酒入りコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

酒入りコーヒーとは、コーヒーを加えた飲み物であり、コーヒーの主要な飲み方の1つ(コーヒーの飲み方の1つのジャンル)となっている。ただし、コーヒーは使わずに、コーヒー・リキュールだけを使ったカクテルは、この酒入りコーヒーの範疇には入らない。(これに対して、コーヒーにコーヒー・リキュールを加えた場合は、酒入りコーヒーの1種である。)なお、酒入りコーヒーは、アルコール入りコーヒーアルコール入りコーヒー飲料(alcoholic coffee beverages)などとも呼ばれるが、本稿では以降、酒入りコーヒーという呼び方に統一する。

概要[編集]

酒入りコーヒーは、酒類が禁止されていない地域で広く飲まれている。そしてコーヒーと様々なとの組み合わせが行われてきた。さらに酒入りコーヒーは、コーヒーと酒だけの組み合わせではなく、さらに砂糖生クリームなどが加えられる場合もある。これらには、様々な名称が与えられてきた。酒入りコーヒーの中でも、世界中に広く知られているものとしては、アイリッシュ・コーヒーが挙げられる。このアイリッシュ・コーヒーは、ホットコーヒーアイリッシュ・ウイスキー、砂糖、生クリームから成る、温かい飲み物である。(詳細は、アイリッシュ・コーヒーの記事を参照のこと。)しかし、酒入りコーヒーは温かい飲み物ばかりではなく、例えばカフェ・カリプソのように、氷の入った冷たい飲み物もある。(詳細は、こちらを参照のこと。)

他の飲み物との関係[編集]

酒入りコーヒーは、コーヒーの飲み方のジャンルの1つであると同時に、カクテルのジャンルにも入る [注釈 1] 。 なお、コーヒーを使わないカクテルも存在することからも明らかなように、酒入りコーヒーであればカクテルであるが、その逆は成り立たない。またカフェ・コレットは、エスプレッソ(コーヒーの淹れ方のスタイルの1種)に何らかの酒を加えるものであることから明らかなように、カフェ・コレットであれば酒入りコーヒーであるが、その逆は成り立たない。つまり、分野の広がりで見ると、「カクテル > 酒入りコーヒー > カフェ・コレット」となる。

酒入りコーヒーの例[編集]

酒入りコーヒーのジャンルに入る飲み物の種類は多数存在する。例えば、あなたがコーヒーに何かの酒を入れた飲み物を新しく創作したとしても、それは酒入りコーヒーのジャンルに入る飲み物である。したがって、酒入りコーヒーの全てをここで列挙することはできない。また同様の理由で、酒入りコーヒーが全部で何種類存在するのかは誰にも判らない。以下は、酒入りコーヒーの中でも比較的有名な飲み物を列挙したリストである。ただし、同じ名称が与えられていながらも、違った組み合わせの材料が使われていることもある(つまり、レシピが世界中で統一されているわけではなく、ローカルなレシピも存在する)ことを予め断っておく。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 狭義のカクテルの定義として「酒+何か」が挙げられるので、 酒入りコーヒーがカクテルであるのは自明。 なお、カクテルの定義などについては、カクテルの記事を参照のこと。
  2. ^ ジャマイカン・コーヒーとジャマイカ・ジョーは別物です。ジャマイカ・ジョーは酒入りコーヒーではなく、コーヒー・リキュールを使ったカクテルの1つ。

主な参考文献[編集]

  • 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X