カフェ・ラッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カフェ・ラッテ
ノルウェー・オスロのカフェ・ラッテ
オーストラリアCapital Kitchenのソイラテとカフェ・ラテ

カフェ・ラッテCaffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。

 概要 [編集]

カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は、「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。 イタリアヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。

 カフェ・オ・レとの違い [編集]

イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、イタリアのコーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるため、カフェ・ラッテもエスプレッソ+スチームミルクの組合せとなる。 ちなみに、フォームミルクを加えた(エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク=1:1:1)ものがカプチーノである。 カフェ・オ・レは、エスプレッソではなくドリップコーヒーを用いる。

各国の呼称[編集]

 イタリア [編集]

イタリアでは観光客の多いカフェ以外ではカフェラテのメニューは一般的ではなく、イタリアで「ラテ」と注文するとそのまま牛乳がでてくる[1][2]

同じ「コーヒー+牛乳」でも、イタリアでは、バーではカフェ・マッキャート(caffè macchiato)と呼ぶエスプレッソに牛乳をたらしたもののほうが比較的一般的。ちなみにカフェ・マッキャートの語源は、エスプレッソにたらした牛乳がしみ(イタリア語でmacchiato)のようだから。

たっぷりのミルクに、少しだけコーヒーを注いだものはラッテ・マッキャートと呼ばれる。ミルクたっぷりの温かいコーヒー牛乳といった感じだが、バーではコーヒーカップではなく、グラスに注がれることが多い。

 アメリカ [編集]

アメリカでは、単にラテと略されエスプレッソとスチームミルクを用いるのが一般。スターバックス等のアメリカ式のコーヒー店で供されるものは後者で、日本では英語式の発音に基づきカフェ・ラテ又はカフェラテ表記されることが多い。

スターバックスなどのアメリカ式のコーヒー店では、エスプレッソに単に温めた牛乳ではなくスチームミルク(蒸気で微細な気泡を加えながら温められたミルク)を加えたものが供される。このアメリカ式のカフェラテは1959年カリフォルニア州バークレーのCaffe Mediterraneumで出されたのが初だとする[3]。少量でケチケチしているという客のクレームにこたえる形で最初はガラスのフルーツボウルで出された[4]

アメリカなどではイタリアのものと同様にCaffè Latteと表記されるが、発音は「カフェ・ラテ」に近い。日本ではこの発音を日本語に転写して、「カフェ・ラテ」と表記されることが多い。この種のものは、イタリアでは[要出典]カプチーノの一種であるウェット・カプチーノやセンツァ・スキューマと呼ばれる。

 日本 [編集]

日本では、森永乳業1991年に「カフェラッテ」を商標登録している(商標登録第2334877号)。1996年に日本に進出したスターバックスに代表されるアメリカ式のカフェバーが浸透し始めるとともに、アメリカ式の発音の「カフェラテ」という表記も多く使用されるようになった。

セブンイレブンでは、2015年6月24日からセブンカフェアイスカフェラテを販売しているが、ドリップコーヒーを用いているためカフェラテではなくカフェオレである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Schomer, David. Espresso coffee (second ed.). p. 151. ISBN 1-59404-031-1. .
  2. ^ Coffee traditions in Italy”. Ms adventures initaly (2007年7月11日). 2011年11月22日閲覧。
  3. ^ Davids, Kenneth (2001-05-04). Coffee: A Guide to Buying, Brewing, and Enjoying, Fifth Edition. St. Martin's Press. pp. 153–. ISBN 9780312246655. http://books.google.com/books?id=IqJsIcYOPcQC&pg=PA153 2014年1月18日閲覧。. 
  4. ^ Kenneth David 『コーヒー-その賢い買い方、選び方、焙煎、粉砕、抽出、そしてコーヒー全ての楽しみ方-』 圓尾修三訳 広瀬幸雄訳 後藤昌英訳、2010年ISBN 9784751108710

関連項目[編集]