グリンチ (2018年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリンチ
The Grinch
監督 スコット・モシャー英語版
ヤーロウ・チェイニー英語版
脚本 マイケル・レシュール
トミー・スワードロー英語版
原作 ドクター・スース
いじわるグリンチのクリスマス
製作 クリス・メレダンドリ
ジャネット・ヒーリー
ナレーター ファレル・ウィリアムス
出演者 ベネディクト・カンバーバッチ
ラシダ・ジョーンズ
ケナン・トンプソン
キャメロン・シーリー
アンジェラ・ランズベリー
音楽 ダニー・エルフマン[1]
編集 クリス・カルタヘナ
製作会社 ユニバーサル・スタジオ[2]
イルミネーション
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・スタジオ[2]
日本の旗 東宝東和
公開 ブラジルの旗 2018年11月8日
チェコの旗 2018年11月8日
アメリカ合衆国の旗 2018年11月9日
イギリスの旗 2018年11月9日
台湾の旗 2018年11月9日
ポルトガルの旗 2018年11月22日
フランスの旗 2018年11月28日
ドイツの旗 2018年11月29日
イスラエルの旗 2018年11月29日
ポーランドの旗 2018年11月30日
ハンガリーの旗 2018年12月6日
中華人民共和国の旗 2018年12月14日
日本の旗 2018年12月14日
大韓民国の旗 2018年12月19日
ウクライナの旗 2018年12月20日
ロシアの旗 2018年12月22日
香港の旗 2018年12月27日
シンガポールの旗 2018年12月29日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 7,500万ドル
興行収入 アメリカ合衆国の旗 5億1,180万ドル
日本の旗 13億2,000万円[3]
前作 怪盗グルーのミニオン大脱走2017年
次作 ペット22019年
テンプレートを表示

グリンチ』(: The Grinch または Dr. Seuss' The Grinch)は、イルミネーションによる2018年に公開されたアメリカ合衆国3DCGアニメーション映画。原作は1957年発表のドクター・スースの児童文学『いじわるグリンチのクリスマス』。1966年のテレビスペシャル番組『How the Grinch Stole Christmas!英語版』、2000年の長編映画『グリンチ』に続き3回目の映像化となる。

監督はヤーロウ・チェイニー英語版スコット・モシャー英語版、脚本はマイケル・レシューとトミー・スワードロー英語版ベネディクト・カンバーバッチグリンチの声を担当し[4]ファレル・ウィリアムスがナレーターを務める[5]。アメリカではユニバーサル・スタジオにより2018年11月9日Real D 3DIMAXで公開された。

ストーリー[編集]

フーヴィルに住む人々がクリスマスの準備に勤しむ中、他人の幸せを嫌うひねくれ者のグリンチベネディクト・カンバーバッチ)は愛犬マックスと、クリスマスをめちゃくちゃにしようと計画を企む[6]。一方、シンディ・ルーは、クリスマスにいつも母親を助けてくれるサンタクロースにお礼を言いに、彼を探しに行く計画をしていた。この計画がグリンチの企みと衝突していく[7]

登場人物[編集]

グリンチ(The Grinch)
声 - ベネディクト・カンバーバッチ(英)、大泉洋[8](日)
孤児院で育ち、孤独な人生を送ってきたため、クリスマスを嫌っている。へそ曲がりで自己中心的な性格で、他人が喜んでいる姿を見るのを嫌う。ハートのサイズがふた回り小さい。「フーの村」を望む山の上の洞窟に愛犬のマックスと住んでいる。朝一番にマックスに淹れさせるカフェラテを飲み、カビの匂いがする食べ物を愛している。
ドナ(Donna)
声 - ラシダ・ジョーンズ(英)、[9](日)
シンディの母親。夜には仕事に出かけ、昼には子供たちの世話と、忙しい生活を送っている。
ブリクルバウム(Bricklebaum)
声 - キーナン・トンプソン(英)、秋山竜次[9](日)
グリンチを親友だと思っている隣人。陽気な性格で、クリスマスを派手に祝うのが大好き。
シンディ・ルー(Cindy Lou)
声 - キャメロン・シーリー(英)、横溝菜帆[10](日)
フーの村に暮らす少女。サンタクロースに直接、願いを伝えたがっている。
マクガークル村長(Mayor McGerkle)
声 - アンジェラ・ランズベリー(英)、京田尚子[10](日)
フーの村の村長。ツリーの点灯式に舞台に立っている。
グルーパート(Groopert)
声 - トリスタン・オヘア(英)、木村皐誠(日)
シンディ・ルーの親友の1人で、一緒にサンタクロースを捕まえる作戦を企てる[11]
オジー(Ozzy)
声 - サム・ラヴァニーノ英語版(英)、山崎智史[12](日)
シンディ・ルーの親友で、一緒にサンタクロースを捕まえる作戦を企てる[11]
アクセル(Groopert)
声 - ラモーン・ハミルトン(英)、斎藤龍音(日)
シンディ・ルーの親友の1人で、一緒にサンタクロースを捕まえる作戦を企てる[11]
イジー(Izzy)
声 - スカーレット・エステベス英語版(英)、大迫莉榎(日)
シンディ・ルーの親友の1人で、一緒にサンタクロースを捕まえる作戦を企てる[11]

