カフェ・コン・レチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カフェ・コン・レチェ
Café con leche from Asturias, Spain
カフェ・コン・レチェ(スペイン・アストゥリアス)
別名 Cafebar
フルコース 飲料
発祥地 スペイン
提供時温度 ホット
主な材料 コーヒー牛乳
派生料理 カフェ・オ・レカフェ・ラッテ
103 kcal (431 kJ)
テンプレートを表示

カフェ・コン・レチェスペイン語: Café con leche、"ミルク入りのコーヒー"の意味)はスペインコーヒー飲料フランスカフェ・オ・レよりもイタリアカフェ・ラッテ(若しくはアングロ圏のラッテ)に類似するが、ラッテはエスプレッソで作られるのに対して、カフェ・コン・レチェは濃いめのコーヒー(大抵はエスプレッソ)と温めた牛乳をおおよそ1:1の比率で混ぜて作る。 好みによって砂糖や甘味料を混ぜる。

カフェ・コン・レチェは、スペインや多くのラテンアメリカ諸国、フィリピンや世界中のコミュニティで日常的に飲用されている。例えば、キューバ系住民が多く居住するフロリダ州タンパマイアミでは、地元の朝食の定番となっている[1]

脚註[編集]