カフェ・オ・レ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カフェオレ
本場フランスの家庭で使われるカフェオレ・ボウル
米国の中でもフランス文化が色濃く残るニューオーリンズの店舗で提供されたカフェ・オ・レ
日本のドーナッツ屋で提供されたカフェ・オ・レ

カフェ・オ・レフランス語: café au lait)は、濃く淹れたコーヒーと温かい牛乳を、基本的には同量程度入れたもののこと。フランスで好まれるコーヒーの飲み方。

"café カフェ" はコーヒーのことであり、"au オ" は前置詞 "à" +男性型単数形定冠詞 "le" の縮約型であり、"lait レ" は牛乳のことである。

フランスでは牛乳が基本的には同量。だが、牛乳がやや少なめでも「café au lait」と呼ばれる。反対に牛乳の量ほうがコーヒーの量よりも多い場合は「café renversé カフェ・ランベルセ」と呼ぶ。(末尾の節で解説)

概要[編集]

淹れ方[編集]

  1. 濃く淹れたコーヒーと熱い牛乳を、基本的にはほぼ同量、カップに同時に注いだもの。

本場フランスの飲みかた[編集]

フランスの家庭では、大人も子供も、朝食時にカフェオレをたっぷりと飲むのを好む人が多い。

朝、目を覚ますために濃いコーヒーを飲みたいが、朝っ腹(すきっ腹)に濃いコーヒーはに刺激が強い為、牛乳で和らげ飲みやすくしたものである。

フランスでは、(カップではなく)カフェ・オ・レ・ボウル(日本丼鉢のような大きな陶器の器。単に「Bol(仏語Bol)」とも。「Petit dejeuner bol(朝食ボウル)」とも。)でたっぷりと飲まれることが現在でも多い[1]

歴史[編集]

コーヒーはフランスには17世紀なかばにもたらされたが、当初フランス人に「苦い」と感じられた。当時、この苦い飲み物を飲むために砂糖はちみつを入れる人々がいたわけだが、1685年グルノーブル王付きの医師のMonin(モナン)がコーヒーの苦味を抑えるために(砂糖やはちみつでなく)牛乳を入れることを思いついた[2]

類似のコーヒーとの相違点[編集]

  • café au laitカフェ・オ・レ: コーヒーと牛乳を混ぜたもの。
  • café crème カフェ・クレーム: café servi avec de la crème(コーヒーにクレーム(=フォームドミルク)を入れたもの)。
  • café renversé カフェ・ランベルセ: 牛乳の量のほうがコーヒーの量よりも多いもの。(「さかさまのコーヒー」「逆コーヒー」という意味)

日本で2014年に出版された学習者向けのフランス単語解説書に「フランス語ではカフェ・クレーム(café crème)が一般的であり、café au laitはあまり用いられない[3]」と書かれた。がこの短い解説文は誤解を生みがちで、フランス人にとっては(本当のフランス語では)、あくまで泡立てたミルク(フォームド・ミルク)を注いだコーヒーだけが、café crèmeカフェ・クレーム である (なおフォームドミルクを注いだ飲み物は、イタリア語ではカプチーノ cappuccino(より正確な発音はカップッチーノ)と呼ばれ、日本では(フランス語ではなく)イタリア語のほうが採用される傾向がある。)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ なお、映画禁じられた遊び』では、5歳のポレットが貧しい食事を補うためにリンゴをくれた兄のミシェルに「リンゴは嫌い、カフェ・オ・レがいい」とごねる場面があり、そのセリフでパリの都会っ子ということが表現されていた。
  2. ^ Alfred Franklin, Le café, le thé & le chocolat, E. Plon, Nourriet et cie, 1893, p. 60 [1]
  3. ^ 佐藤正透『暮らしのフランス語単語8000』語研、2014年、48頁。

関連項目[編集]