ボリビアにおけるコーヒー生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボリビアユンガス英語版のコーヒーノキの苗木

ボリビアにおけるコーヒー生産は長い歴史を有する。コーヒーノキは標高800–2,300メートル (2,600–7,500ft)地帯で生育する[1]

歴史[編集]

19世紀

ボリビアは近隣諸国に比べコーヒーの輸出量は少なかった。もっとも高品質なコーヒーを生産していたのはユンガス英語版であり、モカコーヒーに引けを取らなかった。ラパス県コチャバンバ県サンタクルス県ベニ県がコーヒーの主要な生産地であり、最も著名な地域はユンガス、エスピリトゥサント川英語版流域、ヴァレグランデ英語版である。当時、ヨーロッパを中心にユンガス産のコーヒーは大変に需要があった。このアジア原産の植物はとてもユンガスの気候に順化したので、それぞれの種が地に根付き木になって野生化した。1885年にはコーヒーの年間生産量は2,400,000ポンドであった。1900年にはラパスでコーヒーを焙煎し自家製の缶詰として売るための機械が導入された[1]

20世紀初頭

1908年の生産量は1,500,000 ポンドであった。毎年150,000ポンドが輸出された。最大の輸出国はチリであった[2]

脚註[編集]

  • This article includes text incorporated from Pan American Union's "Coffee: extensive information and statistics" (1902), a publication now in the public domain.
  • This article includes text incorporated from H.C. Graham's "Coffee: Production, trade, and consumption by countries" (1912), a publication now in the public domain.
  1. ^ a b Pan American Union (1902). Coffee: extensive information and statistics (Public domain ed.). Govt. Print. Off.. pp. 24–. http://books.google.com/books?id=yvYaAAAAYAAJ&pg=PA21 2011年11月16日閲覧。. 
  2. ^ Graham, Harry Crusen (1912). Coffee: Production, trade, and consumption by countries. Govt. print. off.. pp. 36–. http://books.google.com/books?id=Evbp7CWh0EEC&pg=PA36 2011年11月17日閲覧。.