キャスト[編集]

登場人物 声優
原語版 日本語吹替版
グリンチ ベネディクト・カンバーバッチ 大泉洋
ドナ ラシダ・ジョーンズ
ブリクルバウム キーナン・トンプソン 秋山竜次
シンディ・ルー キャメロン・シーリー 横溝菜帆
マクガークル村長 アンジェラ・ランズベリー 京田尚子
グルーパート トリスタン・オヘア 木村皐誠
オジー サム・ラヴァニーノ英語版 山崎智史
アクセル ラモーン・ハミルトン 斎藤龍音
イジー スカーレット・エステベス英語版 大迫莉榎
ナレーター ファレル・ウィリアムス 宮野真守
マックス フランク・ウェルカー
フレッド
バーソロミュー 山寺宏一
シュガープラム 神代知衣
パン屋フレッド 吉田ウーロン太
マージ 雨蘭咲木子
サム 遠藤純一
雪ダルマの男の子 川床明日香
テッド 佐藤せつじ
トム 青山穣
フーの少年 松本沙羅
大里菜桜
山田唯菜
フーの夫 吉野貴大
フーの妻 大津愛理
新聞の男 手塚ヒロミチ
金髪フー 南條愛乃
プレゼントの男 斎藤寛仁
ミセス・トフィー・アップル ジョージア・トフォロ英語版[13] 木村香央里
フーの子供 朝井彩加
恐竜の男 小林達也
カビンス 金城大和
リフトの少年 川井田夏海
アイダおばさん 小林さとみ
キャロラーズ ペンタトニックス

スタッフ[編集]

製作[編集]

企画[編集]

本作は、ブルースカイ・スタジオが製作した『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』とイルミネーションが製作した『ロラックスおじさんの秘密の種』に続き、ドクター・スースが原作の本に基づく3Dアニメ映画となった。制作チームは、原作の物語を尊重し、想像力を膨らませ、3部構成の物語に作り上げた。本作では、グリンチの過去に注目している。グリンチの心の傷を明らかにすることが最も重要なことだったためだ。グリンチが今の心境に至った経緯を観客に伝えるため、なぜ孤立することを選び、他人の楽しみを奪おうとするのか、子ども時代の経験を通して深く考えられた[15][16]

美術[編集]

クリス・メレダンドリが製作したドクター・スの3作品は、どれも絵本の世界観をCG3Dアニメで描くことが難しく、壮大な作業だったという。ドクター・スースの研究家でもあるヤ―ロウ・チェイニー監督が、原作本全ての絵を調査することからスタートした。直線は使用せずに曲線で描くなどドクター・スースの基本的画風を尊重しながら、紙の上に描かれたフ―の村を丸みのある立体空間にした。また原作の登場人物はグリンチと村の住人だけで、それが映画の世界の基礎となっている。それを3D化し細部やキャラクターたちを固めていった。観客に馴染みのあるキャラクターの世界に新たなキャラクターを加えるなど、大きな課題にも臨んだ。チームは、原作の最も伝えたいことに耳を傾け続け、時代を現代に置き換え、フ―の村を活気のある3Dの村にした[15][17]

製作[編集]

アニメーションは、フランス・パリイルミネーション・マック・グフが制作した[18]。映画のCGIキャラクターの作成には、MayaZBrushNukeをはじめとするいくつかのソフトウェアが使用されていたほか、社内ソフトウェアも使用されていた[19]。バーチャルカメラが移動できるフ―の村の3DCGIモデルは、Maya、ZBrush、FoundryのMari、AllegorithmicのSubstance Painterを使用して作成された[19]

