コーヒーゼリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コーヒーゼリー
Coffee jelly.jpg
種類 ゼリー
発祥地 日本イングランド
主な材料 コーヒー砂糖ゼリーまたは寒天
テンプレートを表示

コーヒーゼリー (Coffee jelly) は、コーヒー砂糖を使用したゼリーで、デザートの一種である[1][2]

概要[編集]

日本では多くの食品メーカーから販売されており食料品店やコンビニなどで購入できる。基本的にコーヒーとゼラチンがあれば作ることができ、一般家庭に広く普及している[3]。熱湯に溶かすだけで容易に作ることができる粉末も販売されている。一方で日本国外ではあまり知られていない[3][4][5]

歴史[編集]

コーヒーゼリーの起源には諸説あるが、日本生まれの冷菓とされ、1914年大正3年)4月3日付の読売新聞の家庭欄で初めてレシピが紹介された[3][4]。ただし、レシピについては1817年イングランドで出版された料理本に記載がある[6][7]。アメリカでも1896年発行の「The Boston cooking school」にレシピが掲載されている。

1963年にはミカドコーヒー軽井沢店で「食べるコーヒー」として初めて販売された[3][4]

1918年にはアメリカでは有名なインスタントゼリーのジェロがコーヒーゼラチン(コーヒーゼリー)の素を発売したが、ニューイングランド地方以外では売れず販売を中止した。現在でもニューイングランド地方のロードアイランド州マサチューセッツ州などではコーヒーゼラチンという名前で、主に19世紀のレシピ基づいたアメリカの郷土料理を出す一部のレストランで提供されているがそれほど人気があるデザートではない。また世界レベルで見ると大変マイナーなデザートであり、来日経験がある人や日本の食文化に詳しい人以外はその存在を知っている人は殆どいない状態である。

作り方[編集]

糖分を加えたコーヒーをゼラチン寒天カラギーナンなどのゲル化剤ゲル状に固めて作る。この際コーヒー液の冷却に時間が掛かるとアイスコーヒーを作る際と同様に白濁するクリームダウン(ミルクダウン)[注釈 1]が起こるため、仕上がりを良くするには急冷する。

食べ方[編集]

コーヒーゼリーが使われているパフェ。

コーヒーフレッシュを掛けて食べる場合が多く、市販品の大半にもこれが添付されている。立方体の形に切られ、パフェサンデーなどのデザートに使用されることもある。

注釈[編集]

  1. ^ コーヒー中のカフェインとタンニンが結合し、白濁する現象

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Journal of Taste. (1904). p. 42. https://books.google.com/books?id=QsJBAQAAMAAJ&pg=PA42 2017年5月26日閲覧。. 
  2. ^ About Ices Jellies & Creams. Kegan Paul library of culinary arts. Taylor & Francis. (2013). p. 81. ISBN 978-1-136-18425-3. https://books.google.com/books?id=CJcrBgAAQBAJ&pg=PA81 2017年5月26日閲覧。. 
  3. ^ a b c d コーヒーゼリーの歴史”. カフェ ナカアカリ. 2018年8月28日閲覧。
  4. ^ a b c コーヒーゼリーは、万能デザート!?”. グリコ. 2018年8月28日閲覧。
  5. ^ アイスコーヒーは日本だけ?”. 有機栽培 コーヒー豆の店 生豆屋. 2018年8月28日閲覧。
  6. ^ Hughson, D. (1817). The New Family Receipt Book. London: W. Pritchard and J. Bysh. p. 204. https://books.google.com/books?id=MR1hAAAAcAAJ&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false 2016年9月1日閲覧。. 
  7. ^ Thomson, Julie R. (2016年9月21日). “Coffee Jelly Is The Dessert That Just Won't Die”. The Huffington Post. 2017年5月26日閲覧。

関連項目[編集]