メランジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メランジェ

メランジェドイツ語: Melange, フランス語で“混ぜたもの”の意)は、ドイツ語圏においてミルクを加えたコーヒー飲料を指す言葉である。特にヴィーナー・メランジェ (ドイツ語: Wiener Melange [ˈviːnɐ meˈlãːʒ(ə)], ウィーンのメランジェの意)といった場合、オーストリアで日常的に飲まれている種類のものをいう。これはコーヒー(エスプレッソ)にミルクを加え、その上からミルクの泡を乗せたものであり、ウィーンでは1830年に初めて提供された[1]

ヴィーナー・メランジェはカプチーノとほぼ同じものであるが、メランジェはマイルドコーヒーで作る点が違いだと誤解されがちである[2]。しかし、ウィーンのコーヒー会社ユリウス・マインル英語版は、メランジェを「大きなカップに淹れたエスプレッソにスチームドミルクとミルクの泡を乗せたもの」と説明している[3]マンハッタンのカフェ・サバースキー (Cafe Sabarsky) も同様の見解である[4]。ウィーンのカフェ・シュペール英語版のメランジェはカップにブラックコーヒーとクリーミーミルクを半分ずつ淹れ、ミルクの泡を乗せている[5]。一方でネスカフェやメーヴェンピック、ルフトハンザのケータリングでは、ミルクの泡を乗せるか乗せないかの違いはあるが、いずれもコーヒーをココアとブレンドしたものを提供している。

英語Cafe Vienna とフランス語の Café viennois は通常、ミルクの泡ではなくホイップクリームを乗せたウィンナ・コーヒーの意味で使われる。ウィーンでも「ヴィーナー・メランジェ」と注文すればウィンナ・コーヒーが出てくることもあるが、ウィンナ・コーヒーは一般的にはオーストリアでは「フランツィスカーナー」(フランシスコ会の僧侶」の意味)に相当する[3]。なお、カプチーノも16世紀にフランシスコ会から分離したカプチン・フランシスコ修道会の僧侶に由来している[6]

関連項目[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Das neue Küchenlexikon. Von Aachener Printen bis Zwischenrippenstück, S. 362, dtv 11. Auflage 2007, ISBN 978-3-423-36245-0
  2. ^ What Is a Wiener Melange?”. Wisegeek.com. 2013年11月23日閲覧。
  3. ^ a b Vienesse Classics- Julius Meinl”. Meinlcoffee.com. 2013年11月23日閲覧。
  4. ^ Cafe Sabarsky at the Neue Galerie: New York, NY
  5. ^ Café Sperl. “Cafe Sperl::Wien::Kleines Kaffee ABC”. Cafesperl.at. 2013年11月23日閲覧。
  6. ^ [1] アーカイブ 2012年10月25日 - ウェイバックマシン