ミニ・ムービー[編集]

ある冬の日のマックス[編集]

ある冬の日のマックス
The Dog Days of Winter
監督 ハビブ・ルアティ
ティエリ・ノブレ
脚本 ジョシュ・リーブ英語版
原案 ジェニファー・スンブ・ロンゲ
製作 クリス・メレダンドリ
ブレット・ホフマン
製作総指揮 クリス・ルノー
出演者 ベネディクト・カンバーバッチ
ジョン・カーサー
音楽 チャド・キャノン
編集 エリック・オズモンド
ピーター・トマシェヴィチ
製作会社 イルミネーション
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年2月5日
上映時間 4分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ある冬の日のマックス: The Dog Days of Winter)は、2019年に『グリンチ』のDVD、Blu-ray、Ultra HD Blu-rayに収録されたミニ・ムービーである[20][21]

ストーリー[編集]

ある雪の日、グリンチは風邪をひいていた。犬のマックスはグリンチに紅茶を飲ませようとするが買い置きが無く、吹雪の中、フ―の村まで買いに行くことにした。同中の雪崩から逃れ、村のコーヒーショップに着いたものの、ショップのマネージャーに、犬であることを理由に入店を断られてしまう。隙をついて入店し、目当ての紅茶を手に取ろうとするも、コーヒーマシンを踏み台に使ったため、倒して壊してしまう。怒ったマネージャーを尻目に、紅茶をマックス自身で会計し、帰路に就いた。グリンチに無事紅茶を飲ませることができ、マックスはベッド傍で眠るのだった。

登場人物[編集]

  • マックス
  • グリンチ
  • コーヒーショップマネージャー

スタッフ[編集]

  • 監督: ハビブ・ルアティ、ティエリ・ノブレ
  • 脚本: ジョシュ・リーブ英語版
  • 原案: ジェニファー・スンブ・ロンゲ
  • 製作: クリス・メレダンドリ、ブレット・ホフマン
  • 製作総指揮: クリス・ルノー
  • 音楽: チャド・キャノン
  • 編集: エリック・オズモンド、ピーター・トマシェヴィチ
  • 製作会社: イルミネーション
  • 配給: ユニバーサル・ピクチャーズ

音楽[編集]

サウンドトラック[編集]

『グリンチ』オリジナル・サウンドトラック
ヴァリアス・アーティストサウンドトラック
リリース
録音 2018年
ジャンル クリスマス・ミュージック英語版ラップヒップホップロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
EANコード
EAN 4547366383720
テンプレートを表示

楽曲には、1966年のテレビスペシャル番組『How the Grinch Stole Christmas!』で、フ―の村人たちが歌った「Welcome Christmas」を様々な手法で組み入れた。また、ミュージシャンのタイラー・ザ・クリエイターが、テレビ版の挿入歌「You’re a Mean One, Mr. Grinch」を現代風にアレンジした[22]。さらに、オリジナルの挿入歌「I Am the Grinch」の作詞作曲も担当した[15][23][24]

#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト時間
1.You're a Mean One, Mr. Grinch英語版  Tyler, the Creator
2.「I Am the Grinch」  Tyler, the Creator
3.「Christmas Is」  Run-D.M.C.
4.Deck the Halls  Jackie Wilson
5.Run Rudolph Run英語版  The Brian Setzer Orchestra
6.My Favorite Things  The Supremes
7.「Zat You Santa Claus?」  Buster Poindexter英語版 and His Banshees of Blue
8.Christmas in Hollis英語版  Run-D.M.C.
9.Jingle Bells  The Brian Setzer Orchestra
10.The Christmas Song (Merry Christmas to You)  Nat King Cole
11.God Rest You Merry, Gentlemen英語版  Pentatonix
12.「A Wonderful Awful Idea」  Danny Elfman
13.「Stealing Christmas」  Danny Elfman
合計時間:

スコア[編集]

『グリンチ』オリジナル・スコア
ダニー・エルフマン映画音楽
リリース
ジャンル 映画音楽
時間
レーベル ユニバーサル・スタジオ
ダニー・エルフマン アルバム 年表
Don't Worry, He Won't Get Far on Foot
(2018年)
『グリンチ』オリジナル・スコア
(2018年)
ダンボ (2019年の映画)
(2019年)
EANコード
EAN 4545933173989
テンプレートを表示

