ever With $31.7M US; Domestic At $467M+ & $1.05B WW – Sunday Update” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  54. ^ Sing 2”. Box Office Mojo. 2022年1月29日閲覧。
  55. ^ Sing 2 (2021) - Financial Information”. The Numbers. 2022年1月29日閲覧。
  56. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年11月28日). “‘Encanto’ & ‘Ghostbusters: Afterlife’ Split Families, ‘House Of Gucci’ Best Opening For Drama In Two Years – Thanksgiving Box Office, Sunday Update” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  57. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年12月21日). “With ‘Spider-Man’ Hoarding Christmas Box Office, Is There Room For ‘Matrix’, ‘Sing 2’ & ‘King’s Man’?” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  58. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年12月26日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Third-Best Christmas Ever With $31.7M US; Domestic At $467M+ & $1.05B WW – Sunday Update” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  59. ^ Domestic 2021 Weekend 53”. Box Office Mojo. 2022年1月29日閲覧。
  60. ^ Domestic 2022 Weekend 1”. Box Office Mojo. 2022年1月29日閲覧。
  61. ^ ‘Spider-Man: No Way Home’ Keeps Smashing Records While ‘The 355’ Shoots Blanks”. Box Office Mojo. 2022年1月29日閲覧。
  62. ^ Mendelson, Scott. “Box Office: ‘Sing 2’ Passes $100 Million Domestic” (英語). Forbes. 2022年1月29日閲覧。
  63. ^ Rubin, Rebecca (2022年1月9日). “Box Office: ‘Spider-Man: No Way Home’ Rules Again, ‘The 355’ Misfires” (英語). Variety. 2022年1月29日閲覧。
  64. ^ Domestic 2022 Weekend 2”. Box Office Mojo. 2022年1月29日閲覧。
  65. ^ Domestic 2022 Weekend 3”. Box Office Mojo. 2022年1月29日閲覧。
  66. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月5日). “‘Encanto’ Leads Sluggish Offshore Studio Weekend; ‘House Of Gucci’ Fashionable – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  67. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月12日). “‘West Side Story’ Goes South In Offshore Debut, But Is There A Place For It Over Time?; ‘Venom: Let There Be Carnage’ Nears $500M Global – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  68. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月20日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Is Even More Amazing With $601M Global Debut For 3rd Biggest WW Bow Ever; $341M Snared Overseas – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  69. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月26日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Dashes To $1B+ Global For Pandemic-Era First, Is Top 2021 Title WW – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  70. ^ Tartaglione, Nancy (2022年1月2日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Swings To $1.37B Global, Now 12th Biggest Film Ever WW – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  71. ^ Tartaglione, Nancy (2022年1月9日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Leaps To $1.53B WW For No. 8 On All-Time Global Chart – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  72. ^ Tartaglione, Nancy (2022年1月16日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Tops $1.6B WW & Becomes Biggest Movie Ever In Mexico; ‘Scream’ Shouts With $49M Global Bow – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  73. ^ Tartaglione, Nancy (2022年1月23日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Zips To No. 6 On All-Time Global Chart With $1.69B; ‘Sing 2’ Now Top Toon Of Pandemic & ‘Belfast’ Breaks Out In UK/Ireland – International Box Office” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  74. ^ 「SING/シング:ネクストステージ」週末興行で初登場1位!メイキング満載な特別映像も公開” (2022年3月22日). 2022年3月23日閲覧。
  75. ^ 『SING/シング』続編が初登場1位!『呪術廻戦』は興収130億突破” (2022年3月22日). 2022年3月23日閲覧。
  76. ^ (英語) Sing 2, https://www.rottentomatoes.com/m/sing_2 2022年1月29日閲覧。 
  77. ^ Sing 2, https://www.metacritic.com/movie/sing-2 2022年1月29日閲覧。 
  78. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年12月26日). “‘Spider-Man: No Way Home’ Third-Best Christmas Ever With $31.7M US; Domestic At $467M+ & $1.05B WW – Sunday Update” (英語). Deadline. 2022年1月29日閲覧。
  79. ^ Lowe, Justin (2021年11月15日). “‘Sing 2’: Film Review | AFI 2021” (英語). The Hollywood Reporter. 2022年1月29日閲覧。
  80. ^ Debruge, Peter (2021年11月15日). “‘Sing 2’ Review: Illumination Delivers an Ingratiating Encore to Its Hit Singing-Animal Toon” (英語). Variety. 2022年1月29日閲覧。
  81. ^ Sing 2” (英語). Plugged In. 2022年1月29日閲覧。
  82. ^ Lewis, Hilary (2022年1月18日). “NAACP Image Awards: ‘Harder They Fall,’ ‘Insecure’ Lead Nominations” (英語). The Hollywood Reporter. 2022年3月15日閲覧。
  83. ^ Desowitz, Bill (2022年1月27日). “ACE Editing Awards Include ‘Dune,’ ‘Belfast,’ ‘No Time to Die,’ ‘The Power of the Dog’” (英語). IndieWire. 2022年3月15日閲覧。
  84. ^ Tangcay, Jazz (2022年1月24日). “Art Directors Guild 2022 Nominations Headed by ‘Nightmare Alley,’ ‘Cruella,’ ‘No Time to Die,’ ‘In the Heights’” (英語). Variety. 2022年3月15日閲覧。
  85. ^ Tangcay, Jazz (2022年1月18日). “‘Dune’ and ‘Encanto’ Lead Visual Effects Society Nominations” (英語). Variety. 2022年1月29日閲覧。
  86. ^ Giardina, Carolyn (2021年12月21日). “‘Raya and the Last Dragon’ Leads 2022 Annie Awards Feature Nominations” (英語). The Hollywood Reporter. 2022年3月15日閲覧。
  87. ^ Pedersen, Erik (2022年1月27日). “PGA Awards Nominations: ‘Licorice Pizza’, ‘Don’t Look Up’, ‘Dune’, ‘King Richard’ & ‘CODA’ Among Pics Vying For Marquee Prize” (英語). Deadline. 2022年3月15日閲覧。
  88. ^ Desowitz, Bill (2022年1月27日). “ACE Editing Awards Include ‘Dune,’ ‘Belfast,’ ‘No Time to Die,’ ‘The Power of the Dog’” (英語). IndieWire. 2022年3月15日閲覧。
  89. ^ Pedersen, Erik (2022年3月9日). “Kids’ Choice Awards Nominations Set; Miranda Cosgrove & Rob Gronkowski To Host Show” (英語). Deadline. 2022年3月15日閲覧。

外部リンク