2017年11月20日、ダニー・エルフマンが映画のスコアを作曲していることが明らかになった[25]。本スコアは、2018年11月9日にサウンドトラックと映画とともにデジタル形式でリリースされた[26]。 音楽は明記されている場合を除き、すべてダニー・エルフマンが作曲している。

全作詞・作曲: ダニー・エルフマン
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「The Big Opening」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
2.「Going to Town」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
3.「Jaunty Kitchen」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
4.「Mailing a Letter」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
5.「It's Better This Way」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
6.「Northward Bound」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
7.「Christmas in Whoville」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
8.「Last Lonely Boy」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
9.「Welcome Song/Forlorn」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
10.「To the Fort」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
11.「Dog Tongue」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
12.「Walking Toward Destiny」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
13.「The Loudest Snow」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
14.「Puppy Eyes」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
15.「Command Center」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
16.「Grinch's Wild Ride」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
17.「Kids Can't Sleep」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
18.「Stealing Christmas」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
19.「Taking the Bait」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
20.「It's My Fault」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
21.「Welcome Christmas」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
22.「The Apology」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
23.「First Christmas」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
24.「The Big Finale」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
25.「All By Myself」ダニー・エルフマンダニー・エルフマン
合計時間:

封切り[編集]

2013年2月、イルミネーションは「The Grinch Stole Christmas」(後に「The Grinch」に改題)というタイトルで、ドクター・スースの絵本を原作ースにした3Dアニメーションの長編映製作を開発していることが発表された[27]。ピート・カンデランとヤーロウ・チェイニーが監督を務めることになっていたが、2018年にはプロデューサーのスコット・モシャーが後を引き継いだ[28][29]

キャスティング[編集]

ベネディクト・カンバーバッチ2016年4月に主役にキャスティングされた[30]。イルミネーションは元々、カンバーバッチがグリンチが自然なアクセントでグリンチを声に出すことを望んでいたが、カンバーバッチはイギリス人で他のキャストはアメリカ人であったため、グリンチ自身がアメリカのアクセントを持つべきだと感じた[31]

2018年9月までには、アンジェラ・ランズベリーがマクガークル村長の声を担当することが決まっていた。また、ラシダ・ジョーンズ、キャメロン・シーリー、ケナン・トンプソンもキャストとして参加し、『怪盗グルーシリーズ』を手掛けたことのあるファレル・ウィリアムスがナレーションを担当していることが明らかになった[32][33]

公開日[編集]

当初は2017年11月10日の公開予定だったが、2016年6月7日に2018年11月9日に変更された[34]

マーケティング[編集]

10月より、映画のための様々な看板が登場し、それぞれがグリンチのイメージをフィーチャーし、意地悪なメッセージや皮肉なメッセージが添えられていた[35]。ユニバーサルとイルミネーションは、ワンダフル・カンパニー英語版イーベイツアイホップ23andMeなど複数の企業と提携し、約8,000万ドル相当の広告費をかけて映画のプロモーションを行った[36]。スタジオはこの映画のプロモーションに1億2,100万ドルを費やしたと推定されている[37]。また、公開1年前の2017年11月23日にニューヨークで行われた第91回メイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレードに、キャラクターをモチーフにした巨大なインフレータブルバルーンが初登場した[38]。その後、2018年12月には、グリンチとマックスもその年のWNBC/WNJU英語版のホリデー・シング・アロウズ・プロモにカメオ出演した[39]

ホームメディア[編集]

本作は2019年1月22日にデジタルHDで、2019年2月5日DVDBlu-rayUltra HD Blu-rayで発売された。特典映像として、3つのミニ・ムービー『ミニオンのミニミニ脱走』『ある冬の日のマックス』『ミニオンのクリスマス大騒動』が収録された[40]。『ある冬の日のマックス』は2018年11月23日にNBCで初放送された。

評価[編集]

興行収入[編集]

本作は、アメリカとカナダで2億7,080万ドル、その他の国で2億4,100万ドルの興行収入を記録し、7,500万ドルの製作予算に対し、全世界で5億1,180万ドルの興行収入を記録した[41]Deadline.comは純利益を1億8,460万ドルと計算し、2018年のリリースで9番目に収益性の高い作品となった[42]。これは、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に次ぐ、ユニバーサルの2018年第2の大ヒット作である。

アメリカとカナダでは、『蜘蛛の巣を払う女』や『オーヴァーロード』と並んで公開された本作は、初週末に4,140館で5,500万から6,500万ドルの興行収入が見込まれていた[43][44]。初日には木曜夜のプレビューで220万ドルを含む1,870万ドルを稼ぎ、2016年にイルミネーションの『SING/シング』が奪った170万ドルを上回った。その後、6,760万ドルでデビューし、興行収入で1位を獲得し、2000年の映画のオープニング5,500万ドルを突破した[45][46]。第2週目の週末には3,820万ドルを記録し、新たに公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に次ぐ第2位となった[47]。3週目の週末には3,020万ドル(5日間の感謝祭期間中の4,200万ドルを含む)を稼ぎ出し、4位に終わった[48]。第4週目と第5週目の週末には、『シュガー・ラッシュ:オンライン』に次ぐ第2位となり、それぞれ1,790万ドル、1,500万ドルの興行収入を記録した。これは、アニメ映画が連続した週末の興行成績で初めてトップ2作品を記録したことを意味する。

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesでは、191のレビューに基づいて60%の支持率を保持しており、平均評価は6.00/10となっている[49]Metacriticでは、32人の批評家による100点満点中51点のスコアを獲得しており、「平均的なレビュー」を示している[50]。CinemaScoreの調査によると、観客はこの映画にA+からFまでの平均評点「A-」を与え、PostTrakによると、映画ファンはこの映画に83%の肯定的なスコアと75%の「絶対にお勧め」を与えた[51]

ザ・ラップ英語版アロンソ・ジュラルデ英語版はこの映画に肯定的なレビューを与えた[52]

バラエティオーウェン・グレイバーマンは次のように語っている[53]。「『グリンチ』(2000年公開の実写版)で育った人にとっては、本作がそれに取って代わることはないかもしれない。しかしそれは、十分に近い感覚を呼び起こすことによって、今日の子供たち、そして少数の大人たちを夢中にさせることができる。最後には、あなた自身の心が一回りも二回りも膨らむことだろう。」

ニューヨーク・タイムズグレン・ケニー英語版は次のように語っている[54]。「マックスは、スコット・モシャーとヤーロウ・チェイニーが監督したこのバージョンで最も魅力的なキャラクターだ。映像作家たちは、明るくポップで陽気なビジュアルを維持している。ベネディクト・カンバーバッチはグリンチの声を担当し、カーロフとは競合しないようにしているが、スマートでアメリカのアクセントで話すビル・ヘイダーのように聞こえ、混乱する。エンドロールでは、グリンチをテーマにした軽快なヒップホップソングが流れる。数年前までは音楽界で最も塩辛い声の一つとされていたタイラー・ザ・クリエーターの作品だ。ここでの彼の貢献度は他の映画と同様に歯が立たない。」

スクリーン・ラントのモリー・フリーマンは次のように語っている[55]。「グリンチは必要な休日の映画ではないかもしれないが、一般的には、ドクター・スースの物語や休日の映画のファンは、この新しいアニメーションの再公開で好きになるためにたくさんのことを見つけるだろう。さらに、家族向けの様々なジョークで、本作は間違いなく老若男女の視聴者を楽しませてくれるが、90分の上映時間は映画の第3幕では細くなってしまう。おそらくIMAXで見る価値はないが、すべての映画ファンの目を捉えるいくつかの豊かなビジュアルを提供している。本作は家族全員のための休日の楽しみであり、古典的な物語に新しいひねりを加えて、完全に説得力のある映画鑑賞の経験になる。」

コモン・センス・メディア英語版のサンディ・アングロ・チェンは、この映画に3/5の評価を与え、次のように語っている[56]。「この適応は、明るくカラフルで時折笑えるが、短くて甘い原作の効果にはかなわない。」

エンパイアのエイミー・ウェストは、5つ星のうち3つの星画与えた[57]。「物語を語る上で、ハートが二回り小さいにもかかわらず(毛むくじゃらの主人公の心と同じように)、本作は非常に可愛らしく、視覚的にも豊かで、若い視聴者を満足させるには十分なお祭りの楽しさを誇っている。」

受賞歴[編集]

受賞・ノミネート一覧
カテゴリー 受賞者 結果 脚注
2019年 第46回アニー賞英語版 長編作品音楽賞 ダニー・エルフマン、タイラー・ザ・クリエイター ノミネート [58]
長編作品絵コンテ賞 ハビブ・ルーアティ
長編作品編集賞 クリス・カルタヘナ
美術監督組合 長編作品プロダクションデザイン賞 コリン・スティンプソン [59]
第24回放送映画批評家協会賞 アニメ映画賞 スコット・モシャー、ヤーロウ・チェイニー [60]
全米製作者組合賞英語版 劇場版アニメーションプロデューサー英語版 クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー [61]
視覚効果協会 長編作品視覚効果賞英語版 ピエール・ルドゥク、ジャネット・ヒーリー、ブルーノ・ショーファード、ミロ・リカランド [62]
長編作品キャラクター賞 デビッド・ガランテ、フランソワ・ブダイユ、オリヴィエ・ルフィン、ヤーロウ・チェイニー
長編作品環境賞 ロイック・ラストゥート、ルドヴィック・ラミエール、アンリ・デルエ、ニコラス・ブロック
長編作品エフェクトシミュレーション エリック・カルメ、ニコラ・ブリス、ミロ・リカランド
ムービーガイド賞英語版 家族向けベストムービー賞 グリンチ 受賞 [63]
最も感動的な映画に贈られるエピファニー賞 ノミネート
キッズ・チョイス・アワード フェイバリットアニメーション映画賞 [64]
フェイバリット男性声優賞 ベネディクト・カンバーバッチ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Danny Elfman to Score Illumination’s ‘How the Grinch Stole Christmas’”. Film Music Reporter (2017年11月20日). 2017年11月23日閲覧。
  2. ^ a b Film releases”. Variety Insight. 2017年6月5日閲覧。
  3. ^ 2019年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2020年2月14日閲覧。
  4. ^ The Grinch Poster Shows the Title Character Before He Got Mean”. ComingSoon.net (2017年12月20日). 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ Pharrell Williams Joins ‘Dr. Seuss’ The Grinch’ As Narrator”. Deadline (2018年9月18日). 2018年9月19日閲覧。
  6. ^ Kroll, Justin (2016年4月13日). “Benedict Cumberbatch to Voice the Grinch in ‘How the Grinch Stole Christmas’”. Variety. 2018年4月28日閲覧。
  7. ^ Freeman, Molly (2018年3月7日). “Meet Max in The Grinch Teaser Poster; First Trailer Arriving Tomorrow”. Screen Rant. 2018年3月9日閲覧。
  8. ^ カンバーバッチの吹き替えはほとんどが三上哲が行っているため、極めて稀なケースでもある
  9. ^ a b 大泉洋、『グリンチ』で初のハリウッド映画吹替え”. シネマトゥデイ (2018年7月13日). 2018年7月13日閲覧。
  10. ^ a b 『グリンチ』豪華すぎる追加キャストを一挙解禁!大泉洋に続きこの冬一番のひねくれ超大作に、杏&ロバート秋山&横溝菜帆&宮野真守が参戦!!!”. 映画「グリンチ」公式サイト. 2018年9月7日閲覧。
  11. ^ a b c d 横溝菜帆が演じる少女シンディ・ルーがサンタさんにお願い事 『グリンチ』本編映像公開” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2021年3月5日閲覧。
  12. ^ 【更新】宮野真守・山崎智史 映画「グリンチ」日本語吹替版に出演!”. 劇団ひまわり公式サイト:俳優養成所. 2021年3月5日閲覧。
  13. ^ Georgia Toffolo Lends her Voice to Mrs. Toffee Apple in DR. SEUSS’ THE GRINCH From Illumination and Universal Pictures | The Fan Carpet”. www.thefancarpet.com. 2021年3月6日閲覧。
  14. ^ グリンチ – Fukikaeru-Daisakusen” (日本語). 2021年3月6日閲覧。
  15. ^ a b c 大田圭二 (2018-12-14). 株式会社東宝ステラ. ed. (日本語)『グリンチ』パンフレット (東宝株式会社映像事業部). 
  16. ^ Blu-ray Disc特典映像「絵本の世界から映画のスクリーンへ」
  17. ^ Blu-ray Disc特典映像「イルミネーション版『グリンチ』」
  18. ^ Illumination Warms Up the Holidays with ‘The Grinch’” (英語). Animation World Network. 2021年3月6日閲覧。
  19. ^ a b Spoiler Alert! | Computer Graphics World”. www.cgw.com. 2021年3月6日閲覧。
  20. ^ Noblet, Thierry; Louati, Habib (2018-11-23), The Dog Days of Winter, John Kassir, Illumination Entertainment, https://www.imdb.com/title/tt9411752/ 2021年3月7日閲覧。 
  21. ^ 『ミニオンズ』『ペット』『SING/シング』のイルミネーション最新作『グリンチ』のブルーレイ&DVDが4月24日に発売決定! 日本初公開の短編2本も収録! - Stereo Sound ONLINE” (日本語). online.stereosound.co.jp. 2021年3月7日閲覧。
  22. ^ Song of the Day: Warren Wolf, "You're a Mean One, Mr. Grinch"” (英語). JAZZIZ Magazine (2020年12月3日). 2021年3月6日閲覧。
  23. ^ (日本語) The Grinch | “I Am The Grinch” (Official Lyric Video) [HD | Illumination], https://www.youtube.com/watch?v=8FdN8Hiq8UI 2021年3月6日閲覧。 
  24. ^ Blu-ray Disc特典映像「小さな心からの音楽」
  25. ^ Danny Elfman to Score Illumination’s ‘How the Grinch Stole Christmas’ | Film Music Reporter” (英語). 2021年3月6日閲覧。
  26. ^ ‘Dr. Seuss’ The Grinch’ Score Album Details | Film Music Reporter” (英語). 2021年3月6日閲覧。
  27. ^ 'How the Grinch Stole Christmas' Remake in the Works at Universal” (英語). The Hollywood Reporter (2013年2月7日). 2021年3月6日閲覧。
  28. ^ Kroll, Justin (2016年4月14日). “Benedict Cumberbatch to Voice the Grinch in ‘How the Grinch Stole Christmas’” (英語). Variety. 2021年3月6日閲覧。
  29. ^ Illumination's 'The Grinch': First Trailer And A Late Directorial Shake-Up” (英語). Cartoon Brew (2018年3月9日). 2021年3月6日閲覧。
  30. ^ Kroll, Justin (2016年4月14日). “Benedict Cumberbatch to Voice the Grinch in ‘How the Grinch Stole Christmas’” (英語). Variety. 2021年3月6日閲覧。
  31. ^ Benedict Cumberbatch Interview: The Grinch” (英語). ScreenRant (2018年11月5日). 2021年3月6日閲覧。
  32. ^ Lang, Brent (2018年11月6日). “Inside Illumination’s Plans for Animated ‘Super Mario Bros.’ Movie” (英語). Variety. 2021年3月6日閲覧。
  33. ^ Jr, Mike Fleming (2018年9月18日). “Pharrell Williams Joins Illumination’s Animated Dr. Seuss’ ‘The Grinch’ As Narrator” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  34. ^ Kroll, Justin (2016年6月7日). “Illumination’s ‘The Grinch’ Pushed Back to 2018” (英語). Variety. 2021年3月6日閲覧。
  35. ^ The Grinch Movie's Billboards Have Incredibly Mean Messages” (英語). ScreenRant (2018年10月30日). 2021年3月6日閲覧。
  36. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年11月7日). “‘The Grinch’ Global Promo Campaign Grows Several Sizes From First Movie, To $80M” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  37. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年3月25日). “Deadline’s 2018 Most Valuable Movie Blockbuster Tournament Gets Underway: No. 10 ‘A Star Is Born’” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  38. ^ Quinn, Jessie (2018年11月21日). “2018 Macy’s Thanksgiving Day Parade Balloon Guide” (英語). Showbiz Cheat Sheet. 2021年3月6日閲覧。
  39. ^ (日本語) Watch the 2018 NBC 4 New York and Telemundo 47 Holiday Sing-Along, https://www.youtube.com/watch?v=RABM30FAgWI 2021年3月6日閲覧。 
  40. ^ Dr. Seuss’ ‘The Grinch’ Coming to Blu-Ray and DVD” (英語). Animation World Network. 2021年3月6日閲覧。
  41. ^ The Grinch”. Box Office Mojo. 2021年3月6日閲覧。
  42. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年3月25日). “Deadline’s 2018 Most Valuable Movie Blockbuster Tournament Gets Underway: No. 10 ‘A Star Is Born’” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  43. ^ Rubin, Rebecca (2018年11月6日). “‘The Grinch’ to Steal Box Office Crown With $55 Million-Plus Debut” (英語). Variety. 2021年3月6日閲覧。
  44. ^ Box-Office Preview: 'The Grinch' to See Green With $55M-$60M U.S. Bow” (英語). The Hollywood Reporter (2018年11月8日). 2021年3月6日閲覧。
  45. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年11月11日). “‘The Grinch’ Who Stole Business: Dr. Seuss Pic Opening To $66M As ‘Overlord’ & ‘Spider’s Web’ Wither – Sunday Update” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  46. ^ (英語) Breaking Down The Grinch's Box Office Debut Against The Films of Illumination Entertainment - IGN, https://www.ign.com/articles/2018/11/12/the-grinch-box-office-illumination-entertainment-minions-despicable-me 2021年3月6日閲覧。 
  47. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年11月18日). “‘Crimes Of Grindelwald’ Falls Short Stateside With $62M+ Debut, WB Celebrates Global Win As ‘Fantastic Beasts’ Series Hits $1B-Plus” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  48. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年11月25日). “‘Ralph’ Scoring 2nd Best Thanksgiving Debut With $84M+; ‘Creed II’ $55M+ Live-Action Champ; ‘Robin Hood’ Goes Wrong At $14M+” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  49. ^ (英語) Dr. Seuss' The Grinch (2018), https://www.rottentomatoes.com/m/the_grinch 2021年3月6日閲覧。 
  50. ^ The Grinch, https://www.metacritic.com/movie/the-grinch 2021年3月6日閲覧。 
  51. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年11月11日). “‘The Grinch’ Who Stole Business: Dr. Seuss Pic Opening To $66M As ‘Overlord’ & ‘Spider’s Web’ Wither – Sunday Update” (英語). Deadline. 2021年3月6日閲覧。
  52. ^ 'Dr. Seuss' The Grinch' Film Review: Benedict Cumberbatch Helps Make Third Time Charming” (英語). TheWrap (2018年11月7日). 2021年3月7日閲覧。
  53. ^ Gleiberman, Owen (2018年11月7日). “Film Review: ‘Dr. Seuss’ The Grinch’” (英語). Variety. 2021年3月7日閲覧。
  54. ^ Kenny, Glenn (2018年11月7日). “‘Dr. Seuss’ The Grinch’ Review: Pointy-Headed and Pointless (Published 2018)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/11/07/movies/the-grinch-review.html 2021年3月7日閲覧。 
  55. ^ The Grinch Movie Review” (英語). ScreenRant (2018年11月9日). 2021年3月7日閲覧。
  56. ^ Dr. Seuss' The Grinch - Movie Review” (英語). www.commonsensemedia.org (2018年10月5日). 2021年3月7日閲覧。
  57. ^ The Grinch”. Empire. 2021年3月7日閲覧。
  58. ^ 48th Annual Annie Awards” (英語). annieawards.org. 2021年3月7日閲覧。
  59. ^ ADG Awards Winner & Nominees” (英語). adg.org. 2021年3月7日閲覧。
  60. ^ Hammond, Pete (2018年12月10日). “Critics’ Choice Awards Nominations: ‘The Favourite’ Tops With 14, ‘Black Panther’ A Marvel, ‘First Man’ Rebounds; ‘The Americans’ Leads TV Series” (英語). Deadline. 2021年3月7日閲覧。
  61. ^ 'A Star Is Born,' 'Black Panther' gain Oscar momentum with Producers Guild nominations” (英語). EW.com. 2021年3月7日閲覧。
  62. ^ Tapley, Kristopher (2019年1月15日). “‘Avengers,’ ‘Lost in Space,’ ‘Ready Player One’ Lead Visual Effects Society Nominations” (英語). Variety. 2021年3月7日閲覧。
  63. ^ Movieguide Awards: 'Mary Poppins Returns,' 'Spider-Verse' Among Nominees (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter (2019年1月9日). 2021年3月7日閲覧。
  64. ^ Kids' Choice Awards: 'Avengers: Infinity War' Tops Nominees; DJ Khaled to Host” (英語). The Hollywood Reporter (2019年2月26日). 2021年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]